LINEモバイル

LINEモバイルの申し込みのタイミングは?方法や手続きの流れについても解説

LINEモバイルはコマーシャルでもしばしば宣伝しているので、興味を持っている方も多いでしょう。

LINEモバイルに申し込む際、どのような手順を踏めばいいのか気になりませんか?

ここではLINEモバイルの申し込み方法と加入するベストタイミングについてまとめました。

LINEモバイルに申し込む前の基本事項

LINEMO

実際に手続きを進める前に確認すべきことについてまとめました。

手続きをするのはどこか、どんな必要なものがあるかについてまずは理解しましょう。

申込場所について

LINEモバイルの公式ページにアクセスすると、「申し込む」というメニューがあります。

こちらをクリックすると手続きがスタートします。

またLINEモバイルを取り扱っている店舗がいくつかあります。

こちらでも申し込み手続きは可能です。

スタッフにわからないことを直接相談しながら進めていきたいと思っているなら、こちらを利用するのもおすすめです。

LINEモバイルの申し込みに必要なもの

LINEモバイルに申し込む際にはいくつか必要なものがありますので、準備しておきましょう。

まずは本人確認書類です。

運転免許証やマイナンバーカードなどです。

次にクレジットカードが必要なので準備しましょう。

支払いの際に必要だからです。

クレジットカードを持っていない場合、LINE Payカードで代用できます。

申し込み手続きでメールによるやり取りが必須になります。

メールアドレスも用意しておきましょう。

GmailやYahoo!メールなどのフリーメールに登録するのがおすすめです。

もしほかのキャリアからLINEモバイルに乗り換える、今の電話番号を引き続き使用したければ、MNP予約番号も必要です。

現在契約しているキャリアで発行してもらえます。

【全手順】申し込み手続きの流れについてステップごとに紹介

LINEMO

必要なものを準備できたところで、具体的な手続きに進みましょう。

ここでは段階を踏んで何をすべきかについて、詳しくまとめました。

以下で紹介する手順を追って作業を進めれば、自分でも契約までできるはずです。

Step1.エントリーコードを入力する

先ほど紹介した公式サイトの「申し込む」をクリックすると「データフリーについての注意点」というページに移行します。

スポンサーリンク

その内容を確認して問題なければ、下部の「上記事項に同意の上、申し込む」をクリックします。

もしエントリーコードやキャンペーンコードを持っていれば、この段階で入力します。

コードの入力を忘れてもそのまま手続きは進められます。

しかしキャンペーンの恩恵が受けられなくなります。

コードをここで入力しないと後で追加はできないので、忘れずに入力しましょう。

Step2.回線の種類の選択

LINEモバイルでは自分で回線を選べます。

NTTドコモとau、ソフトバンクのいずれも回線も利用できます。

音声通話も利用する場合、キャリアによってオプションの選択肢が異なります。

自分に合ったプランはどれか考えておきましょう。

ただしどの回線を選択しても、基本料金は一緒です。

Step3.プランの選択

LINEモバイルでは3種類のプランをラインナップしています。

この中からどれにするか決めましょう。

3種類のプランとはLINEフリープランとコミュニケーションフリープラン、MUSIC+プランです。

LINEフリーはLINEのデータフリーです。

ライトユーザー向けのプランです。

MUSIC+プランはLINE MUSICの音楽を再生するときにデータフリーになるのが特徴です。

そのほかにもTwitterやFacebook、Instagramもデータフリーです。

もしどれにすればいいか困った場合には、コミュニケーションフリープランがおすすめです。

LINEモバイルの中でも一番人気で、扱いやすいプランだからです。

Step4.データ通信量の選択

続いてデータ通信量を決めます。

基本データ量は3GBと5GB、7GB、10GBの4つです。

普段あまりデータ通信しなければ少なめのものでいいです。

しかし音楽や動画などデータ容量の大きなものをよく視聴するのなら、大きめのデータ容量を選択した方がいいでしょう。

ちなみにデータを使い切ってしまった場合、後日追加購入が可能です。

Step5.申し込み区分の選択

次に申し込み区分のページに移行します。

スポンサーリンク

こちらでは新規か乗り換えかを選択します。

もし別のキャリアで契約していて、MNP予約番号を発行してもらっているなら乗り換えを選択します。

今回初めてスマホを持つ、前の電話番号を引き継がなくても良ければ新規契約を選択しましょう。

乗り換えを選択した場合、ここでMNP予約番号を入力しますので準備しましょう。

Step6.申し込み内容の選択

次は申し込み内容の選択です。

SIMカードのみとスマホ本体+SIMカードの2つの選択肢があります。

スマホ端末もセットで購入したければ、スマホ本体+SIMカードを選択しましょう。

もし端末は自分で用意している場合にはSIMカードのみになります。

スマホ本体+SIMカードの場合、端末の購入方法も選べます。

一括もしくは24回の分割払いのいずれかです。

分割購入の場合、LINE Payカードには対応していないので注意しましょう。

Step7.SIMカード選択

次はSIMカード選択です。

別に難しい話ではないです。

端末がiPhoneかAndroidを選択するだけです。

もしAndroidにSIMカードを入れる場合、SIMカードの選択肢がいくつかあります。

もしカードの種類がわかない場合、動作確認端末一覧を公式サイトで表示しています。

