OCN モバイル ONE

OCNモバイルONEのメリット・デメリット!4年以上利用中の筆者が徹底解説

OCNモバイルONEは老舗と呼ばれる格安SIMの1つです。

長年に渡って安定したサービスを提供しつつ、2019年には新プランを打ち出すなど進化も続けています。

今回はそんなOCNモバイルONEのメリット・デメリットを、実際に4年以上利用している筆者が徹底的にまとめました。

OCNモバイルONEのメリット・デメリットを知りたい人は、ぜひ参考にしてください。

OCNモバイルONEのメリット

まずはOCNモバイルONEのメリットをチェックしていきましょう。

  • 新コースは通信速度が速く安定している
  • 新コースの料金が安い
  • 端末セットが安い
  • 旧コースは高品質な低速通信が使い放題
  • 公式アプリが便利
  • 新コースは最低利用期間・違約金ともになし
  • 3つのかけ放題オプションから選べる
  • OCN光とのセット割で1回線につき200円の割引
  • MUSICカウントフリーが無料で使える
  • Wi-Fiスポットが無料で使える
  • 最大5枚のSIMカードで容量シェアできる

新コースは通信速度が速く安定している

OCNモバイルONEは2019年11月に料金プランを一新し「新コース」をスタートさせました。

新コースは旧コースと比べて通信速度が速く安定しているのがメリットです。

一般的な格安SIMは平日お昼や夕方など、回線が混雑する時間帯になると速度が極端に遅くなります。

1Mbpsを下回ることも多く、SNSやブラウジングといった軽い用途もやっとです。

OCNモバイルONEの新コースは平日お昼も快適な速度が出ます。

通信速度を重視する人でも問題なく利用可能です。

OCNモバイルONEの通信速度の詳細はこちらの記事も参考にしてください。

OCNモバイルONEの通信速度は遅い?実際に計測してみたOCNモバイルONEを使う際に気になるのが通信速度ですよね。 OCNモバイルONEは2019年11月から新コースをスタートしていま...

新コースはサービスが始まったばかりなので速度が速い、という可能性もあります。

新コースの料金が安い

OCNモバイルONEの新コースは旧コースよりも月額料金が安くなりました。

実際に新コースと旧コースの音声通話SIMの料金を比較すると以下の通りです。

データ通信量 旧コース 新コース
110MB/日 1,600円
170MB/日 2,080円
1GB/月 1,298円(税込)
3GB/月 1,800円 1,628円(税込)
6GB/月 2,365円(税込) 2,178円(税込)
10GB/月 3,000円 3,168円(税込)
20GB/月 5,335円(税込) 4,840円(税込)
30GB/月 6,750円 6,578円(税込)

全体的に旧コースより月額料金が安くなっているのが分かります。

とくに安いのが3GBのプランです。

旧プランより320円も安くなっています。

実は新コースの3GBプランは格安SIM全体で見ても最安値クラスです。

主要な格安SIMの3GBプランの料金を比較しました。

格安SIM 3GBプラン(音声通話SIM)の月額料金
OCNモバイルONE 1,628円(税込)
BIGLOBEモバイル 1,600円
IIJmio 1,600円
LINEモバイル 1,628円(税込)
mineo 1,600円
NifMo 1,600円
UQモバイル 2,178円(税込)
楽天モバイル 1,600円

ほとんどの格安SIMは3GBプランが1,600円となっています。

OCNモバイルONEはそれらより120円安いです。

たった120円と思うかもしれませんが、1年換算だと2,400円の差になります。

長く使えば使うほど、この差は大きいです。

OCNモバイルONEの旧コースはどちらかと言うと料金が割高と言われていました。

対して、新コースは格安SIMの中でも比較的安いです。

スポンサーリンク

6GBコースは元々安い水準でしたが、新コースではさらに値下げされて業界最安値クラスになっています。

端末セットが安い

OCNモバイルONEは端末セットが安いです。

メーカーの定価より大幅に安い価格設定になっており、単体で購入するより1万円以上安いこともあります。

端末セットは他の格安SIMでも取り扱いがありますが、OCNモバイルOENほど安いところはありません。

例として、人気のSIMフリースマホである「OPPO Reno A」の端末セット価格を比較してみました。

格安SIM OPPO Reno Aの価格(一括)
OCNモバイルONE 27,000円
IIJmio 32,780円(税込)
LINEモバイル 39,380円(税込)
mineo 38,280円(税込)
NifMo 39,380円(税込)
楽天モバイル 35,273円

