格安スマホ/SIM

失敗なし!格安SIMへ乗り換える全手順&注意点まとめ!

大手キャリアから格安SIMに乗り換えると、スマホ代を大幅に節約できます。

しかし、端末の準備や申し込みなど、格安SIMへの乗り換えは基本的に自分で手続きをしないといけません。

「安くなるのは分かっているけど、どうやって乗り換えたらいいか分からない」という人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では大手キャリアから格安SIMへ乗り換える手順と注意点を徹底的にまとめました。

格安SIMへの乗り換えを検討している人は、ぜひ参考にしてくださいね。

格安SIMへ乗り換える手順

大手キャリアから格安SIMへ乗り換える手順は以下の通りです。

  • 端末を準備する
  • MNP予約番号を取得する
  • 申し込みに必要な物を準備する
  • 格安SIMを申し込む
  • 開通手続きをする
  • APN設定をする

端末を準備する

まずは格安SIMで利用する端末を準備しましょう。

端末の選択肢は大きく2つです。

  • 現在のスマホをそのまま使う
  • 新しいスマホを購入する

現在のスマホをそのまま使う

現在大手キャリアで使っている端末をそのまま格安SIMで使うことが可能です。

端末をそのまま使う場合、以下のようなメリットがあります。

  • 端末代を節約できる
  • データ移行が不要

現在のスマホをそのまま使う際は「SIMロックの有無」に注意してください。

大手キャリアのスマホには原則SIMロックがかかっています。
SIMロックがかかっていると他の回線が利用できません。

例えばドコモのSIMロックがかかっているスマホはドコモ回線の格安SIMのみ利用可能です。

au回線とソフトバンク回線の格安SIMは使えません。

可能であれば解約前に「SIMロック解除」の手続きをしてください。
SIMロックを解除すれば他の回線も利用可能です。

SIMロック解除は各キャリアのマイページもしくは店頭で手続きできます。
詳しい手順については以下の記事を参考にしてください。

【2021年最新版】ドコモのSIMロックを解除する方法とその手順ドコモの端末を他の通信事業者でも使えるようにする方法として、SIMロック解除があります。 このSIMロック解除は簡単にできるもので、条...
【2021年最新版】auのSIMロックを解除する方法とその手順au端末を使っていてSIMロック解除をしたいと思っているけど、どうすれば良いのかがわからない人のために役立つ情報を紹介していきます。 ...
【2021年最新版】ソフトバンクのSIMロックを解除する方法とその手順ソフトバンクのSIMロック解除をするために知っておきたい情報はたくさんあります。 SIMロック解除をすることは簡単なのですが、そのため...

もしSIMロックを解除できない場合は同じ回線の格安SIMを選んでください。
同じ回線であれば、SIMロックがかかっていても利用できます。

auのスマホはau回線の格安SIMでもSIMロック解除が必要なことがあるので注意してください。

新しいスマホを購入する

ガラケーから乗り換える人や、スマホも変えたい人は新しいスマホを購入しましょう。

購入方法は大きく2つです。

  • 格安SIMでセット購入する
  • 家電量販店やネット通販で別途購入する

格安SIMによっては端末をセット購入可能です。
キャンペーンやセールで安く買える、設定が楽といったメリットがあります。

家電量販店やネット通販でスマホだけを別途購入するのもおすすめです。

セット購入よりも、スマホの選択肢が多くなります。

単体購入できるスマホはSIMロックがない「SIMフリースマホ」がほとんどなので、SIMロックを気にしなくていいのもメリットです。

なお、スマホ本体については中古ショップやフリマなどで購入できます。
安く購入できますが、SIMロックやネットワーク利用制限の有無に注意してください。

ネットワーク利用制限がかかっていると、電話やデータ通信が一切できません。
中古で買う場合はネットワーク利用制限にかかっていないことを確認した上で購入してください。

自分で端末を用意する場合は動作確認状況をチェック!

