mineo

mineo(マイネオ)はどんな格安SIM?メリットとデメリットを良い口コミ・悪い口コミ・評判から徹底検証!

※この記事はアフィリエイト広告を含みます。

格安SIMにはいろいろなサービスがありますが、その中でも関西電力系の企業が運営しているのがmineo(マイネオ)です。

ここでは、mineoの特徴や魅力をご紹介するとともに、他の格安SIMと比べた際のメリットやデメリットを、口コミや評判から検証しています。

目次

mineo(マイネオ)はどんな格安SIM?

mineoは、関西電力系の企業の一つである株式会社ケイ・オプティコムが運営している格安SIMサービスで、サービスがスタートした当初は、大手キャリアの中でもau回線を利用する唯一の格安SIMとして知られていました。

トリプルキャリアサービスが魅力

現在のmineoは、サービス開始当初から利用しているau回線に加え、ドコモの回線を利用するDプランや、ソフトバンクの回線を利用するSプランなど、大手キャリアの回線に幅広く対応しています。

ユーザーはどの大手キャリアの回線を利用するかによってプランを選ぶことができます。

このトリプルキャリアサービスは、格安SIMの中でもmineoが誇る大きな特徴と言えるでしょう。

各大手キャリアからの乗り換えに便利

格安SIMサービスでは、どこの大手キャリアから乗り換えるかによって、端末と格安SImとの相性があります。

相性が良くないと、電波環境がよくなかったり、通信速度が遅くなったりという事態が起こりやすいのですが、mineoでは大手キャリア3社すべてに対応しているので、どの大手キャリアからの乗り換えに対しても、快適な環境が整備されています。

mineoの料金プランは多種多様

mineoでは、どの大手キャリア回線を利用するかによって、au回線を利用するAプラン、ドコモ回線を利用するDプラン、そしてソフトバンクの回線を利用するSプランがあり、それぞれデータ容量や音声通話の有無によってプランが細かく分類されています。

必要なサービスを必要なだけ利用できるという点が、mineoのモットーです。

ドコモ回線(Dプラン)、au回線(Aプラン)、ソフトバンク回線(Sプラン)の料金が統一されました。

料金が統一されたことで金額差がなくなったため、前と比較すると格段に選びやすくなりました。

シングルタイプvsデュアルタイプ

mineoの料金プランは、利用するキャリアによってサービス料金が若干変わります。

どのキャリア回線を利用するかをまず選んだら、データ通信のみを利用するのか、それとも音声通話のサービスも必要なのかどうかによってシングルタイプ(データ通信のみができるプラン)か、デュアルタイプ(データ通信と音声通話ができるプラン)かを選びます。

どのキャリア回線を利用しても料金は同じです。

回線ごとの料金の差がなくなり、料金が統一されました。

データ容量は回線ごとに6プランずつ

mineoの料金プランでは、回線ごとに必要なデータ容量に合わせて6プランから選べます。

あまりデータ容量が必要ないライトユーザーなら500MBプランがリーズナブルですし、3GB、6GB、10GB、20GB、そして30GBプランとがラインナップされています。

新料金プランが発表され、4プラン(1GB/5GB/10GB/20GB)となり、500MB/3GB/6GB/30GBは廃止されました。

1GBプランや2GBプランはない?

格安SIMサービスでは、1GBプランや2GBプランなどライトユーザー向けのプランが細かく設定されていることが多いものです。

しかし、mineoでは最もリーズナブルなプランは500MBプランで、その上は1GBや2GBプランはなく、3GBとなっています。

そのため、1GBや2GBぐらいがちょうど良いというユーザーにとっては、少し使い勝手が良くないかもしれません。

新たに1GBと5GBが追加され、しかも500MBと3GBの時よりも料金が安くなりました。

もし1GBで足りない場合は、5GBを利用するとよいでしょう。

余裕のあるプランを家族でシェア

mineoを家族で利用するなら、少し余裕のあるデータ容量プランを選び、家族でシェアするという方法もアリです。

スポンサーリンク

一人では毎月5GBのデータ容量は必要ないという場合でも、家族でシェアするならちょうど良いというケースは多いかもしれません。

mineoで利用出来る端末は人気機種がズラリ

mineoは、購入できる格安スマホのレベルが高いことでも人気があります。

スマホの中でも人気機種のiPhoneに加え、HuaweiやASU、Sharpなどがラインナップされています。

iPhoneはiOSを使用していますが、mineoが取り扱う端末はアンドロイドOSのものが多くなっています。

mineoはメリットが多い

格安SIMサービスには、それぞれ特徴や魅力が異なります。

良い口コミや悪い口コミ、また評判から検証すると、mineoはメリットが多い格安SIMと言えるかもしれません。

ここでは、そんなmineoのメリットをいくつかご紹介しましょう。

トリプルキャリアに対応、だから乗り換えやすい

mineoは、ドコモやソフトバンク、auの大手キャリアすべてに対応しています。

そのため、どのキャリアから乗り換える場合でも、端末と格安SIMとの相性を気にすることなく、快適な使用環境が期待できます。

料金プランが充実

mineoの料金プランは、ドコモ回線を利用するDプラン、ソフトバンク回線を利用するSプラン、au回線を利用するAプランのそれぞれが、通信データのみのシングルタイプと、通信データと音声通話のデュアルタイプとをラインナップしています。

