UQモバイル

LINEモバイルとUQモバイルを徹底比較!自分におすすめはどっちの格安SIM?

LINEモバイルUQモバイルは、どちらも大手キャリアからの乗り換えユーザーを多く抱える格安SIMです。

どちらも人気が高い格安SIMですが、特徴や強みは異なります。

LINEモバイルかUQモバイルかを選ぶ際には、それぞれの特徴を比較しながら、自分のニーズを満たしてくれるサービスを選ぶのがおすすめです。

目次

LINEモバイルはこんな格安SIM

LINEMO

LINEモバイルには、どのような特徴があるのでしょうか。

ソフトバンクユーザーにとっては乗り換えやすい格安SIM

LINEモバイルは、LINEアプリで知られているLINEが運営している格安SIMです。

LINEはソフトバンク系列のグループ会社なので、ソフトバンクユーザーにとっては乗り換えやすいというメリットが期待できます。

主要SNSのデータ消化がカウントされない

LINEモバイルでは、LINEアプリを始め、Facebookやインスタグラム、Twitterなど主要SNSアプリを利用してもデータ消化がカウントされないという特徴があります。

普段のスマホ利用でSNSアプリの利用が占める割合が大きいというユーザーにとっては、LINEモバイルなら小さなデータ容量契約でもビッグなスマホライフを満喫できます。

マルチキャリア対応だから乗り換えやすい

LINEモバイルは、ソフトバンク回線に加え、ドコモ回線やau回線にも対応しているマルチキャリア対応の格安SIMです。

しかも、どの回線を利用しても毎月の利用料金は変わりません。

格安SIMの中には、利用回線ごとに料金が異なるところが多いのですが、LINEモバイルならどの回線から乗り換えても同一料金で利用できます。

最小500MBから利用できる

LINEモバイルでは、最小プランは500MBからラインナップされています。

スマホはほとんど使わないというユーザーや、スマホ利用はほとんどが自宅や職場のWi-Fi経由だからデータ容量はほとんど必要ないというユーザーにとっては、激安価格で利用できる格安SIMとなっています。

LINE IDの検索ができる

格安SIMの多くは、LINEアプリを使うことはできてもLINE ID検索の機能を使うことはできません。

しかしLINEモバイルでは、LINE ID検索を大手キャリアでLINEアプリを利用する場合と同じ利便性で使えます。

LINEを利用するユーザーにとってはとても便利な機能の一つであるLINE ID機能が使えなくなると困るというユーザーなら、LINEモバイルへの乗り換えが安心です。

データのシェアができる

LINEモバイルでは、家族だけでなく友人ともデータのシェアができます。

LINEモバイルのデータシェアでは、余らせたデータを家族や友人にプレゼントするという形のシェアスタイルとなっているのが特徴ですが、事前にプレゼントしたいデータ容量が分かっている場合には、事前にプレゼント用として振り分けておくことができます。

例えば、3GBを契約しているユーザーが特定の人に毎月1GBをプレゼントしたいという時には、事前に1GBを振り分けたうえで残りの2GBを利用することができます。

UQモバイルはどんな格安SIM?

テレビCMでもおなじみのUQモバイルは、格安SIMの中では知名度がナンバーワンと言っても過言ではないほど人気があります。

具体的にどのような特徴があるのでしょうか。

格安SIMの中では通信速度が最速

UQモバイルは、他の格安SIMと比較すると通信速度が最速という特徴があります。

大手キャリアと比べると、どうしても若干速度は遅くなってしまいますが、他の格安SIMとは比較できないほどの速度で安定した通信ができるので、通信速度で格安SIMを選びたいというユーザーにとっては、UQモバイルを選べば安心です。

端末購入とセットで契約するとお得

UQモバイルは、乗り換えの際に端末を購入してセット契約するのがお得です。

セット契約の場合には、人気機種でも驚くほどのディスカウント価格で購入でき、中には実質的な端末購入料金がわずか110円(税込)という機種もあります。

スポンサーリンク

この金額は他の格安SIM業者と比べても圧倒的な安さなので、格安SIMへの乗り換えと同時に端末の買い替えや購入を検討しているというユーザーなら、ぜひUQモバイルを検討してみることをおすすめします。

