格安スマホ/SIM

格安SIMはどこがいい?おすすめの会社を徹底比較!【乗り換え手続きも紹介】

現代人にとって欠かせないアイテムの一つとなっているスマホを利用するためには、携帯会社と契約する必要があります。

たくさんの携帯会社があって、どれにしようか迷ってしまうことも多いものです。

特に格安SIMと呼ばれるお得なサービスもたくさん出ていますので、サービスの質と共に料金のことも一緒に考えることが必要になっています。

それぞれの格安SIM会社の特徴を捉えつつ、より自分に合った会社を選べるようにしましょう。

目次

そもそも格安SIMとは?

昔は携帯会社としては、キャリアと呼ばれる大会社が数社しかありませんでしたが、今では格安SIM会社と呼ばれるものがたくさん存在しています。

そもそも、格安SIM会社とはどんなものなのかを理解して、会社選びの参考にすることができます。

格安SIMとは?いまさら聞けない基礎知識やメリット・デメリットを解説毎月のスマホ代を大幅に節約できる「格安SIM」。 格安SIMに乗り換える人は年々増加してきていますが、それでもまだ大手キャリア(ドコモ...

回線を自前で持っていない

格安SIM会社の大きな特徴の一つは、自前で回線を持っていないということです。

携帯サービスを展開するためには、膨大な設備が必要となります。

アンテナそのものやアンテナを設置する基地局、基地局同士をつなぐケーブル、データ通信回線を処理するサーバーなど、相当な設備投資をしないと携帯サービスを提供できません。

当然ながらこうした設備投資には、莫大な資金とランニングコストがかかります。

そのため、超大企業以外の企業はほぼこの業界に参入することが難しかったのです。

しかし、大手キャリアの回線をレンタルしてもいいという規制緩和が行われたことによって、大きく自体が動きました。

大手キャリアが持っている回線をレンタルして、サービスを提供できるようになったのです。

この方法を採っているのが、いわゆる格安SIMということになります。

独自のサービスを提供

回線そのものは大手キャリア、つまりドコモ、au、ソフトバンクのものを利用しているのが格安SIM会社です。

大手キャリアと同じようなサービスの内容では、競争に勝つことはできません。

そこで、それぞれの会社で異なる特徴を持つサービスを提供しています。

お得な料金プランを設定していたり、かけ放題もしくはネットし放題プランを作ったりしているのもその一つの例です。

独自色の強いサービスを提供することで、他との差を付けて多くのユーザーからの支持を得ることができます。

格安SIMが安い理由

格安SIM会社は回線を自前で持つ必要がありませんので、超大企業でなくてもこの業界に参加できるようになり、それだけ競争が激しくなっています。

主要な会社だけでも20を数えます。

その分、競争が激しくなっていて、顧客を獲得するためにはサービスにも差をつける必要が出てきているのです。

一つのポイントとしては料金の差があります。

基本料金自体を下げる、利用し放題のプランを増やすなど、それぞれの会社で独自の料金プランを開発し、売りとしています。

そのため、じっくりとそれぞれの格安SIM会社の料金プランを比較することで、よりお得に自分のスマホの利用状況に合ったプランを見つけられるのです。

スポンサーリンク

格安SIMを利用するメリットとは?

格安SIM会社には、大手キャリアと比べても利用するだけの価値がある十分なメリットがあります。

メリットを検討して、スマホ会社の乗り換えを考える際のポイントとすることができます。

月々の安さで選ぶなら絶対に格安SIM!多彩なプランによる様々なメリット格安SIMという名前は徐々に周知されてきていますが、その印象は漠然と「料金が安くなる」といったものになりがちです。 どれだけ、何が安く...

料金が安い

やはり月額料金が安いというのは、格安SIM会社を利用する最も大きなメリットと言えるでしょう。

大手キャリアと比べると、全体的に数割程度安いことが多く、スマホの使い方は同じでもぐっと毎月のコストを抑えることができます。

また、定期的にキャンペーンも開催していますので、機種変更の際の機種購入費用がお得になったり、キャッシュバックもしくはポイント還元を受けられたりすることもあります。

上手にこうしたキャンペーンを利用することで、ぐっとお得にスマホを利用できるのです。

サービスの質が安定している

「格安」と聞くと、料金が安いだけでサービスの質が悪いのではないかという不安を抱える人も多いかもしれません。

しかし、実際には格安SIM会社だからサービスが悪いということは決してありません。

そもそも、格安SIM会社は大手キャリアが持っている回線をレンタルしてサービスを提供しています。

そのため、回線スピードやカバーエリア、つながりやすさなどは全く同じなのです。

また、スマホ自体もほとんど同じものを使うことができますので、サービスの点で不便さを覚えることはほぼありません。

もちろん、それぞれの格安SIM会社でつながりやすいエリアやそうでないところもありますが、エリア状況は大手キャリアと変わりません。

申し込み手続きがしやすい

格安SIM会社のほとんどは、ホームページで簡単に申し込み手続きができるようになっています。

むしろ、店頭での申し込み手続きに対応していないというところもあります。

それだけ、気軽にかつ簡単に手続きができますので、すぐに乗り換えられるのです。

スマホ会社を変えるというと、手続きが面倒に思って躊躇してしまうこともありますが、スムーズに手続きを済ませることができますので安心です。

契約の際に必要な運転免許証などの本人確認書類の送付も、サイト上から電子的に送れるところがほとんどです。

普段忙しくてなかなか時間を取って手続きをするのが面倒という人も、さっと手続きができます。

いろいろなサービスがあって選びやすい

格安SIM会社は、それぞれの会社で異なる特徴を持つサービスを展開しています。

お得さを前面に出して経済的なメリットが多いプランを作っているところもあれば、付加的なネットサービスを提供しているところもあります。

そのため、より自分好みのサービスを展開しているところ、ニーズに合った会社を選びやすいというメリットが生まれています。

スマホは今や、通話をしたりメールを送ったりするだけのものではありません。

その使用用途はかなり幅が広いもので、人それぞれ使いたいサービスが違ってきます。

その点、格安SIM会社ではかなりのバリエーションを持つサービスを展開していますので、より自分に合ったものを見つけやすくなっているのです。

そのため、単に料金が安いという観点で会社を比べるのではなく、どんなサービスがあるのかという点にも注目して比較することが肝心です。

スポンサーリンク

また、それぞれの会社で提供しているサービスを見てみて、自分がしたいと思っていたものを実現できるかどうかをチェックすることも大事です。

格安SIM会社を選ぶデメリットとは?

今まで見てきたように、格安SIM会社にはいろいろなメリットがあります。

しかし、同時に格安SIM会社ならではのデメリットも存在します。

こうした点も事前にしっかりと確認して、会社を選ぶ際のポイントとしたいところです。

通信速度が不安。実店舗が無い。意外と多い、格安SIMを選ぶべきでないデメリットSIMとはSIMカード、通話やwebサイト閲覧といった通信全般の起動に関わるICカードです。 そして格安SIMとは、格安SIM会社が携...