さらに、それぞれが6種類のデータ容量に分類されているため、Dタイプだけでも12プラン、SプランとAプランすべて合わせると36プランが準備されています。

1GB/5GB/10GB/20GBの4つに変更されたので、Aプラン/Dプラン/Sプランすべて合わせて、12プランから選ぶことができます。

電話かけ放題の時間が長い

格安SIMの中にも、電話かけ放題ができるサービスはありますが、3分ならかけ放題、5分ならかけ放題というプランが多いものです。

しかしmineoでは、10分までならかけ放題というメリットがあります。

横のつながりを大切にするサービス

mineoでは、他の格安SIMには珍しいサービスが充実しているというメリットがあります。

特に、横のつながりを大切にしたサービスが魅力で、事前に登録した回線とデータ容量をシェアできるパケットシェアサービスや、他のユーザーにデータ容量をプレゼントできるパケットギフトサービス、また使わなかったデータ容量を寄付できるフリータンクサービスなどがあります。

2年縛りがない

大手キャリアおよび格安SIMの多くでは、契約してから2年間はキャリア乗り換えをすると違約金が発生する2年縛りがあります。

しかしmineoにはその2年縛りがないため、好きな時にユーザーのニーズに応じて乗り換えることができるのです。

この点は、mineoの良い口コミでも多く見られるメリットです。

ユーザー同士が助け合えるコミュニティサイト

mineoには、マイネ王というコミュニティサイトが開設されていて、mineoユーザー同士がお互いに質問をしたり、相談やトラブルを相談できるスペースが設けられています。

ユーザー同士が情報交換できるため、トラブル時には素早く解決法を見つけることができます。

一人で複数回線契約すると割引き

mineoでは、各種割引サービスが充実していると評判です。

例えば、家族で複数の回線を契約していれば、家族割引が適用されますし、一人で複数回線を契約していると、複数回線割引が用意されています。

各種割引を利用することによって、リーズナブルな格安SIMサービス料金をさらにリーズナブルにできます。

定額オプションもアリ

mineoには、ジュニアパックとシニアパックと呼ばれる定額サービスのオプションがあります。

スポンサーリンク

初回2か月が無料となるこのサービスは、アンドロイドOS端末を対象としていて、11個のアプリを無料で利用することができます。

mineoにはデメリットもある?

メリットが多いことで評判が良い格安SIMのmineoですが、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

通信速度は業界最速ではない

mineoはドコモ回線やソフトバンク回線、au回線など大手キャリアの回線を利用するとはいえ、各回線の一部に乗っている格安SIMです。

そのため、多くのユーザーが集中して利用する時間帯や地域によっては、回線が混みあうことによって通信速度が遅くなってしまう傾向があります。

他のキャリアと比べると、mineoの通信速度は決して業界最速というわけではありません。

しかし、他の格安SIMと比較した場合には遅すぎるということもなく、平均的な通信速度を維持しています。

直近3日の通信制限アリ

mineoの中でもau回線を利用するAプランでは、直近3日における通信制限が設けられています。

直近3日間のデータ通信量が6GBを超えてしまうと、超えた時点から終日データ制限がかかるため、通信速度は遅くなってしまいます。

毎月のデータ容量契約を多めにしていても、Aプランの場合にはこの通信制限が適用となるので注意しましょう。

デザリングできない端末

mineoでは、端末によってデザリングの利用ができないというデメリットがあります。

この点は、mineoの悪い口コミでたまに指摘される点となっています。

例えば、iPhoneならiPhone7機種よりも古い機種になるとデザリングの利用はできません。

カウントフリーオプションがない

カウントフリーというのは、例えばFacebookなどのSNSアプリやYouTubeやAbemaTVなどの動画サービスなどのアプリを対象として、通信量がカウントされないというサービスです。

格安SIMでもこのカウントフリーサービスを提供している所は多いのですが、残念ながらmineoではカウントフリーというオプションはありません。

つまり、すべてのデータ利用料が容量としてカウントされます。

月ごとの料金計算

mineoでは、料金の計算は月単位で行っています。

そのため、月の半ばに解約しても、その月は月末までの料金が発生し、日割り計算はしてもらうことができません。

MNP転出のコストが高め

mineoから別のキャリアに乗り換える際には、MNP転出の手数料が発生します。

mineoを13ヶ月以上利用しているユーザーなら、手数料は2,200円(税込)が発生ですが、12ヶ月以内のユーザーだと手数料が10,450円(税込)となり、高額です。

mineoで知っておきたいサービス

mineoのサービスは、ネットでも良い口コミが多く評判が良いという特徴があります。

どのようなサービスを提供しているのか、ご紹介しましょう。

パケットシェアは家族以外でもOK

mineoのパケットシェアサービスでは、事前に回線を登録しておけば、5回線までデータ容量をシェアできます。

家族以外の回線ともシェアできるので、お友達や恋人とシェアしてもOKです。

パケットギフトは10MB単位

mineoのパケットギフトは、他のmineoユーザーへデータ容量をプレゼントできるというサービスで、自分が使わなかったデータ容量を他のユーザーへギフトとして活用できます。

