ハウツー

【超簡単】iPhone Xのキズをきれいに消す方法!高く売るためのコツも紹介

iPhone Xは中古市場の中で、キズが多い機種として悪い評判が立っていました。

前面・背面共にガラス張りとなり、その美しさが話題に上がった反面、ケース不使用では短期間にかつてない程のキズがついた、と様々な問題的が起こりました。

しかし同時に、キズの無い・少ないiPhone Xは中古市場で希少価値のある存在という事になります。

ステンレス部分のキズを新品同様に消すには?

ホームセンターや手芸店の中には、ステンレス用品を磨くためのクロス製品が販売されている事があります。

これはステンレスを磨く事に特化した繊維と専用の薬品が塗布されており、ステンレス製のケトル、水筒、腕時計への用途が想定されています。

しかし、同様にステンレスであるならば、スマホの本体部分に利用する事で十分に効果が見込めます。

近所にそういった店舗が無い場合は、通販サイトでも多種多様なステンレス磨きのクロス製品を取り寄せる事が出来ます。

専用クロスで楽々キズ消し

ただの掃除用クロスと異なる点は、磨く、つまり研磨することで元の輝きを取り戻す事に特化した布であるという点です。

その為、磨いた部分は綺麗になりますが、磨いた布部分は研磨されて極微小な破片となったステンレスが付着し、黒く汚れます。

シルバー製品を磨く時、或いはメラニンスポンジでシンクを磨いた時の状態を想像すると判り易いでしょう。

細かなキズは判らなくなり、大きな傷も目立たたない

こうした専用クロスで磨くことで、購入した時のような金属が輝いている状態を取り戻せます。

研磨されることで細かな傷が磨られて無くなり、大きな傷も無くなりこそしませんが目立たなくなります。

何よりも光沢を取り戻したことで、見た目の印象、新品感が磨く前後で段違いに変わります。

クロスの種類にもよりますが、数往復磨くだけでこれらの効果が得られるので、購入さえしておけば手間は殆どかかりません。

他のステンレス製品を磨く為に使える他にも、次にiPhone Xを買取に出す時まで取っておく事も可能です。

スマホを売る時、押さえておきたい高価買取のコツ!

iPhone Xに限らず、スマホの高価買取を狙うには、幾つか押さえておくべきポイントがあります。

見た目の綺麗さだけではなく、中身や付属品の状態で、査定時の評価は大きく変わります。

以下のポイントをしっかり押さえて、ただ買取に出すよりも査定人の印象が良い状態にしておきましょう。

リセットしておく

これは査定時に、減額対象になる事もある点です。

買取に出す時には端末データ、アプリを消去し、データ内部を出荷状態に戻しておく事は大前提の処置になります。

一見難しいように思える処置ですが、iPhone Xには設定上から個人がデータ消去を出来るように設計されており、手順に従えば簡単にリセットした状態にする事が可能です。

保護フィルムはつけたまま

逆に見落としがちなのが保護フィルムを貼ったままの状態にしておく事です。

保護フィルムを貼っておく事で査定開始時までに新たな傷がつく事が防げます。

しかし、この時粘着力が強い、粘着素材が画面に残りやすい物を使ってしまうと、汚れとして目立ってしまいます。

素材が残らず、簡単に剥がせるものを選びましょう。

スポンサーリンク

また、余計なシール等が貼ってある場合も剥がして、本体に痕跡を残さないようにしましょう。

購入時の付属品はなるべく揃えておく

iPhone Xを購入した際についてくる付属品は、揃っているほどベターです。

この付属品とは充電ケーブルや純正アクセサリーのみならず、説明書、箱も含まれます。

これもまた、存在していない物がマイナス査定に繋がる事があります。

アクセサリーを使っていない場合は、購入時の箱にそのまま残っているケースが多いので、箱を捨てた覚えさえ無ければ簡単に見つかる事も少なくありません。

ステンレス部分の深いキズを消す

中古であっても、なるべくなら汚れていないものが欲しいと思うのが人の心です。

液晶パネル部分を拭いて汚れをとる、清潔に掃除するのは当然として、本体の側面などのステンレス部分に傷が無いものほど高額査定に繋がります。

ただ拭くだけではキズまでカバーする事が出来ません。

しかし、こうした金属部分のキズやクスミをキレイに磨き上げる方法があります。

ほんの少しの手間でプラス査定!

こうして状態を良くしたiPhone Xならば、専門の中古ショップを利用する事で安定したやりとりで査定から買取までスムーズに行えます。

個人のネットオークションで、出品者として販売する方法もありますが、こちらは個人と個人間でのやりとりになる為、未払いやクレームといったトラブルが発生する可能性があります。

特にキズが発生しやすいiPhone Xでは、宅配時の衝撃でキズが生じる等のトラブルの元となりがちです。

中古のiPhone Xを取引する場合には、中古ショップを利用する方がオススメです。

関連記事