LINEモバイル

LINEモバイルのnuroモバイルの売りは?両社を比較して見えてくる特徴をチェック!

格安スマホ会社はたくさん存在するため、どの会社を選ぶかに当たってはしっかりとそれぞれの特徴を見て、比較することが大事です。

ここでは、人気が高いLINEモバイルnuroモバイルの比較を見ることができます。

どちらもお得度が高く、充実したサービスを提供しています。

また、知名度も高いため、実際に多くのユーザーが使っています。

有力な候補となる二つの会社ですので、じっくりと二つのサービス内容を見て決めたいものです。

目次

企業としての信頼度

ドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアと比べると、格安スマホ会社は心配と感じる人もいます。

その理由は、大企業ではないためなんとなく不安感を覚えるというものです。

そこで、LINEモバイルとnuroモバイルがどのような会社なのかをチェックすることで、不安感を除くことができます。

LINEが運営元のLINEモバイル

LINEMO

LINEモバイルは名前からも分かるように、コミュニケーションアプリとして多くの人が使っているLINEが運営元です。

そのため、非常に有名ですし経営規模の大きい企業ならではの安心感があります。

さらにテレビCMなどでも盛んに宣伝をしていますので、多くの人に知られていると同時に、ユーザーの数も多いという特徴があります。

たくさんのユーザーがいれば、それだけサービスが安定しているものですし、ユーザーからのコメントや意見なども聞こえてきやすく、評価が分かりやすいというのもメリットです。

SONYが運営元のnuroモバイル

nuroモバイルはSONYのグループ会社です。

世界的に見ても大きな企業であるSONYが資本を出していますので、経営という意味では大きな安心感があります。

格安スマホ業界の中でも、経営規模が大きな企業の一つです。

格安スマホ事業だけでなく、光ファイバーによるインターネット回線提供なども行っていて、通信回線事業では豊富なノウハウを持っています。

やはりユーザー数も多いので、多くの人が使っているという安心感もあります。

どちらも格安スマホ業界の中で大きな企業で安心

こうして見ると、どちらの企業も規模が大きく、知名度が高いところであることが分かります。

格安スマホ業界の中では、とても小さな企業もありますが、これら二つの企業はかなり事業規模が大きく、資本のバックアップが強いというメリットがあります。

しかも、SNSアプリや通信設備事業を行っている企業ですので、スマホ事業においても一定のノウハウがあるというのも強みとなります。

基本料金プランの比較

スマホ会社を決める際に大事なポイントとなるのは、やはり基本プランの料金です。

それぞれに必要なサービスが提供されているかを見ると同時に、お得な料金設定となっているかを見ることが大事です。

LINEモバイルとnuroモバイルのプランを比べてみて、どのような違いがあるかをチェックしてみましょう。

基本料金プランの内容

どちらもデータ容量に応じてプランが分かれています。

LINEモバイルの方は、とてもシンプルなプラン作りをしていて、基本としては4つのみとなっています。

スポンサーリンク

データ容量が3GBのものが小さく、次に5GB、7GB、そして10GBという区切りでプランを分けています。

一方でnuroモバイルは、かなり細かくプラン設定をしています。

2GBから1GB刻みで10GBまでプランがあるのです。

そのため、シンプルで分かりやすい料金プランの方が選ぶのが楽という人にはLINEモバイルの方が向いています。

一方で、明確に自分のスマホの利用状況をチェックして、無駄のないプラン申し込みをしたいということであればnuroモバイルの方が良いでしょう。

基本料金プランの価格

二つの基本プランの料金を比べてみると、全体的にnuroモバイルの方が多少安く設定されています。

同じデータ容量であれば、100円から400円程度安くプラン作りがなされています。

しかし、後述しますがLINEモバイルの方には、全プランでLINEし放題のサービスが含まれていますので、SNSをよく使う人であれば結果的には同じくらいの料金となるでしょう。

