mineo

大手キャリアからmineoへ乗り換え!手順と必要な費用をまとめました

「スマホ代を節約するためにmineo(マイネオ)へ乗り換えたい」

「だけど、いざ乗り換えようにも何をしたらいいか分からない」

このように、mineoへの乗り換えで悩んでいる人はいませんか?

格安SIMを利用したことがない人だと、乗り換える際に何からすればいいか分からないかもしれません。

しかし、実際にはmineoへの乗り換えはとても簡単です。

申し込み自体はオンラインで20~30分もあれば済みますよ。

本記事では大手キャリアからmineoに乗り換える手順と必要な費用をまとめました。

大手キャリアからmineoに乗り換える手順

mineo(マイネオ)

大手キャリアからmineoに乗り換える手順は以下の通りです。

  1. 現在の端末がmineoで使えるかチェックする
  2. 申し込みに必要な物を準備する
  3. mineoを申し込む
  4. 初期設定をする

各手順について、詳しく解説していきますね。

現在の端末がmineoで使えるかチェックする

現在大手キャリアで使っているスマホをそのまま使いたい人は、mineoで使えるかどうかチェックしましょう。

mineoはドコモ・au・ソフトバンクのすべての回線に対応しており、同じ回線同士ならSIMロック解除不要でそのまま利用可能です。

現在のキャリア mineoの回線
ドコモ回線 au回線 ソフトバンク回線
ドコモ そのまま使える SIMロック解除が必要 SIMロック解除が必要
au SIMロック解除が必要 そのまま使える
(一部端末を除く)
SIMロック解除が必要
ソフトバンク SIMロック解除が必要 SIMロック解除が必要 そのまま使える

同じ回線同士なら相性も良いので、基本的には端末と同じ回線のプランを選びましょう。

例えば現在ドコモの人はmineoもドコモ回線を選ぶのがベターです。

ただし、mineoはプランによって月額料金が異なります。

各プランごとの料金が均一化され、シンプルな料金プランとなりました。
mineoの新料金プラン(1GB/5GB)開始に伴い、旧プラン(500MB/3GB/6GB/30GB)は廃止となりました。

au回線が一番安く、ソフトバンク回線が一番高いです。

とくに音声通話SIMの場合、同じ容量でもau回線とソフトバンク回線では484円(税込)も差があります。

デュアルタイプ(音声通話+データ通信)月額料金
新料金プラン
容量 Aプラン Dプラン Sプラン
500MB
1GB 1,298円(税込)
3GB
5GB 1,518円(税込)
6GB
10GB 1,958円(税込)
20GB 2,178円(税込)
30GB

