LINEモバイル

LINEモバイルがなんとなく遅い!回線の通信速度はどうなってるの?

LINEモバイルが、以前と比べてなんとなく遅いと感じるユーザーが増えています。

実際にLINEモバイルを使ってみると、環境や時間帯、使う場所などによって回線速度はどのように影響を受けるのでしょうか?

これからLINEモバイルを使ってみようかなと検討しているユーザーにとって、通信速度はぜひ知っておきたいポイントです。

目次

そもそもスマホの通信速度はどのぐらい?

スマホの通信速度は、キャリアによって異なります。

ドコモやソフトバンク、Auなどの大手キャリアでは独自の回線を確保していて、通信速度は20Mbp程度が平均と言われています。

格安SIMの速度は遅め

LINEモバイルのような格安SIMでは、資金力が不足しているために独自の回線を整備することが難しいものです。

そのため、それぞれのサービスごとに、大手キャリアの回線の一部を利用させてもらう、というスタンスをとっています。

例えばLINEモバイルでは、ドコモ回線とソフトバンク回線、そしてAu回線と大手キャリア全ての回線を利用していますが、大手キャリア回線の一部のみを利用するため、そこに大勢のユーザーが殺到すると、どうしても速度は遅くなってしまいやすいのです。

快適だと感じる速度はどのぐらい?

回線の通信速度が速くなればなるほど、どのような操作をしてもスマホはサクサクと処理することができるので、ユーザーは使っていて快適だと感じるものです。

しかし、通信速度は無限に早くなるというわけではありません。

そのため、一定の速度以上なら、私達ユーザーにとっては快適さは大きく変わりません。

スマホを使っていて快適だと感じる通信速度の目安としては、2Mbp〜3Mbp程度と言われています。

つまり、格安SIMのLINEモバイルでも、このぐらいの速度があれば、使っていて快適なのです。

通信速度別のユーザーの感じ方

スマホの回線は、場所や環境、どのぐらいのユーザーが同じ回線を利用しているのかという状況によって、速度は変わります。

混雑しやすい時間帯とそうでない時間帯とでは、同じ場所で同じスマホを使っても、実感できる通信速度は変わるのです。

なんでもできる万能速度は5Mbps以上

大手キャリアでは、時間帯や場所によって5Mbps以下になることはあるものの、使用環境を選べば5Mbps以上の速度で使用可能です。

このスピードがあれば、高画質の動画でもサクサク楽しめます。

LINEモバイルのような格安SIMでも5Mbps以上を楽しめるチャンスはありますが、多くのユーザーが殺到して回線が混雑する状況においては、あまり現実的ではない速度かもしれません。

快適で不便を感じないのは2Mbps〜3Mbps

このぐらいの通信速度があると、画像が多めのWebサイトを閲覧したり、動画を視聴していても、快適です。

動画の動きがぎこちなかったり、画像を表示するのに時間がかかってしまうトラブルも起こりにくいでしょう。

1Mbp以下だとイライラする

通信速度が1Mbp以下になると、画像が多めのWebサイトを閲覧する際には、画像表示に時間がかかってイライラするかもしれません。

また、動画の視聴もイライラする可能性は高くなります。

この速度でも比較的不便を感じることなく使えるのは、LINE電話やSkypeなどアプリについている電話機能や、FacebookやTwitterなどのSNSアプリです。

画像があると命取りの100Kbps以下

100Kbps以下の通信速度では、もはや画像を表示することは難しくなります。

格安SIMのLINEモバイルでも、ここまで速度が遅くなることはほぼありません。

スポンサーリンク

この速度でできる事といえば、画像などが一切ないメールのやりとり、電話の通話ぐらいではないでしょうか。

LINEモバイルが遅くなるのはどんな時間帯?

LINEMO

LINEモバイルは、時間帯によって遅くなりやすい時と、そうでない時があります。

最も遅いのはランチタイム

働いている人がランチタイムの休憩時間に入るお昼の時間帯は、LINEモバイル回線を多くのユーザーが使うため、通信速度は遅くなりやすいです。

ただし、ランチタイムに遅くなるのはLINEモバイルに限ったことではなく、格安SIMに共通する速度問題と言えます。

ちなみに、LINEモバイルでは、ランチタイムの通信速度は1Mbps程度になってしまうこともあります。

通勤時間も遅くなる

社会人が通勤する時間帯、朝7時から9時ごろ、また夕方の17時から19時ぐらいもまた、LINEモバイルは混雑するので速度が遅くなりやすいでしょう。

サラリーマンがまだ仕事中の16時ぐらいでは、LINEモバイルの平均的な速度は10Mbps以上なのに対し、19時では1.5Mbps程度まで遅くなり、時間帯によって大きな差があるのです。

遅い時間帯にLINEモバイルを使うコツとは?