現在のスマホをそのまま使う場合や別途購入する場合は格安SIMの動作確認状況をチェックしましょう。

スポンサーリンク

格安SIMでは大手キャリアのスマホやSIMフリースマホの動作テストを独自に実施し、結果を公式サイトで公表しています。

電話やデータ通信などの機能は使えるか、SIMロック解除は必要か、対応しているSIMサイズなどが分かります。

必ずチェックしてくださいね。

なお、セット購入する場合は動作確認の必要はありません。

MNP予約番号を取得する

次に「MNP予約番号」を取得しましょう。

現在の電話番号を他のキャリアに引き継ぐことを「MNP」と言います。
MNPを利用する場合は契約中のキャリアからMNP予約番号を取得してください。

キャリアごとに、MNP予約番号の取得方法をまとめました。

ドコモ

取得方法 窓口 受付時間
オンライン ドコモオンライン手続き 午前9時~午後9時30分
電話 ドコモ携帯から:151
一般電話から:0120-800-000
午前9時~午後8時
店舗 ドコモショップ 各店舗の営業時間内
au

取得方法 窓口 受付時間
オンライン My au 午前9時~午後8時
電話 0077-75470 午前9時~午後8時
店舗 auショップ 各店舗の営業時間内
ソフトバンク

取得方法 窓口 受付時間
オンライン My SoftBank 午前9時~午後8時
電話 ソフトバンク携帯から:*5533
一般電話から:0800-100-5533
午前9時~午後8時
店舗 ソフトバンクショップ 各店舗の営業時間内

いずれのキャリアもオンライン、電話、店舗で取得できます。
どの方法でも良いですが、可能であれば自宅からいつでも申し込めるオンラインか電話がおすすめです。

MNP予約番号には15日間の有効期限があります。
有効期限が切れると失効し、再取得しないといけません。

また、格安SIMによってはMNP予約番号が一定日数以上残っていないとMNPできないことがあります。

MNP予約番号を取得したら、速やかに格安SIMを申し込んでください。

申し込みに必要な物を準備する

MNP予約番号以外にも、格安SIMを申し込む際にはいくつか必要な物があります。

  • 本人確認書類
  • クレジットカード
  • メールアドレス

本人確認書類

本人確認書類は運転免許証、マイナンバーカード、パスポートなどが使えます。

利用できる書類は格安SIMによって違うので、申し込み前に必ずチェックしてください。

本人確認書類は申し込み途中(もしくは申し込み後)に画像データをアップロードして提出します。

事前にスマホのカメラで撮影するか、スキャナで取り込んでおくとスムーズな申し込みが可能です。

クレジットカード

格安SIMの支払いは原則クレジットカードのみです。
本人名義のクレジットカードを用意しておきましょう。

ほとんどの格安SIMはVISA/マスターカード/JCBブランドに対応しています。
アメリカン・エキスプレスとダイナースクラブは使えないことがあるので注意してください。

格安SIMによっては口座振替など、他の支払い方法に対応していることもあります。

他の支払い方法を利用できるならクレジットカードは不要です。

メールアドレス

格安SIMの申し込みではメールアドレスも必要です。
GmailやYahoo!メールなどのフリーメールを用意しておきましょう。

大手キャリアで提供している「キャリアメール」は格安SIMに乗り換えると使えなくなります。

フリーメールであれば、大手キャリア解約後も継続利用が可能です。

格安SIMを申し込む

申し込みに必要な物が準備出来たら、いよいよ格安SIMを申し込みます。

格安SIMの申し込み方法は大きく「オンライン」と「店舗」の2つです。

スポンサーリンク

どちらで申し込んでもサービス内容や月額料金は変わりません。
しかし、基本的にはオンライン申し込みがおすすめです。

  • いつでも気軽に申し込める
  • 待ち時間なし
  • キャンペーンがお得

格安SIMはお得なキャンペーンを実施しており、その多くがオンライン限定です。
オンラインからキャンペーンを利用して申し込むと、よりお得に格安SIMを利用できます。