少しでも安く使いたい場合はSIMロック解除をしてでもau回線を選ぶことを検討してください。

ここ1~2年の間に発売された機種なら、SIMロック解除すれば他の回線でも使える可能性は高いです。

mineoでは独自に端末の動作確認を行い、その結果を動作確認済み端末検索ページで公開しています。

SIMロック解除が必要かどうかや、違うキャリアの回線でも動作確認されているかをしっかりチェックしてください。

動作確認されていなくても回線に対応していれば使えますが、自己責任となります。
できる限り動作確認されている端末を利用してください。

mineoではiPhoneを含む端末セットが豊富に用意されている

mineoでは端末のセット購入可能です。

SIMフリーのAndroidスマホはもちろん、iPhoneもラインナップされています。

他の格安SIMではiPhone 6sや7など古いiPhoneしか買えないことがほとんどです。

mineoなら最新モデルであるiPhone 11も購入できます。

新しいiPhoneに乗り換えたい人にもおすすめです。

スポンサーリンク

mineoのiPhoneは入荷数が少なく、在庫切れになりやすいです。
iPhoneを購入したい人は在庫があるうちに早めに購入してください。

申し込みに必要な物を準備する

次にmineoを申し込むのに必要な物を準備しましょう。

mineoを申し込む際に必要な物は以下の4つです。

  • 本人名義のクレジットカード
  • 本人確認書類
  • MNP予約番号
  • 連絡用メールアドレス

本人名義のクレジットカード

mineoで利用できる支払い方法は原則クレジットカードのみです。

申し込む際には本人名義のクレジットカードを用意しましょう。

mineoで利用できる国際ブランドは以下の通りです。

  • VISA
  • マスターカード
  • JCB
  • ダイナースクラブ
  • アメリカンエキスプレス

主要な国際ブランドは対応していますね。

なお、mineoではデビットカードやプリペイドカードは利用できません。

ネット上の口コミでは「デビットカードが使えた」という意見もありますが、基本的にはクレジットカードによる申し込みがおすすめです。

現在オプテージの他のサービス(光回線など)で口座振替を利用している場合、同じIDで契約すればmineoも口座振替が利用できます。

本人確認書類

音声通話SIMおよび端末セットを申し込む場合は本人確認書類を提出しないといけません。

本人確認書類として利用できる書類は以下の通りです。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 個人番号カード(表面のみ)
  • 在留カード
  • 外国人登録証明書
  • 外交官等住居証明書

本人確認書類の現住所が変更になっている場合は発行から3ヶ月以内の以下の「補助書類」も必要です。

  • 公共料金領収書(電気・ガス・水道)
  • 住民票(マイナンバーが記載されていないもの)

本人確認書類がない場合は健康保険証または顔写真付き住民基本台帳カードと補助書類でも本人確認ができます。

ただし、この場合はすべての書類の住所が同一でないといけません。

申し込み時に入力する個人情報と、本人確認書類の情報が異なると審査に落ちてしまいます。
不備がないか、しっかり確認しておきましょう。

MNP予約番号

mineoは電話番号を引き継ぐ「MNP」に対応しています。

現在大手キャリアで使っている電話番号をmineoでもそのまま使いたい人は、MNPを利用して乗り換えてください。

MNPを利用する場合は現在契約しているキャリアから「MNP予約番号」を取得します。

取得方法は大きく3つです。

  • 電話
  • ショップ
  • オンライン

このうち、電話とオンラインなら場所を気にせず取得できます。

ショップは混雑して時間がかかりやすいので、電話かオンラインで取得しましょう。

各キャリアの電話窓口は以下の通りです。

キャリア 電話番号 受付時間
ドコモ ドコモ携帯:151
一般電話:0120-800-000
午前9時~午後8時
au 0077-75470
ソフトバンク ソフトバンク携帯:*5533
一般電話:0800-100-5533

オペレーターに繋がったら「MNP予約番号を取得したい」と伝えてください。

オンラインの場合は、スマホまたはパソコンのブラウザから各キャリアのマイページにアクセスして手続きできます。

MNP予約番号には15日間の有効期限があります。

mineoに乗り換える場合は有効期限が10日以上ないといけません。

できる限り申し込む直前に取得し、有効期限が10日を切る前にmineoを申し込みましょう。

スポンサーリンク

有効期限が10日を切ってしまった場合は、同じ手順で再度MNP予約番号を取得してください。

連絡用メールアドレス

mineoに申し込む際は連絡用のメールアドレスを準備しておきましょう。

申込みの途中経過や審査結果、発送通知などが届きます。

必ず受信できるメールアドレスを登録してください。

大手キャリアのキャリアメールはmineoに乗り換えると使えなくなります。

事前にGmailやYahoo!メールといったフリーメールを取得してください。

フリーメールはキャリアの契約に紐づけられないので、大手キャリア解約後も利用可能です。

ちなみにmineoを契約するとmineoメールというアドレスが使えますが、当然mineoを解約すると使えなくなります。

mineo乗り換え後もメインのメールアドレスはフリーメールがおすすめです。

mineoを申し込む

申し込みに必要な物を準備したら、いよいよmineoの申し込みです。

mineoの申し込みはmineo公式サイトの申し込みページからできます。

手順は以下の通りです。

  • STEP1
    端末購入の有無を選ぶ
  • STEP2
    プラン、タイプ、データ通信量、通話サービス(通話SIMの場合)を選ぶ
  • STEP3
    (端末購入の場合)購入する端末、カラー、アクセサリ、支払い方法を選ぶ
  • STEP4
    (SIMのみかつDプラン以外の場合)SIMカードのサイズと種類を選ぶ
  • STEP5
    任意でオプションを選ぶ
  • STEP6
    eoIDを作成するか、既存のeoIDにログインする
  • STEP7
    (音声通話SIMのみ)サービス選択で「現在ご利用中の電話番号を引き継ぐ」を選択し、MNP予約番号と引き継ぐ電話番号、MNP予約番号の有効期限を入力する
  • STEP8
    契約者情報(契約者名、住所、年齢など)を入力する
  • STEP9
    支払い情報(クレジットカード情報)を入力する
  • STEP10
    本人確認書類をアップロードする