キャリアメールを使用できない

大手キャリアでは、ユーザー向けにキャリアメールを提供しています。

より安心感のあるメールアドレスを持てますので重宝します。

しかし、格安SIM会社では基本的にキャリアメールを発行していません。

そのため、フリーメールを自分で申し込んで発行してもらうしかありません。

もちろん、フリーメールでも問題なく、ほとんどのサービスに使用できます。

しかし、中にはフリーメールだと受け付けができないというサービスもありますので、不便さを感じることもあるでしょう。

実際には、現在ではそれほどメールを使う機会は多くありませんので、致命的なデメリットというものではありません。

また、格安SIM会社でも追加オプションとしてメールアドレスを発行しているところもありますので、こうしたサービスを利用するという手もあります。

時間帯によって通信が混雑することもある

格安SIM会社は大手キャリアの回線をレンタルしてサービスを展開しています。

そのため、レンタルしている回線には制限があるのが現状です。

通常は全く問題なくデータ通信ができるものの、多くの人が集中してネットをする時間帯になると、通信スピードが遅くなってしまうことがあります。

具体的には夕方から夜の時間にかけて、時に金曜日の夜から週末にかけてです。

もちろん、ネット自体はつながりますが、ぐっとスピードが落ちてしまうことがあるため、その時間帯はネットを避けるか、他のサービスを使う必要が出てくることもあります。

大手キャリアではほぼこうしたことが起こりませんので、一つの検討すべきポイントと言えます。

企業自体の運営状況に不安感があるケースも

規制緩和によって、多くの企業が格安SIM事業に参加できるようになりました。

これにより、多彩なサービスが展開されるようになっていますし、料金面でも競争が生まれ消費者に都合の良いサービスがなされています。

しかし、その反面でそれほど企業規模が大きくない会社も、格安SIMサービスを提供するケースが出てきています。

もちろん、サービス面ではそれほど心配することはありませんが、企業そのもの経営状況に不安感が持たれることもあります。

資金難で倒産してしまうなどの事態も考えられます。

そうなると、通信サービスが提供されなくなったり、他の会社に自動的に移行されてしまったりします。

どちらにしても、不安定で消費者としては心配になってしまいますので、大手キャリアにはないデメリットと言えるでしょう。

スポンサーリンク

選べるスマホ機種が少ないことも

格安SIM会社は、それぞれの会社で利用できる周波数帯域が決まっています。

それにより、会社によっては今まで使っていたスマホが使えなくなってしまうこともあります。

iPhoneは利用できるバンドの範囲が広いのでこうしたことはほぼ起こりませんが、Android機種だと使えなくなってしまうものもあります。

また、大手キャリアに比べると、使えるスマホ機種が少なくなるという場合もあります。

どの会社にするかを検討する際には、現在持っている機種もしくはこれから購入しようと思っているスマホを使えるかをチェックするようにしましょう。

格安SIM会社の選び方

格安SIM会社は主要なものだけでも20を超えます。

通話品質そのものはそう変わらないとはいえ、それぞれの会社で提供しているサービスの内容や、料金プランはかなり異なります。

自分に合った会社を見つけるためにも、選び方のポイントを押さえておくことが大事です。

音声通話かデータ通信か

格安SIM会社によっては、データ通信の分野に力を入れているところもあります。

データ通信ならかなり安く、使用容量の面での選択肢が多いという特徴を持っています。

一方で、通話に関しては多少割高となっているケースが多いものです。

一方で、音声通話を含めた総合的なスマホ利用を重視しているところもあります。

データ通信も通話もそれなりの料金で、バランスを重視しているとも言えます。

自分のスマホの利用シーンとして、通話が多いのかデータ通信がメインなのかをチェックした上で、こうした違いのある会社を選択することが重要です。

月額料金の違い

格安SIM会社を利用するのであれば、やはりできるだけお得に利用できるところを探すべきです。

多くの人の場合、通話プランよりもデータ通信プランの違いの方が大事ですので、月間いくらくらいの通信容量を必要とするかを考えた上で、その容量での料金を比較しましょう。

もしくは、ネットし放題の料金を比較するという手もあります。

かなり人によってデータ通信容量は違いますので、細かく会社ごとの料金プランを確認する必要があります。

基本料金の違い

それぞれの会社で基本料金の設定が異なります。

そもそもいわゆる基本料金を設定せず、通話やデータ通信の利用量によって料金が加算されていくという設定をしているところもあります。

また、基本料金を高めに設定して、その分自由に利用できる通話やデータ通信の量を多くしているというケースもあります。

ある程度毎月の使用量が安定しているか、月によってバラバラかということによって、基本料金の中身を検討することでより無駄なくスマホを使えます。

契約内容がどうかを見る

スマホの契約内容をチェックするのも大事です。

具体的には、まず契約期間の縛りがあるかどうかを見ましょう

2年間などの固定期間の契約が必要となるプランなのか、それとも自由に契約解除ができるかという点です。

スポンサーリンク

現在は契約期間の縛りを設定して違約金を徴収することについては規制がなされていますので、それほど大きな問題とはなりませんが、やはり手続き上の面倒が生じることがあります。

また、プランを変更したり解除したりする時に手数料が発生してしまうというケースもあります。

契約の内容もしっかりと確認して、将来的に他の会社に乗り換える時などに不便が生じないかという点も見ましょう。

スマホ機種の購入条件

多くの格安SIM会社では、通信・通話サービスを提供しているだけでなく、スマホ機種も同時に販売しています。

家電量販店などで購入するよりもお得に購入できるケースもありますので、会社選びの大事なポイントとなります。

自分が欲しいと思っている機種が販売されているか、金額はいくらかという点をチェックします。

また、支払い方法としては一括のみなのか、分割払いができるのかなども見るようにしましょう。

お得にスマホも購入することができれば、毎月の利用料金と合わせて、より安くスマホを使えます。

厳選格安SIM会社の徹底比較

上記のような点に注意して、それぞれの格安SIM会社の特徴を比較してみましょう。

料金プランや特徴的なサービス、他の関連サービスとの連携などを見て、自分にぴったり合った会社を見つけられるようにしましょう。

おすすめの会社を厳選していて、格安SIM会社の中でも人気のサービスをチェックできます。

楽天モバイル

大手キャリアに最も近いスマホサービスを提供している格安SIM会社の一つです。

スマホサービス自体もとても優れていますが、楽天グループの関連サービスとの連携も非常によくできていますのでメリットが大きい会社です。

人気が高い「スーパーホーダイ」

楽天モバイルでは、通話をメインとするプランからデータ通信のみのプランまで幅広くプランを設定しています。

その中でも特に人気が高いのが、「スーパーホーダイ」というプランです。

データ通信と通話がセットになっていて、国内通話は10分かけ放題というサービスになっています。

料金はそれぞれの利用量に応じて変わりますが、楽天モバイルで押しているのは、2GBでデータ通信と10分かけ放題がセットになっているプランです。

これだと、割引が適用されて月額1,628円(税込)のみです。

自宅に固定インターネットがあるというケースでは、2GB程度あればSNSやちょっとしたウエブ閲覧ができますので、使いやすくお得なプランと言えるでしょう。

この他にも6GBや14GB、24GBなどのデータ通信容量も選ぶことができて、どれもお得な料金設定です。

楽天会員にお得なサービス

楽天モバイルのサービスは、楽天会員にはとてもお得な設定となっています。

上記の「スーパーホーダイ」も、楽天ダイヤモンド会員であれば550円(税込)の割引がなされ、さらにお得にスマホを使えるなどの特典があります。

しかも、毎月の利用に応じてポイントが貯まりますし、楽天スーパーポイントをスマホ利用料金の支払いに充てることも可能です。

楽天クレジットカードを持っている人であれば、楽天モバイルの支払いをカードですることで2倍ポイント還元となります。

通常楽天クレジットカードは1パーセントがポイント還元されますが、この場合だと2パーセント還元となりますので、かなりお得に毎月利用できます。

スポンサーリンク

単に通常の利用料金だけでなく、楽天モバイルのプランを見る時には、こうした楽天ポイントによる還元という点も考慮に入れると良いでしょう。

iPhoneの購入が可能

楽天モバイルでは、iPhoneのセット販売をしています。

通常のショップで購入するよりもお得な価格となっていますので、iPhoneの買い替えをしたいと思っている人には朗報です。

海外モデルの販売もありますので、モデルの違いを見て欲しい機種をゲットすることができます。

SIMカードとの一括払いもできますし、分割払いも可能です。

分割払いの場合は、毎月のスマホ利用料金に加算される形となります。

自前の通信インフラを準備

楽天モバイルはいわゆる格安SIM会社という扱いになっていますが、徐々に自前の通信インフラを準備しているという点で、他の格安SIM会社とは大きな違いがあります。

今まではソフトバンク、au、ドコモという3社の大手キャリアに独占されていた回線を、これからは楽天モバイルでも用意して利用できることになります。

より安定した品質の通信環境を提供できます。

サービスの幅も広がります。大手キャリアの安心感と、格安SIM会社ならではのお得感と使いやすさを兼ね揃えた会社となります。

企業規模という面でも安心できる会社ですので、安心感を求めて会社を選びたいという人にもおすすめです。

また、大手キャリアから移行したと思っているものの、ブランド力の低い格安SIM会社はちょっと心配という人も、楽天モバイルなら安心して利用できるでしょう。

【公式】楽天モバイル

LINEモバイル

LINEMO

言わずと知れたSNSアプリの大手であるLINEが提供する格安SIMサービスです。

SNSとの連携も便利ですし、サービス料金やその質もよく練られていますので、利用者数が上昇しています。

SNSをカウントフリーで使える

LINEが運営しているというだけあって、SNSの使いやすさ、お得さは他の会社を圧倒するものがあります。

特にSNSのカウントフリーというのは相当大きなメリットです。

カウントフリーとは、特定のSNSサービスはいくら使ってもデータ通信の容量にはカウントされないというもので、要は無料でSNSができるというサービスです。

対象となるSNSとしては、LINEやTwitter 、Facebook、Instagram、LINE Musicなどがあります。

動画の送受信や通話などに関して一部制限が課されることもありますが、基本的に無料で使い放題となりますので、SNSの使用が多いユーザーにはかなりうれしいサービスです。

