ドコモ

OCN モバイル ONEからドコモへ乗り換える手順とメリット

OCN モバイル ONEはNTTドコモの回線網を利用して通信サービスを提供するMVNOです。

同じNTT系列ですが、昼間や夕方の通信速度の低下などデメリットがあり、MNOにMNPで乗り換えたいという人が増えています。

同じNTT系列でMNPによる乗り換えはできるのでしょうか。

その場合の手順を含めてまとめてみました。

OCN モバイル ONEからドコモに乗り換えは可能

OCNモバイルONE

OCN モバイル ONEはNTT系列ですが、NTTドコモへMNPによる乗り換えが可能です。

NTTドコモの回線を利用していても、他社として扱われるからです。

実際に乗り換え手続をしてみるとわかりますが、スムーズに手続が完了します。

OCN モバイル ONEからドコモへ乗り換える手順

OCN モバイル ONEからNTTドコモへMNPによる乗り換えをするのは、決して難しくはありません。

手順さえ知っておけば、案外簡単にできることがわかります。

  1. OCN モバイル ONEに10桁のMNP予約番号を申請する
  2. MNP予約番号を利用してドコモへMNPによる乗り換え手続をする
  3. 回線開通手続をする

3番目の回線開通手続はドコモショップでMNPする場合必要がありません。

今回はドコモオンラインショップを利用して乗り換え手続をする方法を解説する関係で、回線開通手続についても触れています。

ドコモオンラインショップで乗り換えするメリット

OCN モバイル ONEからドコモに乗り換える場合、ドコモオンラインショップを利用したほうがメリットは大きいです。

特に他のMNOよりもそのメリットは大きいです。

その理由を解説します。

頭金0円

ドコモオンラインショップでスマートフォンを購入する場合、分割支払で発生する頭金が不要です。

ドコモショップでは分割支払金とは別に頭金が請求されます。

3,300円(税込)~11,000円(税込)程度が相場ですが、これはショップの利益分です。

オンラインショップは人件費がかからないので、頭金がいりません。

事務手数料が不要

auやソフトバンクなどのMNO、MVNO各社はMNPによる新規契約時に事務手数料を設定しています。

ドコモはドコモショップや家電量販店での契約時に3,300円(税込)の新規事務手数料を請求しています。

これがドコモオンラインショップでは不要です。

つまり頭金に加えて3,300円(税込)更に得する計算になります。

オプション加入が不要

ドコモオンラインショップで手続をする場合、不要な有料オプションを追加する必要がありません。

ドコモショップではショップ収入につながるため、有料オプションを積極的に勧めてくるので、それが厄介だと感じる人もいます。

勧誘がない分ストレスフリーで手続ができます。

スポンサーリンク

いつでも手続が可能

ドコモショップで手続をする場合、時間帯や曜日によっては店が混雑していて手続ができないこともあります。

ドコモオンラインショップなら、24時間いつでも好きなときに手続ができるので、待ち時間は一切ありませんし、受付ができないこともありません。

仕事が忙しい人でも、空いた時間に手続ができるのが便利です。

ハイエンド機種も選択できる

ドコモオンラインショップならアンドロイドやiPhoneのハイエンド機種も選択できます。

最新のスマホも在庫さえあれば購入できるので、ほしいと思っていたスマートフォンを購入できます。

MNOならではのメリットです。

以上の理由から、ドコモオンラインショップで手続をするメリットはとても大きいと言えるのです。

OCN モバイル ONEからドコモへMNPする手順

OCN モバイル ONEからドコモオンラインショップを利用してMNPによる乗り換えをする手順を見ていきましょう。

最初に覚えておきたいのは、事前準備に必要なものです。

単にオンラインショップにアクセスすればすぐに手続ができるというわけではありません。

MNP予約番号を取得しよう

OCN モバイル ONEのマイページにアクセスして、10桁のMNP予約番号を取得します。

MNP予約番号の申込みを済ませると、3日程度でメールで番号が届きます。

手元に番号が届いたらメールを保存し、予約番号をメモするなどしてすぐに利用できるようにしておきましょう。

