ハウツー

故障したジャンクiPhoneは買取ってもらおう!気になる買取金額の相場もチェック

壊れてしまったジャンクiPhoneを処分してしまう人も多いですが、ジャンクiPhoneでも売れることが多いのをご存知でしょうか?

捨てようと思っていたiPhoneでお小遣い稼ぎができる可能性があるので、処分するのはもったいないないですよ。

諦めずに、売却を検討してみませんか?

壊れたiPhoneを売る方法や壊れているのに売れる理由、売却時に注意するべき点、売却価格の相場など、壊れたiPhoneの売却に関する情報をまとめました。

壊れたiPhoneはどこで売れるのか?

壊れたiPhoneの買取は主に、ヤフオク!などインターネットのオークションで売却する方法と、中古スマートフォンの買取を行っている店舗を利用する方法の2つがあります。

ネットオークションやフリマアプリで売却

インターネットではネットオークションやフリマアプリなど、個人間でアイテムを売買できるサービスが人気を集めています。

このようなサービスを利用して、売却することもできます。

ヤフオク!やAmazonマーケットプレイス、楽天オークション、フリマアプリのメルカリなどが特に人気です。

ただし、ネットオークションやフリマアプリでの売買は、個人対個人の取り引きとなります。

出品から価格の交渉、配送業務など、すべて自分で行う必要があります。

顔も知らない見ず知らずの人に売るわけですから、何らかのトラブルが起こる可能性があることを理解した上で、利用しましょう。

買取業者で手軽に売却

最も手軽なのが、スマートフォンの買取を行っている店舗を利用する方法です。

スマートフォンの買取を専門にしている店も多いのですが、スマートフォンだけに限らず、ゲームやブランド品などさまざまな中古品を買取る店もあります。

直接店舗に持ち込むこともできますし、店舗に足を運ばずにインターネットから宅配を利用して買取ってもらえるので手軽です。

店舗への持ち込みや宅配便で送ると、すぐに査定してくれます。

業者が査定から買取手続きまですべて行ってくれるので、手間を掛けず売ることができるのがメリットです。

壊れているのになぜiPhoneは売れるのか?

故障して使えないのに、なぜ買取ってもらえるのか?と、疑問に感じる方も多いのではないでしょうか。

買取店舗には修理スタッフが雇われているので、ちょっとした故障や破損なら、元通りにできます。

故障を理由に安く買取って修理すれば、現役として売ることができるので、利ざやが稼げるのです。

修理が難しい故障であっても、分解して使える部品だけを取り出せば、他のiPhoneを修理するときの交換部品として活用できます。

たとえ故障して使えなくなったとしても、十分に使える部品も多いですから、ここまで壊れてしまったら買取ってもらえないのでは?と自己判断せず、ダメ元で査定に出してみることをおすすめします。

売却時にするべきこと

iPhoneを売却する前に、個人情報の漏洩を防止するなど、いくつかの作業を行いましょう。

売却前にしておくべき作業の中で最も大切なのは、記憶されているデータを削除する初期化です。

初期化をしていないと、買取ってもらえないお店もあるので、必ず初期化しておく必要があります。

iPhoneは単に初期化するだけでなく、そのほかにも確認や必要な作業があります。

スポンサーリンク

買取に出すまでの手順は、分割払いの残金の確認→iCloudのログアウトおよびiPhoneを探す機能の停止→初期化→SIMカードの取り外しの順に行います。

分割払いの残金の確認

iPhone本体の分割払いが完了しているかどうか、残金がある場合はいくらの未払いがあるかを確認しておきましょう。

本体代金の分割払いを滞納している、残高が残っているといった場合、その端末が使えないようにネットワークを利用制限されることがあるからです。

ネットワーク利用制限のかかったiPhoneは、買取りを拒否されることもあるので、ぜひ確認しておきましょう。

ネットワーク利用制限の確認

ネットワーク利用制限を確認する方法は、各キャリアによって異なりますが、大まかな手順は次のようになります。

利用しているキャリアのWebサイトにアクセスし、利用制限確認ページで製造番号を入力すると、制限状況が表示されます。

完済されていれば利用制限なしの〇マーク、完済されていない場合や、完済していても保証サービスに加入している場合などは△マークが表示されます。

支払いの滞納などのトラブルがある場合は、利用制限がかかっているので×マークとなります。

製造番号の入力ミスや契約して間がないなど、情報が得られない場合は―マークが表示されます。

多くの買取店では×及び―マークは買取っておらず、△マークは買取額が減額されます。

iCloudのログアウト

分割払いおよびネットワーク利用制限の確認ができたら、iPhoneに残されたデータを削除していく作業に移ります。

iCloudにログインしたまま売却すると、クラウドに記録された情報が漏洩して危険です。

iCloudからログアウトしておきましょう。

ログアウトはホーム画面の設定から、ユーザー名を選択します。

iPhone10.2以前のモデルでは、iCloudを選択してください。

選択した画面からサインアウトをタップします。

iOS7以前のモデルは、アカウントの削除をタップしてください。

パスワード入力画面が表示されるので、パスワードを入力し、オフにするボタンをタップします。

Apple IDとパスワードの入力画面が表示されれば、ログアウト完了です。

iPhoneを探す機能の停止

iCloudからログアウトすると、iPhoneを探す機能は停止されるはずですが、念のために探す機能がオフになっているかを確認し、オンであればオフに切り替えておきましょう。

探す機能がオンになっていると、Apple IDとパスワードを入力しなければログインできないので、買取った業者やユーザーが利用できなくなります。

この機能をオフにしていないと買取ってくれない場合もありますから、忘れずに確認しておきましょう。

必ず初期化を行う

iPhoneの初期化は、個人情報の漏洩を防止するためにも、必ず行うべき大切な作業です。

初期化する方法は、ホーム画面から設定画面へと移動し、設定画面の一般をタップ。

一般画面が表示されたら、リセットをタップしてください。

スポンサーリンク

リセット画面から、すべてのコンテンツと設定を消去をタップし、iPhoneを消去ボタンをタップ。

もう一度同じ画面が表示されるので、iPhoneを消去ボタンをタップしてください。

初期化作業が終わると、こんにちはのメッセージ画面に変わります。

Apple IDパスワードの入力が必要な機種もあるので、画面の表示に従って作業を進めていきましょう。

SIMカードの取り外し

初期化作業が終わったら、SIMカードを抜きましょう。

購入時に付属しているSIMピンを、本体の側面にある小さな穴に突き刺します。

SIMトレイのロックが解除されますから、SIMトレイを引き出してSIMカードを取り外します。

SIMトレイを本体に押し込んで元に戻せば完了です。

ジャンク品iPhoneの買取相場価格

故障したiPhoneの買取価格は、故障の程度や人気モデルかどうかなど、条件によって異なります。

次々に新しい機種が登場しますから、最新モデルもすぐに古くなって値下がりするなど、常に買取価格は変動しています。

安い場合は100円~300円程度の値段しか付かない場合もありますが、人気の機種などでは、高値での買取りも少なくありません。

高ければ数万円程度の値段がつくこともあります。

壊れたiPhoneは処分する前に無料査定へ

壊れたiPhoneを捨ててしまう前に、ダメ元で買取査定に出してみてはいかがでしょうか。

捨ててしまうと1円にもなりませんが、うまくいくと数千円~数万円のお小遣いが手に入るチャンスです。

売却するときは個人情報が悪用されないよう、必ずデータを消去しましょう。

関連記事