通話やメールをあまりせず、SNSでのコミュニケーションがメインという人にはおすすめです。

LINEが使いやすい

LINEが運営しているスマホサービスですので当然と言えば当然なのですが、LINEが使いやすいというメリットもあります。

具体的には、LINEのID検索ができるという点です。

大手キャリアでは年齢認証がしっかりとされているということで、問題なくID検索による友だち探しができます。

しかし、他の格安SIM会社ではID検索の機能は使えない状況です。

スポンサーリンク

その中でLINEモバイルのユーザーであれば、制限がかかりませんので大手キャリアと同じようにID検索ができるのです。

LINEポイントを貯めやすい

LINEモバイルのユーザーは毎月の利用料金に応じてLINEポイントを貯めることができます。

また、貯まったポイントをいろいろなサービスの利用料金に充てることができます。

LINEはキャッシュレス決済サービスにも参入する準備を進めていますので、LINEポイントを貯めやすいというのは大きなメリットとなります。

スマホ利用料金だけでなく、いろいろな商品購入などにも使える可能性が広がっていきますので、よりお得にかつ便利にポイントが使えるのです。

直近3日間通信容量の制限がない

もう一つの大きなメリットは、直近3日間の通信容量制限が基本的にないという点です。

ほとんどの格安SIM会社では、連続する3日間のデータ通信が一定以上を超えると、自動的に通信スピードが遅くなってしまいます。

もちろん、メールなどを閲覧する程度のスピードはありますが、動画閲覧などは難しくなります。

ヘビーユーザーにとっては痛いところです。

しかし、LINEモバイルユーザーには制限がかかりませんので、ストレスフリーで利用できます。

そもそも、SNSの利用容量についてはカウントフリーですので、通信容量がそれほど上がらないというのもポイントです。

LINE関連サービスをお得に使える

LINE関連のサービスとの連携が優れているというのも、LINEモバイルの良いところです。

たとえば、LINE Musicを最初の三か月無料で使えるという特典が付いてきます。

その後は有料となりますが、LINE Musicの通信に関してはカウントフリーとなりますので、プラン料金だけで済むというメリットもあります。

毎日の生活を豊かにしてくれるサービスをよりお得に使えますので、音楽やSNSといった利用が多い場合におすすめです。

スマホ機種の販売セールを定期的に行う

LINEモバイルでは、AndroidやiPhoneなど様々な機種を販売しています。

一括支払いでも分割支払いでも大丈夫で、それぞれの好みの決済方法を選べます。

しかも、定期的にスマホの割引セールをしているというのもうれしいところです。

どの機種が割引になるのかはタイミングによって異なりますが、万単位での割引がなされることもあって、かなりお得に機種変更ができるというのがすごいところです。

もし、タイミングよく欲しいと思っていた機種が割引になるようであれば、それを狙って機種変更とスマホ会社の乗り換えを行うのも良いでしょう。

【公式】LINEモバイル

Y!mobile(ワイモバイル)

ワイモバイルは大手キャリアの一つであるソフトバンクが運営しています。

ソフトバンク本体とは別に、格安SIM会社としてよりお得な料金設定でスマホサービスを展開しているのが特徴です。

料金面でも付加サービスの面でもメリットが多い会社です。

通信環境が安定している

やはり大手キャリアが運営しているということが大きく、格安SIM会社の中では特に通信環境が安定しています。

混雑時間帯であってもデータ通信のスピードが落ちづらく、安定したネット接続ができます。

また、通話品質や平常時の通信スピードも速く、サービスの質を重視したいという人に特におすすめです。

若干他の格安SIM会社に比べると、契約プランの制限が多い感はありますが、その分安定した品質が保証されていますので安心して利用できます。

大手キャリアから格安SIM会社に乗り換えるのがちょっと心配という人でも、ワイモバイルであれば不安感を抱かずに利用できるでしょう。

通話かけ放題のプランが人気

ワイモバイルでは、通話中心のプランやデータ通信をメインとしたプランなど、それぞれのニーズに合ったプランを選べるように設定しています。

その中でも特に人気なのが、通話コミコミプランです。

通常は基本料金2,178円(税込)となっているプランで、データ通信が3GB付いています。

通話は1回10分以内であれば国内通話がかけ放題となるのが大きな特徴です。

契約から最初の6か月間は550円(税込)となりますので、1,628円(税込)でこのお得な料金プランを利用できるというのが受けています。

他の格安SIM会社でもこの価格帯での料金プランを出していますが、データ通信が2GB程度であることが多いので、3GBまで付いているワイモバイルのプランはお得度が高いと言えます。

通話のかけ放題も可能です。

豊富な機種のラインナップ

iPhoneを始めとして、Android機種も複数取り揃えていますので、予算に見合った使いやすいスマホをゲットできます。

しかも、アウトレット端末の販売もしています。

通常価格だと高価でなかなか手が出ないという機種も、アウトレットならお得に購入できます。

定期的に機種ごとに端末の割り引きキャンペーンをしていますので、そのタイミングで機種変更とスマホ会社乗り換えをするというのも賢い手です。

ソフトバンクの他のサービスとの連携

ソフトバンクは通信系の様々なサービスを展開しています。

そのため、ソフトバンクの他のサービスを利用しているとよりお得になる特典もあります。

たとえば、自宅に光回線をつなげている場合や、ポケットWi-Fiを契約している場合です。

それぞれのケースに応じて割引がなされますので、ぐっとお得にスマホを使えます。

また、家族の他のメンバーが同じようにワイモバイルを契約すると家族割が適用されるというサービスもありますので、いろいろな割引をうまく使うことで、かなりスマホにかかるコストを減らせます。

基本料金だけを見たら、他の格安SIM会社の方が安いと感じたとしても、こうした他のソフトバンクのサービスとの兼ね合いで割引になるかもしれません。

このことも念頭に置いてワイモバイルを検討することも大事です。

お得なキャンペーンを随時開催している

ワイモバイルでは、期間限定ではありますが、いろいろな割引キャンペーンを実施しています。

新規契約のケースで多いですが、通常の基本プランで使えるデータ通信容量をアップして同じ料金にするなどのキャンペーンがあります。

それぞれの時期でこうした割引キャンペーンをしていますので、タイミングを見計らって申し込みをすることで、ぐっとお得な使い方ができます。

【公式】Y!mobileオンラインストア

BIGLOBEモバイル

【BIGLOBEモバイル】お得な特典実施中(~3/31)

インターネットサービスなどで知名度が高い格安SIM会社がBIGLOBEモバイルです。

プランの充実度が高く、他の格安SIM会社にはない特徴的なプランも取り揃えています。

特に動画などのオプションサービスが充実しているため、特に若者からの人気が高いのがポイントです。

エンタメフリーオプションが人気

BIGLOBEモバイルにはいろいろと魅力的なサービスがありますが、特に人気が高いのが「エンタメフリーオプション」です。

このオプションサービスでは、動画や音楽ストリーミングサービスなどを、通信量カウントフリーで利用できます。

実質オプション料金だけで、さらに料金がかかりませんので動画をよく見るという人におすすめです。

一般的にデータ通信を消費してしまうのは動画閲覧が多いので、このオプションを使えば全体的な利用料金を抑えられるというメリットがあります。

このエンタメフリーオプションは、契約プランによって若干料金は異なりますが、最初の6か月はオプション料金がかからないというケースも多いのでお得です。

その後は月々528円(税込)の月額料金となっています。

賢く使えばシェアSIMがとても便利

BIGLOBEモバイルは独自性の強いサービスをいくつも出していますが、その一つが「シェアSIM」です。

これは通信容量を分け合うことができるというものです。

ほとんどの人は5GBや8GBなど、定量のデータ通信プランを契約しています。

しかし、データ通信容量をすべて使い切ることがないという月は結構あるものです。

もちろん、多くのBIGLOBEモバイルでは繰り越しができますが、無駄になってしまうこともあります。

そこで、この「シェアSIM」を使えば他の人と分け合うことができますので、無駄なデータ通信容量を使えます。

一つの契約で最大5枚のSIMカードを発行してもらえて、その中でデータ通信容量をシェアできます。

家族で使うとかなり便利です。

より効率よくプランを使いこなせる賢い方法です。

初期費用が一切かからないキャンペーンも実施

BIGLOBEモバイルは、定期的にキャンペーンを実施しています。

その一つが、初期費用が一切かからないというものです。

事務手数料などの初期費用がかからないばかりか、初めの月の基本料金が無料になるなど、かなり充実した割引制度です。

気軽にスマホ契約ができますので、できるだけ初期費用を抑えたいと考えている人におすすめです。

また、スマホ端末の購入費用を割引するという割引キャンペーンをしていることもあり、機種変更したいという人もコストを抑えて新しいスマホを持てるのがメリットです。

auとドコモの回線を選べる

BIGLOBEモバイルは、auとドコモの回線から選べるようになっています。

基本的にどちらの回線も安定していますが、エリアによってはつながりやすさが違うなどの差があります。

また、スマホによっては対応している周波数帯域が異なってくることもありえます。

もし大手キャリアからの乗り換えであれば、同じ回線を使った方がトラブルが少なくて便利ですので、選択肢があるというのはうれしいところです。

上記の「シェアSIM」では、契約タイプによってどちらの回線かを選ぶ必要が出てくることもありますので、じっくりと他のオプションサービスとの兼ね合いを見ることも大事です。