OCNモバイルONEなら、他社より3,000~7,000円ほど安く購入できるのが分かります。

さらに、OCNモバイルONEでは端末代が安くなるセールを頻繁に実施。

ただでさえ安い端末を、より安く購入することが可能です。

さきほどのOPPO Reno Aで言うと、セール中は20,000円以下で購入できることもありました。

どうせ同じ端末を買うなら、安いほうが良いですよね。

旧コースは高品質な低速通信が使い放題

OCNモバイルONEは新コースがスタートしていますが、2020年2月時点では旧コースの申し込みも受け付けています。

旧コースは低速通信を無制限に使えるのがメリットです。

OCNモバイルONEの低速通信は最大通信速度が200kbpsと遅いですが、データ通信量を消費しません。

読み込みの最初だけ高速通信を使える「バースト転送」に対応しているため、低速通信でもSNSや音楽ストリーミング、地図アプリなど軽い用途なら使えます。

しかも速度切り替えに対応しており、いつでも高速通信と低速通信を切り替えることが可能です。

普段は低速にしておき、動画視聴やアプリのダウンロードの時だけ高速通信を使う、といったように賢くデータ通信量を節約できます。

筆者もOCNモバイルONEの低速通信をよく使います。

主に音楽ストリーミング(Apple Music)やGoogle Map、ゲーム(ドラクエウォーク)を利用していますが、低速でも快適ですよ。

新コースの低速通信も優秀ですが、無制限には使えなくなりました(詳しくは後述)。
低速メインなら旧コースも検討してください。

公式アプリが便利

OCNモバイルONEには専用の公式アプリ「OCNモバイルONEアプリ」が用意されています。

公式アプリを使うと、以下のような手続きをスマホからワンタッチで行うことができ、とても便利です。

  • データ通信量の確認
  • 契約内容・請求情報の確認
  • 通話料金明細の確認
  • 速度切り替え
  • 容量追加
  • Wi-Fiスポットの検索
  • SIM追加
  • コース(料金プラン)の変更

筆者はデータ通信量の確認や速度切り替えを頻繁に利用します。

そのたびにマイページにログインするとなると、かなり面倒です。

OCNモバイルONEアプリを入れておけば、アプリを起動するだけでいいので手間がかかりません。

公式アプリは必須ではありませんが、OCNモバイルONEを快適に使いたいならぜひインストールしておきましょう。

新コースは最低利用期間・違約金ともになし

OCNモバイルONEの新コースは最低利用期間がありません。

一般的な格安SIMでは音声通話SIMに1年間の最低利用期間が設定されています。

スポンサーリンク

最低利用期間内に解約すると数千円の違約金がかかります。

大手キャリアの2年縛りと比べると制限は緩いものの、違約金がかかるとなると気軽には解約できません。

OCNモバイルONEの新コースでは最低利用期間がなくなりました。

もちろん、違約金も一切かかりません。

試しに格安SIMを使ってみたい人でも安心ですね。

なお、旧コースの音声通話SIMには最低利用期間があります。

とは言え、最低利用期間は6ヶ月間と短いですし違約金も1,000円と安いです。

データSIMは新コース・旧コースともに最低利用期間がなく、違約金もかかりません。

3つのかけ放題オプションから選べる

OCNモバイルONEには3つのかけ放題オプションが用意されています。

オプション名 月額料金 内容
10分かけ放題 850円 1回10分までの国内通話が何度でも無料
トップ3かけ放題 850円 その月の国内通話料上位3番号の通話料が無料
かけ放題ダブル 1,300円 1回10分の通話が何度でも無料になり、残りの通話料上位3番号の通話料も無料

