格安スマホ/SIM

シニア世代におすすめの格安SIM!高齢者が安心して使える格安スマホの選び方

スマホはすっかり私たちの生活に浸透しました。

これからの時代、スマホが使えないと生活上不便を感じることも増えてきます。

ところが、シニア世代の人たちのなかには「難しそう」、「料金が高そう」というイメージで、いまだに持ったことのない人も少なくありません。

そんなシニア世代のスマホデビューにぴったりなのが格安スマホです。

家族などで身近に高齢者世代がいる方は、ぜひシニアにぴったりの格安スマホの選び方を覚えて、最適なスマホをおすすめしてあげてはいかがでしょうか。

スマホが高齢者に普及しない理由

若い世代では、ガラケーよりもスマホを持つ人の方が圧倒的に多いですが、高齢者世代ではガラケーの方がいまだに主流ではないでしょうか。

では、なぜ高齢者にスマホが普及しないのでしょう。

60歳以上で急激に少なくなるスマホ利用率

平成29年度の総務省の「通信利用動向調査」によると、スマホの利用率が低いのは、6~12歳の子ども世代(32.4%)と60~69歳のシニア世代(39.4%)です。

小学生はまだスマホの利用を親や学校に制限されることも多いので利用率が低いのは当然ですが、60代でそれに匹敵するほど利用率が低いのは驚きではないでしょうか。

同調査によると、50~59歳の利用率は68.4%と全体の3分の2以上を示しているので、60代の低さが余計に際立って見えます。

もちろん、これが70代、80代となると、60代の利用率よりさらに低くなるのは言わずもがなです。

スマホは難しくて高そうと感じるシニア世代が多い

60代以上のシニア世代がなぜスマホを利用しないのでしょうか。

それにはおもに2つの理由があると考えられます。

一つは、フィーチャーフォン(ガラケー)に慣れておりそれで事足りているので、いまさら機能がたくさんあって難しそうなイメージのあるスマホに乗り換える必要性を感じないことです。

そして、もう一つの理由として、スマホの利用料金が高いことが挙げられます。

今の状態で困っていないのに、難しそうなうえに料金も高いスマホに乗り換える理由が見当たらないというわけです。

スマホがないと生活で困ることが増えてくる

スマホがなくても困らないとしても、今後はシニア世代も含めてスマホなしでは生活上不便を感じることが増えてくると予想されます。

たとえば、消費税の増税を機にキャッシュレス決済の推進も進んでいますが、レジでクレジットカードを提示すればそれもキャッシュレスとは言っても、基本的にはスマホの利用を前提としていることです。

また、タクシーの配車などのサービスもスマホで利用できるようになっていますが、タクシーを足代わりとして使うことの多いシニア世代こそがこの便利なサービスの恩恵を受けるべきではないでしょうか。

こうしたことを考えると、「今は困っていないから」という理由でいつまでもスマホを利用しないというのは、生活の幅を狭めるリスクにつながります。

シニア世代こそスマホを利用すべき理由

ガラケーの方が使いやすいと感じて、スマホへの乗り換えをためらうシニア世代の方は少なくありません。

しかし、実はシニア世代こそ、スマホに乗り換えることで感じられる便利な点がたくさんあるのです。

ガラケーより見やすいスマホの画面

ガラケーに比べると、スマホの画面はかなり大きいです。

画面サイズが大きいだけでなく、解像度も優れているため、ガラケーより段違いにはっきりくっきり美しく見えます。

ピンチアウトで画面の拡大が簡単にできますし、文字の大きさ自体好みの大きさに設定できるため、ガラケーのように細かい文字で読みづらいということがありません。

スポンサーリンク

老眼に悩む高齢者こそスマホの方が使いやすく感じられるでしょう。

スマホはLINEなどのメッセージアプリが使える

子どもや孫などとのメッセージのやり取りにLINEなどのメッセージアプリが使えるのは、ガラケーにはないスマホのメリットです。

ガラケーでもメールや電話で連絡は取れますが、LINEには相手がこちらのメッセージを読んだかどうかわかる機能がありますし、メッセージ画面から通話が無料で利用できるので、より便利に感じられるでしょう。