待ち時間がなく、いつでもスマホやパソコンから申し込めるのもポイントです。

オンラインにおける、格安SIMの一般的な申し込み手順をまとめました。

細かい申し込み手順は格安SIMによって異なるので、あらかじめ公式サイトでチェックしてください。

  • STEP1
    端末購入の有無を選択する
  • STEP2
    端末セットの場合は端末を選ぶ
  • STEP3
    SIMのみの場合はSIMカードサイズを選ぶ
  • STEP4
    SIMタイプで音声通話SIMを選択する
  • STEP5
    データ通信量と通話オプションの有無を選択する
  • STEP6
    オプションを選択する
  • STEP7
    MNPで乗り換える場合はMNP予約番号、乗り換える電話番号、有効期限などを入力する
  • STEP8
    契約者情報(氏名や住所)を入力する
  • STEP9
    支払い情報を入力する
  • STEP10
    本人確認書類をアップロードする

端末をそのまま使う場合はSIMカードのサイズに注意してください。

SIMカードのサイズは「nanoSIM」「microSIM」「標準SIM」の3種類です。
どのサイズに対応しているかはスマホによります。

取扱説明書やメーカー公式サイトなどで、対応SIMカードをチェックしてください。
格安SIMの動作確認済み端末一覧にも掲載されていますよ。

SIMカードサイズを間違えた場合は契約後にSIMカードの再発行が必要です。
面倒ですし手数料もかかるので、サイズを間違えないよう注意してください。

申し込みの途中でMNPを利用するか、新規契約するかを選択します。
新規契約にすると電話番号が引き継がれません。

電話番号を引き継ぐ場合は、必ずMNPを利用して申し込んでください。

開通手続きをする

SIMカードが届いたら「開通手続き」をします。

開通手続きはMNPで乗り換えた場合のみ必要です。
新規契約の場合はこの手順をスキップしてください。

MNPで乗り換えても、SIMカードが届いた段階では乗り換え元の回線がまだ使える状態です。
開通手続きをして、回線を乗り換え元から格安SIMに切り替えてください。

開通手続きの手順は格安SIMによって異なりますが、大きく2パターンです。

  • マイページから手続きする
  • 開通手続き専用の番号へ電話する(自動音声)

詳しくはSIMカードと一緒に届く冊子などを参考にしてください。

開通手続きをしたタイミングで元のキャリアは自動的に解約です。
別途、解約手続きをする必要はありません。

APN設定をする

端末を自分で用意した場合はAPN設定をしましょう。
セット購入の場合は原則不要です。

APN設定をすることで、格安SIMで通信ができるようになります。

設定手順はiPhoneとAndroidで異なります。

iPhoneのAPN設定

iPhoneの場合は格安SIMの公式サイトから「APN構成プロファイル」というファイルをダウンロード・インストールしてください。

APN構成プロファイルのダウンロード・インストール手順は以下の通りです。

  • STEP1
    iPhoneに格安SIMのSIMカードを挿入する
  • STEP2
    iPhoneをWi-Fiに接続する
  • STEP3
    Safariを起動し、格安SIMのAPN構成プロファイルダウンロードページへアクセスする
  • STEP4
    APN構成プロファイルをダウンロードする
  • STEP5
    「設定」アプリを起動する
  • STEP6
    「一般」→「プロファイル」の順にタップする
  • STEP7
    「インストール」をタップする
  • STEP8
    パスコードを設定している場合はパスコードを入力する
  • STEP9
    「次へ」をタップする
  • STEP10
    「インストール」をタップする

