mineo

iPhone 12はmineo(マイネオ)でも使える!申し込み手順から注意点まで徹底解説

iPhone 12を安く活用したい人におすすめなのが格安SIMのmineo(マイネオ)です。

大手キャリアであるドコモ・au・ソフトバンクのすべての回線に対応しています。

すでに大手キャリアでiPhone 12を買った人も、そのままmineoで利用可能です。

さらに、mineoは格安SIMでは珍しく5G通信に対応しています。

月額料金を抑えつつ、iPhone 12で5G通信を使うことが可能です。

本記事ではmineoでiPhone 12を利用する手順と注意点について解説します。

mineo(マイネオ)におけるiPhone 12の動作確認状況

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)におけるiPhone 12の動作確認状況は以下の通りです。

モデル SIMフリー版 ドコモ版※ au版※ ソフトバンク版※
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro Max

※大手キャリア版は同じ回線プランでのみ動作確認済み

mineoではiPhone 12シリーズすべての動作確認が完了しています。

SIMフリー版はもちろん、大手キャリアのiPhone 12も利用可能です。

mineoではドコモ・au・ソフトバンクの全回線に対応しています。

同じ回線を選べば、大手キャリアのiPhone 12もSIMロック解除なしで利用可能です。

ただし、大手キャリアのiPhone 12については同じ回線プランでのみ動作確認されています。

  • ドコモ版:Dプランでのみ動作確認済み
  • au版:Aプランでのみ動作確認済み
  • ソフトバンク版:Sプランでのみ動作確認済み

違う回線でもSIMロックを解除すれば使える可能性は高いですが、その場合は自己責任での利用になります。

不安な人は、同じ回線プランを選びましょう。

mineo(マイネオ)でiPhone 12を利用する手順

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)でiPhone 12を利用する手順は以下の通りです。

  1. iPhone 12を用意する
  2. MNP予約番号を取得する
  3. mineoの申し込みに必要な物を準備する
  4. mineoを申し込む
  5. 初期設定をする

iPhone 12を用意する

まずはmineoで利用するiPhone 12を用意してください。

これからiPhone 12を買うならAppleストアがおすすめです。

Appleストアで販売されているiPhone 12はいずれもSIMフリーなので、SIMロック解除する必要がありません。

3つある回線プランの中から、自分の好きな物を選べます。

iPhone 12シリーズ徹底比較!買うならどのモデルがおすすめ?2020年に発売された「iPhone 12シリーズ」は全部で4つの種類があります。 スペックを見ると共通している部...

すでに大手キャリアでiPhone 12を買っている場合、そのままmineoで使えます。

同じ回線のプランを選べばSIMロック解除も不要です。

違う回線で使う場合(例えばドコモで買ったiPhone 12をAプランで使うなど)、SIMロックを解除しておきましょう。

mineoは回線によって月額料金が異なり、Sプランはかなり割高です。
可能であればDプランかAプランを選びましょう。

MNP予約番号を取得する

MNPで乗り換える場合はMNP予約番号を取得してください。

MNPとは、異なるキャリアに乗り換える際に電話番号を引き継げる仕組みです。

スポンサーリンク

現在の電話番号をmineoでも使いたい場合は、MNPを利用して乗り換えます。

MNPをする際は事前に現在のキャリアからMNP予約番号を取得しないといけません。

取得方法は大きく3つです。

  • 電話
  • オンライン
  • ショップ

自宅から申し込める電話かオンラインがおすすめです。

手続きは簡単なので、わざわざお店に行く必要はありません。

電話の場合は各キャリアのサポートへ連絡し、MNPで乗り換えることを伝えてください。

キャリア 電話番号 受付時間
ドコモ ドコモ携帯:151
一般電話:0120-800-000
午前9時~午後8時
au 0077-75470
ソフトバンク ソフトバンク携帯:*5533
一般電話:0800-100-5533

オンラインの場合は各キャリアのマイページから取得できます。

MNP予約番号には15日間の有効期限があります。

有効期限が切れると再取得が必要です。

また、mineoにMNP転入する際は有効期限が10日以上残っていないといけません。

MNP予約番号を取得したら5日以内に申し込んでください。

mineoの申し込みに必要な物を準備する

次に、mineoの申し込みに必要な物を準備してください。

  • 本人確認書類
  • 本人名義のクレジットカード
  • MNP予約番号
  • 連絡が取れるメールアドレス・電話番号

mineoで利用できる本人確認書類

mineoで利用できる本人確認書類は以下の通りです。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 在留カード
  • 外交官等住居証明書