専用通話アプリ「BIGLOBEでんわ」がお得

BIGLOBEモバイルでは、ユーザー向けに「BIGLOBEでんわ」というアプリを提供しています。

これは、アプリ経由で通常の通話をすることで、よりお得に利用できるというサービスです。

具体的には、9円(税込)/30秒での通話が可能となります。

通常の通話料金は22円(税込)/30秒ですので、半額以下での通話ができるというお得なサービスです。

基本料金プランの範囲内では通常通話をして、それを超える分からは「BIGLOBEでんわ」を使うという方法もあります。

もともとBIGLOBEモバイルは、3分かけ放題で月額660円(税込)、10分かけ放題で913円(税込)というオプションがありますので、組み合わせることでぐっとお得になります。

通話の分数がある程度決まっているという人であれば、月60分まで定額の660円(税込)プラン、90分まで定額913円(税込)プランもあります。

それぞれの使用状況に応じて選べるのがうれしいところです。

【公式】BIGLOBEモバイル

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)

お得な料金プランやキャリア回線の対応状況などの面でメリットが高い格安SIM会社です。

特に格安SIMを初めて使うという人に人気があって、多くのユーザーから支持されています。

大手3キャリアに対応している

格安SIM会社の中では珍しく、ソフトバンク、ドコモ、auの三つのすべての大手キャリアの回線に対応しているというのが最大のmineoの特徴です。

現在のところ大手キャリアを使っている人が、格安SIM会社に乗り換えたいという場合に有利です。

回線が変わると、スマホによっては対応できないというケースもありますが、mineoであれば今使っている回線のままで大丈夫です。

そのため、無用なトラブルを避けられますので、安心して使えるというのがメリットです。

あまり回線やスマホによる違いが分からないという格安SIM初心者に人気があるというのは、こうした点も関係しています。

通話かけ放題プランが分かりやすくてお得

mineoでは、通話かけ放題プランを三つ用意しています。

10分以内の通話であれば追加料金がかからない、10分かけ放題プランは月額935円(税込)です。

30分までの月間通話であれば、定額となるプランは924円(税込)です。

そして、60分までの通話であれば定額となる1,848円(税込)があります。

それぞれのオプションを決めるにあたっては、自分の通話利用状況をチェックして、一番自分に向いているものを選ぶことが大事です。

いろいろな連携サービスがあるのが魅力

mineoでは、ユーザー向けのいろいろな追加サービスが充実しています。

たとえば「マイネ王」というサービスサイトが存在しています。

このサイトにアクセスすることで、その月で利用できずに余ったデータ通信容量を分け合うことができます。

特にSIMの特別契約をしなくても、ユーザーであればこのサービスを利用できますので、かなり便利です。

さらに、mineoコミュニティの利便性も高く評価されています。

ユーザー同士、またmineoから直接、いろいろな疑問への答えを聞くことができますので、スマホ利用やプランについて分からないことがあってもすぐに解決できます。

販売されているスマホ機種が多い

mineoでは、iPhoneやandroid端末、タブレットなどを販売しています。

一括での支払いや分割払いも可能となっています。

時期によってどの端末を購入できるかは変わりますが、人気機種、最新機種はしっかりと押さえていますので、欲しいスマホをゲットすることができます。

しかも、販売代金がお得になっていて、一般ショップで買うよりも安く購入できます。

機種変更したい人も初めてスマホを購入したいという人も気軽に利用できるのが、大きなメリットと言えるでしょう。

【公式】mineo

U-mobile MAX

U-mobile MAXは、特にデータ通信がスマホのメインの使用目的であるという人におすすめです。

大手キャリアのデータ通信プランを比べると、半額以下になることが多いというのが売りで、ずっとお得に使えるのがうれしいところです。

データ大容量プランがお得で人気

U-mobile MAXではいくつものプランを用意していますので、特に注目できるのがデータ大容量プランです。

人気が高いのが月間25GBのデータ通信プランです。

仕事などで大容量のファイルを送受信することが多い、動画などの視聴が多い人はこうした大容量プランを利用する傾向が高いです。

また、スマホでオンラインゲームをしたいという人も、このくらいのデータ通信プランが必要となります。

U-mobile MAXでは、25GBのプランで月額3,168円(税込)とかなりお得な料金設定です。

大手キャリアはもちろん、他のU-mobile MAXと比べても相当な安さです。

他の会社では4,000円台ということが多いので、いかにU-mobile MAXが安いかが分かります。

最低利用期間がないので気軽に申し込める

U-mobile MAXのもう一つの特徴は、最低利用期間がないということです。

多くのスマホ会社では、1年間や2年間程度の最低利用期間を設けています。

最低利用期間がないおかげで、海外に住んでいる人が一時帰国した際に使うなどのケースでも利用しやすくなります。

さらに、初めて格安SIM会社に乗り換えるので、サービスが気に入らなかったら他のところにしたいという時にも利用できます。

まずは試しで利用してみて、気に入ったらそのまま続けられますし、もし他の会社の方が良いということになったら、さらに乗り換えをするのもありです。

お得な通話ができる専用アプリ「U-CALL MAX」

U-mobile MAXはデータ通信プランが注目されがちですが、通話プランもお得です。

特に「U-CALL MAX」という専用アプリを使えるのが大きなポイントです。

このアプリ経由で通話をすると、11円(税込)/30秒となります。

また、毎日3分以内の通話であれば50回まで無料という特典も付いてきます。

ほとんどの通話は3分以内で終わるというデータもありますので、実質的に通話無料で使えるというお得さがあります。

通話かけ放題プランもかなりお得

専用アプリでの通話とは別に、お得な通話かけ放題プランも用意しています。

「通話プラス」というプランで、制限なしで通話が可能となります。

最もお得なプランの組み合わせとしておすすめなのが、550円(税込)プラスだけの「3分かけ放題オプション」とこの「通話プラス」を入れるという方法を挙げられます。

25GBのデータ通信プランも含めて、大容量データ通信とかけ放題がたった3,718円(税込)で利用できます。

これは大手キャリア、格安SIM会社を通しても、かなりお得です。

一応このプランは最低利用期間が設定されていて、6か月以上使わないといけません。

しかし、他の格安SIM会社と比べても期間が短いので、それほど大きな負担とはならないでしょう。

知名度は低いが利用者数が多い

このように、U-mobile MAXは料金設定がかなりお得なのが大きなメリットとなっています。

そのため、ワイモバイルや楽天モバイルと比べると、若干知名度が低いものの、ユーザー数が多いという特徴があります。

料金のお得さをじっくりと比較してみると、このU-mobile MAXの良さに気づくという人が多いのです。

それほどブランド力にこだわらず、実質的に優れたサービスを利用したいというのであればおすすめです。

特に、データ通信の面でハードユーザーであれば、他の会社を圧倒するお得感がありますので、契約するメリットがかなり高くなります。

【公式】U-mobile

U-mobile

U-mobileは、通信スピードが速くて安定している、ドコモ回線を使っているなどの特徴を持っています。

コストパフォーマンスが高い格安SIM会社でもありますので、質と価格の両方をしっかりと考えて選びたいという人におすすめできます。

ドコモ回線を利用していて通信スピードが安定している

U-mobileはドコモ回線を利用してサービスを提供しています。

そのため、今までドコモを利用していて乗り換えをするという人は、そのままスマホを使えます。

SIMロックの解除などをしなくてもいいので、余計な手間やコストがかかりません。

さらに、通信スピードが安定していて速いというのも大きなメリットです。

格安SIM会社全体で比較してみても、かなり高い品質を保っていて、時間帯によるスピードの上下もそれほどありません。

そのため、質を求めて格安SIM会社を選びたいという人におすすめできる会社です。

使い放題プランも用意

料金プランは音声通話付きのプランと、データ専用のプランがあります。

どちらのプランでも、データ通信使い放題のプランが用意されているのが特徴です。

どちらのケースでも2,728円(税込)で使い放題となりますので、お得な利用が可能となります。

毎月かなりの量のデータ通信をする、自宅にネット環境がないというケースではとてもコストパフォーマンスが高いプランとなります。

また、オンラインスマホゲームをかなりするというヘビーユーザーにもうれしいプランとなっています。

