格安スマホ/SIM

もう迷わない!押さえておきたい格安SIMの条件と選び方、回線別おすすめ

格安SIMは、ドコモやau、ソフトバンクなどの自社回線を持つ大手キャリアから回線を借りて運営しています。

そのため、小さな投資で事業に参画できることから、いまや格安SIMを運営しているキャリアは小さなところも含めると相当な数がひしめき合う業界となりました。

それぞれの格安SIMキャリアは様々な特色がありますので、どのように選べばよいか分からない方も多いと思います。

そこでここでは格安SIMの選び方とおすすめの格安SIMをご紹介します。

格安SIMの基礎知識

格安SIMという言葉はよく耳にしますが、どのようなものを指すのか分からないという方もおられます。

そこで、まず格安SIMについての理解を深めておきましょう。

格安SIMとは

そもそも格安SIMとは、自社で回線を持っておらず、ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアから回線を借りてサービスを提供しているキャリアのことを指します。

回線を持つキャリアをMNO、回線を持たないキャリアをMVNOと呼び、格安SIMはMVNOのことを指します。

格安SIMのSIMとは、SIMカードのことであり、Subscriber Identity Moduleの略です。

契約者の携帯番号や契約内容などのさまざまな情報が入ったICチップ内蔵カードとなっています。

スマホにSIMカードを差し込むことで、スマホがSIMカードから情報を読み取って電話や通信を行うことが出来るようになります。

格安SIMのメリットは料金が安いこと

格安SIMの最大のメリットは月々の料金が安い点です。

大手キャリアでは、例えばデータ通信が5GBのプランの場合でおよそ5,000円~7,000円程度となっていますが、格安SIMの場合、同じ5GBで3,000円を切るような料金設定になっています。

格安SIMキャリアは自社で通信回線を保有せずに大手キャリアから通信回線を借りて運営しているので、回線の維持などに必要な費用がかからないため、大手キャリアよりも安くサービスを提供できるのです。

格安SIMは解約違約金がかからない

格安SIMは、データ通信のみのプランの場合は2年契約などの契約期間の縛りがなく、契約解除時にも解約手数料がかかりません。

ただし、通話もできる音声通話プランの場合は格安SIMキャリアによっては半年から数年の縛りがある場合もあります。

格安SIMを選ぶ基準

格安SIMと一口で言っても、かなり多くの格安SIM会社が存在しています。

各社差別化を図るため様々な料金体系やサービスを展開しており、特色は多種多様となっています。

ここでは格安SIMを選ぶ際のポイントをいくつかご紹介します。

自分の用途を考える

格安SIMには音声通話SIMとデータ専用SIMの二種類があります。

音声通話SIMは電話とデータ通信をすることができるSIMで、データ専用SIMは電話の機能はなくデータ通信のみ可能となっています。

音声通話SIMは電話ができる分データ専用SIMよりも月額料金は割高になってしまいます。

格安SIMで電話もしたいという方は音声通話SIMを選択する必要がありますが、サブ端末などでデータ通信のみ使用したいというような場合は、データ専用SIMの方がコスパも良くおすすめです。

今のスマホを使いたいか

格安SIMを選ぶ際には、今使っているスマホをそのまま継続して使いたいかどうかで選択肢が変わってきます。

例えばドコモで購入したスマホは基本的にはドコモ回線でしか使えないようにSIMロックがかかっており、他のキャリアで使えないようになっています。

スポンサーリンク

ただし、例えばソフトバンクのSIMロックがかかっているスマホは、他のキャリアでは使えませんが、ソフトバンク系の格安SIMであればそのまま使うことが可能です。

つまり、SIMロックがかかっているスマホをそのまま使いたい場合は、同じネットワーク回線の格安SIMから選ぶ必要があるのです。

但し、SIMロックを解除すればその限りではありません。

SIMロック解除スマホなら選択肢が広がる

スマホにかかっているSIMロックは、あるルールをクリアできれば解除することが可能です。

SIMロックの解除ルールはキャリアによって異なるため各キャリアへ確認が必要ですが、SIMロックを解除することが出来れば、SIMロックを気にせずに好きな格安SIMに乗り換えることが可能です。

また、もともとSIMロックがかかっていないSIMフリースマホであれば、初めから好きな格安SIMに乗り換えることが出来ます。

ただし、スマホには対応可能なバンド(周波数)が決まっていますので、まったく気にしなくていいという訳ではありません。

格安SIMを選ぶ際にはスマホの対応バンドを確認することも必要です。

通信速度はどうか

格安SIMキャリアによって通信速度は大きく変わります。

格安SIMは大手キャリアからネットワークを借りて運営していますので、基本的には大手キャリアに比べると通信速度が劣ってしまいます。

しかし、格安SIM側でも用意する必要のある機器があり、その機器の数や利用するユーザー数によって通信速度が変わってくるため、結果として格安SIM間で通信速度の差が生まれます。