本人確認書類の記載住所が現住所と異なる場合は、補助書類の提出も必要です。

発行から3ヶ月以内で現住所が記載されている公共料金領収書(電気・ガス・水道)か住民票を合わせて用意しましょう。

本人確認書類は申し込みの途中でアップロードします。

スマホで撮影またはスキャナでスキャンして画像データを用意しておいてください。

mineoの支払い方法はクレジットカードのみ

mineoの支払い方法は原則クレジットカードのみです。

口座振替やデビットカード、プリペイドカードでは契約できません。

本人名義のクレジットカードを用意しておいてください。

eo光を口座振替で支払っている場合、mineoの料金も口座振替が可能です。

mineoを申し込む

準備ができたらmineoを申し込みましょう。

mineoの公式サイトの「お申し込み」ページから手続きを進めてください。

申し込み手順
  • STEP1
    「端末購入の有無」で「SIMカードのみを購入する」を選択してください。
  • STEP2
    プラン、5G通信オプションの有無、タイプ、コース、通話サービスを選択し「次に進む」をタップします。
  • STEP3
    Aプランの場合は「au VoLTE対応SIM」、Sプランの場合は「nanoSIM」を選択してください。
  • STEP4
    オプションを選んで「次に進む」をタップします。
  • STEP5
    eoIDを新規登録するか、既存のeoIDにログインするかを選択してください。
  • STEP6
    エントリーパッケージを持っている場合は「エントリーコードでお申し込み」を選択し、エントリーコードを入力します。
  • STEP7
    サービス選択で「現在ご利用中の電話番号を引き継ぐ」にチェックを入れ、MNP予約番号、電話番号、有効期限を入力してください。
  • STEP8
    契約者情報と支払い情報を入力します。
  • STEP9
    本人確認書類の画像をアップロードしてください。

Aプランの場合、SIMカードの種類は「au VoLTE対応SIM(nanoサイズ)」を、Sプランの場合は「nanoSIM」選んでください。

他のSIMカードはiPhone 12に対応していません。

万が一SIMカードの種類を間違えた場合、契約後にSIMカードを再発行しないといけません。
その際、2,860円(税込)の手数料がかかります。

MNPを利用する際はSTE7のサービス選択で「現在ご利用中の電話番号を引き継ぐ」に必ずチェックを入れてください。

スポンサーリンク

「新しい電話番号を利用する」を選択すると新規で電話番号を発行することになります。

初期設定をする

iPhone 12とmineoのSIMカードを用意できたら、以下の初期設定をしてください。

  • MNP転入切替
  • APN設定

MNP転入切替

MNPでmineoに乗り換えた場合はMNP転入切替が必要です。

SIMカードが届いた段階では古いキャリアのSIMが使えます。

MNP転入切替で、回線を大手キャリアからmineoへ切り替えてください。

手続きはmineoのマイページから簡単に行えます。

手続き方法
  • STEP1
    マイページへアクセスします。
  • STEP2
    eoIDとパスワードを入力してログインしてください。
  • STEP3
    「登録情報の変更・サポート」の「MNP転入切替/回線切替手続き」をタップします。
  • STEP4
    SIMカード台紙に記載されている「ICCID/製造番号」の下4ケタを入力後、「回線切替」をタップして完了です。

MNP転入切替後、「回線切替受付メール」が届きます。

メール受信後、AプランとDプランは約30分、Sプランは約1時間で回線切替が完了です。

なお、Aプラン/DプランとSプランではMNP転入切替の受付時間が異なります。

プラン MNP転入切替受付時間
A/Dプラン 9:00~21:00
Sプラン 10:00~19:00

Sプランは受付時間が短いので注意してください。

MNP転入切替が終われば、元のキャリアは自動解約です。
別途、解約手続きをする必要はありません。

ANP設定

最後にAPN設定です。

ANP設定をすることで、mineoの通信が利用できるようになります。

mineoの公式サイトからAPN構成プロファイルという特殊なファイルをインストールすればAPN設定は完了です。

設定手順
  • STEP1
    iPhone 12にmineoのSIMカードを挿してください。
  • STEP2
    iPhone 12をWi-Fiに接続し、Safariでネットワーク設定(iOS端末)|mineoユーザーサポートページにアクセスします。
  • STEP3
    自分の利用するプランに合ったAPN構成プロファイルをダウンロードしてください。
  • STEP4
    「設定」アプリを起動し「プロファイルがダウンロード済み」をタップします。
  • STEP5
    「インストール」をタップしてください。
  • STEP6
    パスコードを求められた場合は、パスコードを入力します。
  • STEP7
    「インストール」をタップしてください。

Aプランは「iPhone 5s/5c用」と「その他のiPhone用」の2種類のAPN構成プロファイルがあります。

間違ってiPhone 5s/5c用をインストールしないよう注意してください。

同様に、Sプランも「iOS 6以前用」と「iOS 7以降」のAPN構成プロファイルがあります。

必ずiOS 7以降用のAPN構成プロファイルをダウンロードしてください。

mineo(マイネオ)でiPhone 12を利用する際の注意点

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)でiPhone 12を利用する際の注意点は以下の通りです。