ただし、この使い放題プランでは、連続して大量のデータ通信をするとスピード制限がかかることもありますので、その点を覚えておいて利用する必要があります。

U-NEXTとの連携がいい

U-mobileはU-NEXTを運営する会社によってサービス提供されています。

そのため、U-NEXT本体が展開しているサービスとの連携がいいのが特徴です。

お得な特典やアプリの使いやすさの良さなどがメリットとなっています。

すでにU-NEXTのサービスを利用しているユーザーであれば、総合的な使いやすさやお得度を考えてこの会社を選ぶという手もあります。

分かりやすい料金プラン

U-mobileの料金プランはとても分かりやすいので、自分のスマホ利用状況に合わせて選びやすいです。

音声通話付きプランでは、3GBから25GBまでのデータ通信容量で選ぶプランと、使い放題のプランを選べます。

容量が決まっているプランでは縛りがありませんが、使い放題のプランについては6か月もしくは12か月の最低利用期間が存在します。

それぞれの最低利用期間の設定によって、月額料金が変わりますので注意が必要です。

データ専用プランでも、やはり1GBから25GBまでの定量プランと、使い放題のプランがあります。

プランの変更はしやすくなっていますので、まずは今までの使用状況に近いプランを選んだ様子を見ることができます。

その後、思ったより利用量が多い少ない、ということがあったら、気軽に変更してより無駄のないプランにすることが可能です。

いろいろなスマホ端末を選んで購入できる

U-mobileはスマホ機種の販売も行っています。

分かりやすい機種選びができるのが特徴で、スペックに応じた料金設定がなされています。

独自のスマホ端末を提供していますので、必要な機能とスペックだけを考えて選べるのがメリットです。

それほどスペックを求めず、安いスマホで十分という人には1万円以下で買える機種も用意しています。

初めてスマホを持つという人であれば、それほど機能がいらないというケースも多いので、より負担を減らしてスマホを始められます。

もちろん、スペックの高い機種も用意していて、予算に応じて自分の利用用途に合わせてぴったりの一台をチョイスすることができます。

【公式】U-mobile

b-mobile(S)

b-mobile(S)は、低額からの基本料金プランがあるということ、そしてソフトバンクの回線を使っているという特徴を持つ格安SIM会社です。

それほど目立った特徴があるわけではありませんが、お得にスマホを使えるので検討の価値があります。

ソフトバンクからの乗り換えがしやすい

b-mobile(S)は、ソフトバンクの回線をレンタルしてサービスを提供しています。

そのため、iPhoneの場合ソフトバンクからの乗り換えであれば、そのまま使えるというメリットがあります。

特にSIMロック解除をしなくてもいいので、費用も手間も省けます。

多くの格安SIM会社では、利用条件としてSIMロックの解除が求められますので、そのまま利用できるというのはうれしいところです。

また、ソフトバンクの回線を使っている格安SIM会社は、全体的にそう多くないのでb-mobile(S)ならではの独自性もあります。

回線スピードが安定して速い

b-mobile(S)のもう一つのメリットは、回線スピードが安定して速いということです。

格安SIM会社ではソフトバンクの回線を使っているところがそう多くないということに加えて、b-mobile(S)のサービス利用者自体も飽和状態になっていないからです。

一般的な混雑時間帯でもそれほど速度の低下を感じることがありません。

安定したデータ通信環境を求める人におすすめです。

やはり、回線スピードはユーザー数がかなり大きな影響を与えますので、その点でb-mobile(S)は安定性が高いのです。

低額から始められるプラン

b-mobile(S)は、いくつもの料金プランを持っていますが低額から始められるというのも特徴です。

通話付きのプランであれば月額1,089円(税込)からのプランがありますし、データ通信のみのプランであればなんと209円(税込)から利用できます。

普段はそれほどスマホを使わないという人に便利な料金体系となっています。

選びやすいプラン設定で

こうした基本料金プランに、利用量に応じた料金が加算されていきます。

データ通信が1GB増えるごとに385円(税込)から550円(税込)程度アップするという形で、従量課金制という感覚が強いです。

もちろん、他の大容量データ通信がセットになっている料金プランも用意されていますので、それぞれの利用状況に応じて選べるのもメリットです。

さらに、通話がセットになっているプランでは、一回当たり5分以内の通話であればかけ放題になるオプションもあり、550円(税込)の追加料金でプラスできます。

基本プランと従量課金制、そしてオプションの組み合わせでかなりバリエーション豊かな使い方ができるのが特徴です。

スマホ端末の販売はしていない

b-mobile(S)では、スマホ端末の販売はしていません。

そのため、今まで使っていたスマホを継続して使うか、自分でショップ購入する必要があります。

ソフトバンク回線ですので、ソフトバンクで購入したiPhoneをそのまま利用できるのが利点です。

【公式】b-mobile

エキサイトモバイル

エキサイトモバイル

総合的なネット関連サービスを展開しているエキサイトでも、格安SIMサービスを提供しています。

お得で気軽に使える契約タイプを設けています。料金プランの設定も幅広く、それぞれの事情に合わせてベストプランを選びやすいのがメリットです。

最低利用期間なしで気軽

エキサイトモバイルの大きな特徴としては、最低利用期間の縛りがないということです。

当然契約期間途中における解約による違約金も発生しませんので、気軽に申し込みできます。

初めて格安SIMサービスを利用するので、いくつかの会社を試してみたいという人にもぴったりです。

また、いくつかのSIMカードを持って、安定したスピードを常に楽しみたいという使い方にもおすすめです。

海外居住をしている人が一時帰国する場合の、短期間利用も可能というのも魅力ポイントです。

5枚のSIMカードを発行してもらえる

エキサイトモバイルでは、申し込みによって最大で5枚までのSIMカードを発行しています。

これにより同一契約で家族のみんなが一緒に使うことができますし、ビジネス用と個人用を使い分けるなども楽になります。

スマホ料金は意外と基本料金が高くなってしまうこともありますので、一つの契約で複数のSIMカードが使えるとぐっとコストを減らすことができるというメリットがあります。

豊富な定額プランの設定

エキサイトモバイルでは、定額プランと従量課金制が基本となるプランがあります。

定額プランの場合は、月間1GBから最大で50GBまでのデータ通信容量の選択肢があります。

そして、それぞれの容量でSIMカードの枚数を選ぶことができます。

それぞれの使い方に応じてかなり柔軟にプラン選びができますので、無駄のないスマホ利用が可能となります。

しかも、この定額プランでは使い切ることができなった容量分を、翌月に自動的に繰り越すというシステムが採用されています。

そのため、無駄なくデータ容量を管理できてお得に済ませることができます。

従量課金制の最適料金プラン

定額プランとは別に、完全従量課金制のプランもあります。

これは毎月それぞれの利用量に応じて料金が変化していくというものです。

月間1GB以内の利用であれば、726円(税込)で済みます。

さらに、1GBごとに料金がアップしていく仕組みになっていきます。

毎月利用量がかなり違うという人や、そもそもそれほどデータ通信をしないという人であれば、この最適料金プランの方がお得になることもあります。

使っただけの料金がかかるということで、とても分かりやすく無駄なコストもかかりません。

通話とSMSはオプションで追加

エキサイトモバイルのプランは、データ通信が基本となっています。

そのため、通話やSMSをしたいという人は、上記の定額プランもしくは最適料金プランにオプションを追加するという形でサービスを受けます。

音声通話を追加する場合は、月額770円(税込)のオプション追加となります。

ちなみに、音声通話オプションにはSMSが一緒に付いてきます。

SMSだけを追加したいという人は、月額154円(税込)のオプションを入れます。

エキサイトモバイルではあまり通話サービスには重きを置いていないため、通話かけ放題プランはありません。

そのため、少しでも通話料金を安くしたいという人は、通話アプリを入れて利用するのがおすすめです。

豊富なスマホ機種の購入ができる

エキサイトモバイルでは、常に豊富なスマホ機種を用意していて、ユーザー向けに販売しています。

最新機種やスペックが高い機種を集めていて、人気のスマホをお得に買えるのがうれしいところです。

決済方法としてクレジットカードを使えて、分割払いも可能です。

もちろん、一括払いもできてお得な販売価格となっています。

他の格安SIM会社ではあまり販売されていない機種を見つけることもできますので、機種変更と同じタイミングでスマホ会社の乗り換えをしたいと思っている人にぴったりです。

