LINEモバイル

iPhone 12はLINEモバイルでも使える!申し込み手順から注意点まで徹底解説

LINEやSNSが使い放題になることで人気のLINEモバイルでも、iPhone 12が利用可能です。

LINEモバイルは大手3キャリアすべての回線に対応しています。

すでに大手キャリアでiPhone 12を買った人も、そのまま乗り換えることが可能です。

iPhone 12でLINEやSNSを頻繁に使うなら、LINEモバイルがおすすめですよ。

本記事ではLINEモバイルでiPhone 12を利用する手順や注意点を徹底解説します。

LINEモバイルにおけるiPhone 12の動作確認状況

LINEMO

まずはLINEモバイルにおけるiPhone 12の動作確認状況をチェックしてみましょう。

モデル SIMフリー版 ドコモ版 au版 ソフトバンク版
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro Max

SIMフリー版は全モデル動作確認済みです。

データ通信・音声通話・テザリング、いずれの機能も使えます。

LINEモバイルはドコモ・au・ソフトバンクの3回線に対応していますが、SIMフリー版は全回線で動作確認済みです。

大手キャリア版iPhone 12については、対応状況がバラバラです。

ソフトバンク版にいたっては一切動作確認されていません。

また、au版iPhone 12シリーズは端末ごとに確認されている回線が異なります。

au版iPhone 12シリーズの動作確認結果
モデル ドコモ回線 au回線 ソフトバンク回線
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro Max

大手キャリアのiPhone 12は同じ回線を選べばそのまま使える可能性が高いです。

違う回線の場合も、SIMロック解除すれば使えるでしょう。

ただし、動作確認されていないモデルと回線の組み合わせで使う場合は自己責任となります。

不安な人は動作確認済みになっている組み合わせで利用してください。

動作確認結果は今後更新される可能性があります。
公式サイトで最新情報をチェックしてください。

LINEモバイルでiPhone 12を利用する手順

LINEMO

LINEモバイルでiPhone 12を利用する手順は以下の通りです。

  • iPhone 12を用意する
  • MNP予約番号を取得する
  • LINEモバイルの申し込みに必要な物を準備する
  • LINEモバイルを申し込む
  • 初期設定をする

iPhone 12を用意する

まずはLINEモバイルで利用するiPhone 12を用意してください。

これからiPhone 12を購入する場合はAppleストアで購入するのがおすすめです。

発売されているのはSIMフリー版なので、SIMロックがありません。

LINEモバイルでは全回線でSIMフリー版の動作確認がされているので、好きな回線を選べますよ。

iPhone 12シリーズ徹底比較!買うならどのモデルがおすすめ?2020年に発売された「iPhone 12シリーズ」は全部で4つの種類があります。 スペックを見ると共通している部...

すでに大手キャリアでiPhone 12を購入している場合はそのままLINEモバイルで利用可能です。

SIMロック解除すればどの回線でも利用できますし、SIMロックがかかっていても同じ回線を選べばそのまま使えます。

ただし、動作確認されていない組み合わせは自己責任なので注意してください。

SIMロック解除にはとくにデメリットがありません。

スポンサーリンク

可能であれば、SIMロック解除した上で乗り換えてください。

MNP予約番号を取得する

次にMNP予約番号を取得しましょう。

MNPとは、現在使っている電話番号そのままで他のキャリアに乗り換える仕組みです。

大手キャリアで使っている電話番号をLINEモバイルで利用したい場合は、MNPで乗り換えるためにMNP予約番号を取得してください。

MNP予約番号は現在利用しているキャリアから電話、オンライン、店舗のいずれかの方法で取得できます。

電話の場合は各キャリアのサポートへ電話してください。

キャリア 電話番号 受付時間
ドコモ ドコモ携帯:151
一般電話:0120-800-000
午前9時~午後8時
au 0077-75470
ソフトバンク ソフトバンク携帯:*5533
一般電話:0800-100-5533

オンラインの場合は各キャリアのマイページへアクセスし、MNP予約番号を取得できます。

各キャリアのショップでも取得できますが、わざわざお店に行くのは手間がかかります。

自宅でいつでも手続きできる電話かオンラインが手軽でおすすめですよ。

なお、MNP予約番号には15日間の有効期限があります。

有効期限が切れると失効し、再取得しないといけません。

また、LINEモバイルへMNP乗り換えする場合は有効期限が10日以上残っている必要があります。

MNP予約番号を取得したら、5日以内にLINEモバイルを申し込んでください。

有効期限が9日以下になった場合は、MNP予約番号を再取得してください。

LINEモバイルの申し込みに必要な物を準備する

次に、LINEモバイルの申し込みに必要な物を準備してください。

  • 本人確認書類
  • クレジットカードまたはLINE Payカード
  • 連絡が取れるメールアドレス
  • MNP予約番号

LINEモバイルで利用できる本人確認書類一覧

LINEモバイルで利用できる本人確認書類は以下の通りです。

  • 運転免許証
  • 健康保険証+補助書類
  • 在留カード+補助書類
  • マイナンバーカード
  • 日本国パスポート+補助書類
  • 住民基本台帳カード
  • 運転経歴証明書
  • 特別永住者証明書
  • 身体障害者手帳
  • 後期高齢者医療被保険者証+補助書類
  • 特定疾患医療受給証+補助書類
  • 特定疾患医療登録者証+補助書類
  • 届出避難場所証明書