MNPを利用する場合はSTEP7で必ず「現在ご利用中の電話番号を引き継ぐ」を選んでください。

「新しい電話番号を利用する」を選ぶと電話番号が引き継がれず。新しい番号になってしまいます。

本人確認書類のアップロード完了が終わったらmineoによる審査です。

審査完了後にSIMカードおよび端末が発送されます。

申し込みから到着まではだいたい1週間ほどです。

ただし、混雑具合によって前後します。

mineo公式サイトの申し込みページから混雑状況の目安を確認できるので、事前にチェックしておくとよいでしょう。

初期設定をする

mineoのSIMカードが届いたら初期設定をしましょう。

初期設定の手順は以下の通りです。

  1. MNP転入切替
  2. SIMカードの交換
  3. APN設定

MNP転入切替

MNPで乗り換える場合は「MNP転入切替」をして回線を古いキャリアからmineoへ切り替えます。

MNP転入切替はmineoのマイページから手続き可能です。

  • STEP1
    mineoのマイページにログインする
  • STEP2
    「登録情報の変更・サポート」の「MNP転入切替/回線切替手続き」をタップする
  • STEP3
    SIMカード台紙に記載されている「ICCID/製造番号」の下4ケタを入力する
  • STEP4
    「回線切替」をタップする

MNP転入切替の手続きが完了すると「回線切替受付メール」が届きます。

メール受信後、auプラン(Aプラン)とドコモプラン(Dプラン)では約30分、ソフトバンクプラン(Sプラン)では約1時間で回線の切り替えが完了です。

スポンサーリンク

切り替えが完了すると、そのタイミングで古いキャリアは自動解約となります。

解約手続きは不要です。

SIMカードの交換

MNP転入切替が終わったらSIMカードを交換します。

スマホの電源を切り、古いSIMカードを取り出してください。

SIMカードの取り出し方は端末によって異なりますが、主に以下の3パターンのいずれかです。

  1. SIMピンという細いピンを挿してSIMトレイを引き出す
  2. 側面にあるキャップを外してSIMトレイを手で引き出す
  3. 背面カバーを外してSIMカードを取り出す

とくに最近のスマホはSIMピンを使うか側面のキャップを外すかのどちらかです。

分からない場合は取扱説明書を参考にするか、メーカーに問い合わせてみましょう。

古いSIMカードを取り出したらmineoのSIMカードと交換し、スマホの電源を入れてください。

APN設定

最後にmineoのデータ通信を利用するために必要な「APN設定」を行います。

iPhoneの場合は構成プロファイルという特殊なファイルをインストールするだけで設定が完了です。

  • STEP1
    iPhoneをWi-Fiに接続する
  • STEP2
    Safariを起動し、以下のURLにアクセスして契約プランに合ったプロファイルをインストールする

  • STEP3
    「許可」をタップして構成プロファイルをダウンロードする
  • STEP4
    ダウンロードが完了したら「設定」アプリをタップする
  • STEP5
    「プロファイルがダウンロードされました」をタップする
  • STEP6
    ダウンロードしたプロファイルを画面の指示に従ってインストールする

プランによってインストールする構成プロファイルが異なります。

必ず自分が契約したプランに対応した構成プロファイルをインストールしてください。

Androidの場合はAPN設定に必要な情報を手入力していきます。

「設定アプリ」→「その他の設定」→「モバイルネットワーク」→「高度な設定」→「CPA設定」の順にタップしてAPN情報の入力画面に移行してください。

移行する手順は機種によって異なるので、詳しくは取扱説明書なども参考にしましょう。

APN情報の入力画面になったら以下の情報を入力してください。

表記名 入力項目
名前/ネットワーク名 任意の名前(mineoなど)
APN/APN設定 Aプラン:mineo.jp
Dプラン:mineo-d.jp
Sプラン:mineo-s.jp
ユーザーID/ユーザー名 mineo@k-opti.com
パスワード/password mineo
認証タイプ/PPP認証方式 CHAPを選択