画像や動画の共有も簡単ですし、グループチャットで家族間のやり取りもできますから、LINEができるというだけでもスマホに乗り換えるメリットはあるはずです。

スマホの音声認識が便利

AI搭載の今のスマホは、音声認識技術が一昔前と比べて格段に進んでいます。

ふつうに人間相手に話しかける感覚でスマホに話しかけると、こちらの言ったことをそのまま正確に認識できるほどです。

何か情報を検索したい時にも使えるので、文字入力が苦手という高齢者の方こそ検索や入力がガラケーより簡単に感じられるでしょう。

スマホがあれば災害などのいざという時も安心

スマホにはさまざまな機能が搭載されています。

懐中電灯やラジオアプリ、音声通話アプリなど、災害時などのいざという時に役立つ機能が盛りだくさんです。

災害時では電話回線が切断されて通常の電話が使えないこともありますが、スマホの通話アプリなら、インターネットがつながりさえすれば世界のどこにいても連絡が取れます。

位置情報サービスもあるので、こちらがどこにいるかを知らせたい時にも便利です。

地震の多い国ですから、高齢者こそガラケーよりも安心の機能が備わったスマホを使うべきではないでしょうか。

シニアにとってのスマホのイメージを覆す格安スマホの驚くべき低料金

シニア世代にとってもスマホが便利なことは上記の通りですが、それでも乗り換えに気が進まない理由として、スマホの料金の高さを挙げる人は多いことでしょう。

今度は、そんな方におすすめの格安スマホについて詳しく見ていきます。

高齢者にとってスマホの料金は高いイメージ

スマホの料金は高いというイメージがありますが、確かにスマホを使っている人に取ったアンケート結果を見ても、そのイメージは正しいと言えます。

楽天モバイルは65歳以上の高齢者を対象にスマホの利用実態調査を行いましたが、その結果によると、約3割の人がスマホを利用しているとのことです。

そのスマホ利用者に月々の料金を尋ねたところ、7,000円以上との回答が36%と最も高いことがわかりました。

ガラケーしか利用していないという人では、携帯料金の月額は3,000円未満との回答が半数以上でしたので、スマホの料金は高いというイメージが生まれるのも仕方のないことです。

キャリアのスマホ料金は確かに高い

上のアンケートでスマホの月額料金が7,000円以上と回答した人たちは、おそらくau、ドコモ、ソフトバンクという3大キャリアのユーザーでしょう。

確かにキャリアの料金が高いのは否めません。

キャリアの料金プランを計算すると、端末代金を除いても毎月6,000~8,000円かかることがわかります。

月3,000円未満で利用できるガラケーユーザーにとって、倍以上の金額です。

「倍以上の料金を払って使いこなせなかったら…」と考えると、シニア世代がスマホへの乗り換えに二の足を踏むことも理解できます。

格安スマホの端末は高品質

格安スマホは、そんな料金が高いというイメージのあるスマホの概念を変えた存在です。

「格安」という言葉を聞くと「安かろう悪かろう」のような、質の悪いイメージを抱いてしまうかもしれません。

スポンサーリンク

ところが、格安スマホとは「格安のスマホ端末」という意味ではなく、「格安SIM」とも言われるように「格安料金で通信サービスを提供する通信事業者」のことなのです。

ですので、格安スマホ会社で使える端末は、大手キャリアが用意する端末の性能と比べて遜色があるわけではありません。

キャリアの通信設備を借りてサービスを提供する格安スマホ会社

au、ドコモ、ソフトバンクの3社を「キャリア」と述べましたが、このキャリア以外の通信事業者のことを「格安スマホ会社」や「格安SIM会社」と言います。

なぜ格安スマホ会社がキャリアよりも格安料金で通信サービスを提供できるかというと、キャリアのように自前の通信設備を持っていないのが大きな理由です。

「通信事業者なのに通信設備を持たずにどうやってサービスが提供できるのか」と思ってしまいますが、実は、格安スマホ会社はキャリアの通信設備を借りてサービスを提供しているのです。