  • 乗り換えの際に費用がかかる
  • キャリアメールやキャリア決済は使えない
  • 電話の完全かけ放題がない

乗り換えの際に費用がかかる

mineoに乗り換える際は費用がかかります。

かかる費用は「大手キャリアに支払う費用」と「mineoに支払う費用」の2つです。

大手キャリアに支払う費用

大手キャリアに支払う費用をまとめました。

項目 金額
MNP転出手数料 3,300円(税込)
(一部のドコモユーザーは2,200円(税込))
違約金 1,000~10,450円(税込)
分割払いの端末代 端末による

MNPで乗り換える場合はMNP転出手数料がかかります。

大手キャリア3社とも3,300円(税込)ですが、2019年9月30日までに提供しているプランを契約していたドコモユーザーのみ2,200円(税込)です。

MNP転出手数料はMNP転入切替が終わって初めて請求されます。
MNP予約番号を取得しただけでは請求されません。

さらに、大手キャリアを2年に1度の更新月以外に解約した場合は違約金がかかります。

2019年9月30日以前に契約した場合は10,450円(税込)と高額です。

スポンサーリンク

2年契約なしのプランなら違約金がかかりません。
違約金についてはユーザーごとに異なるので、マイページから契約内容を見直しましょう。

端末を分割購入し、支払いが残っている場合は解約後も支払いが続きます。

解約したからといって残債がなくなるわけではないので、忘れずに支払いましょう。

mineoに支払う費用

mineoに支払う費用は以下の通りです。

項目 金額
契約事務手数料 3,300円(税込)
SIMカード発行手数料 440円(税込)

MNPの有無は関係なく、mineoを契約する際は必ず3,740円(税込)の初期費用がかかります。

このうち、3,300円(税込)の契約事務手数料については「エントリーパッケージ」を利用すると0円にすることが可能です。

エントリーパッケージは家電量販店や通販サイトなどから330円(税込)ほどで購入できます。

初期費用を節約したいなら、申し込みの前にエントリーパッケージを購入してください。

エントリーパッケージを利用するとキャンペーンの対象になることがあります。
キャンペーンを利用する際は、条件を再確認しておきましょう。

キャリアメールやキャリア決済は使えない

mineoではキャリアメールやキャリア決済が使えません。

一応、mineoにもメールサービスおよびキャリア決済サービスはあります。

しかし、どちらも大手キャリアのキャリアメール・キャリア決済の代用にはなりません。

  • mineoメール:Gmailなどのフリーメールと同じ扱い
  • mineoキャリア決済:対象サービスがGoogle Playのみ

mineoメールは扱い的にはGmailなどのフリーメールと同じです。

これなら、キャリアの契約に紐づかないフリーメールを使えばいいでしょう。

mineoキャリア決済はDプランの音声通話SIMでしか使えず、対応サービスもGoogle Playのみです。

大手キャリアのキャリア決済と違い、ネットショッピングなど他のサービスでは使えません。

クレジットカード払いなど別の支払い方法で代用しましょう。

電話の完全かけ放題がない

mineoでは電話のかけ放題がありません。

かけ放題オプションは用意されていますが、いずれも制限があります。

  • 10分かけ放題:1回10分までの通話が無料
  • 通話定額30:毎月30分まで無料
  • 通話定額60:毎月60分まで無料

無制限に通話できるかけ放題は用意されていません。

電話をたくさん利用するなら、Y!mobileや楽天モバイル、UQモバイルなどを検討してください。

mineoならiPhone 12で5G通信が使える

mineoは月額220円(税込)の「5Gオプション」を利用することで、格安SIMながら5G通信を利用可能です。

ドコモ・au・ソフトバンク、どの回線のプランでも5Gに対応しています。

現状、5G通信を利用できる格安SIMはほとんどありません。

iPhone 12で安く5Gを利用したい人にも、mineoはおすすめです。

ただし、5Gは対応エリアが狭く使えない場所もたくさんあります。

事前に対応エリアをチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

mineo(マイネオ)

以上、mineoでiPhone 12を使う手順と注意点について解説しました。

大手キャリアのiPhone 12をそのまま使える、5G通信のオプションがあるなど、mineoはiPhone 12との相性が抜群です。

乗り換えもオンラインから簡単に手続きできます。

すでに大手キャリアでiPhone 12を買った人や、iPhone 12の5G通信を試しに使ってみたい人にはmineoがおすすめです。

【公式】mineo

iPhone 12 特集

ABOUT ME
吾妻 和希
格安SIM・スマホが好きなライター。学生時代に節約のため格安SIMを使い始めました。格安SIM歴は6年を越え、その経験を生かしてスマホライターとして活動中。
関連記事