総合的に見ると、どちらもお得度が高く大手キャリアからの乗り換えであれば、3,000円から5,000円程度の節約につながります。

会社選びの分かれ目としては、LINEアプリを普段よく使うか使わないかというところでしょう。

LINEを使わないのであれば、nuroモバイルの方が多少お得になります。

使い放題サービスの内容

よりお得にデータ通信を使うために、使い放題のサービスがあるととても便利です。

幸いにLINEモバイルもnuroモバイルも、使い放題サービスを提供していて、お得感が強いのがメリットです。

とはいえ、それぞれの使い放題は全く内容が違いますので、その差を見てより自分に合ったプランを選ぶことが大事です。

全てのプランでLINEアプリが使い放題になるLINEモバイル

LINEモバイルの大きな特徴として挙げられるのが、LINEアプリの使い放題です。

どの基本プランでも適用されるサービスで、LINEアプリを使ったメッセージや写真の送信、音声通話などの分はデータ通信の容量カウントがなされません。

しかも、基本プランに標準として付いてくるサービスですので、追加料金もかかりません。

実質LINEが無制限で使えることになりますので、よくLINEを利用する人にはかなりうれしいサービスです。

誰かと音声通話で話す時も、電話をかけるのではなくLINEで話せばいいので、通話料金もぐっと抑えることができます。

学生などはLINEでのみ音声通話をするようにして、音声通話サービスそのものをカットするという選択肢も採れます。

よりお得になるプラン選びができるのがメリットです。

時間を限定して使い放題にするnuroモバイル

nuroモバイルも使い放題サービスを提供していますが、そのシステムはだいぶ異なります。

二つのプランがあり、一つは「5時間/日」使い放題です。

一日のうち5時間は高速通信が無制限になるというもので、かなり使い勝手がいいです。

ほとんどの人は、一日の総計で5時間くらいの通信しかしませんので、それが無制限になればかなり大きな助けとなります。

スポンサーリンク

この5時間のカウントは5分単位でなされ、時間が過ぎると低速通信に切り替わり、深夜0時までその制限が続きます。

深夜の利用が無制限にあるプランも

nuroモバイルではもう一つの使い放題プランがあり、「深夜割」プランというものです。

これは、午前1時から6時までのデータ通信が無制限になるというものです。

この時間は高速通信が使い放題となりますが、他の時間帯は低速通信に限定されます。

そのため、深夜にネットをするユーザーであればとてもお得度が高いですが、日中にスマホを使うことが多いという人にはあまりメリットはないでしょう。

ただし、データ通信無制限は完全なるカウントフリーとなりますので、いくら使っても3日間10GB制限などの制限は一切ありません。

nuroモバイルの使い放題プランは追加料金あり

LINEモバイルのLINE使い放題は追加料金がかかりません。

一方でnuroモバイルは、「5時間/日」割引で追加料金がかかります。

どのプランタイプを選ぶかによって多少の違いはありますが、大容量プランであればプラス200円くらいで利用できます。

ただし、低容量プランとの比較だと1,100円(税込)プラスとなってしまいますので、追加料金としては高いものとなってしまいます。

「深夜割」は基本的にプラス料金がかからないので、負担なしで利用できます。

自分のスマホ利用状況と比較して、どのプランだと一番お得かを見ることが大事です。

データ通信の品質の違い

スマホ利用の快適さを左右するのは、やはりデータ通信の品質です。

いくらプラン料金が安くても、データ通信が遅く途切れてしまうのであれば使いづらくなってしまいます。

そのため、通信環境がしっかりしているかどうかを確認することは大事です。

通信スピードはどちらも速くて快適

LINEモバイルもnuroモバイルも、しっかりした回線設備をレンタルしていて十分な環境を提供しています。

高速通信時には重いファイルや動画なども快適にダウンロードできますので、ストレスなくスマホを使えるのが魅力です。

大手キャリアと比べても遜色のない通信スピードを出していますので、乗り換えであっても不便さを感じることはないでしょう。

混雑時とアプリダウンロード時の速度低下

LINEモバイルは、平常時も混雑時間帯もそれほどスピードの変化がないというメリットを持っています。

混雑時間帯とは、お昼休みの時間と夕方から夜にかけての時間です。

これらの時間帯は多くの人がネットにアクアスしますので、どうしても回線が混みあってスピードが落ちてしまうのです。

もちろん、LINEモバイルでもある程度のスピード低下はありますが、極端な変化はなく不便さを感じるほどではありません。

nuroモバイルも、混雑時間帯であっても安定した通信スピードを維持しています。

ただし、アプリや重いファイルをダウンロードする時、スピードが低下する現象が見られることがあります。

通常時よりも低めの速度でダウンロードをすることで、回線の混雑を防ぐ狙いがあります。