通話サービスのオプションが充実

格安SIMの多くは、基本料金の中に通話サービス利用における料金は含まれていません。

そのため、中には基本料金は安いのに通話料金にかかる料金を合わせた月額利用料金が割高になってしまう業者もあります。

UQモバイルでは、通話サービス料金に関して複数のオプションをラインナップしています。

ユーザーはニーズに合わせてピッタリのオプションを選ぶことができるので、無駄のない格安SIM利用が可能です。

圏外表示になりにくい

UQモバイルは、au回線の中でも高速通信が可能で通信エリアが広く圏外表示になりにくい4G/LTEプラチナバンドを利用しているのが特徴です。

他の格安SIMでは圏外表示になってしまうような場所でも、UQモバイルならしっかりつながるので安心です。

データの節約モードがついている

UQモバイルには、節約モードという機能がついています。

これは、音楽アプリやSNSアプリを利用する際に使えるモードで、通信速度が最大300Kbpsと遅くなってしまう代わりに、データの消化がカウントされないというノーカウント機能です。

LINEモバイルにもこの機能はありますが、LINEモバイルの場合には、有料オプションとしてノーカウントのサービスを付けなければいけません。

しかしUQモバイルなら、すべてのユーザーが自由にオンとオフを切り替えられるデータ節約モードによって、SNSデータや音楽アプリのカウントをゼロにできます。

LINEモバイルとUQモバイルの最安プランを比較

格安SIMへの乗り換えを検討しているユーザーの多くは、乗り換えることによって毎月かかる利用料金を少しでも安く抑えたいものです。

LINEモバイルとUQモバイルでは、どのプランが最安なのでしょうか。

LINEモバイルの最安は月額660円(税込)

LINEモバイルでは、通話サービスを利用しないユーザー向けのデータSIMプランなら500MBで毎月660円(税込)プランが最安です。

通話サービスを利用できる音声通話SIMタイプなら、毎月500MB利用できて1,210円(税込)が最安となります。

UQモバイルは最小3GB

UQモバイルでは、LINEモバイルのように毎月500MBのみ利用できるプランはありません。

最小データ容量で3GBとなります。

できるだけ安く抑えたい人にはLINEモバイルがおすすめ

スマホは緊急用や防犯のために持ちたいけれど、ほとんど利用しないというユーザーなら、LINEモバイルが月額料金を安く抑えられるのでおすすめです。

人気が高い毎月3GB利用できる料金プランを比較

大手キャリアでも格安SIMでも、毎月3GB程度利用できるプランは人気があります。

LINEモバイルとUQモバイルとでは、毎月3GBぐらい利用できる料金プランはあるのでしょうか。

LINEモバイルの3GBプランは通話サービス付きで1,628円(税込)

LINEモバイルの3GBタイプには、データSIMタイプと音声通話SIMタイプとがあります。

このうち、音声通話サービスを利用しないユーザーなら、毎月3GBで1,078円(税込)となり、音声通話を利用するユーザーなら月額1,628円(税込)となります。

UQモバイルは毎月2,178円(税込)

UQモバイルにも3GB利用できるプランがあり、こちらは月額利用料金は2,178円(税込)です。

ただし、複数回線を契約すれば、2回線目以降は毎月550円(税込)のディスカウントが適用されて1,628円(税込)となります。

大容量プランを比較

格安SIMの中には、自宅にWi-Fi環境を整備していないからスマホデータはたっぷり欲しいというユーザーや、外出先で利用することが多いのでデータ容量を多く欲しい、また家族でデータシェアするのでたっぷりのデータ契約がしたいというユーザーなど、様々なニーズがあります。

