格安スマホ/SIM

格安SIMに乗り換え・MNPを利用した場合の転出手数料について徹底解説

格安SIMに乗り換えると、大手キャリアと比較して携帯料金がかなり安くなるといわれています。

もしスマホで音声通話を利用したい、今使っている番号を引き続き使用するならMNPを利用しましょう。

ただしMNPを利用する際、転出手数料というコストがかかります。

ここではMNPを利用した場合の転出手数料についてまとめました。

そもそもMNPとは?

スマホ乗り換えの時にしばしば紹介されるMNPとは、携帯電話番号ポータビリティのことです。

通常キャリアを乗り換える場合、新規契約で新しく電話番号の割り振られることが多いです。

しかしMNPを利用すれば、今まで使ってきた電話番号を変えることはないです。

いちいち知人や友人に新しい番号を伝える必要はないです。

MNP手続きの流れについて紹介

MNPを行うためには、きちんとした手順を踏んで手続きをする必要があります。

多少携帯キャリアによって異なるところはあるかもしれませんが、以下で紹介する流れで手続きするものと思ってください。

MNP予約番号を取得する

これまで利用してきたキャリアに連絡して、MNP予約番号を取得します。

キャリアによってやり方は若干異なりますが、キャリアの店舗や電話、Webから取得できるでしょう。

MNP予約番号を取得したい、キャリアを変えたい旨を伝えれば、予約番号を発行してくれるはずです。

移転先の格安SIM業者に予約番号を申告する

予約番号が発行されれば、契約したい格安SIM業者に予約番号を伝えます。

そして契約手続きを進めます。

基本的にはこれだけで完了です。

これで次の格安SIM業者でも今使っている電話番号が利用できます。

MNP予約番号を発行するための事務手数料

MNP予約番号を発行してもらうためには、事務手数料を負担する必要があるので注意しましょう。

事務手数料はキャリアによって若干異なります。

大手キャリアで見てみると、auとソフトバンクは3,000円です。

一方NTTドコモの場合2,000円になります。

この事務手数料は、契約解除後に携帯料金の上乗せされる形で支払います。

MNPを利用するにあたっての注意点

MNPを利用することで、今までと同じ電話番号が使えます。

しかしMNPを利用するにあたって、いくつか注意すべきことがあります。

その注意点について、いかにまとめましたので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

MNP予約番号には有効期限がある

MNP予約番号を取得してから、15日以内に転入しない格安SIM業者と契約しなければなりません。

もしこの期間を経過すると転出が無効になり、また最初からMNP予約番号をしなければなりません。

ただし格安SIM業者の中には、まだ有効期限が来ていなくても乗り換えを認めないケースもあります。

例えばBIGLOBEモバイルの場合、12日以上有効期限が残っていないと転出できないルールにしています。

MNP予約番号を取得したら、速やかに乗り換え先の格安SIMで契約手続きを進めたほうがいいです。

ほかにも10~12日以上残っていないと乗り換えができなくなる格安SIM業者もあります。

ホームページなどであらかじめ確認してから、MNP予約番号の発行手続きをした方がいいです。

家族に番号を渡せない

MNPの大原則として、移行前後で契約者情報が一緒でなければなりません。

たとえ家族内で自分の使っていた電話番号を渡したくても、この引き継ぎは認められていません。

あくまでも当事者の電話番号をそのままほかのキャリアに移すための制度と考えましょう。

受付時間に注意

格安SIM業者を見てみると、MNP転出の受付時間を設定しています。

Webなどであれば、時間外でも受け付けてはもらえます。

しかし反映されるのは翌日以降になってしまいます。

するとスマホが一時的に利用できなくなる恐れがあります。

少しでもスマホの使えない期間ができると困るというのであれば注意しておいた方がいいです。

例えばmineoの場合、auとドコモプランであれば20時、ソフトバンクプランなら18時以降に手続きをすると翌日になってしまいます。

楽天モバイルの場合、ドコモ回線は20時40分以降に受け付けた場合には切り替えは翌日になってしまいます。

au回線の場合、18時51分以降の切り替えだと翌日になってしまうので注意しましょう。

MNP予約番号のシステムを知ってうまく利用しよう

MNPのシステムを活用すれば、いちいちキャリア乗り換えの際に電話番号が変わる心配もありません。

ただしMNP予約番号を取得するには、いくつか注意すべきポイントがあります。

例えば転出手数料といって費用を負担しなければならない、MNPの手続きができるのは有効期間内であるなどです。

また手続きをするタイミングによっては、切り替えが翌日以降になって一時的にスマホが使えなくなることもあり得ます。

このような注意点を理解して、手続きするタイミングを検討しましょう。

関連記事