いろいろなメディアにて格安SIMの通信速度比較が頻繁に行われていますので、それらを参考にしながら出来るだけ通信速度の速い格安SIMキャリアを選択することをおすすめします。

どれくらいのデータ容量が必要か

格安SIMでどの程度のデータ容量を使うかによって格安SIMのプランが変わってきます。

格安SIMには、大きく分けて定量定額プラン、無制限プランに分けられます。

定量定額プランは、1GB、3GB、5GBなど月に使用できるデータ容量が定められているプランです。

テータ容量が少ない方が月々の料金が抑えられ、データ容量が大きい方が月々の料金が高くなりますので、自分が使うデータ容量をきちんと把握したうえでプランを決める必要があります。

格安SIMキャリアによっては、使わずに余ったデータ容量は翌月に繰り越すこともできます。

SNSをよく使うならカウントフリー

格安SIMには、特定のアプリのデータ通信量をカウントしないカウントフリーというのがあります。

対象アプリは格安SIMキャリアによってまちまちですが、例えばツイッターやインスタグラムなどのSNSをよく使って、そのほかのアプリやブラウザはあまり使わないというような方は、SNSアプリのカウントフリーに対応している格安SIMと契約すれば、実際の月々のデータ容量を抑えることが出来ますので、料金の節約につながります。

他にもLINEアプリや動画視聴アプリがカウントフリーになっているようなところもありますので、自分のスタイルに合ったところを選ぶことが出来ます。

無制限プランは割高だが容量を気にしなくてすむ

例えば仕事などで毎月多くのデータ通信を行い、契約したデータ容量に抑えるのが難しいという場合や、データ容量を気にせずに動画などを楽しみたいというような方には無制限プランがおすすめです。

無制限プランはその名の通り、月々のデータ通信に制限のないプランとなっています。

データ容量が定額のプランに比べて料金は割高になってしまいますが、毎月契約データ容量を超えて、データ容量を追加購入しているような場合は無制限プランにした方が安くなる場合が多いです。

無制限プランは一部の格安SIMキャリアで取り扱っています。

ドコモ回線を取り扱っている格安SIMキャリア

まずはドコモのネットワーク回線を使用した格安SIMをご紹介します。

スポンサーリンク

全格安SIMキャリアの中でもドコモのネットワークを使用しているところが最も多くなっています。

ここではドコモの回線を取り扱っている格安SIM主要5社をご紹介いたします。

IIJmio

IIJmio(アイアイジェイミオ)はインターネットイニシアティブが運営する格安SIMです。

ドコモの回線を扱う格安SIMの中では初期からサービスを提供しており、根強い人気があります。

料金は音声通話SIM+3GBで1,600円からとなっています。

そのほかにも6GB、12GBのプランがあり、データ通信量によってプランを選ぶことが出来ます。

またIIJmioは光回線のサービスも提供しており、光回線とセットで契約するとmio割が適用され、先ほどの音声通話SIM+3GBの1,600円が実質1,000円で利用できるようになります。

IIJmioはドコモ回線の他にau回線を選択することも可能です。

【公式】IIJmio

イオンモバイル

イオンモバイルは全国にショッピングモールであるイオンモールを展開しているイオンが運営している格安SIMです。

イオンモバイルの強みは、全国にある店舗での窓口サポートができる点です。

通常格安SIMはインターネット上での申込みがほとんどで、不明点があればカスタマーサポートなどに電話やメールで確認するという格安SIMキャリアが多い中、イオンモバイルはその店舗の多さを活かした事業を展開しています。

全国200を超える店舗で販売とサポートを行っています。

もちろん料金も音声通話SIM+4GBで1,738円(税込)と他社を圧倒する安さを実現しています。

【公式】イオンモバイル

DTI SIM

DTI SIMは、インターネットプロバイダのDTIが運営している格安SIMです。

20年以上の実績を持っており、シンプルな料金体系が特徴です。

DTI SIMでは音声通話SIML3GBで1,490円からと他社に比べ安い金額でサービスを提供しています。

また、初めてDTI SIMを使う方限定で、音声通話SIMの場合は3GBに加えて10分以内の通話が無料になる電話定額プランが通常2,310円のところ半年間1,520円になるキャンペーンを展開しています。

