ソフトバンク

マイネオからソフトバンクへの乗り換えは難しい?その手順について解説

格安の携帯料金に魅力を感じてマイネオで契約したけれども、通信環境が不安定なので大手キャリアのソフトバンクに乗り換えたいと思っていませんか?

乗り換えの手順としては、マイネオで解約してMNP予約番号を取得し、ソフトバンクで契約する形になります。

マイネオでMNP予約番号を取得する

mineo(マイネオ)

まずはマイネオで解約手続きをすることから始めます。

もし音声通話付きSIMで現在使っている電話番号を引き続き使いたければ、MNP予約番号を発行してもらわないといけません。

マイページにアクセス

マイネオの公式ホームページからマイページにログインしましょう。

この時契約時に発行されたログインIDとパスワードの入力が必須です。

契約した際に通知書が自宅に郵送されているはずです。

そこにIDとパスワードが記載されているのでこちらで確認しましょう。

この2つの情報がないとログインできず、その先の手続きはできません。

予約番号を発行してもらう

マイページにログインできたら、いくつかメニューが出てきます。

その中に「MNP予約番号発行(MNP転出)の方はこちらから」という項目が出てくるはずです。

こちらをクリックしましょう。

あとは案内の通りに手続きを進めるだけです。

それほど難しくはないでしょう。

MNP予約番号の受付は9~21時です。

これ以降でも申し込みはできますが、当日受付にはなりません。

マイネオ解約の注意点

mineo(マイネオ)

マイネオ解約をするにあたって、いくつか注意すべきポイントがあります。

条件によっては解約した際に違約金の発生する可能性があるからです。

違約金について

マイネオを解約する際に、MNP転出手数料が発生します。

音声通話SIMで契約していて、契約してから12か月以内で解約する場合契約解除料10,450円(税込)と転出手数料2,200円(税込)の合計12,650円(税込)負担しなければなりません。

13ヶ月以降であれば、転出手数料の2,200円(税込)のみになります。

ですからもしマイネオの解約を希望するなら、利用してから1年以上経過したところで検討しましょう。

またプランやオプションによっては、これとは別途で解約手数料のかかる場合もあります。

SIMカードの返却

マイネオと契約した際に、SIMカードが発行されているはずです。

このSIMカードの取り扱いですが、プランによって変わります。

スポンサーリンク

もしau回線を利用したプランの場合、SIMカードの返却は不必要です。

手続き完了後に自分で破棄する形です。

しかしドコモプランの場合、返却しなければなりません。

郵送にて返却します。

返却の期限や罰則規定はないですが、速やかに返却するのがおすすめです。

月の途中で解約した場合

月の途中で解約した場合、その月の契約料金がどうなるかは気になるところでしょう。

マイネオの場合、日割り計算で解約月の携帯料金が請求されます。

ですからどのタイミングで解約するかで得か損かといった心配をする必要はないです。

解約手続きをした日が解約日になります。

マイネオ端末を分割購入した場合

マイネオでSIMカードだけでなく、端末もセットで購入している人もいるでしょう。

もし端末を分割払いで購入してまだ支払い完了していない場合、MNP転出後も引き続き支払い義務は発生します。

できれば分割払いが完了したところで、ソフトバンクへの乗り換えを検討したほうがいいです。

メールアドレスは使用できなくなる

マイネオと契約すると「○○○@mineo.jpというメールアドレスが利用できます。

しかしマイネオと解約したら、このメールアドレスは使用できなくなります。

もちろんソフトバンクと契約すれば、ソフトバンクのアドレス取得は可能です。

メールアドレスの変更を家族や友人に知らせる必要があるので注意しましょう。

手続きでわからないことがある

マイネオのMNP転出手続きはさほど難しくないので、自力でできる方が多いでしょう。

しかしもし手続きの途中でわからないことが出てきたのなら、eoサポートダイヤルで受け付けています。

こちらに問い合わせましょう。

マイページにログインする際にはパスワードが必須です。

しかし中にはこのパスワードを忘れてしまった人もいるでしょう。

その場合でも電話問い合わせすれば解決できるはずです。

連絡先は何で問い合わせるかで番号が変わってきます。

他社IP電話から連絡したとき以外、通話料は無料です。

マイネオからソフトバンクに乗り換えるには?

