格安スマホ/SIM

通信速度が不安。実店舗が無い。意外と多い、格安SIMを選ぶべきでないデメリット

SIMとはSIMカード、通話やwebサイト閲覧といった通信全般の起動に関わるICカードです。

そして格安SIMとは、格安SIM会社が携帯キャリアから回線を借りる事で、その会社独自の料金プランでサービスを提供しています。

人によってはメリットもある格安SIMですが、格安SIMだからこそ起きてしまうデメリットも存在します。

大手携帯キャリアと比較して

格安SIMを使うという事は、大手携帯キャリアが元々提供しているSIMのプランを抜けて、格安プランの方に切り替えるという事です。

これにより、キャリアでは仕えた機能が使えなくなるなど、使用面で様々なデメリットが発生します。

大手携帯キャリアによる決済サービスが利用できなくなる

大手携帯キャリアには、音楽やゲームといったデジタルコンテンツ、通販での購入代金を通信料金と一緒に支払えるキャリア決済サービスがあります。

auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払いなど、こうしたキャリアの名前を冠した決済サービスは、格安SIMに切り替えると利用できなくなります。

次回からの支払いは個別に支払う手続きをしなおす必要があります。

また、キャリアのサービスによる蓄積ポイント等があった場合、それらも多くの場合は失効します。

再びキャリアに戻したとしても失効したポイントは戻りません。

通話定額プラン、家族割プランが無いところがある

格安SIMの契約プランには、通話定額プランや家族割といった、大手携帯キャリアが通常提供しているサービスが無い事が殆どです。

格安SIMの中にもかけ放題、シェアプランといった通話定額、家族割に代わるサービスを提供しているところもありますが、その数は多くありません。

家族が多い、通話する機会が多い人は、少なくともこのシェアプランのようなサービスを提供している格安SIMでなければ、却って通話面で不便が生じてしまいます。

今まで使ってきたキャリアメールが使えない

多くの人はこれまでに利用している携帯メールのアドレス、「@(キャリア名).ne.jp」というアドレスを長く使っているのではないでしょうか。

格安SIMにすると、このメールアドレスは使えなくなります。

家族や親しい人々に新しいメールアドレスを伝える必要がある他、携帯メールアドレスを緊急連絡先、アカウントのパスワード復帰用アドレスにしている人は注意が必要です。

格安SIMに乗り換える前にGmailやYahooメールでフリーのメールアドレスを取得し、代替する準備をしなければなりません。

実店舗がない!トラブル時の不安

実店舗が存在していない事が多い格安SIMは、何らかのトラブルが発生した時、店舗に持ち込んで対応してもらう、という手段が使えません。

全く無い訳ではなく、近年では格安SIM店舗が少しずつ増えてきています。

しかし利用している格安SIMの店舗が近くに無ければ、公式のWebサイトやサポートセンターに対応を頼む、或いは自分で調べて対処しなければいけません。

そのトラブルが通信不能といった症状である場合、スマホで調べながら、といった対処は出来ません。

ネットカフェなど手段がないこともありませんが、旅先、仕事先で起きてしまうと、駆け込める店舗が無いのは不安の元です。

支払い面の問題

キャリアとの違いは性能やプランだけではなく、支払い方法にもあります。

クレジットカードが契約に必要な格安SIMが多く、学生や職業によっては契約そのものが出来ない可能性があるのです。

クレジットカードでしか決済できない事が多い

格安SIMの料金支払いは、ほとんどの場合クレジットカードを用いた方法となっています。

スポンサーリンク

クレジットカードをまだ持てない年齢の学生、クレジットカードを作る審査が通りにくい職業の場合、この決済方法が利用できないので格安SIMに切り替えられません。

デビットカード、口座振替に対応している事もありますが、まだごく一部の格安SIMしか対応していません。

クレジットカード作成には審査がある

格安SIMと契約する上で、クレジットカードを作成するには、月々の返済を定期的に行う能力があるかどうか審査が行われます。

その為、無職や学生、専業主婦といった本人に収入が無い方は審査が通り辛くなっています。

また、月に収入があったとしても、自営業やパチプロ、芸能人といった職種の方は「安定した収入」と見なされない事があります。

大学生ならば大学生協といった機関でクレジットカードを作る機会があり、それを社会人になってからも使い続ける事が出来ます。

その後の職業選択によっては新規に作り辛くなる事もあるので、機会があるうちに作っておきましょう。

スマホ機種の問題

格安SIMを使いたい機種によっても、考慮しなければならない問題があります。

特に新機種のiPhoneで格安SIMを使うつもりでいる人は要注意です。