毎月790円もお得になります。

音声通話なしのデータプランであれば、3GBが半年間0円で利用できますので、初めての方でも試しやすくなっています。

【公式】DTI SIM

U-mobile

U-mobileは、映像配信サービスを提供しているU-NEXTが運営している格安SIMです。

音声通話SIM+3GBで1,738円(税込)からというリーズナブルな料金設定に加え、データ通信の大容量化に焦点を当てた料金プランを用意しています。

一つは月間25GBまで利用できるU-mobile MAXというプランで、3,168円(税込)から利用可能です。

スポンサーリンク

また、データ通信専用SIMの提供のみですが、データ容量が無制限のLTE使い放題プランも用意されています。

こちらは通話ができない代わりに2,728円(税込)からという低価格を実現しており、契約期間の縛りがないのも強みとなっています。

【公式】U-mobile

NifMo

NifMo(ニフモ)は大手インターネットプロバイダの@niftyが運営している格安SIMです。

インターネットプロバイダとして長年培ってきた経験を活かし、安定したサービスを提供しています。

NifMoの料金プランは非常にシンプルで、音声通話に加えて3GB、7GB、13GBの中から自分に合うデータ容量のプランを選択するような形となります。

音声通話+3GBであれば、月々1,600円からとなっています。

NifMoでは毎月のデータ通信量が余った場合には翌月に繰り越しができ、また反対にその月のデータ通信量が足りなかった場合は、0.5GBのデータを「おかわり」することもできます。

【公式】NifMo

au回線を取り扱っている格安SIMキャリア

auの格安SIMはドコモの次に格安SIMを提供し始めたキャリアです。

UQモバイルやBIGLOBEモバイルなど通信速度の速さに定評のある格安SIMが並びます。

ここではauの回線を取り扱っている格安SIM主要5社をご紹介いたします。

UQモバイル

UQモバイルはauのサブブランドとして、au系格安SIMのトップランナーの地位を確立しています。

通信速度は常に上位に位置しており、ユーザーの評判も高いのが特徴です。

UQモバイルはもともとUQ WiMaxのサービスを展開しており、通信サービスの運用実績に関しては他社に比べ抜きんでています。

CMでも深田恭子さん、多部未華子さん、永野芽郁さんの”UQ三姉妹”のインパクトが強烈で、知名度も抜群です。

最も勢いのある格安SIMといっても過言ではありません。

プランはスマホプランSであれば音声通話SIM+3GBで2,178円(税込)からと安く利用できます。

【公式】UQモバイル

mineo

mineoは2014年よりサービスを開始し、株式会社オプテージが運営しています。

格安SIMの中では歴史のあるキャリアであり、auのみならず、ドコモ、ソフトバンクの3大キャリアのネットワークを使用することができるようになった最初の格安SIMキャリアです。

料金プランは3つの回線の中でau回線が最も安く、音声通話SIM+3GBプランで1,661円(税込)からとなっています。

またmineoには独自のオプションとして、エココースというのがあります。

通信が混雑する朝、昼、夕方の時間帯で通信速度を制限する代わりに月額使用料を最大450円割り引くオプションとなっています。

【公式】mineo

スポンサーリンク

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは通信大手のBIGLOBEが運営する格安SIMです。

インターネットプロバイダとして30年以上の実績があり、通信に関してはプロフェッショナルと言っても過言ではありません。

BIGLOBEモバイルはauの他にドコモの回線も使用となっており、どちらの回線でも料金は音声通話SIM+3GBで1,600円からとなっています。

またBIGLOBEモバイルにはエンタメフリーオプションがあります。

エンタメフリーオプションはYouTubeなどの動画サービスや、Apple Musicなどの音楽サービスを利用する際に発生するパケット通信がカウントフリーとなるオプションで、制限なしで楽しむことが出来ます。

BIGLOBEモバイル

QTmobile

QTmobileはあまり耳慣れないかもしれませんが、九州のBBIQというプロバイダが運営している格安SIMです。

もちろん九州に住んでいなくてもWEBからの契約が可能です。

QTmobileの特徴は大きな割引キャンペーンを行っている点で、通常音声通話SIM+3GBであれば1,550円からとなっていますが、初めてQTmobileをご利用の場合、利用開始月から12か月目までが、なんと990円となるキャンペーンを実施中です。

12か月間で6,720円もお得になります。

オプションも充実しており、10分かけ放題オプションや無制限かけ放題オプションなどもあります。

【公式】QTmobile

Fiimo

Fiimo(フィーモ)は四国電力グループが運営している格安SIMです。

地場展開ということもあり、四国と岡山に実店舗がありますので、ネット申込みなどがよく分からないという方にはおすすめです。

料金は音声通話SIM+3GBで1,600円からとなっており、更に乗り換えキャンペーンとして3ヶ月間500円OFFとなりますので、3ヶ月間は1,100円から利用できます。