キャリアは、全国各地に基地局やアンテナなどの通信設備を持っています。

しかし、こうした大がかりな通信設備を全国に建設するには巨額の資金が必要です。

さらに、それらの設備を運営するには維持費などの運営コストもかかります。

通信設備を整えるために莫大なコストがかかっているため、キャリアの料金は高くなってしまうのです。

それに対して格安スマホ会社は、キャリアの通信設備にレンタル料を支払って使わせてもらっているというイメージです。

また、キャリアのように店舗を構えて手厚いサービスを提供しているところも少ないため、そうしたコストもカットできます。

このように、キャリアに比べていろいろコストがかからない仕組みになっているため、格安スマホはキャリアよりも大幅に安い料金を実現できるのです。

格安スマホの格安料金の一例

ややこしいことはともかく、格安スマホ会社は「格安」という言葉の通り、キャリアに比べて大幅に安い料金プランを提示できるということだけ覚えておけばよいでしょう。

どのぐらい安いプランがあるのかを、メッセージアプリで有名なLINEが運営するLINEモバイルを例に取って見てみましょう。

LINEモバイルには3GB、5GB、7GB、10GBと容量ごとにデータSIMと音声通話SIMのプランがありますが、たとえば3GBのプランの場合、データSIMは月額1,221円(税込)、音声通話SIMは月額1,859円(税込)です。

月間10GB使えるプランでも、データSIMが月額2,904円(税込)、音声通話SIMが月額3,542円(税込)という安さを実現しています。

なお、データSIM、音声通話SIMの違いは、データ通信専用のプランと、音声通話ができるプランということです。

音声通話というのは、通常の電話回線を使った電話番号を持てるということで、データSIMにはそれがありません。

しかし、データSIMでもLINEやSkypeなどの通話アプリは使えるため、従来の形で電話番号を持つことはできませんが、通話自体は問題なくできます。

LINEモバイルの例でもおわかりのように、データ通信専用のプランを選ぶと音声通話プランよりさらに月額料金を抑えることができます。

シニア世代の場合、「やはり電話番号は欲しい」という人が多いのではないでしょうか。

それでも6,000~8,000円もかかるキャリアの料金プランはもとより、ガラケーと比べても安い料金ですので、スマホへの乗り換えはお得と言えるでしょう。

シニアも安心の格安スマホ会社のサポート体制

料金が安いのはわかりましたが、その分、サービスが落ちるようでは、初めてスマホを使うシニア世代にとって心配です。

キャリアのように全国に店舗を構えていない格安スマホですが、そのサービス体制はどうなっているのでしょうか。

今の格安スマホはサポートがしっかりしている

格安スマホという言葉を聞くようになってかなり経ちますが、これまでそれほど普及が進んでこなかったのは、サービスの質とともにサポート体制があまり整っていなかったことが理由に挙げられます。

スポンサーリンク

格安スマホ会社では詳しい説明がユーザーにされないため、スマホについて設定から何から全部自分でできるような知識がある人だけが使うものというイメージがあったのではないでしょうか。