AndroidのAPN設定

Androidの場合はAPN情報を手入力します。

一般的なAndroidスマホにおける設定手順は以下の通りです。

  • STEP1
    スマホにSIMカードを挿入する
  • STEP2
    「設定」アプリを起動する
  • STEP3
    「ネットワークとインターネット」→「モバイルネットワーク」の順にタップする
  • STEP4
    「詳細設定」→「アクセスポイント名」の順にタップする
  • STEP5
    利用する格安SIMのAPNがある場合はタップして設定完了
  • STEP6
    APNがない場合は右上の「+」ボタンをタップする
  • STEP7
    APN情報を入力し「保存」をタップする
  • STEP8
    さきほど保存したAPNをタップする

Androidスマホは機種によって設定方法が異なります。
取扱説明書やメーカーの公式サイトなどをチェックしてください。

手入力するAPN情報も格安SIMによって異なります。
格安SIMの公式サイトやSIMカードに付属する冊子などを確認してください。

スポンサーリンク

機種によってはSIMカードを挿し込むだけで自動的にAPN設定されるものもあります。

格安SIMへ乗り換える際にかかる費用

大手キャリアから格安SIMへ乗り換える際は費用がかかります。

乗り換えにかかる費用は大きく「契約元のキャリアへかかる費用」と「格安SIMを契約する際にかかる初期費用」の2つです。

それぞれの費用について詳しくチェックしていきましょう。

契約元のキャリアへかかる費用

契約元のキャリアへかかる費用は以下の通りです。

項目 金額
MNP転出手数料 3,000円
(一部のドコモユーザーは2,000円)
違約金 1,000~10,450円(税込)
分割払いの端末代 端末による

MNP転出手数料

MNPで格安SIMへ乗り換える際に必要な手数料です。

大手キャリアはいずれも3,000円に設定されています。
ただし、ドコモユーザーで2019年9月30日までに提供している料金プランを契約していた場合は2,000円です。

MNP転出手数料はMNP乗り換え(開通手続き)が完了したタイミングで発生します。
MNP予約番号を取得しただけではかかりません。

複数回MNP予約番号を取得した場合でも、MNP転出手数料は1回分だけ請求されます。

違約金

大手キャリアを解約する際は違約金が発生する可能性があります。

とくに注意が必要なのが2019年9月30日以前に契約していた人です。
2年契約が原則で、更新月以外に解約すると10,450円(税込)の違約金がかかります。

2019年10月以降は違約金の上限が1,000円になりました。
ソフトバンクにいたっては2年縛り自体が廃止されています。

同じキャリアでも、契約タイミングによって違約金が異なるわけですね。
乗り換える前に、各キャリアのマイページから契約状況をチェックしてください。

端末代の残債

大手キャリアで端末を分割購入し、その支払いが残っている場合は残債も発生します。

解約後の支払いも原則分割払いです。
手続きすれば一括払いに変更することもできます。

端末割引を利用して購入していた場合、解約すると割引がなくなり端末代が高くなるケースもあります。

違約金同様、残債についても解約前にマイページでチェックしてください。

格安SIMを契約する際にかかる初期費用

格安SIMを契約する際は3,000円の事務手数料がかかります。
ただし、Y!mobileについてはオンラインから申し込むと事務手数料が無料です。

格安SIMによっては300~400円前後のSIMカード発行料もかかります。

事務手数料については「エントリーパッケージ」を利用すると無料です。
ネット通販や家電量販店などで、格安SIMを申し込む前にエントリーパッケージを購入しておきましょう。

ただし、エントリーパッケージを利用するとキャンペーンが無効になる格安SIMも多いです。

キャンペーンを利用して申し込む場合は、エントリーパッケージを利用しても適用されるかどうかをチェックしてください。

格安SIMに乗り換える際の注意点

最後に、格安SIMへ乗り換える際の注意点をまとめました。

  • 通信速度は大手キャリアに劣る
  • キャリアメール・キャリア決済は使えない
  • LINEの年齢確認・ID検索ができない
  • 支払い方法は原則クレジットカードのみ
  • 無制限のかけ放題を提供しているところが少ない