一部の本人確認書類では、補助書類も追加で必要です。

公共料金領収書(電気、ガス、水道)もしくは住民票のどちらかを用意しましょう。

補助書類は発行日や検収日が3ヶ月以内のものを用意してください。

本人確認書類は申し込み時にアップロードします。

事前にスマホのカメラで撮影するか、スキャナなどで読み取っておくとスムーズですよ。

LINEモバイルの支払い方法は2種類

LINEモバイルの支払い方法は大きく「クレジットカード」と「LINE Payカード」の2種類があります。

LINE PayカードはLINEが発行しているプリペイドカードです。

事前にチャージした分だけ支払いできます。

審査不要なので、クレジットカードを持てない人でも取得可能です。

クレジットカードを持っていない人はLINE Payカードを取得し、LINEモバイルを申し込みましょう。

LINEモバイルを申し込む

LINEMO

準備ができたらLINEモバイルを申し込みましょう。

スポンサーリンク

申し込みはLINEモバイルの公式サイトから手続き可能です。

  • STEP1
    データフリーオプション、データ容量、回線、SIMタイプを選択します。
  • STEP2
    端末購入の有無で「SIMカードのみ」を選択してください。
  • STEP3
    ソフトバンク回線の場合は利用予定の端末で「iPhone」を選択します。
  • STEP4
    オプションを選択してください。
  • STEP5
    申し込み区分で「他社からの乗り換え(MNP転入)」を選択し、MNP予約番号と有効期限、転入する電話番号を入力します。
  • STEP6
    契約者情報を入力してください。
  • STEP7
    本人確認のメールが届くので、メールに記載のURLをクリックします。
  • STEP8
    本人確認書類をアップロードしてください。
  • STEP9
    支払い情報を入力してください。
  • STEP10
    ログインID/パスワードを設定します。

ソフトバンク回線はSIMカードの種類が複数用意されています。

iPhone 12を利用する場合は「iPhone専用ナノ」を選んでください。

ドコモ回線/au回線は自分で任意のサイズに切り離すマルチSIMなので、SIMカードの選択はありません。

SIMカードの種類を間違えた場合は、申し込み後に変更手続きが必要です。
その際、3,300円(税込)のSIMカード変更手数料がかかります。

MNPを利用する場合はSTEP5の申し込み区分で必ず「他社からの乗り換え(MNP転入)」を選択してください。

「新規番号で申し込み」だと、電話番号が引き継がれません。

また、STEP10で設定するログインIDとパスワードはLINEモバイルのマイページにログインする際に必要です。

忘れないようにメモしておきましょう。

初期設定をする

iPhone 12とLINEモバイルのSIMカードが用意出来たら、初期設定をしてください。

  • 利用開始手続き
  • APN設定

利用開始手続き

MNPで乗り換えた場合、SIMカードが到着した時点では乗り換え前のSIMカードが使える状態です。

利用開始手続きをして、利用する回線をLINEモバイルへ変更しましょう。

手続き方法はウェブと電話の2つです。

ウェブの場合はマイページログイン後に「契約者情報確認」→「利用開始手続きをする」の順にタップすれば手続きできます。

電話の場合は以下の番号へ電話してください。

  • 利用開始手続き窓口
  • 0120-889-279
  • 受付時間 10:00-19:00(年中無休)

ドコモ回線/au回線は20時までに、ソフトバンク回線は17時までに手続きすると当日中に利用開始手続きが完了します。

また、利用開始手続きが完了すると、乗り換え元の大手キャリアは自動解約です。

ANP設定

最後に、LINEモバイルの通信を利用するためのAPN設定をしてください。

iPhone 12のAPN設定は「APN構成プロファイル」という特殊なファイルをダウンロードするだけなので簡単ですよ。

  • STEP1
    iPhone 12にSIMカードを挿入します。
  • STEP2
    iPhone 12をWi-Fiに接続してください。
  • STEP3
    Safariを起動し、APN設定方法(iPhone・iPad)ページへアクセスします。
  • STEP4
    契約した回線に合ったAPN構成プロファイルをダウンロードしてください。
  • STEP5
    「設定」アプリを起動し「プロファイルがダウンロードされました」をタップします。
  • STEP6
    パスコードを入力してください。
  • STEP7
    インストールをタップします。