しかし、最近では格安スマホ業界に参入する企業が増え、それに伴い企業間の競争も激しくなったため、以前とは比べ物にならないほどどこもサポート体制を充実させています。

コールセンターやメールサポートを整え、わからないことがあったらすぐに無料で対応してくれる会社がほとんどです。

なかには、実店舗を構えてキャリアに負けないほどのサポート体制を整えつつあるところもあります。

シニア世代の場合、詳しい説明などはやはり対面でしてもらわないと不安という方も多いでしょう。

そういう場合でも、たとえばイオンモバイルやTONEモバイルのように、店舗でのサポートを重視しているところを選べば安心です。

シニア世代におすすめの格安スマホ3選

格安スマホ会社のなかで、シニア世代に特におすすめの会社を3つ紹介します。

端末の使いやすさ、プランのわかりやすさ、料金の安さを兼ね備えていますので、ぜひ検討してみてください。

J:COMモバイル

J:COMモバイルはJ:COMが運営する格安スマホで、データ通信専用にドコモ回線、音声通話付きプランにau回線を提供しています。

J:COMモバイルのおすすめポイントは、スマホデビューのシニア世代に向けた「BASIO3」という国産の端末が用意されているところです。

シャープが開発したスマホであり、大きな画面で大きな文字が大きな特徴で、使い方を解説した動画や基本操作の練習画面もあって、スマホが初めての高齢者でも使いやすいと人気になっています。

カメラの起動がスライドカバーを開くだけの簡単操作ですし、体調不良時に自分の情報を医療従事者に提示できる機能まであるので、高齢の親にスマホを持たせたいという人にもおすすめです。

J:COMモバイルがおすすめなのは端末だけではありません。

サポートが手厚いこともシニア世代におすすめできる理由です。

なんと、スマホの設定のために専門のスタッフが無料で自宅を訪問してくれます。

これまで格安スマホは自分で設定を行わなければいけないということでハードルの高さがありましたが、J:COMモバイルでは家にいながらにして対面のサポートを受けられるわけですから、スマホが初めてのシニア世代にも安心です。

気になる料金は、音声通話と0.5GBのデータ通信、加えて、端末代金込みの「スマホセットAプラン」で月額1,683円(税込)~という安さを実現しています。

実際には、通話料、SMS通信料、オプション料金などもかかるためもう少しかかりますが、月3,000円未満でガラケーを使っていたユーザーにとっても料金的に不満はないでしょう。

【公式】J:COMモバイル

ワイモバイル

ワイモバイル(Y!mobile)はソフトバンクが展開する格安スマホのブランドです。

なぜシニア世代におすすめなのかというと、J:COMモバイルと同じく、ほかの格安スマホ会社にはあまり見られないシニア向けのスマホが用意されているからです。

その名も「かんたんスマホ」といって、大きなボタンとシンプルな操作性で、スマホが初めての人でも感覚的にすぐ使えるようになっています。

かんたんスマホには、ホーム、電話、メールの3つの専用ボタンがあって、通知があった時には光って教えてくれますし、切り替えも簡単です。

困ったことがあっても画面真ん中の「押すだけサポート」をタップすると、自動診断で問題を解決してくれます。

自動診断で解決できない時は、サポート窓口に通話料無料でつながるので安心です。

スポンサーリンク

そのほか、迷惑電話対策の機能まで標準搭載されており、しつこい勧誘や振り込め詐欺などの電話やメールには警告表示が出ます。

全国防犯協会連合会がスマホで初めて推奨する優良防犯電話ですので、70~80代以上の高齢者に持ってもらうのもよいでしょう。

ワイモバイルのかんたんスマホは、今なら料金もすこぶるお得です。

月額料金は1,628円(税込)~とこれだけでもお得ですが、通話をする人ならさらにお得になるキャンペーンがあります。

契約時に60歳以上で、かんたんスマホを購入したうえでその端末で「スマホベーシックプラン」に加入することが条件ですが、国内の通話が制限なく無料になるのです。

通常、これは「スーパーだれとでも定額」という月額1,100円(税込)かかるオプションなのですが、キャンペーン期間中に契約すれば、通話時間も通話回数も関係なく国内通話がこの先ずっと無料で利用できるようになります。