プレゼントできる容量は10MB単位になっていて、最大で9,990MBまでOKです。

スポンサーリンク

単位が細かく区切られているので、プレゼントしやすいと評判です。

口コミで大人気のフリータンクサービス

口コミの中でも特に良い口コミが多いのが、フリータンクサービスです。

これは、全国のmineoユーザーという大きなタンクの中に、使わなかったデータ容量を貯めておけるというサービスです。

イメージとしては、パケットギフトを不特定多数の人と行うと言ったところでしょうか。

このフリータンクプランは、格安SIMではmineoのみが行っているサービスです。

mineoはどんな人におすすめ?

格安SIMの中でもmineoは、どんな人におすすめなのでしょうか?

mineoのメリットやデメリット、評判を考えると、以下のような人ならmineoがピッタリと言えます。

電話もネットもライトユーザー

mineoの料金プランは、データ容量をどのぐらい利用するかによって料金プランが細かく分類されています。

たくさんデータを利用する人なら、最高で30GBプランを選ぶことができますが、データ容量が大きくなると、プラン料金は大手のキャリアとほとんど差がありません。

ライトユーザーの方が、mineoの格安料金を堪能できます。

低コストでスマホを利用したい人

mineoには、リーズナブルな料金プランがたくさんラインナップされています。

そのため、できるだけ低コストでスマホを利用したい人にとっては、mineoは大満足できる格安SIMと言えます。

1年以上利用しようと考えている人

mineoでは、他のキャリアに乗り換える際にはMNP転出手数料が発生します。

13ヶ月以上利用しているユーザーなら、手数料はわずか2,200円(税込)で大手キャリアとほぼ変わりませんが、12ヶ月未満の利用期間で転出する場合には、手数料が1万円超となり、大手キャリアと比較しても高額です。

そのため、mineoを利用するなら最低でも1年間は利用する予定でいることが必要です。

スマホはほとんど自宅で使う人

スマホをリーズナブルに持ちたいけれど、利用はほとんど自宅のWi-Fiを使うという人にとっても、格安料金プランが充実しているmineoはおすすめです。

iPhoneユーザーでも格安SIMにしたい人

格安SIMでは、iPhoneは対象外になっているサービスが少なくありません。

しかしmineoではiPhoneも取り扱っているので、iPhoneユーザーでも格安SIMを使いたいという人にとっては、mineoはおすすめです。

大手キャリアのサービスが充実しすぎと感じている人

スマホを使いたいけれど、大手キャリアから提供されているサービスは充実しすぎていると感じている人にも、mineoはおすすめです。

格安SIMではサービスを簡略化して最小限のものに抑えることによって、料金を低く抑えることができるので、大手キャリアのようなサービスは必要ないけれどスマホを使いたいという人なら、mineoがおすすめです。

初めて格安SIMに挑戦する人

ドコモやソフトバンク、auなど大手キャリアから始めて格安SIMに乗り換えるという人にも、mineoはおすすめです。

大手キャリアの各回線に対応しているため、SIMロック解除をしなくても乗り換えることができますし、リーズナブルな料金設定で幅広いサービスやプランを選ぶことができます。

割引サービスを賢く活用したい人

mineoは、格安SIMサービスの中でも各種割引が充実していると評判です。

ジュニアやシニアを対象とした定額サービスオプションを始め、家族アリ引きや複数回線割引などが利用出来るので、リーズナブルなサービスをさらにお得な価格で利用できるというメリットが期待できます。

mineoはメリットが多い格安SIM

mineo(マイネオ)

格安SIMの中でも人気のmineoは、大手キャリアの回線すべてに対応しているサービスで、各キャリアから乗り換えやすいというメリットがあります。

スポンサーリンク

横のつながりを大切にするデータシェアサービスなども口コミでは評判がよく、初めて格安SIMに挑戦する人にぜひおすすめです。

【公式】mineo

iPhone 13を買うなら「楽天モバイル」がおすすめ



楽天モバイルなら、iPhone 13を安くお得に購入できます。

「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」で購入すると、月々たったの2,058円。
最新のiPhoneが約半額で買えちゃいます!
さらに初めてのプラン申し込み&他社から乗り換え(MNP)なら最大30,000ポイント還元されます。

iPhone 13を安く買うなら今がチャンスです!

関連記事