【公式】エキサイトモバイル

J:COMモバイル

オンライン関連の様々なサービスを展開しているJ:COMモバイルが提供している格安SIMです。

いろいろなオンラインサービスを元々提供していて、そのユーザーであれば大きな恩恵を受けられるのがメリットです。

J:COMアプリユーザーにメリットが大きい

J:COMモバイルを使う大きなメリットとしては、J:COMが提供している他のオンラインサービスとの連携が非常に優れているということです。

たとえば、「J:COMミュージック」や「J:COMオンデマンド」、「J:COMブックス」などのアプリを使う場合、その通信量がカウントフリーとなります。

そのため、プラン料金以外は実質無料で使えるため、かなりお得になります。

しかも、いくつかのアプリサービスでは、新規申し込みをすることで初月料金が無料となります。

さらに、こうしたオンラインサービスを使っているユーザー向けに、端末の購入時にお得な割引が受けられるというキャンペーンも行っています。

スマホを新たに購入したいという人に朗報です。

データ通信がメインとなっている料金プラン

J:COMモバイルでは、いくつかの料金プランの選択肢があります。

基本としてはデータ通信がメインとなっていて、通信量によって料金が変わるシステムです。

月間通信容量が3GBから10GBまでに分けられていて、データ通信のみと音声通話ありのプランにもできます。

データ通信のみであれば3GBで990円(税込)となっていて、かなり安い料金設定です。

他の格安SIM会社の料金と比べてもお得感が強いので、データ通信をメインにスマホを使うという人であれば、月々のスマホ代金をぐっと下げられる可能性が高いです。

手続きがシンプルで簡単にできる

J:COMモバイルは、本体のオンラインサービスで培った効率的な申し込みシステムを持っています。

そのため、スマホ利用の手続きも非常にシンプルかつ簡単にできるというメリットがあります。

原則としてホームページか電話での申し込みとなっていて、さっと手続きをすることができます。

店頭に行く必要は全くなく、その場で契約を完了させることができます。

本人確認書類の提出なども簡単ですし、審査もとてもスピーディーですのですぐに乗り換えができます。

手厚いユーザーサポートを受けられる

格安SIM会社の中でも、手厚いユーザーサポートを提供しているというのもJ:COMモバイルの良いところです。

たとえば、他社から乗り換えた、スマホを始めた購入したという人に向けて、自宅への出張初期設定サービスを行っています。

自分ではなかなか設定ができないという人は、電話などで依頼すればすぐに来てくれますので、トラブルなしですぐにスマホを使い始められます。

また、子どもにスマホを与えたいという親御さん用に、「あんしんフィルターforJ:COM」を提供しています。

スマホにフィルターをかけて、有害サイトなどにアクセスできないようにしてくれますので、安心して子どもにもスマホを持ってもらえます。

フィルターの利用料金は無料となっていますので、負担一切なしで安心のサポートを受けられるのもうれしいところです。

【公式】J:COMモバイル

IIJmio

IIJmio(みおふぉん)

IIJmio(アイアイジェイミオ)はプロバイダーサービスなど、幅広いネットサービスを展開している会社です。

格安SIM会社としても活躍していて、使いやすいサービスが特徴となっています。

スマホ会社の乗り換え手続きの楽さや、しっかりとしたユーザーサポートがメリットで、安心して使えます。

申し込みができる場所が多い

IIJmioの申し込みはホームページ、電話などの方法の他、いろいろな場所でも行えます。

家電量販店やショッピングモール、大きなスーパー、郵便局などでも申し込みを受け付けていて、気軽に手続きができます。

今までスマホやパソコンを使ってこなかったので、ネットでの申し込みは無理という人も、店頭であれば楽に手続きができますので、IIJmioのこうした対応はありがたいものがあります。

Twitterでのサポートもあり

ユーザーサポートがしっかりしているというのも、IIJmioの良いところです。

オンラインチャットは電話でのサポート受け付けはもちろんのこと、Twitterでも対応しています。

待ち時間がほとんどなくすぐにサポートと連絡が取れますので、問題解決がスピーディーというのがメリットです。

また、気軽に相談できますので、ちょっとしたトラブルも気兼ねなく話すことができます。

格安SIM会社だとサポートが心配という人も多くいますが、こうしたIIJmioのサポート体制であれば安心して始めることができます。

お得なキャンペーンを定期的に実施している

IIJmioでは定期的にいろいろなキャンペーンを開催しています。

特に新規申し込みもしくは他社からの乗り換えをする人を対象としたキャンペーンが多い傾向にあります。

たとえば、初期費用を1円(税込)とする、6か月間月額料金を1,100円(税込)引きするなど、お得な申し込みキャンペーンを行っていて、負担をかなり減らしてスマホ利用を始められるのがうれしいところです。

