ハウツー

iPhoneのSiriショートカットでより便利に・おすすめアプリも紹介

※この記事はアフィリエイト広告を含みます。

iOS 12には新しくSiriショートカットが導入されました。

Siriを活用することで、より複雑な指示ができるというものです。

ここではSiriショートカットの使い方や活用してほしいおすすめアプリを見ていきます。

Siriショートカットの使い方

まずはApp Storeで無料で入手できるショートカットアプリをインストールします。

アプリを起動すると「ショートカットを作成」というメニューが出てきます。

こちらをタップすると、検索欄になるのでほしいアプリを選びます。

アプリを選んだら「オン」をタップします。

今度はオン・オフ・切り替えるの3つの選択肢が現れます。

この切り替えるを選択すると、Siriに指示すればオン・オフが切り替わります。

ショートカットを作成したら、Siriと連携します。

右上のアイコンをタップします。

次に「Siriに追加」という項目が現れます。

こちらをタップすると赤いボタンが出てきます。

ボタンをタップし、ショートカットを起動する単語を登録します。

2度「完了」をタップすると、これで設定は完了です。

おすすめショートカットアプリを紹介

以下ではSiriショートカットで活用するのに便利なアプリをいくつか紹介します。

どれを導入するか困った時の参考にしてみるといいでしょう。

App

Appをショットカットにすると、好きなアプリをピンポイントで起動できます。

たくさんアプリがあると、どこに何があるかわからなくなることはありませんか?

Appのショートカットを導入すると、ロック画面からウィジェットを開き、そのままアプリを起動できます。

時間の短縮化が図れます。

「ショートカットを作成」をタップし「App」を選択します。

すると「Appを開く」が出てくるので、こちらもタップしましょう。

次に上部にブルーの「ショートカットを追加」をタップすれば、アクション追加できます。

Appの選択ボタンをタップするとiPhoneにインストールされているアプリの一覧が出てくるので、タップすれば起動できます。

スポンサーリンク

Wi-Fiを設定

iPhoneのショートカットの中でもおすすめできるのは、Wiです。

これはWi-FiやBluetoothを完全オフにできます。

「ショートカットを作成」をタップし、選択画面の中から「Wi-Fiを設定」を選びましょう。

スイッチが出てくるので、最初のうちはオフにしておきます。

最後にショートカットの名前を編集しておきます。

「Wi-Fiを完全にオフ」のようなすぐに内容を理解できるようなワードにしておくといいでしょう。

Siriショートカットにしたければ、「Siriに追加」という項目が設定にあります。

これで設定しておくと起動可能になります。

個人用オートメーションを作成

こちらのアプリをショートカットに入れておけば、低電力モードを一定の条件でオンにできます。

ショートカットアプリから「個人用オートメーションを作成」を選択します。

次に「出発」をタップして住所を入力します。

自宅にいる場合には「現在値」をタップすれば、それで設定は完了です。

次に「低電力」と入力し、「次へ」をタップします。

これで「完了」をタップすると自宅から一定距離出たところで自動的に低電力モードに切り替わります。

テキスト

音声入力を使用している人は少ないかもしれません。

面倒なので自分で打ってしまった方が楽だからです。

しかしテキストのショートカットアプリを導入すると、テキスト化だけでなく共有まで自動的にできてしまいます。

「テキスト」ショートカットをタップします。

音声入力するとテキスト化し、一通りしゃべり終わると「共有」が自動的に立ち上がります。

LINEなどの候補になるアプリが出てくるので、共有したいアイコンをタップします。

これだけでLINEに今行ったことが投稿され、グループなどで共有されるわけです。

Super Low Power MODE

外出中に電池残量が少なくなってピンチというケースもあるでしょう。

Super Low Power MODEはこのような事態で活用できる究極の省エネモードといわれています。

省電力モードへの切り替えはもちろんのこと、Wi-FiやBluetoothなどのいろいろな通信をすべてオフにできる便利アプリです。

外出中によくiPhoneを使用する、長時間外出していて電池残量が少なくなって心配したことがある人にはお勧めの機能です。

スポンサーリンク

そんなに利用する回数は多くないかもしれませんが、いざというときのお守りとしてショートカット機能に入れておいて損はないです。

Control Center 2

Control Center 2も省エネにするためにおすすめのアプリでショートカット設定しておくといいでしょう。

この中でもおすすめの機能なのが「Theater Mode」です。

劇場に今から入るという意味合いです。

「I’m entering the theater」をタップすると映画館に入った時に迷惑がかからないように消音や画面の明るさを最低レベルにする、おやすみモードと省電力モードが自動的にオンになります。

劇場以外でも電池残量が少なくなった時に省電力モードになるので、便利なアプリといえます。

My Top Songs of the Year Playlist

iPhoneを使って音楽をよく聞く人におすすめのアプリが、My Top Songs of the Year Playlistです。

ショートカットを取得ボタンでアプリを取得すると、作成したい年を入力するとその年度のランキングが自動的に作成されます。

するとその年の「Apple Music」アプリで皆さんの再生回数の多い順に曲がリストアップされます。

自分がよく聞いていた、好きな曲が出てくるので聞きたいときに手軽に聞けるようになります。

よく聞く曲Top25

iPhoneでよく聞く曲でプレイリストを自分で作成するとなると、なかなか面倒です。

しかしこの問題をショートカットアプリを使って解決できるのが、「よく聞く曲Top25」です。

ショートカットアプリを開くとライブラリタブが出てきます。

アイコンの右上にある「…」マークをタップします。

すると「よく聞く曲Top25」が出てくるのでここをタップすると、皆さんがよく聞いている曲25が自動的にピックアップされます。

xPay

スマホ決済を使って普段ショッピングしている人も多いでしょう。

しかし複数のアプリを使っていると、支払いの時に起動するのにまごつくこともよくあるかもしれません。

そのようなときにおすすめのショートカットアプリがxPayです。

xPayをタップするとスマホ決済アプリの一覧が出てくるので、使いたいアイコンをタップすれば、そのアプリが起動してスムーズです。

ウィジェットに設定するとさらに利便性が増します。

Translate Text

海外旅行や出張を頻繁にする人におすすめなのが、「Translate Text」です。

ちょっとしたワードやフレーズの英訳、そして和訳ができます。

入力ウィンドが出てきたら、翻訳したい文章を入力します。

すると自動的に訳してくれる便利機能です。

「この言葉ってどんな意味だっけ?」というときに重宝します。

スポンサーリンク

ショートカットでより利便性を高く

Siriショートカットを利用すれば、言葉でほしいアプリを簡単に起動できます。

上で紹介したように日常的に活用できる便利アプリもいろいろとあります。

iPhoneをさらに使い勝手の良いものにしたいと思っている人にはお勧めです。

iPhone 13を買うなら「楽天モバイル」がおすすめ



楽天モバイルなら、iPhone 13を安くお得に購入できます。

「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」で購入すると、月々たったの2,058円。
最新のiPhoneが約半額で買えちゃいます!
さらに初めてのプラン申し込み&他社から乗り換え(MNP)なら最大30,000ポイント還元されます。

iPhone 13を安く買うなら今がチャンスです!

関連記事