スポンサーリンク

直近3日間のデータ通信制限

スマホ会社によっては、使い過ぎを防ぐために月間のデータ通信容量をオーバーしていなくても、通信スピードを制限するところがあります。

直近3日間の使用量を見て制限をかけるのが一般的です。

その制限についても二つの会社の間には違いがありますので、事前にチェックしておくことが肝心です。

LINEモバイルは3日間のスピード制限はない

LINEモバイルは、月間の契約したデータ容量の範囲内であれば、特に通信制限がかけられることはありません。

いくら連続して使っても、同じスピードを維持しますので、ハードユーザーにはありがたい方針です。

特にオンラインゲームを好んでする人などは、長時間のプレイで大容量を食ってしまうこともありますので、このサービスは助かります。

その分、月間のデータ容量の消費が速くなってしまうこともありますので、利用状況をモニターしながらバランスよく使っていくことが求められます。

nuroモバイルは高速通信時に制限がかかることもある

一方のnuroモバイルは、高速通信時に速度制限がかけられることがあります。

連続する3日間の中で、かなりの容量を一気に消費してしまった場合に、低速通信に強制的に切り替えられてしまうという内容です。

ただし、3日間でどのくらの容量を消費したら制限がかかるかなどの詳細は公表されていません。

リアルタイムの回線状況に応じて、制限そのものがかからないこともあります。

回線に余裕があれば、制限をかける必要もないということで、そのまま使い続けられるのです。

低速通信に切り替えられると、スピードは200kbpsとなります。

メールや文字のみのSNSやサイト閲覧はできますが、画像の送受信や動画視聴などは難しくなります。

ヘビーユーザーには辛い制限ですので、制限に引っかかる可能性があるようであれば注意が必要です。

便利なサービスの特徴

格安スマホ会社は、それぞれで独自性のあるサービスを打ち出しています。

料金自体はおおよそ横並びといった感がありますので、こうした独自のサービスを比較することで、会社選びをしやすくなります。

LINEモバイルもnuroモバイルも、特徴的で便利なサービスを提供していますので比較してみましょう。

SNSやエンタメ系サービスがデータフリーになるLINEモバイル

LINEモバイルの最大の売りと言えるのが、「データフリー」サービスです。

該当するアプリやサービスサイトであれば、いくら使ってもデータ容量消費がカウントされないというもので、実質使い放題となります。

LINEモバイルでは、前述の通り標準的にLINEアプリがカウントフリーとなっています。

オプションとして追加料金を支払えば、FacebookとTwitterが使い放題になるものもあります。

さらに、Instagramなどの写真や動画が入るSNSや、LINE Musicといった音楽配信サービスもデータフリーになるオプションも用意しています。

SNSやエンタメ系サービスをよく使う人であれば、こうしたオプションに加入することで、かなりお得に使えるのがメリットです。

バースト通信が快適でお得

nuroモバイルでは、基本となるデータ通信の品質を上げるサービスを提供しています。

スポンサーリンク

その一つがバースト通信機能です。

これは低速通信モードの時に作動する機能です。

低速通信時だと、ページの読み込みが遅いのでなかなか表示されずストレスが溜まるものです。

そこで、低速通信モードであるものの、最初の数秒間だけ通信スピードを上げて、最初のページ表示を早くします。

ページの中に画像などがあると、全体が表示されるのは遅いですが、少なくともページを開いてすぐに概要がつかめますので、ストレスはぐっと減ります。

こうしたバースト通信機能を搭載することで、低速通信モードのままでも快適にネットを楽しめるようにしているのです。

その分、データ容量の消費を抑え、料金をお得にできるというのもメリットです。

データ容量の使い方

スマホプランの中でも、データ通信容量は会社選びの大きなポイントとなります。

基本プランだけでなく、データ容量を繰り越ししたり追加チャージしたりするサービスがどのようになっているかを見ることも大事です。

実際にスマホを使っていると、基本プランで指定されているデータ容量通りに行かないことが多いからです。

基本的に二つの会社では、充実したサービスを提供していて変わりはありませんが、細かな点に違いがありますのでチェックしましょう。

余ったデータ容量の繰り越しができる

LINEモバイルでもnuroモバイルでも、一月のうちに使い切れなかったデータ容量に関しては、翌月に繰り越されるシステムとなっています。

特に繰り越しの申請をする必要はなく、自動的に余った分が計算され、繰り越しがなされます。

特にLINEモバイルの場合は、2GBから3GB刻みでプランが作られていますので、月によってはかなり余ってしまうこともあります。

すべての容量が繰り越されますので、無駄なく使えるという点で便利です。

一方のnuroモバイルは1GB刻みでプランが作られています。

