NURO 光

NURO光が人気の理由とは?ネット回線速度が速いって本当?口コミや評判を紹介!

携帯電話の料金について、管総理大臣が官房長官時代から積極的に下げることを公言していて、国からの認可事業である携帯キャリア各社は対応をせざる得ません。

そのためニュースを賑わせる事も多く、注目されています。

普段話題になるのは携帯電話ですが、自宅に入れる光回線の導入件数も大幅に伸びていることはニュースになりません。

コロナ禍の影響で在宅ワークを推奨する企業が多く、仕事に使うなら携帯電話の回線でテザリングするよりも、安定した光回線のニーズが高まっているからです。

導入に補助を出す企業も多く拍車が掛かっています。

実際に光回線を入れる検討をした場合に、多くの人が「NURO光」を選択肢に入れています。

「CMをやっているから?」もちろんそれもありますし、その甲斐あって知名度が一定以上にある事も確かですが、人気があるのには理由がちゃんとあります。

NURO光が多くの人に人気がある理由の中でも、注目される回線速度に関して技術的なことも含めて解説していきます。

光回線導入を希望している方は、是非参考にしてください。

NURO光とは?

NURO光

NURO光は、「ソニーネットワークコミュニケーションズ」が「So-net」のネットワーク基盤「NUROネットワーク」を使い、2013年4月15日からサービスを始めています。

基本的に知っておきたい知識として、光回線を導入する場合には、「回線」と接続業者である「プロバイダ」をそれぞれ選択する必要があります。

NURO光を回線として選択した場合、自動的にプロバイダは「So-net」になります。

支払いが一本化できるだけでなく、トラブル時にも窓口が一つで対応が期待出来るなどメリットが多く、シンプルになっている分だけ解りやすいこともあって、人気要因のひとつになっています。

NURO光が人気の理由は通信速度が速いから

実際の速度

NURO光が人気の理由は数多くありますが、一番の理由は回線スピードが速い事です。

実際にどれくらいの速度なのか?気になりますよね。

9万件近いNURO光に関するデータがある「みんなのネット回線速度」を見てみましょう。

NURO光の時間帯別の平均速度情報(直近3ヶ月)
*2020年12月

時間帯 Ping 下り 上り
12.05ms 435.99Mbps 403.55Mbps
12.08ms 459.63Mbps 444.12Mbps
夕方 12.19ms 468.99Mbps 449.85Mbps
12.76ms 434.42Mbps 416.68Mbps
深夜 11.25ms 489.43Mbps 466.35Mbps

引用:みんなの回線速度

この数値だけを見てもピンと来ませんが、一般的な他の光回線実測値は150Mbpsから200Mbps前後が多いです。

その上であらためて上記の数値をご覧ください。

NURO光は、あらゆる時間帯で2倍以上の数値を安定して叩きだしています。

回線の速度は、個々の様々な環境によって変化します。

多くの人が同時に使ったりすれば、道路と同じように渋滞が起こりますし、NURO光と一口に言っても、戸建てタイプとマンションタイプでは異なります。

そのため、実際の回線速度は参考程度とも言えます。

それでも回線を実際に使っている方々による数多くのデータの平均は、大きな指針になります。

ネットにあるNURO光の口コミでも、通信速度は多くの方に好評なようです。

価格.comに書き込まれている、NURO光の回線速度についてピックアップしてみます。

スポンサーリンク
マンションタイプのnuro光に加入しています。同じマンション内で4世帯くらい加入しているようです。基本的にはどの時間帯でも下り100Mbps以上は出ていると思います。有線LAN環境で平均500Mbps、本当に速いと950Mbpsくらい出ています。ダウンロードは本当に速くてびっくりです。
今までADSL→ソフトバンク光→NURO光と契約sてきましたが、やはり最速でストレスフリーです。
文句なしの爆速です。デスクトップPCにLANを直接挿しているので、爆速(下り800Mbps~900Mbps)と回線が途切れたりしない安定性が両立できています。

公平性を保つ意味でも悪い口コミを探してみましたが、実際少ないです。

まあまあかな、長く待つことがあまりないですから。
まあまあ。売りにしている割には遅いときがある。普段使いには支障なし。

なぜ?NURO光は早いのか?

