ソフトバンク

【MNP手順】LIBMOからの乗り換えはソフトバンクオンラインショップが便利

TOKAIコミュニケーションズが運営する格安スマホ、LIBMOからソフトバンクへの乗り換えする場合、オンラインショップからの手続きが便利です。

今回は、LIBMOからソフトバンクへの乗り換えを検討している方に向けて、乗り換え時の注意点やソフトバンクならではのメリット、ソフトバンクオンラインショップでのMNP乗り換え手順やかかる費用をまとめて紹介していきます。

LIBMOからソフトバンクに乗り換える際の注意点

LIBMOのサービス内容や通信速度に不満があり、他社への乗り換える場合、注意すべき点がいくつかあります。

最低利用期間は1年

LIBMOの音声通話機能付きSIMカードには、最低利用期間の定めがあります。

課金開始日より1年以内に解約すると、通話機能解除手数料が10,450円(税込)発生します。

利用期間に関わらず解除料が発生しないケース

LIBMOでは、課金開始日より1年以内に解約すると、解除手数料が発生してしまいます。

ただし、月額料金が割高になる「契約解除料0円プログラム」、もしくは契約と同時に端末を購入すると適用になる「端末購入サポートプログラム」のいずれかが適用されていれば、解除手数料は発生しません。

SIMカードは返却が必要

LIBMOでは、解約後にSIMカードの返却が必要になります。

SIMカードは郵送で返却しましょう。

また、スムーズな解約手続きが行われない可能性があるため、解約手続き終了後に送付するようにしましょう。

【LIBMOとの違い】ソフトバンクの特徴

テレビCMも人気のソフトバンクは、三大キャリアの中核を担う大手携帯会社です。

ソフトバンクの料金プラン

ソフトバンクは2019年3月から新プランの契約を開始し、基本プランは以下の3種類になりました。

  • ウルトラギガモンスター(データ容量月50GBで、動画サービスやSNSはカウントフリー):月額3,828円(税込)~
  • ミニモンスター(使った分だけ料金がかかるデータ容量従量制プラン):月額2,178円(税込)~
  • スマホデビュープラン(データ容量月1GB+国内通話5分かけ放題):月額1,078円(税込)~

かけ放題オプションが充実

ソフトバンクには、1回5分以内の国内通話がかけ放題になる「準定額オプション」にオプション料金月額550円(税込)で加入することができます。

また、オプション料金月額1,650円(税込)で国内通話が24時間かけ放題になる「定額オプション」もあるので、音声通話の利用機会が多い方におすすめです。

ちなみに、LIBMOのかけ放題オプションは、専用アプリからの発信のみが対象となりますが、ソフトバンクのかけ放題に専用アプリは必要ありません。

通常通り音声通話を発信することで、定額オプションの対象となります。

2年縛りなし

ソフトバンクでは、従来の2年縛りがなくなりました。

最低利用期間の定めがないため、10,450円(税込)かかっていた契約解除料も発生しません。

ソフトバンクならではのメリット

ソフトバンクに乗り換えることで、大手キャリアならではのメリットの恩恵が受けられます。

通信速度が安定している

ソフトバンクは大手キャリアのうちの1社であり、格安スマホ会社に通信設備の貸出しも行っています。

通信速度は安定していて、通信網も全国エリアをカバーしているので、繋がりにくさに悩む必要はないでしょう。

最新スマホが購入できる

ソフトバンクでは、iPhoneやGooglePixelなどの最新機種を購入することができます。

LIBMOでは購入できない機種も多数取り扱っています。

PayPayボーナスがもらえる

スマホ決済アプリ、PayPayでは、ソフトバンクユーザーを対象にしたキャンペーンが行われることがあります。

また、ソフトバンクの長期継続特典として、PayPayボーナスがもらえる制度もあります。

スポンサーリンク

LIBMOでのMNP転出手順

LIBMOからソフトバンクに電話番号を変えずに乗り換える際には、MNP予約番号の取得が必要です。

MNP予約番号を取得

LIBMOの公式サイトのお問い合わせ画面から、「MNP予約番号発行依頼フォーム」に移動し、必要事項を入力します。

MNP予約番号が発行されたら、契約中の番号宛てにSMSが届きます。

最短で翌営業日対応となっているので、「どうしてもすぐに発行してほしい」など特別な事情がある場合には、お客様センター(0120-27-1146)に問い合わせしてみましょう。