定常的にデータ容量の余りが生じるなら、利用状況に合ったプランに変更することで無駄をより少なくできます。

どちらもデータ容量を追加チャージできる

月間基本プランで申し込んだデータ容量を、月内に使い切ってしまった場合、自動的に低速通信になってしまいます。

通信スピードはかなり遅く、文字のみのメッセージやサイトであれば何とか見られるという程度です。

そのため、ある程度月末まで日数が残っているのであれば、データ容量を追加チャージしたくなります。

どちらの会社も追加チャージに対応していて、1GB単位で購入することができます。

会社の専用アプリやマイページから簡単に手続きして追加チャージできますので、気軽に容量を持てるというのがメリットです。

このサービスについては両社に違いはありません。

データ容量の前借ができるかどうか

月のデータ容量を使い切ってしまった場合、通常は追加チャージをするものです。

しかし、追加チャージは割高になる傾向があり、しないで済めばそれに越したことはありません。

スポンサーリンク

そこで、nuroモバイルでは、データ容量の前借りというサービスを行っています。

当月のデータ容量を使い切ってしまった場合、翌月の分のデータ容量から差し引いて消費していくというシステムです。

これだと追加チャージをすることにならないので、追加料金がかかりません。

もちろん、翌月のデータ容量は少なくなってしまいます。

次の月に節約するなどして、上手にやりくりすることが求められますが、コストをかけないという意味では使い勝手の良いサービスと言えます。

このデータ前借のサービスを行っている格安スマホ会社は珍しいので、nuroモバイルを選ぶ理由の一つとなりえます。

契約条件の違い

それぞれのスマホ会社で、契約条件が異なります。

特に最低利用期間、いわゆる1年縛りや2年縛りといったものについては、各社で対応に違いがあります。

気軽に契約ができるかどうかの差につながりますので、事前にしっかりと確認しておくことが大事です。

最低利用期間の設定があると、解約した時に違約金が発生することもありますので、大事なポイントとなります。

データ通信専用プランには最低利用期間が設定されていない

LINEモバイルでもnuroモバイルでも、データ通信専用のプランであれば最低利用期間は設定されていません。

そのため、契約してすぐに解約してしまっても、違約金は発生しません。

気軽に契約できますので、まずは申し込んでみてサービス内容を試してみるといった使い方もできます。

さらに、他の会社でより安いプランが出てきたら、すぐにそちらに乗り換えるということも可能です。

音声通話付きのプランでは最低利用期間が設定されていることも

音声通話付きのプランでは、nuroモバイルで最低利用期間が設定されています。

13か月の期間があり、この期間内に解約すると違約金が発生します。

違約金は利用した月数によって異なり、13か月から利用した月数を差し引き、それに1,000]をかけた金額となります。

6か月の利用がある場合は、7,700円(税込)ということになります。

一方でLINEモバイルの場合、以前は最低利用期間の設定と違約金がありましたが、現在新規でベーシックプランに加入するのであれば最低利用期間はありません。

したがって違約金も発生しないことになります。

ただし、解除に当たっては一律1,100円(税込)の手数料が発生しますので注意が必要です。

1年以上使う気であれば違いはない

このように、nuroモバイルには13か月の最低利用期間が設定されていて、LINEモバイルにはないという差があります。

しかし、nuroモバイルの違約金システムは利用期間が長くなるほど安くなりますし、LINEモバイルは一律1,100円(税込)かかることになります。

そのため、1年以上使う気でいるのであれば、どちらにも差はありません。

違約金がないと気軽に乗り換えができますが、契約して1,2か月で解約するということはあまりありませんので、大きな問題とはならないでしょう。

スポンサーリンク

購入できるスマホ端末の違い

スマホ会社の乗り換えと同時に端末を買い替えたいというケースでは、スマホ会社で購入できると助かります。

格安スマホ会社の場合は、一般的なショップで売っている価格より安く販売されているからです。

それぞれの会社で販売されているスマホ端末のラインナップが異なりますので、自分好みの機種を選ぶ際に違いが出てきます。

販売されている端末の種類というのも会社選びの一つの基準となりますので、事前に確認しておきましょう。

LINEモバイルではiPhoneの販売もある

LINEモバイルは全体的にバリエーションが豊かで、スマホタイプや価格の面でも選択肢が多いという特徴があります。

特にiPhoneを販売しているのは大きなメリットとなります。

若者世代はiPhoneへの支持率が高いので、機種変更をしやすくなります。

ただし、iPhoneの最新機種は販売しておらず、いわゆる型落ちモデルのみとなります。