こちらでカードの種類がわかりますのでチェックしておきましょう。

ちなみにiPhoneの場合、nanoSIMを選択すれば問題ありません。

Step8.オプションの選択

LINEモバイルではいくつかオプションを用意しています。

こちらは任意なので、自分が加入したいオプションがあれば選択します。

基本オプションは契約後に追加可能です。

ただし端末保証と持ち込み端末保証については後日追加できないので注意しましょう。

ちなみにオプションを追加した場合の月額が表示されます。

こちらを確認しながら、オプションをどうするか微調整するといいです。

Step9.お客様情報入力

今度は皆さんの情報について入力していきます。

スポンサーリンク

名前と性別、生年月日、住所などです。

もし本人確認書類と異なる情報があると、審査に落ちてしまいます。

入力や変換ミスがないか、一回見直したほうがいいです。

Step10.利用者の設定と契約内容の確認方法について

利用者の設定とは、利用者と契約者が一緒かどうかを選択します。

もし契約者以外の人がスマホを使用する場合には、「利用者と契約者が違います」という部分をチェックします。

契約内容の確認方法は、Webと郵送のうちいずれかから選択します。

もし紙の書類が必要というのであれば、郵送を選択します。

一方別に紙は必要ない、パソコンやスマホで確認できると思っているならWebを選びましょう。

Step11.利用規約の確認

利用規約の画面になりますので、内容を確認しましょう。

そして問題なければ

  • 利用規約に同意する
  • プライバシーポリシーに同意する
  • 重要事項説明に同意する
  • データフリー説明に同意する

上記すべての項目にチェックを入れます。

そして「次へ進む(メール送信)」というところをクリックします。

これで仮申し込みが完了します。

Step12.メール受信

登録したみなさんのメールアドレスに、LINEモバイルからメールが到着します。

これは本人確認のために送信されます。

メールを開くと、メッセージの中にURLが記載されています。

こちらをクリックすると手続きを進められます。

このURLは有効期限が設けられています。

有効期限は24時間で、期間を過ぎるとまた最初から申し込み手続きをやり直さなくてはなりません。

ですからメールを受信したら、速やかに次のステップに進みましょう。

Step13.本人確認のアップロード

URLをクリックすると、本人確認のアップロードページにジャンプします。

まずはどの書類を利用するのか、選択します。

その上で指定した本人確認書類をアップロードしましょう。

書類の画像撮影ですがスマホで写真を撮って画像データをアップロードしましょう。

もしスキャナーを持っていれば、こちらでアップロードも可能です。

スポンサーリンク

パソコンで申し込んでいる場合、スマホでいったん写真撮影して、自分のメールアドレスに添付メールを送信します。

そしてその画像を取り込んでアップロードするのがおすすめです。

写真撮影する場合には、光の反射に注意です。

反射で文字の確認ができないと、最悪審査落ちになってしまう恐れがあるからです。

Step14.支払方法の選択

本人確認書類を送信できれば、支払方法を選択します。

LINEモバイルではクレジットカードとLINE Payカード、LINE Payのいずれかから選択できます。

クレジットカードはMasterCardとVISA、JCB、アメリカンエキスプレス、ダイナースクラブが利用可能です。

クレジットカードを選択する場合、契約者とカードの名義が一緒でないと受け付けてもらえないので注意しましょう。

Step15.ログインIDとパスワードの設定

LINEモバイルではマイページが用意されていて、こちらでいろいろな情報を集められます。

マイページにアクセスするためには、ログインIDとパスワードが必要です。

両方の設定をこちらで行います。

いずれも自由に設定できますが、忘れるとログインができません。

忘れないようにメモを取るなど、対策を講じましょう。

Step16.最終確認

最終確認のページでは、選択したプランや契約者情報などが出てきます。

ここで間違えているものがないか確認しましょう。

もし情報に誤りのないことを確認できれば、下部にある「申し込む」をクリックします。

すると「【LINEモバイル】お申込み受付完了のご連絡」というメールが届きます。

あとは審査の結果を待ち、通過できればすべての手続きが完了します。

LINEモバイルの利用開始日

LINEMO

LINEモバイルを利用するにあたって、どのタイミングで手続きをするかが一つポイントになります。

ベストタイミングを知るにあたってキーワードになるのが、利用開始日です。

そこでここではLINEモバイルの利用開始日について詳しく見ていきます。

課金開始日のこと

利用開始日というと、LINEモバイルを使い始めた日と思いがちです。

しかし実際には違っていて、LINEモバイルの課金が開始された日のことをさします。

これはどの回線で契約したかによって変わってきます。

それぞれ乗り換えの場合、NTTドコモは利用開始手続きが完了した翌日と商品が到着した3日後のうちの早い方です。

スポンサーリンク

auとソフトバンクの場合、利用開始手続きが完了した翌日とMNP予約番号有効期限の最終日から翌日のうちの早い方が利用開始日になります。

また回線関係なく店舗で契約した際には、その翌日です。

LINEモバイルに申し込むタイミングはいつがベスト?

LINEMO

利用開始日の定義について理解できたところで、どのタイミングでLINEモバイルに申し込むのがおすすめでしょうか?