スポンサーリンク

LINEモバイルとUQモバイルとでは、契約可能な最大容量プランはどのぐらいなのでしょうか。

LINEモバイルは最大12GBまで

LINEモバイルでは、契約できる最大データ容量は12GBで、かかる月額料金は3,520円(税込)です。

UQモバイルも最大容量は控えめ

UQモバイルの最大データ容量は毎月14GBで、LINEモバイルと大きな違いはありません。

UQモバイルの14GBを契約すると、毎月4,378円(税込)かかります。

料金面でリーズナブルなのはLINEモバイル

LINEモバイルとUQモバイルとの料金を比較すると、契約する容量に関わらず全般的にLINEモバイルの方がリーズナブルです。

とにかく安く抑えたいというユーザーにとっては、LINEモバイルを選んだほうが満足度は高くなるかもしれません。

通話料金を比較

格安SIMの基本料金には、通話サービスを利用する際にかかる料金は含まれていないことが多いものです。

それぞれ、アプリを使ったりオプションを付けることで通話料金を安く抑えることができますが、LINEモバイルとUQモバイルとでは、どのような通話サービス料金がラインナップされているのでしょうか。

LINEモバイルは「10分かけ放題プラン」がおすすめ

LINEモバイルでは、月額968円(税込)で10分以内の通話がかけ放題となるオプションを付けることができます。

このオプションをつけないと、30秒当たり22円(税込)の単価で通話料金が発生してしまうので、もしも通話サービスを利用するユーザーなら、つけることをおすすめします。

10分超えの通話はどうなる?

LINEモバイルで10分かけ放題プランのオプションを付けると、無料になるのは10分までの通話で、10分を超えた分に関しては、30秒当たり11円(税込)の料金がかかります。

オプションを付けずに通話した場合と比べると通話料金が半額になるので、安心して通話ができるのではないでしょうか。

UQモバイルはオプションが充実

UQモバイルでは、通話サービスのオプションは複数プランがラインナップされています。

LINEモバイルと同じ10分以内の通話がかけ放題となるプランなら、月額料金はプラス770円(税込)となりますが、時間制限のないかけ放題オプションを付ければ、毎月1,870円(税込)で通話時間を気にすることなく安心して通話ができます。

さらに、UQモバイルには毎月60分の無料通話がついている定額プランもあり、こちらはオプション料金550円(税込)で利用できます。

LINEモバイルとUQモバイルの使い勝手を比較

毎月必要なデータ容量をギリギリのラインで契約することが多い格安SIMでは、高速通信のオンとオフを切り替えられるモードや機能がついていると、とても便利です。

LINEモバイルはデフォルトでノーカウントアプリが搭載

LINEモバイルのSNSデータフリーオプションを月額308円(税込)でつけると、LINEアプリを始め、FacebookやTwitterなどの主要SNSアプリを無制限で利用することができます。

対象となるアプリはデータ消費がカウントされないので、普段のスマホ利用でSNSが占める割合が多いユーザーにとっては、少ない契約データ量でも高い満足度でスマホを利用できます。

UQモバイルには節約モードがある

UQモバイルでは、ユーザーが自身で高速通信か低速通信かを切り替えられる節約モードがついています。

低速通信に切り替えると、最大通信速度は最大300Kbpsと遅くなってしまいますが、その代わりにSNSアプリをはじめとする全てのデータ消費がカウントされないというメリットがあります。

300Kbpsでどんな作業ができるのかという点についてですが、メールチェックやネット検索を始め、SNS利用やラジオ視聴など、できることはたくさんあります。

自分で切り替えられる人ならUQモバイル、SNSメインのユーザーはLINEモバイル

UQモバイルの節約モードを利用すると、SNSアプリ以外でもすべての作業のデータ消費がカウントされません。

しかし、ユーザー自身が切り替えなければいけないため、面倒だと感じる人はいるかもしれません。

もともと普段のスマホ利用がSNSメインというユーザーなら、LINEモバイルの方が満足度は高いでしょう。

通信速度を比較

格安SIMでは、大手キャリアよりも通信速度が遅くなってしまうという共通するデメリットがあります。

スポンサーリンク

しかし格安SIMの中でも、通信速度が平均よりも速いサービスもあれば、平均程度というサービスもあります。

通信速度で格安SIMを選ぶなら一押しはUQモバイル

格安SIMの中でも圧倒的な通信速度を誇るのは、UQモバイルです。

たくさんのユーザーが回線を利用する時間帯でも、通信速度の低下をほとんど実感せずに済むので、混雑する時間帯にスマホを利用することが多い人にとっては、UQモバイルの方が高い満足度が期待できるでしょう。