その分、安く端末を手に入れられますので、お得な乗り換えと機種変更ができます。

nuroモバイルではandroid端末のみ

nuroモバイルでは常時10種類程度の端末を販売しています。

しかし、iPhoneの取り扱いはなく、android端末のみとなります。

ASUSや日本ブランドのものが多く、スペックが高い機種を手に入れられるというメリットがあります。

同時に、1万円台のコスパの良い端末も取り扱っていますので、安く機種変更を済ませたいという人にもぴったりです。

LINEモバイルと比べるとiPhoneがないというデメリットはありますが、android端末であれば大きな違いはなく、選びやすいラインナップです。

それぞれの会社の強み

今まで見てきたように、それぞれの会社でサービスや内容や契約条件などに違いがあります。

どちらの会社も売りとしているポイントがありますので、そこに注目することで、より会社選びがしやすくなります。

LINEモバイルはLINEとSNS利用に強い

LINEモバイルの大きな売りは、やはりLINEアプリとSNSの利用です。

標準的にLINEアプリは使い放題となります。

しかも、LINEのID検索ができるというのも大きなメリットです。

他の格安スマホ会社では、本人認証ができないという理由でID検索はできません。

そこはLINEが運営しているスマホ会社ですので、LINEの機能は余すことなく使えるのが強みです。

また、データフリーオプションがあるため、SNSをよく利用する人はお得な料金で使えます。

基本プランを下げることができますので、毎月の負担を軽くできるのがうれしいところです。

LINEモバイルはクレジットカードなしで契約できる

格安スマホ会社のほとんどは、支払い手段としてクレジットカードのみを受け付けています。

しかし、LINEモバイルはクレジットカードの他に、LINE Payカードでの支払いができます。

銀行口座からの自動チャージを設定することで、実質的に口座振替支払いができることになります。

クレジットカードを事情によって持てないという人でも契約ができるのは、大きなメリットとなります。

カスタマーサポートがしっかりしているLINEモバイル

LINEモバイルでは、いろいろな手段でカスタマーサポートをしています。

電話での相談はもちろんのこと、チャットやメールでも受け付けています。

ほぼ待ち時間なしで相談できますので、スマホやシステム上の問題があった時も、すぐに解決できるので安心です。

また、「いつでもヘルプ」というシステムを持っていて、すぐにコミュニケーションを取れる体制を取っており、顧客への対応に力を入れている姿勢を見ることができます。

基本料金が安くコストを下げられるnuroモバイル

nuroモバイルの強みは、やはり基本料金が安いということです。

全体的にどのデータ容量でも安い料金設定となっていますので、家計の節約につながります。

電話かけ放題のオプションがありますので、通話をよくする人にも向いています。

これは10分以内の通話であれば何回かけても無料というものですので、使い勝手がいいオプションです。

また、低速通信モードの際に起動するバースト通信機能も便利です。

データ容量の消費を抑えられる上に、快適にネットを使える方法となります。

他の関連サービスを使って割引を受けられる

nuroモバイルはSONYが運営元ですので、関連サービスが多いです。

自宅に光回線を敷いて使うことで、割引が適用されるというサービスもあります。

こうした関連サービスを上手に組み合わせることで、トータルでの支払いをさらに下げられますので、家計の節約を助けます。

プレミアム帯域サービスがある

nuroモバイルでは、Xperia XZ Premiumのユーザー向けに、プレミアム帯域をオプションで付与することができます。

これは専用帯域を割り当てるということで、通常回線よりもはるかに安定して速いデータ通信ができるというメリットを生みます。

月額2,200円(税込)のオプション料金がかかりますが、ヘビーユーザーにはとてもうれしいサービスとなります。

料金の安さかSNSの利用が多いかで比較して決めるのがベスト

LINEMO

LINEモバイルもnuroモバイルも、企業としての安心感が強くサービスの質も高いという特徴を持っています。

また、賢く基本プランを選びオプションを使うことで、お得に便利なサービスを利用できます。

しかし、LINEアプリやSNSの利用がメインというスマホユーザーであれば、LINEモバイルの方が有利でしょう。

データフリーとなりますので、料金を下げることができてずっとお得にできるからです。

一方でnuroモバイルは、一般的な使い方をする人で、とにかく基本料金を下げたいというケースに向いています。

プラン料金全体が安めに設定されているからです。

また、プランが1GB刻みと細かいので、利用状況にフィットした契約ができるのも大きいです。

こうした違いを比較して、自分の使い方に合った会社を選ぶようにしましょう。

【公式】LINEモバイル【公式】nuroモバイル

関連記事