通信回線速度において理想を追求すれば、1本の光ファイバー回線を自分一人だけで使う事です。

しかし掛かる料金に関しては、現実的な金額ではなくなります。

その為、1本の光ファイバー回線を多くの人で分け合う技術が導入されることになります。

この技術を「受動光ネットワーク」と言います。

英語だと「Passive Optical Network」になり、頭文字から通常PONと呼ばれています。

PONの技術は色々ありますが、日本にある多くのサービス提供業者は「GE-PON」と呼ばれる技術を採用しています。

「GE-PON」のメリットは、有線LAN規格の「イーサネット」信号をそのまま使えることにあります。

この利便性はシステムをシンプルにする事が可能であり、比較的低コストで運営ができることから普及しました。

NURO光は光回線サービス開始が比較的遅かったため、他社と同様の普及した技術「GE-PON」で参入することを回避して、アドバンテージの持てる技術を模索する中で「G-PON」に目を付けたと考えられます。

「G-PON」は「GE-PON」と比較して、システムが複雑になりコストが掛かります。

それでもNURO光が「G-PON」に拘ったのは、実現出来る通信速度の違いにあります。

理論上では、「GE-PON」の通信速度が最大1Gbpsなのに対して、「G-PON」での通信速度は最大下り2Gbps可能だからです。

2倍の速度が出るのはあくまで理論上の話ですが、前述のユーザーが計測している速度調査の数値が、一般的な回線速度の2倍になっていることが、偶然で無い事に説明が付きます。

では何故、同業他社が「G-PON」に変更しないのか?

疑問に思いますよね?

それにも理由があって、今使っている「GE-PON」を発展させて「G-PON」にすることが技術的に出来ないからです。

今までコストを掛けて構築してきた「GE-PON」を全部ご破算にして、全く新たに大きな設備投資をしても採算が合わないからです。

NURO光が「G-PON」の採用で見通したアドバンテージのひとつです。

通信速度が速い光回線が選ばれる理由

2020年12月現在、光回線の主流スピードは1Gbpsです。

NURO光では普及タイプのNURO光G2Vでも、理論上は2倍である2Gbpsの速度が出ることになります。

実際に速度が速いと言うことは、漠然と快適なんだろうなぁ~と考えていらっしゃるあなた!

その判断に間違いは有りません。

もうちょっと具体的なシチュエーションで考えると、最近増えているテレワークでの会議などで、動画や音声が快適にストレス無く出来る事が挙げられます。

もちろん通常の回線1Gbpsでも問題無く使える事も多いです。

スポンサーリンク

ただ、2000ccの車と1000ccの車を比較した時に、同じ目的地に到着することは可能でも、すべてに余裕があって状況に左右されにくく、快適さが違うということです。

また仕事上で大きなファイルを頻繁にダウンロードする・アップロードする機会があるなら、計算上かかる時間が半分で済む事になります。

仕事以外でも、速度の速さを実感することは多々あります。

高画質の動画視聴や、増加傾向にある大容量で反応速度が必要なゲーム利用時に、通常の倍ほど基礎体力があることを感じる事が出来ます。

通信速度が出る為の無料レンタル機材とサポートの一本化

回線がいかに高性能であったとしても、それだけで使いたい機器の接続は出来ません。

速度品質に見合った、高性能な光回線最終装置(上の図にもあるONUと呼ばれる機械です)が必要になります。

一般的には、ONUからルーターと呼ばれる機器にさらに接続します。

ルーターというのは、パソコンやスマホ・ゲーム機など使いたい機材を有線や無線Wi-Fiで接続するために必要なものです。

どんなルーターを購入すれば良いのか?

設定はどうすればいいのか?

ネット導入初心者にとっては、ひとつの障壁になっている事も少なくありません。

NURO光では光回線装置(ONU)が契約中は無料でレンタルされます。

この貸し出されるONUはルーター機能を内蔵していて、この機材のみでネット接続環境が完結します。

別途のルーター購入費用が抑えられるだけでなく、サポートの一本化も魅力ですね。

トラブルが発生した場合に通常は、

原因が回線なのか?

接続業者(プロバイダ)なのか?

ONU(接続機材)なのか?

はたまた…その先にあるルーターなのか?

を切り分けて、それぞれのサポートを受ける必要があります。

NURO光では一つの窓口で完結する事が期待出来て、それも人気の理由のひとつになっています。

まとめ

NURO光

NURO光が多くの人に人気があるのは、知名度だけでなく真っ当な理由があります。

一番大きな理由は、その基本性能とも言える回線スピードです。

今回は人気の理由を、速度の面から解説しました。

NURO光が人気の理由
  • 回線スピードが速い(通常の光回線の2倍)
  • プロバイダを選択する必要が無い
  • ルーター機能がある機材の無料レンタルがあり、ルーターの別途購入不要

などがあります。

スポンサーリンク

光回線導入を検討中ならば、NURO光を候補に入れる事をオススメします。

【公式】NURO光