ハウツー

iPhoneのSiriが邪魔…無効にする方法について解説

iPhoneにはSiriという機能が搭載されています。

音声だけであれこれ指示できるのが重宝すると感じている人もいれば、邪魔と感じる方もいるようです。

Siriを無効化する方法について以下にまとめましたので、手順を参考にしてみてください。

Siriの無効化のやり方は簡単

設定アプリの中から「Siriと検索」を選択します。

するといくつか項目が出てきますが、「“Hey Siri”を聞き取る」「サイドボタンを押してSiriを使用」をそれぞれオフにします。

すると確認の画面が表示されます。

その中の「Siriをオフにする」をタップすれば完了です。

これでSiriの音声アシスタント機能は使えなくなります。

ちなみにiOS10.2移行が搭載されているiPhoneであれば、Siriをオフにすることで音声コントロール機能も無効化されます。

iOS10.2より前の場合、同時無効化には対応していないので注意しましょう。

Siriをできる限り無効化する方法

Siriをオフにすればいいのですが、iPhoneを使用する中でSiriという機能名は目にするでしょう。

Siriの音声アシスタント以外の部分も無効化したければ、以下で紹介する方法を試してみましょう。

Siriの機能制限

Siriそのものの機能制限を希望するなら、設定アプリを選択します。

「スクリーンタイム」「コンテンツとプライバシーの制限」の順番でタップしていきます。

そして「コンテンツとプライバシーの制限」をオンにします。

続いて「許可されたApp」から「Siriと音声入力」の項目を選び、オフにします。

ちなみにiOS11までの搭載されている機種の場合、「スクリーンタイム」が「機能制限」になりますので注意しましょう。

これで設定アプリの中で「Siriと検索」というメニューは消滅するはずです。

Siriからの提案をオフにする

Siriの機能制限をしても、「検索の候補」と「“調べる”の候補」「ロック画面上の提案」といった「Siriからの提案」セクションについてはなお機能しています。

もしこれらの機能も必要なければ、それぞれオフにしておきましょう。

Safariでオフにする

iPhoneユーザーであれば、Safariを使って調べ物をする人も多いでしょう。

このSafariで検索にかける際「Siriから提案されたWebサイト」が画面上部に表示されませんか?

もしこれが情報収集するにあたって邪魔と感じたら、この表示を消すことも可能です。

設定アプリの中にSafariがあるのでこちらをタップします。

すると「Safari検索候補」という項目があるので、こちらをオフにしましょう。

スポンサーリンク

そうすればSafariを使っているときに「Siriから提案されたWebサイト」さらに「App Storeの候補」の2つが表示されなくなります。

個別アプリの機能をオフにする

これはすべてのiPhoneユーザーが行う必要はないです。

しかし設定によってはアプリの中で「Siriからの提案」もしくは「Siriの知識」というのが表示される場合があります。

もしこの表示が邪魔なので無効化したければ、そのアプリの設定画面の中から「Siriと検索」という項目をタップします。

そして「Siri及び提案」というところをオフにすれば、この表示も出なくなります。

時々利用する人はロック状態に限定する

Siriをさほど頻繁には使用しないけれども、時折使うという人は完全に無効化すると都合が悪いです。

もし「ロック画面から呼び出す必要はない」と思っているのなら、そのような設定も可能です。

設定アプリの中から「Siriと検索」をタップします。

するといろいろなメニューが表示されますが、その中に「ロック中にSiriを許可」という項目があります。

これをオフにすることでロック画面ではSiriは機能しなくなります。

もしくは設定アプリの中にある「Face IDとパスコード」からでも設定は可能です。

この中に「Siri」という項目がありますので、こちらをオフにしましょう。

近年のSiriを見るとロック中でもいろいろと教えるほどバージョンアップしています。

これが邪魔と感じているのなら、この解除設定を行いましょう。

この機能設定だけでも、Siriによるわずらわしさからはかなり解放されるはずです。

Siriの各種機能はオフにできる

iPhoneユーザーの中には、何か操作した時にSiriが誘発されて起動するので困っている方もいるでしょう。

自分が意図しないところでSiriが機能するとフラストレーションも溜まります。

Siriを消したいと思っても、iOSデバイスと深くかかわっている機能なので無効化ができないという声もしばしば聞かれます。

しかし上で見てきたようにSiriの音声アシスタント機能だけでなく、各種機能もオフにはできます。

Siriをオフにする方法をマスターして、今まで以上に快適にiPhoneを活用しましょう。

関連記事