LINEモバイルは安定した通信環境が魅力

通信速度という点だけを比較すると、UQモバイルの方がLINEモバイルよりも圧倒的に速いという特徴があります。

しかしLINEモバイルは、他の格安SIMと比較すると通信環境が安定していて、混雑する時間帯でもそれほど速度が影響を受けませんし、急にガクッと速度が遅くなってしまう頻度は少ないものです。

通信速度の差が出るのは何時ごろ?

UQモバイルとLINEモバイルとで通信速度に差が出てしまうのは、多くのユーザーが回線を利用する時間帯です。

例えば、会社員や学生たちが出かける朝7:00〜9:00、お昼休みの時間帯となる12:00〜13:00あたり、そして夕方の17:00〜19:00頃には、回線が混みあうためLINEモバイルの通信速度は遅くなる傾向にあります。

混雑しない時間帯では、LINEモバイルでもイライラするような遅さしか速度が出ないということはありません。

利用する時間帯によって格安SIMを選ぼう

もしもスマホを利用する時間帯が、回線が混雑する時間帯が多いユーザーは、混雑しても遅くなりにくいUQモバイルを選ぶのがおすすめです。

一方、混雑する時間帯にスマホを利用しない人や、Wi-Fi経由で接続できる人なら、LINEモバイルでもそれほど不便さを感じることは少ないでしょう。

通信速度対策にはどんなものがある?

回線が混雑する時間帯にスマホを利用することが多いけれど、通信速度が遅くなるのは困るというユーザーは、ポケットWi-Fiやモバイルルーターなどのサービスを利用することを検討してみてはいかがでしょうか。

LINEモバイルからはこうしたサービスはラインナップされていませんが、UQモバイルではWiMAXというモバイルルーターのサービスがあります。

利用すればどんな時でも安定した速度でWi-Fi経由でネットに接続できます。

取り扱い端末を比較

格安SIMへ乗り換える際に、端末を買い替えるユーザーはたくさんいます。

LINEモバイルとUQモバイルはどちらも、複数の端末を取り扱っているので、乗り換えるタイミングで機種変更や端末購入ができます。

端末は乗り換えるタイミングで購入したほうが良いのか?

格安SIMではそれぞれ、条件を満たせば手持ちの端末を持ち込むことが可能です。

しかし、端末によっては持ち込む際にSIMロックをしなければいけないなどの作業が必要となりますし、そろそろ買い替えの時期という場合には、乗り換えるタイミングで買い替えるという選択も良いでしょう。

UQモバイルは端末買い替えでビッグなディスカウント

UQモバイルでは、契約と端末購入をセット契約すると、端末の購入価格を大きくディスカウントしてもらえる特典がついています。

人気機種でも購入価格が110円(税込)になったりするので、もしも端末の買い替えを検討しているユーザーは、UQモバイルをチェックするのが良いかもしれません。

iPhoneの取り扱いは?

LINEモバイルもUQモバイルも、どちらもスマホ端末としては人気ナンバーワンのiPhoneを取り扱っています。

しかし、取扱い機種は異なり、LINEモバイルではiPhone6sのみなのに対し、UQモバイルではiPhone6sとiPhone7から選択できます。

取り扱い機種が充実しているのはLINEモバイル

UQモバイルが取り扱う機種は、全般的にGalaxyやXperiaなどハイエンドなモデルや人気が高い機種が充実しています。

そのため、購入価格が高くなる傾向にあります。

UQモバイルで端末を購入するなら、キャンペーンや特典などを上手に利用して、できるだけ安く購入するのが賢明でしょう。

LINEモバイルでは、ハイエンドなモデルの取り扱いもしていますが、エントリーレベルやリーズナブルな機種も幅広く取り扱っているので、ユーザーが予算や希望に応じて選びやすいセレクションとなっているのが特徴です。

