Wi-Fi

iPhoneで動画が見られない?Wi-Fiが繋がってるのに遅いときの対処法

出先の待ち時間などで時間をつぶしたいとき、手元のiPhoneで動画を見ることもあるでしょう。

こんな時に強い味方になるのがフリーWi-Fiです。

無料で接続できるうえ、通信し放題なので、出先で動画やネット接続がしやすいのが特徴です。

しかし、サイトのウェイト状態が続くなど、繋がってるのに遅い状態が続くのは考え物でしょう。

フリーWi-Fiが繋がってるのに遅い理由や、その対処法などを紹介します。

フリーWi-Fiの速度が遅い!3つの理由

フリーWi-Fiに繋がってるのに遅い場合に考えられることは3つあります。

当たり前のことだが、それを理解するだけで、イライラすることも減るうえ対処できるでしょう。

通信速度が遅くなる3つの理由を知り、対処につなげてください。

回線に接続する端末が多い

フリーWi-Fiでも1回線につき提供できる容量が決まっています。

ルーターに接続しているモバイル端末数が多い場合、Wi-Fiに接続するスピードが遅くなると考えられます。

特にiPhoneの場合、大容量通信ができる機種が多いです。

街中でもオンラインゲームや動画視聴などがしやすい特徴があります。

人が集まりやすいポイントでは特に接続しているのにレスポンスが遅いと感じるでしょう。

ルーターとの距離

フリーWi-Fiは無線電波での共有になります。

出力の関係から、提供できる範囲が限られているのも事実です。

ルーターとiPhone端末との距離が遠ければ、それだけ電波を受け取るまでの時間がかかるため、ネットの接続スピードが遅くなると受け止めましょう。

また、ルーターとiPhone端末との間に壁などの障害物があれば、電波の流通が少なくなります。

地下や鉄筋が入っている建物の中は注意してください。

Wi-Fi乱立による電波の干渉

ショッピングモールを例に考えてみましょう。

建物全体のフリーWi-Fi、テナント店舗のサービスで提供するフリーWi-Fi、さらに携帯キャリアが提供するスポットエリアがあるなど、まさに電波が乱立している環境にあります。

ルーターの設置数が多くなり、フリーWi-Fiスポットが増えるほど、それぞれの電波が干渉しあうため通信速度が落ちてしまう可能性も否めません。

Wi-Fiに繋がってるのに遅いときの対処法

サイトのウェイト状態が続くなど、Wi-Fiに繋がってるのに遅いときには、いくつかの対処法を実践してみてください。

対処するだけで外出先でもストレスを感じることなくiPhoneを楽しめるようになるでしょう。

稼働中のアプリを終了させる

iPhoneの環境をよくするために、さまざまなアプリを導入しているユーザーが多くみられます。

そのアプリの多くはバックグラウンドで稼働しています。

スポンサーリンク

Wi-Fi環境に接続すると、自動的にアプリの更新がなされることもあります。

Wi-Fiの電波を集中させるために、バックグラウンドで稼働しているアプリを終了させるだけで、動画が見やすくなることもあるのです。

別のフリーWi-Fiに接続する

接続端末が多すぎて、レスポンスが遅くなっている場合は、時間を空けてから再接続することも一案ですが、別のフリーWi-Fiを探して接続しなおすことも検討してみてください。

そのためには、今いる場所から移動する必要性も生まれますが、複数のフリーWi-Fiと接続できるのなら、別の提供先にログインしてみましょう。

アプリを使うのも吉

複数のフリーWi-Fiを見つけるには、iPhoneの設定画面などを開くわずらわしさがあります。

こんな時には、「タウンWi-Fi(by_GMO)」のようなWi-Fiスポット検索アプリを利用するとよいでしょう。

このようなアプリを導入すれば、Wi-Fi自動接続はもちろんのこと、繋がってるのに遅い接続に対するブロックの煩雑さもなくなるので、おすすめです。

ストレスフリーでiPhoneを使いこなそう

大容量通信ができるiPhoneは機能性の高さから手放せない人が増えています。

フリーWi-Fiはユーザーにとって欠かせない存在になるでしょう。

フリーWi-Fiをうまく活用し、ストレスフリーのネット生活を続けてください。

フリーWi-Fi検索アプリなどの活用もおすすめです。

関連記事
光回線

【ネット環境がない人必見】テレワークにおすすめのインターネット回線とは?失敗しないネット回線の選び方

2021年6月8日
オリラボ通信
企業のテレワーク導入が本格的になり、ポストコロナもテレワークが継続されることが予想されます。 そんな中で、自宅にネット環境がない人は、とて …