LINEモバイルのAPN構成プロファイルは3種類あります。

  • ソフトバンク回線/au回線用
  • ドコモ回線(ベーシックプラン)用
  • ドコモ回線(旧プラン)用

ドコモ回線(旧プラン)用はすでに受付が終了したプラン向けのAPN構成プロファイルです。

間違ってダウンロードしないように注意してください。

LINEモバイルでiPhone 12を利用する際の注意点

LINEMO

LINEモバイルでiPhone 12を利用する際の注意点は以下の通りです。

  • 乗り換えの際に費用がかかる
  • キャリアメールやキャリア決済は使えない
  • 電話の完全かけ放題がない
  • 5G通信が使えない

乗り換えの際に費用がかかる

大手キャリアからLINEモバイルへ乗り換える際は費用がかかります。

乗り換え元のキャリア、LINEモバイルの両方へ費用の支払いが必要です。

乗り換え元の大手キャリアへ支払う費用

乗り換え元の大手キャリアへ支払う費用は以下の通りです。

スポンサーリンク
項目 金額
MNP転出手数料 3,300円(税込)
(一部のドコモユーザーは2,200円(税込))
違約金 1,000~10,450円(税込)
分割払いの端末代 端末による

MNPで乗り換える場合は3,300円(税込)のMNP転出手数料がかかります。

ドコモユーザーかつ2019年9月30日以前に提供していたプランを契約していた場合は2,200円(税込)です。

MNPを利用しない場合、MNP転出手数料はかかりません。

MNP転出手数料はMNP乗り換えが完了した時点で発生します。
MNP予約番号を発行しても、乗り換えなかった場合は発生しません。

大手キャリアから乗り換える際に注意が必要なのが違約金です。

2019年9月30日以前に2年縛りのあるプランを利用していた場合、10,450円(税込)の違約金が発生する可能性があります。

端末を分割払いで購入していた場合、その残債も発生します。

LINEモバイルへ乗り換える前に、違約金と残債をチェックしてください。

LINEモバイルへ支払う費用

LINEモバイルへ支払う費用は以下の通りです。

項目 金額
ウェブ登録事務手数料 3,300円(税込)
SIMカード発行手数料 440円(税込)

LINEモバイルへ支払う初期費用は合計3,740円(税込)です。

このうち、ウェブ登録事務手数料は家電量販店などで購入できるエントリーパッケージで無料にできます。

初期費用を節約したい人は、事前にエントリーパッケージを購入してから申し込んでください。

キャリアメールやキャリア決済は使えない

LINEモバイルではキャリアメールやキャリア決済といったサービスは使えません。

どちらも大手キャリアの契約に紐づいているサービスです。

LINEモバイルに乗り換えると大手キャリアは解約となるので、上記のサービスは使えなくなります。

メールはGmailやYahoo!メールなどのフリーメールで代用してください。

キャリア決済については代替手段がないので、クレジットカードなど他の支払い方法に変更しましょう。

電話の完全かけ放題がない

LINEモバイルには電話の完全かけ放題がありません。

1回10分までの通話が何度でも無料になる「10分かけ放題」は利用できます。

短い通話を何度もする人なら、10分かけ放題で十分でしょう。

反対に、長電話をする人だと10分かけ放題では足りません。

完全かけ放題を利用したい場合はUQモバイルY!mobileがおすすめです。

なお、LINEモバイルでは「データフリー」により、LINEをどれだけ使ってもデータ通信量を消費しません。

電話をあまり利用しない人、LINEの通話で済ませる人ならむしろLINEモバイルがおすすめです。

5G通信が使えない

LINEモバイルでは5G通信が使えません。

現時点では、5G通信が使える格安SIMはLinksMatemineoの2つだけです。

スポンサーリンク

どうしても5G通信を使いたい人はこの2つのどちらかを検討してください。

iPhone 12はmineo(マイネオ)でも使える!申し込み手順から注意点まで徹底解説iPhone 12を安く活用したい人におすすめなのが格安SIMのmineo(マイネオ)です。 大手キャリアであるドコモ・au・ソフ...

ただし、5G通信は対応エリアが非常に狭いです。

大多数の人にとっては、5Gが使えないことは大きなデメリットにならないでしょう。

まとめ

LINEMO

以上、LINEモバイルでiPhone 12を利用する手順と注意点について解説しました。

LINEモバイルはドコモ・au・ソフトバンクの全回線に対応しています。

SIMフリー版はもちろん、大手キャリアのiPhone 12もそのまま利用可能です。

どの回線を選んでも月額料金は同じなので、端末や住んでいるエリアに合わせて回線を選べます。

大手キャリアからLINEモバイルに乗り換えれば、毎月のスマホ代が大幅に安くなります。

LINEやSNSが使い放題なので、普段からLINEやSNSを頻繁に使う人ほどお得ですよ。

【公式】LINEモバイル

iPhone 12 特集

ABOUT ME
吾妻 和希
格安SIM・スマホが好きなライター。学生時代に節約のため格安SIMを使い始めました。格安SIM歴は6年を越え、その経験を生かしてスマホライターとして活動中。
関連記事