APN/APN設定の項目はプランによって微妙に入力内容が違います。

間違えないようにしてください。

APN設定が完了すればmineoへの乗り換え手続きは完了です。

APN設定をしてもデータ通信ができないときはモバイルデータ通信をいったんオフにした後、もう一度オンにしてください。

mineoへの乗り換え時にかかる費用

最後にmineoへの乗り換え時にかかる費用をまとめました。

項目 金額
契約事務手数料 3,300円(税込)
SIMカード発行料 440円(税込)
MNP転出手数料 2,200円(税込)~3,300円(税込)
違約金 10,450円(税込)
端末代の残債 端末や残月数で異なる

このうち、必ずかかるのは契約事務手数料とSIMカード発行料です。

MNP転出手数料や違約金、端末代の残債はMNPの有無や契約状況によってかかるかどうか異なります。

契約事務手数料はエントリーパッケージで無料にできる

mineoを契約する際は以下の初期費用がかかります。

  • 契約事務手数料:3,300円(税込)
  • SIMカード発行料:440円(税込)

このうち契約事務手数料は「エントリーパッケージ」を利用すると無料になります。

スポンサーリンク

エントリーパッケージは家電量販店やネット通販で購入可能です。

パッケージに記載されている「エントリーコード」を入力したうえで申し込むと、契約事務手数料が0円になります。

mineoのエントリーパッケージは330円(税込)くらいで購入できるので、初期費用を実質770円(税込)前後に抑えることが可能です。

エントリーパッケージを利用するとキャンペーンの対象外になることもあります。
キャンペーンを利用する場合は適用条件をチェックしてください。

MNPで乗り換える場合はMNP転出手数料もかかる

MNP転出で乗り換える場合は転出元のキャリアに対して「MNP転出手数料」を支払います。

大手キャリアの場合は3社とも3,300円(税込)です。

ただし、2019年9月30日までドコモで提供されていたプランから乗り換える場合は2,200円(税込)になります。

MNP転出手数料はMNP転入切替をして初めて請求されます。

MNP予約番号を取得しただけではかかりません。

違約金と残債の有無はマイページでチェック

大手キャリアで2年縛りのあるプランを契約している場合は最大10,450円(税込)の違約金がかかる可能性があります。

契約が更新されるタイミングである更新月に解約すれば違約金はかかりません。

また、2019年10月以降にスタートしたプランの場合は2年縛りも違約金もないケースが多いです。

違約金の有無については各キャリアのマイページからチェックできます。

また、端末を分割購入した場合は端末代の残債が発生する可能性もあります。

端末代の残債もマイページから確認可能です。

乗り換える前に、解約時にかかる費用をチェックしておきましょう。

まとめ

mineo(マイネオ)

以上、大手キャリアからmineoへ乗り換える手順を解説しました。

格安SIMを使ったことがない人からすると難しく感じるかもしれませんが、実際にやってみると簡単です。

本記事に従って申し込めば、迷うことなくmineoへ乗り換えられますよ。

ぜひ、mineoへの乗り換えにチャレンジしてみてください。

【公式】mineo

ABOUT ME
吾妻 和希
格安SIM・スマホが好きなライター。学生時代に節約のため格安SIMを使い始めました。格安SIM歴は6年を越え、その経験を生かしてスマホライターとして活動中。
iPhone 13を買うなら「楽天モバイル」がおすすめ



楽天モバイルなら、iPhone 13を安くお得に購入できます。

「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」で購入すると、月々たったの2,058円。
最新のiPhoneが約半額で買えちゃいます!
さらに初めてのプラン申し込み&他社から乗り換え(MNP)なら最大30,000ポイント還元されます。

iPhone 13を安く買うなら今がチャンスです!

関連記事