「親にスマホを持ってほしいけど、メールやSNSをしないから通話料金がいくらかかるか不安」という方におすすめです。

【公式】Y!mobileオンラインストア

TONEモバイル

ギガ不安なし!で使える格安スマホ

TONEモバイルはTSUTAYAが運営する格安スマホです。

初めてスマホを持つ子どもやシニアのために特化したサービスを提供しています。

システムや端末を自社で開発しているのが、格安スマホ会社としては珍しい特徴です。

初めてスマホを持つ人のことを考えて開発された端末ですので、スマホデビューのシニア世代にプレゼントするのにもぴったりでしょう。

また、料金プランが月額1,100円(税込)~のオリジナル端末のプランと、月額1,650円(税込)からのiPhone用のSIMプランの2種類だけなので、複雑な料金体系に混乱してしまう不安がないのもよいところです。

TONEモバイルには通信制限がないのも初心者におすすめできるポイントです。

速度は500~600kbpsに制限されているため、動画やゲームを楽しむヘビーユーザーには向いていませんが、SNSやサイト閲覧など基本的な使い方をするだけなら速度に不満はありません。

月々わずか1,100円(税込)で基本的なネットが無制限で使えるというのがTONEモバイルの特徴なので、スマホデビューのシニア世代が最初に持つのに適しているのではないでしょうか。

なお、TONEモバイルでも、1GB330円(税込)の高速チケットを購入することで高速通信が使えますので、動画視聴も不可能ではありません。

【公式】TONEモバイル

シニアのための格安スマホの選び方

シニア世代におすすめの格安スマホを3社紹介しましたが、上記以外にも低料金で使いやすい格安スマホ会社はあります。

そのため、ほかの会社についても調べて自分で決めたいという方もおられることでしょう。

ただ、格安スマホのなかには初心者向けでないところもあるので、以下にシニアが格安スマホを選ぶ際の注意点を掲げておきます。

キャリアの携帯メールは使えなくなる

格安スマホに乗り換えると、これまで使用してきたキャリアのメールアドレスが使えなくなります。

各社独自で発行するメールアドレスを使うか、Gmailなどのフリーメールを使うことになるので、親のために乗り換えを考えている場合は事前に納得してもらっておきましょう。

フリーメールでもこれまでと同じ感覚でまったく問題なく使えますが、最初にホーム画面のわかりやすい場所にアイコンを設定しておくなどしてあげると親切です。

訪問サポートのあるところを選ぼう

格安スマホのなかには、すべての設定を自分でやらなければならないところもあります。

スポンサーリンク

スマホを初めて持つシニア世代の場合、それではハードルが高いので、なるべく訪問サポートで初期設定をしてくれるところを選びましょう。

親子で同居しているのなら代わりに設定してあげることもできますが、別々に住んでいる場合は無料でサポートに来てくれる会社の方が安心です。

あらかじめ解約時の説明をしておく

格安スマホ会社にも最低利用期間が決まっているところがあります。

キャリアほど高額な違約金は発生しないところがほとんどですが、プランによっては無料で解約できる期間に制限があることもあるので、あらかじめどんな時に費用が発生するのかといったことは確認しておくべきです。

「スマホに乗り換えてやっぱり高くなった」ということのないように、解約にかかる費用まで含めて計算し、本当にお得になることを確認してから乗り換えるようにしましょう。

高齢者にとって初めての格安スマホは選び方からきちんと説明してあげよう

これからは、シニア世代でもスマホを使えるようになっておく方が圧倒的に便利です。

料金が高いというイメージのあったスマホも、今では格安スマホの登場でかなり安くなっています。

なかにはスマホを初めて持つシニア世代のためにサービスを提供しているところもあるので、ガラケーからの初めての乗り換えでも不安なく使えるでしょう。

ただ、できれば親御さんなど高齢者に持たせたい場合は、きちんと説明してあげて、「スマホは本当にお得で便利なものだ」ということを納得してもらってから乗り換えを勧める方がよいでしょう。

関連記事