MNP予約番号の有効期限と手続

MNP予約番号には15日間の有効期限があります。

ドコモオンラインショップでMNPを利用して新規契約手続きをする場合、MNP予約番号の有効期限が最低でも10日残っていないとだめです。

OCN モバイル ONEから3日後に予約番号が送られてくることを考えると、届いたらすぐにMNP手続をするのが望ましいです。

本人確認書類を準備

ドコモオンラインショップで手続をする前に、本人確認書類を準備しておきます。

本人確認書類には運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなどがあります。

住所変更を済ませていない場合は、住民票もしくは現住所が掲載されている公共料金の領収書が必要です。

本人名義のクレジットカードも

ドコモオンラインショップでは支払い方法をいくつか選べますが、料金の支払いは本人名義のクレジットカードを選択してください。

銀行引き落としも選べますが、その場合MNPの有効期限までに手続が終わらない可能性もあるからです。

ドコモオンラインショップでMNPによる新規契約をしよう

必要なものの準備が整ったら、ドコモオンラインショップへアクセスします。

ほしいスマートフォンを探し、気に入った端末が見つかったら乗り換えによる新規契約手続をします。

在庫があるスマートフォンのみ選択可能で、在庫切れの商品は選択ができません。

各種情報の入力と選択

次にOCN モバイル ONEから送られてきたMNP予約番号を準備します。

スポンサーリンク

契約画面では住所や氏名などの個人情報の他に、分割で購入する場合は勤務先や年収などの情報、MNP予約番号と乗り換え予定の電話番号の入力、とネットワーク暗証番号の設定を行います。

支払い方法の選択と本人確認書類

クレジットカードで支払う場合はクレジットカードに記載されているカード番号や有効期限、ローマ字の氏名を入力します。

本人確認書類はスマートフォンなどで撮影して画像をアップロードしてください。

それぞれの入力項目は間違えないように慎重に入力しましょう。

端末購入の注意点

スマートフォンを購入する場合、分割もしくは一括の支払い方法が選べます。

分割の場合は、所定の審査があるため、勤務先等の情報が必要になります。

審査は申込後行われますが、100%承認されるとは限らないので、まずは審査結果を待つようにしましょう。

端末の支払回数も選択できます。

12回、24回、36回払いから選択できます。

月々の負担を減らしたい場合には36回払いも選択可能です。

分割の際の金利手数料はかかりません。

最終確認

すべての入力が完了したら、最終画面に進みます。

入力内容、契約予定のプラン、毎月の支払い金額などが表示されます。

入力内容に間違いがなければ、申込みをクリックして手続を終えてください。

端末とSIMカードは後日自宅もしくは入力した所定の場所へ送付されます。

届いたら

商品が届いたら、まずはスマートフォンの状態を確認して傷などがついていないか、正常に動作するかを確認してください。

確認ができたら一旦電源をオフにしてSIMカードを挿入し、電源を切ったままにしておきます。

回線移行手続き

ドコモオンラインショップでMNPによる新規契約を申し込んだ場合、必ず行わないといけないのが回線移行手続きです。

これはOCN モバイル ONEを解約してNTTドコモへ回線を引っ越す作業になります。

手続は電話もしくはドコモオンラインショップの注文ページでできます。

おすすめはオンラインでの手続です。

接続状況を確認

開通手続が完了したら、スマートフォンの電源をオンにして、アンテナピクトが立っているかを確認し、通信が正常にできるかを確認しましょう。

この時点でOCN モバイル ONEとの契約は自動的に解約になり、ドコモとの契約が始まります。

OCN モバイル ONEからドコモへの乗り換えは難しくない

OCN モバイル ONEからドコモへのMNPによる乗り換え手続をまとめてみました。

ドコモオンラインショップで契約すれば、事務手数料が不要など他のMNOよりもオトクに契約できます。

スポンサーリンク

いつでも時間があるときに手続きできるので、ここで紹介した手順で契約すれば、失敗することなく乗り換えができるはずです。

【公式】ドコモオンラインショップ

関連記事