Wi-Fi

iPhoneが勝手にWi-Fi接続される?Wi-Fiに自動接続したくない時の解決法とは?

iPhoneやiPadには、以前に接続したことのあるWi-Fiネットワークに自動的に接続する機能があります。

iPhoneをワイヤレスネットワークに接続すると、iPhoneはそのWi-Fiネットワークとパスワードを記憶し、次回からは自動的にそのネットワークに接続できるようになります。

これはiPhoneの素晴らしい機能で、利用可能なネットワークリストからすでに利用したことのある無線LANネットワークを再度選択したり、パスワードを入力したりする手間を大幅に省くことができます。

とはいえ、個人的なプライバシーの関わる内容のEメールをやり取りしたり、オンラインショッピングでクレジットカード情報を送信したりするようなときには、特に公衆のWi-Fiを使いたくない人も多いはずです。

このように、iPhoneをWi-Fiに自動接続したくない場合にはどうしたらいいのでしょうか。

iPhoneを知らないWi-Fiに自動接続しないようにする

公衆のWi-Fiネットワークがある場所で、iPhoneがこうした安全性が確認できないWi-Fiネットワークに自動的に接続されるのが嫌な場合の設定方法は以下の通りです。

  • STEP1
    iPhoneの「設定」を開き、「Wi-Fi」をタップ。
  • STEP2
    ページの一番下までスクロールし、「接続を確認」のボタンから「確認」を選択します。

この設定にしておくことで、過去に接続したことのあるネットワークには自動的に接続できるようになりますし、逆に接続したことのあるWi-Fiネットワークが存在しない場合には、確認メッセージで確認してから接続できるようになります。

セキュリティ保護されたネットワークであっても、パスワードのないオープンなWi-Fiネットワークであっても、新規または未知のWi-Fiネットワークに参加する前には必ず確認メッセージが表示され、今後は手動で接続する必要があります。

iPhoneを特定のWi-Fiに自動接続しないようにする

自動接続をオフに

一般的に、iPhoneでWi-Fiをオンにすると、過去に接続したことのある既知のネットワークに自動的に接続されるため、既知のWi-Fiネットワークを手動で選択して参加する必要はありません。

この自動接続機能は、デフォルトで有効になっています。

iPhoneが過去に利用したことのあるWi-Fiネットワークに自動接続しないようにするには、自動接続機能を無効にする必要があります。

設定方法は次の手順で行うことができます。

  • STEP1
    iPhoneの「設定」を開きます。
  • STEP2
    「Wi-Fi」を選択し、「ON」にします。
  • STEP3
    各Wi-Fiネットワークの横に、「i」アイコンが表示されているはずです。iPhoneを自動的に接続したくないWi-Fiネットワークを見つけ、この「i」アイコンをタップ。
  • STEP4
    「自動接続」のボタンを探してタッチし、「オフ」にします。

もし今後、このWi-Fiネットワークに接続したい場合は、「設定」→「Wi-Fi」から再度手動で設定をしなおす必要があります。

ネットワーク設定を削除

iPhoneの「設定」を開き、「Wi-Fi」をタップすると、利用可能なWi-Fiネットワークのリストが表示され、選択することができます。

iPhoneが自動的に接続しないようにしたいWi-Fiネットワークを探します。

ネットワーク名の横にある青い「i」マークのアイコンをタップすると、選択したネットワークのWi-Fi IPアドレス、ルーターアドレス、DNSなど、Wi-Fiネットワークの詳細設定画面が表示されます。

選択したWi-Fiネットワーク名のすぐ下にある「このネットワーク設定を削除」というオプションを選択すると、今後はその削除したネットワークに自動的に接続されることはなくなります。

iPhoneのネットワーク設定をリセットして自動接続しないようにする

iPhoneの「設定」でWi-Fiネットワークの設定を初期化すれば、iPhone内に保存されているこれまでに接続した履歴のあるネットワーク情報をすべて消去することが可能です。

Wi-FiネットワークごとにWi-Fi自動接続の設定を変更するのが面倒な場合は、ネットワーク設定をまとめて一気にリセットする方法がおすすめです。

自動接続したくないときはiPhoneの設定機能をフル活用する

iPhoneには、iPhoneが自動的にWi-Fiに接続しないようにするためのWi-Fi設定が用意されています。

そのため、たまにしか使わない公衆無線LANなど、iPhoneに残しておく必要のないWi-Fiネットワークの自動接続を無効にすることが可能です。

特に、iOS 11で追加されたオプションは、サインインが必要だったり、インターネットの速度が遅かったりして、自動的に接続したくない公共のWi-Fiネットワークがある場合に便利です。

さらに、接続状態が不安定なWi-Fiネットワークでは、iPhoneやiPadが自動的に自動接続機能を無効にしてくれるのもうれしいポイントです。

関連記事