MNP転出にかかる費用

MNP転出手数料として、3,300円(税込)がかかります。

上記に加え、最低利用期間(1年間)以内の解約の場合は、通話機能解除手数料が10,450円(税込)発生するため、合計13,750円(税込)の費用が必要です。

ソフトバンクへの乗り換え手順(SIMカードのみの場合)

SIMフリー端末をお持ちの場合は、SIMカードを入れ替えるだけでソフトバンクへの乗り換えが可能です。

新しい端末を購入する必要がないので、料金を節約することができます。

必要書類を準備する

本人確認書類(運転免許証など)、支払いに使用するクレジットカードなどの必要書類を用意します。

SIMカードを購入する

必要書類を持参し、端末に合ったSIMカードを購入しましょう。

事務手数料として3,300円(税込)が発生しますが、初回請求分と合算になるため、店頭で支払う必要はありません。

ソフトバンクオンラインショップでの乗り換え手順

乗り換えと同時に端末も購入しようと考えている方は、オンラインショップから手続きすることができます。

購入する機種を選択する

オンラインショップの「購入する機種を探す」画面から、購入する機種を選択しましょう。

商品画面ページに行くと、受け取り方法や支払い回数を設定することができます。

基本的には、配送による受取になりますが、機種によっては店頭受取も可能です。

料金プランを選択する

申し込み画面に沿って進んでいくと、料金プランやオプションを選択する画面になります。

また、割引情報やキャンペーン情報を確認することもできるので、必ずチェックしましょう。

必要事項の入力・書類のアップロード

画面の指示に従い、名前や住所、支払い情報などの必要事項を入力します。

さらに、運転免許証などの本人確認書類の画像もアップロードしましょう。

ちなみに、MNP乗り換えの場合、支払い方法はクレジットカードのみとなります。

商品が手元に届くのを待つ

ソフトバンクオンラインショップでは、申し込み情報によって審査が行われ、契約が成立すれば「出荷完了メール」が送付される仕組みとなっています。

「出荷完了メール」が到着してから、商品が手元に届くまでに3日程度かかります。

LIBMOからソフトバンクへの乗り換えはオンラインで完結

LIBMOでのサービス内容や通信速度に不満を感じていて、ソフトバンクへの乗り換えを検討しているなら、オンラインショップでの手続きが便利です。

LIBMOはMNP予約番号の発行依頼をWEBで受付しているため、MNP転出から転入までの手続きはすべてWEBで完結させることができます。

但し、LIBMOでは1年以内の解約の場合、MNP転出手数料と通話機能解除手数料が同時にかかってしまいます。

スポンサーリンク

最高で13,750円(税込)の費用負担が必要になるため、乗り換えを検討する場合は、LIBMOでの契約内容や期間を事前に確認することをおすすめします。

【公式】ソフトバンクオンラインショップ

iPhone 13を買うなら「楽天モバイル」がおすすめ



楽天モバイルなら、iPhone 13を安くお得に購入できます。

「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」で購入すると、月々たったの2,058円。
最新のiPhoneが約半額で買えちゃいます!
さらに初めてのプラン申し込み&他社から乗り換え(MNP)なら最大30,000ポイント還元されます。

iPhone 13を安く買うなら今がチャンスです!

関連記事
Y!mobile

ワイモバイルからソフトバンクに乗り換え! ソフトバンクオンラインショップでMNP変更をするための手順について

2020年4月10日
オリラボ通信
携帯電話にはさまざまなキャリアがあります。 今回は、ワイモバイルからソフトバンクに乗り換える方法について見ていきましょう。 ソフトバンク …