格安スマホ/SIM

中学生にぴったりの格安SIMは?会社選びのポイントとおすすめ会社を紹介!

スマホを中学生の子どもに持たせる親の割合は高くなっています。

子ども自身が欲しいと思っていることもありますが、親自身が必要性を感じることもあるからです。

しかし、家族の中で何人もスマホを持ちプランを契約するとなると、毎月のスマホ代金の支払いが負担となることも。

また、どこのスマホ会社を選んだらいいか分からないという悩みもあるかもしれません。

そこで、中学生向けのスマホ会社をどのように選んだらいいのか、できるだけお得に利用するための方法にはどんなものがあるかを知ることは重要です。

中学生の子どもにスマホを持たせる理由とメリット

そもそも中学生にスマホを持たせるかどうかを迷っているのであれば、どんな理由とメリットがあるのかをチェックしてみましょう。

スマホ会社選びのポイントを知ることにもつながります。

親子の連絡用に

いつでも子どもと連絡が取れるように、という目的でスマホを持たせる親は多くいます。

学校の行き帰りや、親が仕事や用事で一緒にいられない時などに、しっかりと連絡を取るための手段としてスマホは役立ちます。

また、万が一子どもが、不審者を含めて何らかのトラブルに巻き込まれた時に、緊急用に連絡できるというのも大きなメリット。

親としても子どもがスマホを持っていれば、少なくてもいつでも連絡が取れるという安心感があります。

子どもの居場所をチェックするために

スマホにはGPS機能が付いていて、親がそのスマホの現在地をリアルタイムでチェックできるものもあります。

学校の行き帰りを安全に通っているのかを確認できますし、子どもが家に帰ってくるタイミングを計ることもできます。

もし、子どもの帰りが遅いと感じる時も、すぐにスマホでチェックできますので、安心して待っていられるでしょう。

万が一何らかのトラブルに遭ってしまったという時でも、居場所を知ることができますので、素早い対応ができるというのも大事な点です。

友だちと連絡を取るために

かなりの割合で中学生もスマホを持つようになっています。

そのため、友だち同士の連絡もスマホで、特にLINEなどのSNSを使ってコミュニケーションを取るケースが多くなっています。

友だちとの関係を維持するためにも、スマホは欠かせない存在となっていますので、子どものためにも持たせてあげるというのも大きな理由となります。

また、学級単位でLINEグループなどを作って、いろいろな連絡事項を共有しているところもありますので、実務的な意味でも役に立ちます。

子どもが遊ぶ道具として

スマホの用途は電話をかけたりSNSで情報を共有したりするだけではありません。

アプリを入れてゲームをすることもできますので、子どもにとってはいい遊び道具ともなります。

また、YouTubeなどの動画サイトで動画を観るというのも子どもたちにとっては楽しい時間です。

親が家事などで忙しい時に、スマホ一台あれば子どもも一人で遊んでいられるというメリットも。

子どもが楽しむという目的もスマホを持たせる大きな理由となっています。

大手キャリアと格安SIM会社の違い

スマホ会社としては、大手キャリアと格安SIM会社という二つの分け方があります。

スポンサーリンク

二つのグループにはどんな違いがあるのか、中学生が使うサービスとしてはどちらの方が向いているのかを見てみましょう。

料金は圧倒的に格安SIM会社が有利

「格安」と言うだけあって、大手キャリアと比べると格安SIM会社の月額料金は圧倒的に安いという特徴があります。

基本料金プランやオプションによっても違いはありますが、平均的に見て3,000円から5,000円程度は安くなることが多い傾向にあります。

4,000円ちょっと安いだけでも、年間にすると5万円近く、中学校生活3年間トータルで見ると15万円も安いことになります。

かなり大きな違いが出てきますので、家計を助けるという意味でも格安SIM会社を利用することにはメリットがあります。

格安SIM会社の回線設備は大手キャリアからレンタルしている

格安SIM会社は、基本的には回線設備を自前では持っていません。

そのため、大手キャリアであるソフトバンクやau、そしてドコモからレンタルしています。

つまり、スマホサービスを提供するための設備は大手キャリアと同じということになります。

膨大な資金が必要となる設備の初期投資をする必要がありませんし、維持管理のコストもかかりません。

その分、ユーザーの負担となる月額料金を安くできます。

その一方で、サービスを提供する設備は大手キャリアと同じでしっかりとしたものですので、通信の品質が確保されているというメリットがあるのです。

もちろん、レンタルということで大手キャリアと比べると、一定の制限はありますが、品質そのものは高く安定しているというのが特徴です。

会社ごとの独自性が強い

格安SIM会社はたくさんあり、それぞれの会社で特徴あるサービスを打ち出しています。

基本料金の安さにこだわっているところもありますし、オプションを充実させている会社もあります。