新規申し込みか乗り換えかによってタイミングが変わってきます。

それぞれのおすすめの申し込み時期についてまとめました。

新規申し込みの場合

LINEモバイルではかつて初月利用料が無料というキャンペーンを実施していました。

このため、新規申し込みの場合月の初めに手続きをすると1か月丸々無料になるというメリットがありました。

しかしこのキャンペーンは終了しました。

このため、新規申し込みの場合基本どのタイミングで申し込んでも別に損得に大きな違いはないです。

ただし今後初月無料キャンペーンが復活する可能性があります。

理想は1日に手続き完了することでしょう。

しかしSIMカードの発送タイミングを間違えると月末になってしまって、ほぼ初月無料の旨味を味わえない事態も想定できます。

発想の逆算をするよりか月が変わってできるだけ早く申し込む方が安心です。

MNP乗り換えの場合

MNPで乗り換える場合には、月の中旬がおすすめです。

特に大手キャリアの場合、LINEモバイルよりも月額料金がかなり高いです。

そこで大手キャリアのサービスをできるだけ使い切ってしまったほうが損の程度も最低限に抑制できます。

理想は月末に開通手続きをすれば、極限まで使いまくれます。

しかしこれも手続きミスなどによって翌月に持ち込まれると、ほとんど利用していないのに1か月丸々料金を負担しなければなりません。

このようなリスクを排除したければ、月の半ばあたりで手続きを進めると、どんなに手こずっても月をまたぐような心配もありません。

また大手キャリアの場合、いわゆる2年縛りがあります。

中途解約すると莫大な解約手数料が発生しかねません。

その部分も留意して、どのタイミングで契約するのがお得か考えましょう。

店舗契約の場合

店舗契約をする場合、MNPの場合月末に行うのがおすすめです。

店舗で契約した場合、翌日が確実に利用開始日になります。

MNP乗り換えの場合、月末に契約すればその日がキャリアの解約日になります。

スポンサーリンク

つまりギリギリまで前のキャリアのサービスを利用できる、支払損を無くせるわけです。

ただし一部店舗では即日受渡カウンターの受付時間の異なるところもあります。

その場合、夕方以降に契約すると翌日以降になってしまう恐れもあります。

自分が契約しようと思っている店舗がどうなっているか、Webサイトで確認しておいた方がいいでしょう。

LINEモバイルの申し込みにかかる費用

LINEMO

LINEモバイルに乗り換える場合、手数料などが発生します。

具体的にどのようなコストが発生するのか、以下にまとめました。

どのような場合でも多少の費用を負担しなければならないので、その部分は留意しておきましょう。

事務手数料

LINEモバイルと契約する際に、事務手数料が発生します。

具体的には登録事務手数料とSIMカード発行手数料です。

登録事務手数料は3,300円(税込)でSIMカード発行手数料は440円(税込)です。

新規登録の場合でも3,740円(税込)は必要です。

ただしLINEモバイルの中でもエントリーパッケージを利用すると、事務手数料は無料になります。

利用できるのなら活用して、お得に申し込みましょう。

MNP転出手数料

MNPを使って乗り換える場合、転出手数料が発生します。

これはMNP予約番号を発行してもらう際に、今まで契約していたキャリアに支払います。

大手キャリアを見てみるとNTTドコモとauは2,200円(税込)です。

ソフトバンクの場合、3,300円(税込)かかります。

契約解除料

スマホの契約は一定期間が設定されます。

大手キャリアの場合2年間の契約がほとんどです。

2年経過すると更新期間になり、このタイミングで乗り換えれば問題ないです。

ただし更新期間以外でLINEモバイルに乗り換えた場合、契約解除料を支払わないといけません。

もし中途解約する場合、契約解除料が必要です。

大手キャリアの場合、10,450円(税込)というのが一般的です。

ただし新しく契約をした場合、もっと契約解除料が安くなるケースも見られます。

更新期間と契約解除料については、いま加入している携帯キャリアのホームページなどで確認しておくといいです。

もう少しで更新期間に突入するのなら、もう少し待ったほうが少ないコストで乗り換えできます。

LINEモバイルのお得なキャンペーンを活用しよう

LINEMO

LINEモバイルでは新規顧客獲得のために、いろいろなキャンペーンを実施しています。

ここではこれまでに実施されてきたキャンペーンの一例についてみていきます。

ただし最新情報については、LINEモバイルの公式サイトで確認してください。

基本利用料半額キャンペーン

2019年8月から行われたキャンペーンが、基本利用料半額というものです。