LINEMO

通信速度が遅くなる時間帯は、多くのLINEモバイルユーザーが回線を使うことが原因で起こります。

そのため、自分の回線だけを速くすることはできません。

軽めのアプリは影響なし

FacebookやTwitter、インスタグラムなどのSNSアプリは、動作環境が軽いため、比較的通信速度に関係なくスムーズに使うことができます。

LINEモバイルの速度が遅い時間帯でも、こうしたSNS系アプリのみを使うなら、それほど不便さを感じることなく使えるでしょう。

Wi-Fiに接続しよう

もしも回線が混雑する時間帯にスマホを使うなら、LINEモバイル回線に期待せずに自宅や職場のWi-Fiに接続するという方法がおすすめです。

Wi-FiはLINEモバイル回線とは関係なく、より安定したスピードと通信データ量が期待できるので、動画を視聴したり画像が多めのWebを閲覧しても快適ですし、ゲームや動画、アプリのダウンロードなどもサクサクできます。

LINEモバイルは場所によっても遅くなることがある?

LINEMO

LINEモバイルは、場所によってもスムーズに接続できる場所もあれば、なんとなく遅いと感じる場所もあります。

公共のWi-Fiに接続しているかも

LINEモバイルに限らず、スマホはキャリアの回線に接続する以外に、公共の場所で提供されている無料のWi-Fiに接続することもできます。

公共のWi-Fiは全般的に速度は遅いことが多いため、LINEモバイルに接続していると思っていても実際には公共のWi-Fiに接続していたために遅いということが起こります。

Wi-Fiはメリットとデメリットがある

速度が速いWi-Fiに接続すれば、スマホのデータ通信量を使うことなく高速でスマホを楽しめるというメリットが期待できます。

しかし一方で、無料で遅いWi-Fiに接続してしまうと、LINEモバイルに繋ぐよりも遅くてWebページすら閲覧できないという状況になりかねません。

もしも無料Wi-Fiへの接続をしたくない時には、設定アプリから自動接続しない設定にしておけばOKです。

電波環境によっても遅くなる

LINEモバイルは、NTTドコモとソフトバンク、そしてAuの回線を利用しています。

そのため、全国どこでも比較的繋がりやすい環境が多いのですが、場所によっては大手キャリアの回線といえども接続しにくい場所があります。

そうした環境では、LINEモバイルも必然的に遅くなってしまいます。

この場合には、場所を変えて電波が届きやすいところまで移動すれば、問題を解決できます。

他にもLINEモバイルを遅くする理由がある

LINEMO

LINEモバイルを使う時間帯や場所によって、速い時もあれば遅い時もあるというなら、それは使用環境を調整することによって対応ができます。

しかし、いつも遅い、どこで使っても遅いなら、もしかしたらそれは、スマホに遅くなる原因があるのかもしれません。

スポンサーリンク

アプリを立ち上げすぎ

スマホは限られた情報処理能力しか持っていないため、どんなにハイスペックな端末でも、たくさんのアプリを同時に使っていたのでは、どうしてもかかる負荷が大きくなり、速度が遅くなってしまいます。

アプリは、使っていない時には終了し、必要な時にだけ立ち上げる習慣を付けましょう。

こうすることで、不要な通信速度低下を予防できます。

キャッシュを削除しよう

スマホには、よく利用するデータがメモリーに一時保存されています。

これをキャッシュと呼びますが、Webブラウザやメールアプリなどはこのキャッシュをたくさん溜めやすく、場合によってはメモリーに負担をかけて通信速度の低下を引き起こします。

キャッシュは、定期的に削除してあげましょう。

アプリの管理画面からキャッシュを消去することで、通信速度をスピードアップできるかもしれません。

スマホを再起動してみる

スマホをずっとONにしたまま使い続けていると、内部でデータ処理が混雑したり詰まったりして、通信速度が遅くなってしまうことがあります。

そんな時には、スマホを再起動してあげれば、スッキリと問題を解決できます。

端末がそろそろ寿命

どんなにハイスペックな端末を使っていても、寿命が近づくとどうしても通信速度は遅くなります。

そのため、最近どこで使っても、いつ使ってもいつも遅いと感じている人は、端末の不具合や寿命も視野に入れて対策を講じることをおすすめします。

アプリが原因で遅いこともある

アプリの中には、通信速度が良くない環境でもサクサクと処理出来る優秀なものもあれば、アプリの動作そのものが遅いというものもあります。

もしもアプリ側に原因がある場合、どのような通信速度で使っても処理に時間がかかるために、ユーザーは遅いなと感じますし、通信速度がイマイチな状況でアプリを使おうとすると、起動すらできないという事態にもなりかねません。