さらには、学生もしくは若者世代のニーズを意識して、中学生にうれしいサービス展開をしているところも。

料金もさることながら、こうしたそれぞれの会社の特徴を比較できるのも、格安スマホ会社のいいところだと言えます。

実店舗による対応に違いがある

大手キャリアは、全国各地にたくさんの実店舗を持っています。

都市部でも地方部でも一定数のショップがありますので、実際にスタッフに相談したり、対面で申し込みができたりするというメリットがあります。

スマホ端末も展示されていますので、実機を見ながらスマホ選びができるというのも良いところです。

一方で格安SIM会社は、一部の会社ではかなりの数のショップを持っているところもありますが、全体的には実店舗は少ないです。

全く実店舗を持っていない格安SIM会社も多く、電話もしくはインターネットでの申し込みや相談のみとしているケースがほとんどです。

あまりスマホに詳しくないという人であれば、ちょっと心配なところもあるでしょう。

とはいえ、格安SIM会社のホームページを見れば、細かなところも理解できますので、しっかりと情報を得た上で会社を決められます。

中学生向けの格安SIM会社の選び方

今まで見てきたように、中学生がスマホを持つのであれば、格安SIM会社を利用する方がメリットがあるかもしれません。

とはいえ、格安スマホ会社と一口に言っても、たくさんの会社がありますので、どこを選べばいいか迷ってしまいます。

スポンサーリンク

そこで、どんな点に留意して格安SIM会社を選べばいいかをチェックしてみましょう。

親が使っているスマホ会社の家族割やSIMカード追加発行ができないか

現在親が使っているスマホ会社で、家族割がどのくらい利くかをチェックしてみましょう。

家族割はずっと毎月の支払額から割引となりますので、利用代金をぐっと抑えるのに役立ちます。

また、同じ契約の中で、SIMカードを複数発行してくれるサービスを設けているところもあります。

契約を別にすることがない分、お得に二つのスマホを持てます。

データ容量をシェアすることになりますので、無駄なくデータ容量を使えるというメリットもあります。

子ども向けの安心機能を設けている

中学生にスマホを持たせる場合、やはり安全性を考慮するのは大事です。

そこで、子ども向けのスマホやサービスを提供し、親がきちんとコントロールしてあげられるようにしている会社を選ぶことができます。

それぞれの会社で独自のサービスを出していますが、一般的なのはフィルタリング機能。

有害なサイトにアクセスできないようにするものです。

また、スマホ自体にGPS機能が組み込まれていて、居場所を地図上で確認できるものもあります。

さらに、ゲームにはまってしまって多額の課金をすることがないように、課金制限などのブロック機能を付けているものもあります。

基本料金が安い会社をピックアップ

大人とは違い中学生は、それほど通話やデータ通信を必要とはしません。

そのため、できるだけ基本料金が安いところを探すのは、スマホ会社選びの大事なポイントです。

会社によって基本的な料金設定は違いますが、データ容量によってもお得度は異なります。

そのため、まずは子どものスマホではどのくらいのデータ容量が必要になるかを考え、それに対応するプランを各社でチェックしていく方法が効率的です。

音声通話を付けるかどうか

子ども向けのスマホであれば、音声通話はとりあえず必要ないケースもあります。

というのも、親子や友だちとの連絡は、ほとんどの場合LINEの音声通話機能を使い、携帯の電話機能を使わないことが多いからです。

データ通信ができてLINEを使えれば、メッセージも音声通話も可能です。

そのため、シンプルに音声通話付きのプランではなく、データ通信のみを選ぶことも1つの選択肢です。

ここでの注意点は、LINEなどのSNSアプリは番号認証をすることがあるということ。

アカウントを登録するにあたり、インストールするスマホにSMSを送ることによって認証をします。

そのため、LINEをするには、データ通信に加えてSMS機能を追加しておく必要があるのです。

中学生向けのおすすめの格安SIM会社

中学生が使うのに適している格安SIM会社のポイントを押さえたところで、今度はおすすめの会社を見てみましょう。

どこもお得で充実したサービスを提供していますが、それぞれに独自性がありますので、その違いを見て決めることができます。

スポンサーリンク

TONEモバイル

ギガ不安なし!で使える格安スマホ

レンタルDVDのTSUTAYAが運営している格安スマホ会社です。

子ども向けのスマホ端末を販売していて、子どもを守るための機能が満載です。

また、料金も安いため選びやすい会社だと言えます。

子供に安心のスマホ端末を使える

TONEモバイル独自のスマホ端末を販売していて、子供の安全を考えた充実の機能が備わっています。

たとえば、他のスマホを使って、子どもの居場所をリアルタイムで確認できる機能。

子供がどこにいるのかをチェックできて、安心して見守っていられます。

また、ゲームなどで過剰な課金をしないように課金制限ができます。