これに加え、契約事務手数料も通常3,630円(税込)が無料になるなど、お得なキャンペーンを展開中です。

もちろんパケット繰越しなどの基本的な部分に加え10分かけ放題や端末安心サポートなどのオプションも取り扱っています。

【公式】Fiimo

ソフトバンク回線を取り扱っている格安SIMキャリア

ソフトバンクは格安SIMキャリアへのネットワークの貸し出しが最後発であるため、他キャリアに比べソフトバンク回線を取り扱っている格安SIMキャリアは少なめとなっています。

SIMロックの解除が出来ないソフトバンクのiPhone 6s以前の端末でもそのまま格安SIMに乗り換えることができるようになりました。

ソフトバンクの回線を取り扱っている格安SIM主要5社をご紹介いたします。

LINEモバイル

LINEモバイルは2018年にソフトバンク傘下となり、実質ソフトバンクのサブブランドとなりました。

ソフトバンクの他にドコモ回線も持っています。

LINEモバイルの最大の特徴は、LINEアプリのカウントフリーオプションがある点であり、最大の強みです。

LINEのメッセージのやり取りはもちろん、LINE電話もいくら使っても通信量が減ることがありません。

スポンサーリンク

LINEでのビデオ通話も同様であり、LINEで長く電話をしたい方にはピッタリです。

またLINEだけでなくインスタグラムやツイッターのカウントフリーにも対応しています。

料金は1,320円(税込)(1GB)~と低価格に抑えられています。

【公式】LINEモバイル

nuroモバイル

nuroモバイルnuroモバイルはソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社の格安SIMです。

nuroモバイルはデータ前借りというユニークなサービスがあります。

当月のデータ容量を全て使ってしまった場合に、翌月のデータ容量分を前借して使用することのできるサービスであり、データ追加料金などもかかりません。

また、nuroモバイルを試してみたい方向けにお試しプランというものが用意されています。

音声通話SIM、データ容量0.2GBで、1,320円(税込)からという低料金となっています。

お試しプランなので最低利用期間がなく、また解約手数料もかかりません。

【公式】nuroモバイル

b-mobile

b-mobileは日本通信株式会社の格安SIMです。

日本で最初にソフトバンクの格安SIMサービスを始めたキャリアとして話題となりました。

b-mobileの最大の特徴は、990 JUST FIT SIMというサービスです。

通常格安SIMは月に利用できるデータ容量が決まっている容量定額プランが主流ですが、990 JUST FIT SIMは簡単に言えば使った分だけお金がかかるプランです。

1GB990円から始まり、1GBごとに200円ずつ増えていき最大20GBまで使用することが出来ます。

毎月のデータ通信量が一定でなくバラバラという方には非常にお得なプランと言えます。

【公式】b-mobile

リペアSIM

リペアSIMは、iPhone修理業者であるアイサポが運営している格安SIMサービスです。

リペアSIM独自の特徴的なサービスとして、万が一お手持ちのiPhoneが画面割れなどで壊れてしまっても、アイサポで修理を行った場合、修理代金が最大全額キャッシュバックされます。

リペアSIMの音声通話SIMに加入していることが条件となりますが、iPhoneの修理は非常に高額になりますので、よくiPhoneを落としてしまう人にはピッタリの格安SIMと言えます。

キャッシュバックは修理から10か月後に実行されます。

利用料金としても音声プラン1GBで1,408円(税込)と安く提供しています。

【公式】リペアSIM

HISモバイル

HISモバイルは、旅行会社のHISが運営している格安SIMです。

スポンサーリンク

HISモバイルではデータ通信量が100MBから30GBまでの間で上限を切り替えながら使用することのできるビタッ!プランというのを導入しており、使ったら使った分だけ支払うという形をとっています。

そのため、毎月のデータ通信量がバラバラな方、普段はほとんど同じだけど、ときどき出張などで多く使うなど、毎月のデータ通信量を決めづらい人に向いています。

またHISならではの海外で使える「変なSIM」というものも取り扱っており、既存のSIMに張り付けるだけで海外で使えて安いというメリットがあります。

【公式】HISモバイル

格安SIMは自分にあった選び方を

現在数多くの格安SIMがありますので、何をどのように選べば良いのか悩む方も多いと思います。

しかし格安SIMにはそれぞれメリットやデメリットがありますし、使いたいスマホやデータ容量、通信速度、料金プランなど自身が考えている条件を考慮すれば、自然とある程度候補となる格安SIMが見えてくるはずです。

自身の状況や優先したい希望条件を考えながら、最適な格安SIMを選びましょう。

iPhone 13を買うなら「楽天モバイル」がおすすめ



楽天モバイルなら、iPhone 13を安くお得に購入できます。

「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」で購入すると、月々たったの2,058円。
最新のiPhoneが約半額で買えちゃいます!
さらに初めてのプラン申し込み&他社から乗り換え(MNP)なら最大30,000ポイント還元されます。

iPhone 13を安く買うなら今がチャンスです!

関連記事