通信速度は大手キャリアに劣る

一般的に格安SIMは通信速度で大手キャリアに劣ります。

格安SIMのほとんどは自社で通信設備を持ちません。
大手キャリアから回線の一部をレンタルし、コストを抑えることで格安なサービスを提供しています。

借りられる回線には限度があるため、平日お昼や夕方など回線が混雑する時間帯になると速度が低下しやすいです。

中にはお昼になるとブラウジングやSNSすら満足にできない格安SIMもあります。

スポンサーリンク

通信速度を重視する場合は以下の格安SIMがおすすめです。

とくにauのサブブランドである「UQモバイル」とソフトバンクのサブブランドである「Y!mobile」は大手キャリアにも負けない回線品質を誇ります。

月額料金を安くしたいけど使い勝手も維持したい、という人はサブブランドを選びましょう。

キャリアメール・キャリア決済は使えない

格安SIMではキャリアメールとキャリア決済が使えません。

どちらも大手キャリアが提供しているサービスです。
大手キャリアを解約すると使えなくなります。

メールに関してはGmailやYahoo!メールなどのフリーメールで代用可能です。
完全無料で使え、携帯キャリアを乗り換えてもそのまま使えます。

ただし、キャリアメールに送信すると迷惑メールフィルタにブロックされる可能性があるので注意してください。

キャリア決済は代替手段がありません。
クレジットカードなど他の支払い方法を使いましょう。

なお、UQモバイルとY!mobileはキャリアメールもキャリア決済も利用可能です。

mineoもキャリア決済が使えますが、対応サービスが限られており大手キャリアのキャリア決済の代わりにはなりません。

キャリアメール・キャリア決済を使い続けたい人はUQモバイルかY!mobileを選びましょう。

LINEの年齢確認・ID検索ができない

格安SIMではLINEの年齢確認もできません。

LINEの年齢確認は大手キャリアのシステム(My docomoなど)を経由して実施されます。
大手キャリアのシステムを利用できない格安SIMでは年齢確認ができません。

年齢確認ができないため、ID検索による友だちの追加も不可です。
SMSやQRコードなど、他の方法で追加しましょう。

すでに年齢確認済みの端末は格安SIMに乗り換えても年齢確認済みのままなので、ID検索も使えます。

どうしてもID検索を使うならLINEモバイルY!mobileを検討してください。

Y!mobileは「My SoftBank」を利用して年齢確認が可能です。
また、LINEモバイルは独自の年齢確認方式を用意しています。

LINEモバイルの新規受付は21年3月で終了予定です。

支払い方法は原則クレジットカードのみ

格安SIMの支払い方法は原則クレジットカードのみです。

一部の格安SIMは口座振替に対応していますが、選択肢が狭まります。
基本的にはクレジットカード払いがおすすめです。

どうしてもクレジットカードを持てない人は口座振替で支払える格安SIMを選んでください。

無制限のかけ放題を提供しているところが少ない

電話をたくさん利用する人はかけ放題の有無もチェックしてください。

大手キャリアと違い、無制限のかけ放題を提供している格安SIMはほとんどありません。

2021年1月現在、無制限かけ放題がある主要な格安SIMは以下の通りです。

この他の格安SIMでは「10分かけ放題」のような制限つきかけ放題のみです。

短い電話で済む人は10分かけ放題があれば問題ありません。
逆にたくさん電話する人だと10分かけ放題では足りないでしょう。

まとめ

以上、大手キャリアから格安SIMへ乗り換える手順をまとめました。

スポンサーリンク

初めて格安SIMを利用する人だと「乗り換えは難しそう」と思うかもしれません。
しかし、事前に必要な物を準備し、注意点を把握しておけば思っていたよりもスムーズに申し込みが可能です。

スマホ代が高くて困っている人は、本記事を参考に格安SIMへの乗り換えにチャレンジしてみてください。

ABOUT ME
吾妻 和希
格安SIM・スマホが好きなライター。学生時代に節約のため格安SIMを使い始めました。格安SIM歴は6年を越え、その経験を生かしてスマホライターとして活動中。
関連記事