使用するつもりだった機種が未対応、もっとお得に買えたはずなのにキャンペーン時期を逃してしまったなど、機種によって確認しておきたい項目がいくつかあります。

最新機種のiPhoneを安く購入できない

新型のiPhoneは現在、毎年ペースで発表されています。買い替え時にこうした新型iPhoneは魅力的です。

新型端末はキャリアで購入するならば、端末代金割引という割引制度を利用できます。

しかし、格安SIMではこうした割引のあるセット販売がありません。

その為通信料は安くても、大きな買い物である機種本体を安く購入する事が出来なくなってしまいます。

最新のiPhoneを購入するなら、格安SIMよりもキャリアからの購入の方が向いています。

対応端末が判り辛い

格安SIMが使える端末は2種類あります。1つはSIMロックが解除されているもの、もう1つはSIMフリーの端末である事です。

格安SIMを初めて契約する時、自分の端末がこのどちらか、或いは契約したい格安SIMに適した端末なのか、把握していないといけません。

端末の中には、特定キャリアの格安SIMしか使えないものも存在しています。

逆に一部の格安SIMではキャリア回線が選び放題で、選択肢が絞れない事もあります。

各公式サイトから動作確認をした端末一覧を確認できますが、これをせずに契約してしまうと使用できない格安SIMと契約してしまう恐れがあります。

キャンペーン時の端末購入でなければ損をする

キャリアによる端末販売では、通信料金が高いキャリア回線を使い続ける事でそこから端末代金が割引され、実質的に端末代金は0円という販売方式がありました。

このキャンペーンは総務省により規制されつつありますが、逆に格安SIMにはこうした割引がありません。

キャリアの場合の初期費用が事務手数料の3,000円程度だったのに対し、格安SIMでは事務手数料3,000円+端末代金となり、初期費用の金額がキャリアと比べて大きな出費となります。

後々の通信料金を考えれば安くはなりますが、初期費用が一万円台で変化する事になってしまいます。

格安SIMの中にはこうした状況からか、契約時のキャッシュバックキャンペーンなどを打ち出している事もあります。

スポンサーリンク

利便上の問題

格安SIMは通信料金が安くなりますが、それだけ通信面や他の面でも利便性が劣るデメリットがあります。

一般的にはキャリアならばかけ放題な通話が格安SIMでは定量になるなどが挙げられます。

格安SIMの会社によっては代替プランがある事もありますが、多くは以下のような問題も発生します。

LINEでID検索ができない

格安SIMでもLINE自体は利用可能です。

しかし、LINEのID検索機能は年齢確認を行う必要があります。

この年齢確認をするのに、携帯キャリアのマイページにログインする手順が必要です。

このマイページログインが格安SIMでは出来ない為、LINEのID検索機能を使う事が出来ません。

連絡先を加えたい場合、直接のQRコードの交換、もしくは招待URLを使っての追加になります。

格安SIMの中では唯一、LINEモバイルはID検索が利用できます。

通信速度が遅い

大手携帯キャリアから通信回線を借り受けてサービスを販売している格安SIMは、その借りている帯域に利用者が増える程、通信が混雑します。

その為にお昼休憩時、19時以降のゴールデンタイムといった利用者が増える時間帯になると、通信速度が遅くなってしまう事があります。

いくら料金が安くとも、帯域の混み過ぎによる通信速度低下が酷ければ契約している意味があまりありません。

ただし、格安SIMの中にはこうした時間帯でも、元々の通信速度が速い所ならば、影響を受けないところもあります。

評判や時間帯の状況を調べてみましょう。

テザリングが使えない端末がある

スマホに搭載されているテザリング機能は、スマホをルーターとして代用し、データ通信をすることでパソコンやゲーム機をネットに接続した状態で使用できる機能です。

これを用いる事で、有線のネット回線が無い外出先でもインターネットに接続し、自宅で使うように通信する事ができます。

しかし格安SIMの場合、一部の端末ではこのテザリング機能が使用不可になっている事があります。

昨今では対応端末が増えてきていますが、動作確認一覧の中に載っていない端末もまだまだ存在しています。

契約前にデメリットの確認を!

通信料の魅力から人気が高まっている格安SIMですが、端末によって使えなくなる機能、プランや安心の面での問題など、そのデメリットは少なくありません。

安くなるから、と切り替えても、使用したかった機能や実は便利だった機能が制限されてしまっては元も子もありません。

切り替える前にしっかりと、自分がどういった機能を普段使っているか、どのプランや時期に買えば損が無いか、きちんと把握しておくことでデメリットを回避していきましょう。

関連記事