スポンサーリンク

LINEモバイルは全機種で分割払いが可能

LINEモバイルでは、取扱っている全ての機種に対して、24回の分割払いができます。

もちろん一括払いで購入しても良いのですが、まとまった初期費用がないユーザーにとっては、欲しい端末を分割払いで購入できることは、大きな魅力と言えるでしょう。

UQモバイルの分割払いは対象機種のみ

UQモバイルでも端末の分割払い購入を行っていますが、全機種が対象というわけではありません。

UQモバイルの場合、対象となる機種のみで分割払いが可能です。

ただし、高額機種だけが分割払いの対象になっているというわけではなく、毎月の返済額が550円(税込)以下となるHUAWEIなどの人気機種もあります。

契約期間や最低利用期間を比較

大手キャリアでは、契約期間は2年と設定されていて、契約更新以外のタイミングで解約すると、違約金がかかるシステムとなっています。

LINEモバイルとUQモバイルには、そのようなシステムはあるのでしょうか。

LINEモバイルは最低利用期間12ヶ月

LINEモバイルの場合、音声通話SIMタイプを契約しているユーザーには、最低利用期間が12ヶ月と設定されています。

12ヶ月を超えれば、どのタイミングで解約しても問題はありませんが、利用開始から12ヶ月以内に解約する場合には、違約金が1,100円(税込)かかるので注意しましょう。

データSIMにおいては、最低利用期間も契約期間もなく、短期間で解約しても違約金はかかりません。

UQモバイルは縛りは一切なし

UQモバイルは、契約期間や最低利用期間などは一切設けられていません。

そのため、短期間で解約する場合でも、違約金や解約手数料などはかかりません。

格安SIMをお試し的に使ってみたい人ならUQモバイルがおすすめ

大手キャリアから格安SIMへの乗り換えを検討しているけれど、まずは実際に使ってみてから続けるかどうかを決めたいというユーザーなら、違約金が発生しないUQモバイルがおすすめです。

短期間で解約する際の注意点

LINEモバイルでもUQモバイルでも、契約してから短期間で解約する際には、違約金以外にもいくつかの手数料などがかかるので注意しましょう。

例えば、電話番号を継続する際にはMNP転出手数料が乗り換えの度にかかりますし、新規契約手数料も発生します。

もしも短期間での解約を視野に入れて契約するユーザーは、そうした手数料についてもよく比較して計算した上で判断することが賢明です。

サポート体制を比較

格安SIMでは一般的に、ネットを中心としたサービスを展開しています。

ネット中心のサービスで十分というユーザーにとっては、サポート体制の違いはあまり大きなポイントではないかもしれませんが、スマホの使い方に不安があるユーザーにとっては、どのようなサポート体制が整備されているのかという点は、格安SIMを選ぶ際には大きなポイントとなります。

どちらも電話やメール、チャットでのサービスは完備

LINEモバイルとUQモバイルは、どちらも電話やメール、チャットを使ったサポート体制は完備されています。

対応時間については違いはあるものの、電話やメール、チャットなどはユーザーのニーズや緊急性に応じて使い分けることができるるので、一通りのサポート体制が完備されているという点においては、どちらも大きな安心感と言えるでしょう。

LINEモバイルはLINEアプリでもサポートが可能

LINEモバイルユーザーは、LINEアプリを使ってサポートを受けることができるという特徴があります。

これはLINEモバイルユーザーのみを対象としたサポートなので、UQモバイルユーザーがLINEアプリを使ってUQモバイルのサポートセンターへ問い合わせることはできません。

