ハウツー

子供へスマホを与える年齢やタイミングは?メリット・デメリットを理解してルールを定めよう

多彩な機能を持つスマホは大変便利なアイテムとして世代を問わず重宝されています。

とはいえ、子供たちにいつからスマホを持たせるかという点に関しては、人によって意見が分かれるところです。

もちろん、「この年齢以下は持ってはいけない」という法律や明確なルールは存在しません。

とはいえ、スマホを保有することに伴うメリットとデメリットを把握しておくなら、どのタイミングからスマホを子供たちに持たせるかについて賢明な判断を下すことができるでしょう。

スマホがもたらす6つのメリット

便利なコミュニケーションツールとしてだけでなく、生活をより便利にしてくれるユニークなアイテムとして、スマホは際立った存在感を発揮しています。

その機能や特徴、特性などをふさわしく理解したうえで子供たちに与えることにより、スマホは子供たちの生活において様々な面でポジティブな影響を及ぼすものとなるはずです。

親とすぐに連絡が取れる

子供たちがスマホを常時携帯していれば、学校や学習塾、通学路などどこにいてもすぐに連絡を取ることができます。

LINEなどのSNSアプリをインストールしておけば、電車やバスの車内など通話ができない場所でもショートメッセージですぐにやり取りが可能です。

部活や補講などでいつもより帰りが遅くなるというケースでも、子どもがショートメッセージを1つ送っておくだけで親の不安や心配は大幅に軽減されます。

アプリにインストールされているスタンプ機能を活用することで、親子間のコミュニケーションがより円滑になったというケースも少なくありません。

子どもたち同士の輪が広がる

SNSのコミュニティー機能やグループチャットなどを介することで、クラスメートや他の子供たちと楽しく会話をすることができます。

1対1だけでなく複数でつながることが可能というのは大きな魅力でしょう。

スマホは子供たちの輪を広げるためのキーアイテムとなり得る存在です。

実際、会話が苦手という悩みを持つ子供たちが、スマホの持つことで周囲と上手に付き合えるようになったという事例は多くみられています。

GPS機能で所在地を確認できる

多くのスマホには紛失時に捜索ができるようGPS機能が搭載されています。

ただし、各キャリアがオプションとして提供している「見守りサービス」を契約しておけば、スマホを持っている子供の現在地を親が確認できるようになるのです。

これにより、遠距離まで通学している子供の動向をチェックできるので、セキュリティーなどの面で大きなプラスとなります。

また、子供にマップアプリの使い方を教えておけば、道に迷ってしまった場合でもスマホの地図を参照しながら最寄りの交通機関へ行くことができるでしょう。

IT機器と触れ合う機会を提供

便利な学習教材として、タブレットやPC端末は小学校や中学校で幅広く採用されています。

最近のOSおよびPCディスプレイは、キーボード入力に加えて画面をタッチにして操作することも可能です。

スマホも直感的に操作ができるよう同様のタッチ操作式GUIを搭載していますから、子供たちがスマホを手にすることで、IT機器への興味や関心を養うことにつながるだけでなく、GUIデバイスの使い方そのものにも慣れてもらうことができるでしょう。

外出することなく様々な習い事が可能

英会話教室や学習塾などにわざわざ行かなくても、スマホとネット回線があれば自宅で様々な習い事を受講できるようになっています。

これはICT(Information and Communication Technology)と呼ばれるもので、移動時間が不要であることや、親が習い事の様子を間近で観察できることなど、メリットが非常に多い学習方法と言えるでしょう。

自発的な行動を促す効果あり

スマホにはスケジュール管理やメモ機能などがありますから、それらを使って学生としての生活スタイルを自分で管理するよう促す効果が期待できます。

家計簿ソフトを利用してお小遣いの管理をすることや、わからないことがある場合に自分でブラウザを使って調査するといった習慣を身に着けることにも貢献するでしょう。

スポンサーリンク

子どもがスマホを持つことで生じ得るデメリット

どれほど便利なアイテムであっても使い方を間違えれば持ち主にマイナスの影響を及ぼすことがあり得ます。

スマホに関しても同様で、親がタイミングを考えず、きちんとルールを設けることもなく子供に渡してしまうと、いくつものデメリットが生じる可能性があるということを覚えておきましょう。

有害なサイトにアクセスしてしまう

好奇心旺盛な子供たちは検索エンジンを利用していろいろなサイトにアクセスすることでしょう。

その中で、フィッシングサイトや有料のアダルトサイトなどにアクセスしてしまう可能性があります。

親の管理下にない状態で自由にネットサーフィンをさせていると、個人情報の流出やコンピューターウイルスへの感染、詐欺による高額請求などの被害に遭うリスクが常にあるということを銘記しておきましょう。

勉強が疎かになる

ネットサーフィンをしていると、興味深い情報はいくらでも見つかるように感じます。

また、ネットゲームや動画サイトの閲覧などをしていると、あっという間に時間は過ぎてしまうでしょう。

SNSで自分のアカウントを持つようになると、他の人のコメントが気になってしまい勉強が手につかなくなるというケースもあります。

勉強をサポートするためのアイテムとして与えたスマホが、実際には勉強の妨げになるというのは非常に残念なことです。

気が付かない間に高額のネットショッピング

多くのネットショップはスマホの表示形式に対応しており、ワンクリックで簡単に買い物ができます。

そのため、子供たちが親の了承を得ずにカード番号を勝手に入力して高額の買い物をしてしまったというトラブルが少なからず発生しているのです。

中毒になって健康を損なうリスク

ネット上でのやりとりやオンラインゲームを習慣的に行うようになると、それがあまりにも楽しくなってしまい眠る時間を忘れてしまうということがあり得ます。

そうなると、寝不足の影響で集中力が低下するだけでなく、やがて体に変調を来してしまうでしょう。

睡眠が足りていないことで食欲が減退してさらに体力が低下するという悪循環に陥ることも考えられます。

ネット中毒になっているかどうかに関して子供自身が気付くということはあまりありません。

ですから、親がよく管理しておくことが大切です。

いじめの温床となることも

SNSでクラスメートと繋がっていく中で、言葉によるいじめが発生するというケースは珍しくありません。

グループチャットなどでひどい言葉を浴びせられたり、発言を無視されたりといったことが起こり得ます。

こうしたいじめは多くの場合大人がチェックしていないコミュニティーで行われるため、親や教師は問題が起きていること自体に気づきにくいのです。

なぜ子供にスマホを与えるかを親はよく考えよう

親は子供へスマホを与える前に、「子供にとってどんな具体的な恩恵があるか」を考える必要があります。

ほとんどメリットがないにも関わらず、「ゲームがしたいと言うから」「みんなが持っているから」といった理由だけで与えてしまうと、デメリットの影響を受ける可能性が高くなるでしょう。

加えて、子供が自分の所有物をきちんと管理できる年齢になっているかを考慮することも賢明な判断を下す助けとなるはずです。

iPhone 13を買うなら「楽天モバイル」がおすすめ



楽天モバイルなら、iPhone 13を安くお得に購入できます。

「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」で購入すると、月々たったの2,058円。
最新のiPhoneが約半額で買えちゃいます!
さらに初めてのプラン申し込み&他社から乗り換え(MNP)なら最大30,000ポイント還元されます。

iPhone 13を安く買うなら今がチャンスです!

関連記事