LINEモバイルと端末との相性

LINEMO

LINEモバイルに限らず、どんな格安SIMでも、相性が良い端末もあれば、良くない端末もあります。

相性が良い端末なら、LINEモバイルが使っているドコモ回線やソフトバンク回線に乗りやすく、通信速度に関しても不満を感じることが少ないものです。

しかし相性がイマイチな端末だと、つながりにくいとか通信速度が遅いといったトラブルが起こりやすくなります。

LINEモバイルと相性が良い端末

LINEモバイルと相性が良い端末を知るためには、LINEモバイルで販売されている端末を目安にするのがおすすめです。

具体的な端末で言えば、Huawei P30 Liteは相性がバツグンだとユーザーから好評ですし、AQUOS Sense3やOPPO Reno Aなども人気が高い端末です。

スマホの中で人気のiPhoneも、SIMロック解除をすればLINEモバイル経持ち込むことは可能ですが、相性という点ではあまり高評価というわけではないようです。

iPhoneの中でもLINEモバイルと相性が良い機種をしいてあげるなら、iPhone 6sがおすすめです。

できるだけ高速通信でLINEモバイルを使いたい時のコツ

LINEMO

出来るだけ高速でLINEモバイルを使いたいという人は、どんな点に気を付けたら良いのでしょうか?

接続環境を厳選

LINEモバイルでも、回線が混雑していない時間帯なら、高速通信が可能です。

しかし、ランチタイムや通勤タイプなどにはどうしても多くのユーザーが回線を使うため、混雑して通信速度は遅くなる傾向にあります。

そうした状況を打破するためには、自宅や職場の安定したWi-Fiを最大限に活用するとともに、LINEモバイルに接続するのが良いのか、それとも別のホットスポットを利用するのが良いのかをケースバイケースで厳選することをおすすめします。

端末の買い替えも検討しよう

LINEモバイルでは、端末の販売も行っています。

スポンサーリンク

もしも他の人がサクサクLINEモバイルを使えているのに自分だけの通信速度が遅い時には、端末が原因かもしれません。

そんな時には、LINEモバイルで端末の購入も検討すると良いでしょう。

LINEモバイルで端末を購入するメリットとは?

LINEMO

LINEモバイルでスマホ端末を購入すると、いくつかのメリットがあります。

分割払いOK

LINEモバイルでは、以前では一括払いのみでしたが、2017年からは分割払いで端末を購入出来ます。

分割払いは24回払いなので、毎月の支払料金をリーズナブルに抑えることが可能です。

保証がついている

LINEモバイルでは、他のキャリアから持ち込んだ端末やほかのショップで購入した端末に対する「持ち込み端末保証」に加えて、LINEモバイルで購入した端末を対象とした「端末保証」があります。

万が一の不具合や故障時に対応してくれる保証は、ユーザーにとっては大きな安心感と言えるでしょう。

発送までが早い

LINEモバイルのWebから端末を購入すると、審査に問題がなければ当日中に端末やSIMカードを発送してもらうことができます。

遅くても注文してから2,3日中には自宅に届くので、素早く機種変更や乗り換えをしたいという人にもおすすめです。

キャンペーンを利用すればさらにお得さアップ

LINEモバイルでは、随時いろいろなキャンペーンを展開しています。

ドコモやソフトバンク、auからの乗り換えの際に利用できるキャンペーンもあるので、新規契約ユーザーはもちろん、乗り換えユーザーにとってもお得なものを見つけられます。

LINEモバイルを利用する際には、ぜひこうしたキャンペーンを最大限に活用して、お得に利用したいものです。

LINEモバイルで端末を購入するデメリット

LINEMO

たくさんのメリットがあるLINEモバイルですが、LINEモバイルで端末を購入することは、どのようなデメリットがあるのでしょうか?

iPhone機種が少ない

LINEモバイルが取り扱っている端末は多種多様な機種がありますが、iPhoneにはそれほど力を入れていないのでしょうか、取扱っているiPhone機種が少ないというデメリットがあります。

48回払いができない

大手キャリアでは、高額端末だと24回払いよりもさらに毎月の負担が少なくなる48回払いも提供しています。

しかしLINEモバイルでは、分割払いにできるのは24回払いのみ、となっているので注意しましょう。

LINEモバイルの通信速度はフレキシブルに対応しよう

LINEMO

LINEモバイルの通信速度は、どうしても大手キャリアと比べると遅くなってしまいます。

これはLINEモバイルに限ったことではなく、格安SIM全体に共通する問題と言えるでしょう。

多くのユーザーが利用する時間帯や、繋がりにくい場所などでは、LINEモバイルの速度が遅くてイライラすることがあるかもしれませんが、そんな時には自宅や職場の安定したWi-Fiを利用するなど、工夫することで乗り越えましょう。

【公式】LINEモバイル

関連記事