マイネオでの手続きが完了したら、次の手順はソフトバンクとの契約です。

スポンサーリンク

いくつか必要な書類があるので、あらかじめ準備しておきましょう。

ソフトバンクの契約受付窓口

ソフトバンクの契約受付に対応しているのは、ソフトバンクオンラインショップもしくはソフトバンクのショップです。

実店舗の場合、混み合っている可能性が高いです。

もし短時間で契約手続きを完了したければ、ソフトバンクオンラインショップがおすすめです。

またオンラインで必要な手続きをして、端末などは店舗で受け取りが出来るサービスもあります。

郵送で受け取るのが待てないというのであれば、店舗受取サービスの利用も検討しましょう。

必要書類について

ソフトバンクで契約手続きをする際には、必要書類がいくつか必要です。

まずは本人確認書類です。

本人確認書類は免許証やパスポートなど氏名や住所、生年月日の記載されている公的書類です。

ただし健康保険証並びに本人確認書類と現住所が一致していない場合、住民票と公共料金領収書、官公庁発行の印刷物のいずれかを補助書類として提出する必要があります。

次にクレジットカードもしくはキャッシュカードです。

支払方法の証明として必要になります。

デビット機能付きクレジットカードも使用可能です。

クレジットカードは契約者本人名義のもののみ認められます。

MNP予約番号について

マイネオで解約手続きをすると、希望するとMNP予約番号が発行されます。

ただしこのMNP予約番号、有効期限が設けられています。

予約番号が発行された日も含め、15日以内に転入手続きをしなければ失効してしまいます。

するとマイネオでもう一回MNP予約番号発行の申し込みをしなければなりません。

予約番号が発行されれば、速やかにソフトバンクで契約手続きを進めましょう。

名義について

MNPの申し込みには条件があります。

それはマイネオとソフトバンクでこれから契約する名義が一致している場合です。

中には親の名義でマイネオにて契約している人もいるでしょう。

この場合、自分の名義でそのままではMNP乗り換えができません。

マイネオで名義変更手続きをするか、ソフトバンクでもマイネオと同じ名義にするかなど対策を講じる必要があります。

返品について

ソフトバンクオンラインサービスで端末を購入し、配送による受取を希望した場合、返品は可能です。

スポンサーリンク

商品が到着してから8日以内に返品することが条件です。

ただし返品できるのは、配送における汚れや破損が発生した場合に限られます。

自分の不注意で汚れや破損が発生した場合にはその対象外です。

注意点を理解して手続きを進めよう

マイネオからソフトバンクに乗り換える手順ですが、それほど難しいものはないです。

もしわからないことがあってもカスタマーセンターに問い合わせれば、丁寧に案内してもらえます。

ただし契約解除料やMNP予約番号の期限など、注意すべきポイントはいくつかあります。

注意点を理解したうえで、速やかにソフトバンクへの移行を進めましょう。

【公式】ソフトバンクオンラインショップ

iPhone 13を買うなら「楽天モバイル」がおすすめ



楽天モバイルなら、iPhone 13を安くお得に購入できます。

「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」で購入すると、月々たったの2,058円。
最新のiPhoneが約半額で買えちゃいます!
さらに初めてのプラン申し込み&他社から乗り換え(MNP)なら最大30,000ポイント還元されます。

iPhone 13を安く買うなら今がチャンスです!

関連記事
Y!mobile

ソフトバンクからワイモバイル(Y!mobile)に乗り換えるための手順を徹底解説!メリットやデメリット、注意点なども紹介!

2020年4月21日
オリラボ通信
生活の中ですっかり手放せなくなったスマホですが、どの通信会社と契約をしているのかによって生活への影響度は大きく変わってきます。 料金面で選 …
ソフトバンク

待ち時間も頭金も不要!ソフトバンクオンラインショップで機種変更をするメリット・デメリット

2020年1月16日
オリラボ通信
ソフトバンクのスマートフォンや携帯電話を機種変更するときには、主にソフトバンクショップや家電量販店などの実店舗に行く方法と、ソフトバンクの公 …