新規申し込みの場合は、事務手数料やスマホの購入費など、いろいろな費用がかかってしまってコストが高くつきます。

しかし、こうしたIIJmioのキャンペーンを利用すれば、気軽に申し込みができます。

同時SIMカード発行数がなんと10枚まで可能

IIJmioのもう一つの大きな特徴は、同一契約におけるSIMカードの発行枚数が多いということです。

最大で10枚ものSIMカードを発行してもらえます

家族でシェアするのも簡単ですし、用途ごとにスマホを使い分けているという人にもおすすめです。

データ通信容量をそれぞれのSIMで分け合うことができて、シェア容量が12GBまであります。

かなり融通の利くサービスですので、上手にこのSIMカードシェアのシステムを使ってお得にスマホを持ちましょう。

スマホ機種の販売もお得

スマホ機種の販売も同時に行っています。

Android端末をメインに扱っていて、かなりのバリエーションがあります。

それぞれの機種でスペックが異なり、スマホの利用シーンに合わせて選べるのが魅力です。

価格帯もバリエーションがありますので、予算に合わせて購入できるのもうれしいところです。

スマホの一括払いに加えて、分割払いも可能です。

分割払いの場合は通話プランとのセットとすることができて、月々2,068円(税込)からの料金で利用が可能となっています。

高機能のスマホもこうした分割払いの制度を利用すれば、負担がかなり軽くなりますので手持ちのお金があまりないという人でも、無理なくスマホを持てます。

ドコモとauの回線を利用できる

IIJmioはドコモとauの回線をレンタルしてSIMサービスを展開しています。

どちらの回線でも、今まで使っていたスマホをそのまま使えますので、乗り換えの際にも便利です。

また、自分の住んでいるエリアの通信状況をチェックして、より電波の入りがいい回線を選ぶという選び方もあります。

手持ちのSIMフリーのスマホによっては、使える回線に違いが出てくることもありますので、対応状況を確認してから回線を選ぶことが大事です。

【公式】IIJmio

UQモバイル

格安SIM会社の中でも運営規模が大きく、知名度も高いのがこのUQモバイルです。

安定した品質のサービスを提供していますし、au関連のサービスとの連携も優れているというメリットがあります。

お得なプラン設定やキャンペーンも行っていますので、じっくりとそのサービス内容をチェックして検討してみましょう。

auが運営する格安SIM会社

UQモバイルは、auが運営している格安SIM会社です。

そのため、経営状況も非常に安定していますし、サービスの質も高いのがメリットです。

CMでもよく宣伝を行っていますので、全国的に知名度が高く多くのユーザーを抱えているというのも安心材料です。

今まで大手キャリアを使っていて乗り換えを考えているものの、安心できる格安SIM会社を選びたいという人におすすめできます。

通信スピードが安定して速い

auが運営しているということもあって、通信環境の安定性がとても高いのがメリットです。

通常時の平均通信スピードも速いですし、何よりも混雑時間帯のスピードの減少が低いというのがポイントです。

いつでも安定したデータ通信ができますので、ビジネスでスマホを使っているという人でも安心です。

また、オンラインゲームをスマホでしている人も、時間をあまり気にせずにしっかりと楽しめます。

通信環境をきちんと確保したいという人であれば、格安SIM会社の中でも高い品質を誇る、このUQモバイルがおすすめです。

人気スマホ機種をお得に買える

UQモバイルは常に豊富なスマホ機種の在庫を持っていて、相当なバリエーションがあります。

iPhoneもandroid端末も、最新機種、人気機種をしっかりと確保していて、欲しいスマホをゲットできます。

しかも、お得な販売価格を設定していて、iPhoneを1万円台で購入できることもあります。

いろいろなキャンペーンや割引制度を活用することで、他ではありえないようなお得な機種購入ができます。

他社からの乗り換えと同時にスマホを替えたいと思っている人、新たにスマホを始めたいという人にぴったりの格安SIM会社と言えるでしょう。

一括支払いにも分割支払いにも対応していますので、それぞれの事情に応じた決済方法を採れます。

いろいろなお得なキャンペーンを随時開催している

UQモバイルは、いろいろなキャンペーンを定期的に行っています。

新規申し込みや他社からのMNP乗り換えでキャッシュバックがあるなどのキャンペーンが多く見られます。

数千円単位でのキャッシュバックがありますので、かなりお得に申し込みができます。

機種変更を同時にしたいという人は、キャッシュバック分が浮きますので、ちょっとスペックの高い機種にしても安心です。

UQモバイル本体でこうしたキャンペーンをしていることもあれば、提携しているサイトで独自に適用していることもあります。

いろいろなホームページのキャンペーンをチェックして、よりお得に申し込める方法を探してみると良いでしょう。

分かりやすい料金プラン

いろいろな料金プランとオプションの組み合わせを選べるとは言え、基本的な料金プランの設定はシンプルで分かりやすいです。

スマホプランのS、M、Lに分かれていて、通話とデータ通信がセットになっています。

どのプランでも使い切れなかったデータ通信の容量は翌月に持ち越されますので、無駄なくプランを使いこなせます。

しかも、契約解除料金もしくは違約金は設定されていません。

期間の縛りがありませんので、万が一他の会社に乗り換えたい、プランを変えたいというケースでも負担なしに行えます。

まずは、容量の少ないプランに申し込んでみて、足りなかったらもう少し上のプランにするということも簡単にできます。

UQ家族割が人気

いろいろな割引制度を設けていますが、特にUQ家族割が人気です。

家族で申し込みをすると、二人目以降の基本料金が毎月550円(税込)割引となります。

この割引は期間限定ではなく、ずっと割引となりますので長く使えば使うだけかなりお得になります。

プランSであれば、月1,628円(税込)の基本料金となりますので、スマホ利用代金をぐっと下げることができます。

このUQ家族割の人数制限はなく、家族であれば追加分はいくらでも550円(税込)割引が適用されます。

家族みんなで申し込めば、全体でかなりの節約となります。

利用しているスマホの下取りもしてくれる

UQモバイルは、スマホ機種の販売に強いという特色を持っています。

しかも、現在使っているスマホの下取りもしてくれるというサービスも展開しています。

どのモデルのスマホで、どのくらいの状態かによっても異なりますが、1,452円(税込)から17,424円(税込)の範囲で下取りをしてくれます。

送られてくる郵送キットに入れて送るだけですので、とても簡単に下取り手続きができます。

下取り額については新しいスマホの購入費用に充当されますので、より少ない負担で新しい機種を持てるのがメリットです。

場合によっては、中古買取ショップに買い取ってもらった方がお得なこともありますので、事前に買取価格がいくらになるかを調べて、どちらがいいかを考えた上で利用するようにしましょう。

機種はiPhoneだけでなくandroid端末も可能です。

しかも、古い機種でもきちんと下取りをしてくれますので、活用したいところです。

UQもしくはauのサービスとの連携に優れている

他のauもしくはUQ関連のサービスを利用していると、割引などの特典を受けられることがあります。

たとえば、UQのWi-Fiサービスを利用していたり、自宅にauの光回線を入れているケースなどです。

一括していずれかのサービスで割引が適用されることが多くなります。

UQ家族割引の制度を同時に利用することによって、全体的にかなりの割引額となることもあります。

基本料金だけを見ると、他の格安SIM会社の方が安いということもあるかもしれませんが、こうした割引制度についても計算してみることが大事です。

最終的にいくらの支払いとなるかを、スマホ代金だけでなく自宅のネット回線や他のサービスと合算してみることで、よりお得なプランを探せます。

【公式】UQモバイル

格安SIM会社の料金プラン比較のポイント

上記のようなおすすめ格安SIM会社や、人気の高い他社の料金プランの比較をしてみましょう。

それぞれの容量によって、お得さが変わってきますので、まずは自分のスマホの利用状況を確認して、それに見合ったプランを見ていくことが大事です。

音声通話付きのプランと、データ通信だけのプランを比較することでそのお得さが分かります。

データ通信プラン

データ通信プランのみの場合は、純粋にデータ容量と料金を比較することで、どのスマホ会社が安いかを見ることができます。

ただし、LINEモバイルのようなカウントフリーのサービスが入っている場合、オプション料金をプラスした上でSNS利用分が丸々かからないということを念頭に置く必要があります。

そのため、カウントフリーを利用するかどうかというのは、料金比較の上で大事なポイントとなります。

音声通話付きプラン

音声通話付きプランを比較する場合は、かけ放題プランの詳細を考える必要があります。

定額で規定分数までかけ放題となるのか、短い分数であれば何回かけても無料となるのかによっても考え方が違ってきます。

そのため、単純に同じデータ容量での料金比較ではなく、かけ放題プランのことも考えて見ることがポイントとなってきます。

自分がどういった状況で電話をよく使用するのか、実際に使う場合のシミュレーションを行うようにしましょう。

その他の連動サービスも要チェック

前述のプランのみではなく、他の連動しているサービスや、家族割などの割引状況も合わせて検討することも欠かせません。

格安スマホの場合は、他の関連サービスを使っていると、毎月の料金がかなり安くなることが多い傾向にあります。

だいたい500円くらい毎月引かれることもあって、相当な割引がなされるケースも見られます。

そうなると、オリジナルの基本料金が高めであったとしても、オプションや割引サービスを適用することで、ぐっと安くなることになります。

上手にこうした関連割引サービスを活用して、質の高い通信環境をお得に手に入れられるようにしたいものです。

余ったデータ通信容量の行く末も重要

スマホを使っていると、結構な割合でその月のデータ容量を消費し切れないということも起こりえます。

このデータ容量を翌月に回せたり、他の人にシェアできたりすれば、無駄なくプランを使えますよね。

そのため、余ったデータ通信容量がどうなるのかという点にも注目しないといけません。

会社やプランによっては次の月にのみ繰り越しできるところもあれば、繰り越し分が消えることなく、ずっと持ち続けられるケースもあります。

その分、効率的な容量消費ができます。

また、家族内で分けられるシステムがあれば、他の家族のメンバーとの兼ね合いも考えて、より安いプランに切り替えられることもあります。

総合的にプラン料金を見て計算することがとても大事なのです。

スマホの利用シーンをベースに比較しよう

格安スマホ会社同士の比較をする場合は、単純にそれぞれの料金を見ただけでは、どこがお得か決められない場合が多いものです。

まずは、自分のスマホ利用シーンを考えて、その上でどんなオプションもしくはかけ放題、データ容量無制限プランを選ぶかも考えることが大切になってきます。

提示されている最安料金だけを見るのではなく、詳細まで確認するようにしましょう。

MNPで格安SIM会社に乗り換える方法

スマホ会社を乗り換える場合、番号が変わってしまうのを防ぐために、MNPという方法を採る必要があります。

それほど難しい手続きではありませんので、そのやり方をチェックして行ってみましょう。

MNPをやりたいけれどもやり方がわからない…大まかな手順と注意点について徹底紹介大手キャリアから格安SIMに乗り換えようと思っているけれども、MNPのやり方がわからないので不安という人はいませんか? しかしMNPの...