同じようにアプリを勝手にインストールできないように、アプリダウンロードロックもかけられます。

親がスマホに入れるアプリを決められますので、スマホを使う内容についてもきちんとコントロールできるのです。

基本料金が安くて手軽

基本料金プランがとてもシンプルでお得なのも大きなメリット。

基本料金は1,000円となっていて、それにいろいろなオプションやデータ容量の追加を行っていくシステムを採用しています。

分かりやすいプラン設定ですので、申し込みの際に悩むこともなく気軽に契約できるのも魅力。

料金設定自体がとても安いので、月々の負担をできるだけ減らしたいという人にぴったりです。

データ通信が実質無制限に使える

データ通信のサービスはいくつかのタイプがありますが、中速通信を選ぶと無制限に使えるというサービスがあります。

あくまでも中速通信ですので、高画質の動画や重いファイルをダウンロードするのには厳しいですが、通常の使用であればさほど問題ありません。

無制限で使えますので、知らないところで使い過ぎて、請求が高額になってしまうという心配もありません。

安全性という点だけでなく、お得さという面でも魅力的なポイントが多い会社ですので、中学生向けのスマホとしてはかなり高評価です。

【公式】TONEモバイル

LINEモバイル

LINEMO

誰もが知っているLINEが運営している格安スマホ会社です。

テレビでのCMも盛んに行っていますので、知名度が高く安心して申し込めるというメリットがあります。

中学生にうれしいサービスも展開していますので、選んで損はなくおすすめです。

LINEが使い放題になる

LINEモバイルはいくつかの基本プランを設けていますが、どれを使ってもLINEが使い放題になります。

LINEでのメッセージ、通話などの操作をしても、データ容量を消費することがありませんので、実質無制限なのです。

家族や友だちとの連絡をLINEですれば、タダということになりますし、音声通話機能を付ける必要もありません。

中学生にはとても魅力的なサービスだと言えるでしょう。

スポンサーリンク

オプション料金を払えば、InstagramなどのSNSやLINE Musicなどのエンタメ系のサービスも使い放題となります。

LINEのID検索ができる

格安SIM会社のプランを利用していると、LINEのID検索ができません。

これは本人認証が確実ではないからという理由があります。

しかし、LINEモバイルは運営元がLINEアプリを出しているところです。

そのため、格安SIM会社では唯一ID検索ができるのです。

よりLINEの使い勝手が良くなりますので、LINEユーザーにとってはうれしいサービスです。

高品質のフィルタリング機能を使える

LINEモバイルでは、オプションとしてiフィルターというフィルタリング機能を追加できます。

このフィルタリングは、世界的に評価の高いシステムで、有害サイトなどをブロックする機能に優れています。

子どもを守るためにとても役立ちます。

しかも無料ですので、お得に使えるというのもうれしいところです。

【公式】LINEモバイル

UQモバイル

テレビCMでも積極的に宣伝を行っているため、知名度が高い格安スマホ会社です。

高品質の通信環境と共に、学生だととてもお得になる学割も設定しています。

UQ学割がとてもお得

「UQ学割」という制度を適用すると、かなりお得になります。

中学生だと13か月間基本料金が980円からとなりますので、負担をぐっと減らすことができます。

特に新学期シーズンは、学生向けのキャンペーンがあってよりお得になります。

通信速度が速い

格安スマホ会社の中でも、特に通信品質が高い会社として評価が高いです。

通常時も混雑時間帯も安定した通信速度を維持していますので、ストレスなしに動画を観たりゲームをしたりできます。

同じお得な料金なら、やはり品質の高い会社を選んだ方が良いでしょう。

【公式】UQモバイル

総合的に考えてお得で安心の格安SIM会社を選ぼう!

中学生の子供にスマホを持たせるのであれば、やはり家計の負担とならないように、お得な料金プランやオプションを設けているところを選びましょう。

同時に、子どもを守るための機能がしっかりと付いているところを選ぶという観点も大事です。

その点、ここで紹介している格安SIM会社は、どちらの面でも総合力が高いところですのでおすすめです。

子どものスマホ利用の目的を意識して、どの会社がいいかをじっくりと比較して、よりお得で快適な格安スマホ会社を選びましょう。

iPhone 13を買うなら「楽天モバイル」がおすすめ



楽天モバイルなら、iPhone 13を安くお得に購入できます。

「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」で購入すると、月々たったの2,058円。
最新のiPhoneが約半額で買えちゃいます!
さらに初めてのプラン申し込み&他社から乗り換え(MNP)なら最大30,000ポイント還元されます。

iPhone 13を安く買うなら今がチャンスです!

関連記事