契約してから5ヶ月間にわたって半額になるキャンペーンです。

普段のコストの半分になるのでかなり負担が軽減されます。

ただし今回のキャンペーンの対象は音声通話SIMのコミュニケーションフリーもしくはMUSIC+プランの新規契約です。

データSIMやLINEフリープランは対象外となりますので注意しましょう。

LINEポイントプレゼントキャンペーン

Webサイトからキャンペーンコードを取得して、これを入力し契約すると5,000LINEポイントプレゼントされるキャンペーンも実施しています。

ちなみにLINEポイントはLINEモバイルの支払いやギフト券との交換などに活用できます。

LINEモバイルの支払いにあてれば、実質5,000円分無料で利用できる計算です。

このようなポイントキャンペーンを実施しているなら、そのタイミングで契約手順を進めたほうがいいです。

招待キャンペーン

LINEモバイルで頻繁に実施しているのが招待キャンペーンです。

2019年10月から開始されたキャンペーンは12弾で、今後もマメに実施される可能性は高いです。

契約者から招待URLを受け取ります。

そしてそのURLから契約を行った場合、新規契約者1人当たり最大3,000LINEポイントがもらえます。

家族や知人など知り合いをLINEモバイルに招待すればするほど、より多くのLINEポイントをゲットできるわけです。

ちなみに実際に契約しなくても招待用URLを送るだけで1ポイント発生します。

さらにTwitterでシェアすれば、最大1,000ポイント獲得できます。

また招待を受けた人もこのキャンペーンで契約すると登録事務手数料の3,300円(税込)が無料になります。

LINEモバイルに乗り換えるメリット

LINEMO

実際にLINEモバイルに乗り換えるとどのようなメリットがあるか気になるでしょう。

ここでは主にどのような特色があるかについて、まとめました。

LINEモバイルに乗り換えるのが自分にとってお得かどうか、検討する際の材料にしてみてください。

日本全国で利用可能

格安SIMで不安に感じるのが、その通信品質です。

LINEモバイルの場合、品質については大手キャリアと比較しても決してそん色はないです。

しかもNTTドコモとau、ソフトバンクのいずれの回線にも対応しています。

ですからほぼ日本全域をカバーできていると考えていいです。

どの地方に住んでいる方でも、電波が届きにくくてストレスを感じるようなことはないです。

一部アプリがデータフリーで利用可能

よくスマホを利用する人は、月末速度制限がかかり使い物にならなくなった経験がありませんか?

LINEモバイルではLINEのほかにもTwitterやFacebook、Instagramなど人気のアプリがデータフリーになります。

特にTwitterやInstagramはこまめにチェックしていると、けっこうなデータを消費しがちです。

これらがデータフリーになれば、速度制限の心配なく使用できるでしょう。

一部アプリが速度制限の対象外

LINEやTwitter、Facebook、Instagramについてはデータ容量を使い切って速度制限がかかってもその対象外になるのも、LINEモバイルのおすすめポイントの一つです。

LINEやTwitter、Facebook、Instagramが速度制限の対象になると、かなり使いにくくなります。

速度制限がかかってもSNSは今まで通り問題なく使用できるのは、かなり有効といえます。

LINEモバイルの乗り換え手順は難しくない

LINEMO

LINEモバイルへの乗り換えの手続きは面倒ではないか、難しいのではないかと思って契約を躊躇しているならその心配はないです。

自分で契約する場合でもていねいに画面で案内してくれるので、立ち往生する心配はまずないです。

もしそれでも心配なら、店舗で手続きをすれば店員がサポートしてくれるので問題ありません。

またLINEモバイルではこまめにキャンペーンも実施しています。

キャンペーンをうまく活用すればお得に契約できるので、公式ホームページで最新情報をチェックしてみるといいでしょう。

【公式】LINEモバイル

iPhone 13を買うなら「楽天モバイル」がおすすめ



楽天モバイルなら、iPhone 13を安くお得に購入できます。

「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」で購入すると、月々たったの2,058円。
最新のiPhoneが約半額で買えちゃいます!
さらに初めてのプラン申し込み&他社から乗り換え(MNP)なら最大30,000ポイント還元されます。

iPhone 13を安く買うなら今がチャンスです!

関連記事