店舗での対面サポートならUQモバイル

UQモバイルは、全国にたくさんの店舗を展開しています。

そのため、店舗に足を運んで対面でのサポートを受けたいというユーザーにとっては、店舗を持たないLINEモバイルよりもUQモバイルの方が、高い満足度と安心感を得られるでしょう。

UQモバイルにはコミュニティサイトもある

UQモバイルでは、ユーザー同士がコミュニケーションの場として利用できるコミュニティサイトが完備されています。

スポンサーリンク

分からないことをほかのユーザーに質問できるので、場合によってはサポートセンターへ問い合わせるよりも低いハードルで素早く知りたいことが分かるというメリットがあります。

サポート体制の充実さで選ぶならUQモバイルがおすすめ

サポート体制で格安SIMを選ぶなら、幅広い方法でサポートを展開しているUQモバイルがおすすめです。

特に、自宅や職場のすぐそばにUQモバイルの店舗がある人にとっては、大きな安心感が期待できます。

未成年でも契約できるかどうかを比較

大手キャリアでは、20歳以下の未成年者は本人名義で契約することができません。

LINEモバイルとUQモバイルでは、未成年者の対応についてはどうなっているのでしょうか。

LINEモバイルは家族名義の利用がおすすめ

LINEモバイルでは、大手キャリア同様に未成年者が本人名義で契約することはできません。

しかし、保護者が契約をし、未成年者は利用者として利用することができます。

この場合、未成年者が成人したら名義変更の手続きをする事で、スムーズに名義の移行ができます。

LINEモバイルでは18歳以上なら契約が可能

LINEモバイルでは、未成年でも18歳と19歳の場合には、保護者の同意があれば本人名義で契約ができます。

ただし、その際には本人名義のクレジットカードが必要になるので、事前に準備しておきましょう。

契約は未成年で、利用するクレジットカードは保護者のもの、という契約はできません。

UQモバイルは未成年でも契約ができる

UQモバイルでは、未成年でも18歳以上なら、本人名義で店頭で契約することができます。

しかも、進学や就職などで保護者が店舗に同伴できない場合には、電話での同意確認のみで契約が可能です。

ただし、未成年の名義で契約できるのは店頭のみなので、Webで未成年が契約することはできません。

また、未成年が契約する際には、フィルタリングサービスの有無を決める同意書に保護者が署名捺印する必要があるので、事前に準備しておくことをおすすめします。

契約する際に必要なもの

UQモバイルを契約する際には、本人確認ができる身分証明書と、支払いのための銀行口座かクレジットカードが必要です。

これは契約者が未成年でも同じです。

もしも未成年が契約するけれど親が支払いをするという場合には、保護者名義で契約するか、未成年でも本人名義でクレジットカードか銀行口座を作るという作業が必要となります。

クレジットカードを持っていない未成年ユーザーはUQモバイルがおすすめ

クレジットカードは、年齢にかかわらず申し込むと審査があります。

安定した収入がないと審査落ちすることもあるため、未成年ユーザーの中には、クレジットカードが欲しいけれど作れないというユーザーもいるでしょう。

もしもクレジットカードを持っていない未成年ユーザーが本人名義で契約したい場合には、銀行口座でも支払いができるUQモバイルがおすすめです。

LINEモバイルとUQモバイルはニーズに合わせて選びたい

LINEMO

LINEモバイルとUQモバイルは、どちらも格安SIMの乗り換え先として高い人気があります。

それぞれ、特徴やサービス内容、料金形態などが異なるので、どちらが自分にピッタリかを判断する際には、自分がどんな風にスマホを使うのかを頭の中でシミュレーションした上で決めることをおすすめします。

【公式】LINEモバイル【公式】UQモバイル

iPhone 13を買うなら「楽天モバイル」がおすすめ



楽天モバイルなら、iPhone 13を安くお得に購入できます。

「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」で購入すると、月々たったの2,058円。
最新のiPhoneが約半額で買えちゃいます!
さらに初めてのプラン申し込み&他社から乗り換え(MNP)なら最大30,000ポイント還元されます。

iPhone 13を安く買うなら今がチャンスです!

関連記事