MNP予約番号を入手する

電話番号をそのままに他社に乗り換える場合、「MNP予約番号」というものが必要となります。

この予約番号によって、会社が変わるとしても番号の引き継げるようになっていて、どの格安SIM会社に乗り換えるとしても使えるものです。

そのため、MNPの作業ではこの予約番号を取ることがメインとなります。

電話でMNP予約番号を入手する

MNP予約番号の入手方法としては、電話、ホームページやそれぞれの会社の店頭で申請するというものがあります。

その中でも一番簡単なのが、電話をかけてその場で予約番号を発行してもらうというものです。

時間も手間もほとんどかかりませんので、とてもスムーズです。

大手キャリアではそれぞれMNP予約番号入手のための専用電話案内をしていますので、その番号にかければすぐに手続きをしてもらえます。

自動音声案内がありますので、その中の「番号ポータビリティの手続き」というメニューを選びます。

その後オペレーターにつながりますので、「MNPの予約番号を発行してもらいたい」ということを伝えるだけです。

手数料が若干かかり、2,000円から5,000円くらいの料金です。

翌月のスマホ利用代金の引き落とし口座から支払いがなされます。

SIMロックを解除して格安SIM会社でも使えるようにする

スマホを使うためにはSIMカードが必要となります。

しかし、大手キャリアのスマホでは、このSIMカードの使用にあたりロックがかかっている状態のことがあります。

そのキャリア以外では使えないようになっている状態で、SIMロックを解除しないといけません。

今ではどこの大手キャリアでもSIMロックを解除してくれますので、手続きをしてもらいましょう。

ドコモの場合のSIMロック解除条件

ドコモの場合は、SIMロックの解除ができるかの条件は、2015年5月以降に発売されたスマホかどうかということです。

新しい機種であればほぼ間違いなくSIMロック解除ができますので安心です。

その他の条件としては、機種購入から100日以上が経過しているかということです。

もし、100日以上が経過していなくても、機種の購入費用を支払い終えていれば日数に関係なくSIMロックの解除が可能です。

そのため、まだ100日以上が経過していない状態で支払いもしていないということであれば、残債を一括して支払う必要が出てきます。

どちらにしても他社への乗り換えをする場合は、残債の支払いが求められますので、これを機に支払ってしまうのが賢明でしょう。

手続きはドコモショップで行ってもらうこともできます。機種による違いはありますが、基本的に3,000円程度の手数料がかかります。

自分でドコモのSIMロック解除をする方法

ドコモショップで店員さんにSIMロック解除をしてもらうのが一番簡単ですが、待ち時間がかかるため、自分でしたいという人もいます。

ネット上もしくは電話でもSIMロック解除を受け付けていて、自分で行うことも可能です。

その方法は、Mydocomoに入って、SIMロック解除のメニューを選択して指示に従うだけで、とても簡単です。

その際にはdアカウントというユーザーIDが必要となりますので、事前にチェックしておきましょう。

また、電話での手続きもできます。

「151」に電話して、自動音声案内の指示に従ってSIMロックの解除を依頼します。

電話での作業をする場合は、ネットワーク暗証番号を入力する必要があります。

契約書や明細書にこの番号が記載されていますので、すぐに参照できるように手元に置いておくと、作業をスムーズに進められます。

【2021年最新版】ドコモのSIMロックを解除する方法とその手順ドコモの端末を他の通信事業者でも使えるようにする方法として、SIMロック解除があります。 このSIMロック解除は簡単にできるもので、条...

auの場合のSIMロック解除条件

auの場合も、2015年5月以降の発売された機種であれば、SIMロックの解除ができます。

ただし、その機種が購入から100日が経過しているか、端末料金を一括払いするなどして支払いを終えているという条件を満たす必要があります。

その他にも、契約者自身による購入履歴が残っているという点も聞かれます。

さらに、ネットワーク制限がかかっている場合では、SIMロックの解除ができないことが多くなります。

これは、スマホ利用料金の支払いが遅れている、なんらかの規約違反があったなどで、利用制限がかかっている状態のことです。

こうしたネットワーク制限がかかっている場合は、まずその状態を無くしてからSIMロックの解除をすることが求められます。

スマホ機種だけを誰かに売却する、他の会社に乗り換えるなどして、現在の返済金を払わないままの状態にしないための配慮です。

SIMロック解除の手続きはauショップで受け付けています。

営業時間とショップに行った時間の兼ね合いによっては、その場で作業ができないこともありますので、ある程度時間に余裕を持たせて来店するようにしましょう。

自分でauのSIMロック解除をする方法

auも自分でSIMロックの解除ができます。

ショップでは待たされてしまうことも多いですし、営業時間内にお店に行けないという人もいますので、自宅で行えるこの方法の方が便利かもしれません。

インターネットを使った方法としては、My auに入って、メニューの中にあるSIMロック解除を選びます。

契約しているスマホの一覧が出てきますので、その中から解除したい機種もしくは番号を選びます。

後は、指示に従って必要事項を選ぶだけで終わります。

作業時間は10分もあれば終わりますので、かなり簡単にできます。

手数料として3,300円(税込)かかり、利用代金の支払い口座から引き落とされることになります。

【2021年最新版】auのSIMロックを解除する方法とその手順au端末を使っていてSIMロック解除をしたいと思っているけど、どうすれば良いのかがわからない人のために役立つ情報を紹介していきます。 ...

ソフトバンクの場合のSIMロック解除条件

基本的に2015年5月以降に発売されているスマホで、SIMロック解除が可能です。

ただし、一部の機種ではこれ以前に販売されていたものでも解除できることがあります。

SIMロック解除条件としては、購入から101日以上が経過しているか、端末購入費を支払い終えているということが必要となります。

また、何らかのネットワーク制限がかかっているなどのケースでは、別の手続きをする必要があったり、制限事由となっているトラブルをなくしたりしないといけません。

ソフトバックのショップに持ち込んで手続きをしてもらうことになりますが、その際には本人確認書類が求められますので持参するのを忘れないようにしましょう。

自分でソフトバンクのSIMロック解除をする方法

契約中のSIMロック解除であれば、インターネットからも行うことができます。

My softbankに入って、SIMロック解除の設定を行います。

基本的にここでの作業の場合は、乗り換え先の格安SIM会社のSIMカードを持っていることが条件となります。

やり方はとても簡単で、メニューの中に表示されているスマホの中から、ロック解除したいものを選ぶだけです。

あとは、指示に従って画面を追っていけば自動的に解除してくれます。

ソフトバンクの場合は、インターネット経由からSIMロックの解除を行えば、手数料はかかりません。

一方でソフトバンクショップに行って店員さんに作業をしてもらうと、3,300円(税込)の手数料がかかります。

条件を満たしていて、自分でネット経由でできるのであれば、My softbank経由で行うようにしましょう。

そのほうが、手間もかかりませんし、コストもだいぶ下げられます。

格安スマホにする理由はやはりコストダウンですので、できるだけ無駄な手数料を払わずに済む方法を使うのがベストだと言えるでしょう。

【2021年最新版】ソフトバンクのSIMロックを解除する方法とその手順ソフトバンクのSIMロック解除をするために知っておきたい情報はたくさんあります。 SIMロック解除をすることは簡単なのですが、そのため...

SIMロック解除の際の注意点

基本的にSIMロック解除をすれば、格安SIM会社のほとんどのサービスを使えます。

しかし、スマホ機種ごとに対応している周波数帯域というものがあります。

これが合わないといくらSIMロックを解除しても電波を拾ってくれなかったり、遅いデータ通信しかできなかったりします。

まずは、自分のスマホのカタログ情報を見て、どの周波数バンドに対応しているかを見ましょう。

その上で、検討している格安SIM会社が提供している周波数帯域とマッチしているかを見ることが大事です。

特に海外版のスマホの場合は、利用している周波数帯域が異なるケースが多いので、特に機種の対応ということもチェックしましょう。

また、それぞれの大手キャリアで独自に提供しているサービスを使っている場合、SIMロックを解除すると使えなくなってしまうことがあります。

もしどうしても必要なサービスであれば、他に代替できるアプリがないかを事前に調べておきましょう。

もしくは、似たようなサービスを提供してくれる格安SIM会社を見つけることができます。

こうすることで、より自分の事情に合ったお得な会社を見つけることができるのです。

より良いスマホ会社選びのために、ぜひともしたいポイントでもあります。

スマホの利用状況のチェックと会社ごとのプラン比較をして選ぼう!

3社しかない大手キャリアとは違い、格安SIM会社はたくさんのサービスがあります。

それぞれの会社でも、いくつもの基本プランやオプションの組み合わせがあります。

そのため、どの会社、どのプランを選んだらいいかというのはかなり悩みどころです。

よりお得で使いやすいサービスを選ぶためには、まず自分のスマホの利用状況をしっかりと分析することが大事です。

音声通話は月間でどのくらいあるのか、データ通信容量はどのくらい消費しているのかを確認します。

また、スマホ以外のサービス、たとえば動画視聴サービスや音楽サービス、自宅のインターネット固定回線のサービスなども確認します。

その上で、利用状況に合ったプランを確認し、最もお得になる会社を見つけましょう。

その際には、単に基本料金プランだけの比較ではなく、割引制度のチェックも忘れないようします。

自宅のネット回線と同じ会社にすることによって、ぐっと割引がなされたり、家族と一緒に契約したりすることで全員が割引になることもあるからです。

総合的に判断して、よりお得で使いやすいプランをチョイスできるのです。

関連記事