短い通話を何度もする人は10分かけ放題、家族や友人など特定の人とだけ長電話をする人はトップ3かけ放題など、通話スタイルに合わせてオプションを選べます。

とくにトップ3かけ放題は他社ではあまり用意されていない、珍しいかけ放題です。

普段電話をかける人が決まっているなら、ほぼ完全かけ放題のように使えます。

無料の通話アプリ「OCNでんわ」を使えば通話料が通常の半額(10円/30秒)になります。
電話の頻度が少ない人はかけ放題を使わずOCNでんわを使えば十分です。

OCN光とのセット割で1回線につき200円の割引

OCNモバイルONEをOCNの光回線「OCN光」とセットで利用すると「OCN光モバイル割」が適用され、月額料金が200円割引されます。

OCN光1回線につきOCNモバイルONE5回線まで割引されるので、合計最大1,000円の割引を受けることが可能です。

すでに自宅の光回線がOCNだという人はスマホもOCNモバイルONEにするとお得になりますよ。

なお、OCN光モバイル割は条件を満たしたうえで別途申し込みが必要です。

OCN光とOCNモバイルONE、両方の契約が完了したらOCNのマイページからOCN光モバイル割の申し込みをしてください。

MUSICカウントフリーが無料で使える

OCNモバイルONEには対象の音楽ストリーミングサービスがデータ通信量を消費しなくなる「MUSICカウントフリー」というサービスがあります。

MUSICカウントフリーを適用すると、以下の音楽ストリーミングサービスが使い放題です。

  • Amazon Music
  • ANiUTa
  • AWA
  • dヒッツ
  • Google Play Music
  • LINE MUSIC
  • RecMusic
  • Spotify
  • ひかりTVミュージック

こういったカウントフリーサービスは他社だと月額料金がかかることがほとんどですが、MUSICカウントフリーは無料で使えます。

対象の音楽サービスのヘビーユーザーなら、OCNモバイルONEにすることで快適に音楽を楽しめますよ。

MUSICカウントフリーを利用するには申し込みが必要です。

OCNモバイルONEを申し込み後、OCNモバイルONEのマイページから申し込み手続きをしてください。

MUSICカウントフリーは火曜日から月曜日までの申込み分について、次の水曜日に適用されます。

  • 2020年2月24日(月)に申し込んだ場合:2月26日(水)から適用
  • 2020年2月25日(火)に申し込んだ場合:3月4日(水)から適用

申し込むタイミングによっては、利用できるまで1週間ほどかかります。

利用する場合は早めに申し込んでください。

スポンサーリンク

Wi-Fiスポットが無料で使える

OCNモバイルONEは公衆無線LANオプション「Wi-Fiスポット」を無料で使えます。

同様のオプションは他社にもありますが、無料で使えるのは珍しいです。

Wi-Fiスポットのアクセスポイント数は全国87,000ヶ所にも及びます。

カフェやコンビニ、スーパー、ファストフード店など、幅広いお店で利用可能です。

Wi-Fiスポット利用中はデータ通信量を消費しませんし、回線が混雑していても快適にインターネットができます。

OCNモバイルONEアプリを使えば、エリア内に入ると自動で接続されるのも楽です。

利用できるエリアはOCNモバイルONE Wi-Fiスポット公式サイトに掲載されています。

気になる人は、事前に自分の住んでいる場所の近くにアクセスポイントがあるかどうかチェックしておきましょう。

最大5枚のSIMカードで容量シェアできる

OCNモバイルONEは最大5枚のSIMカードで容量をシェアできます。

家族で格安SIMを使いたい人や1人で複数枚のSIMを運用したい人におすすめです。

容量シェアの料金は以下の通りです。

SIMタイプ 月額料金
データSIM 400円
SMS付きデータSIM 520円
音声通話SIM 1,000円

容量シェアはOCNモバイルONEアプリから簡単に申し込みできます。

いつでも手軽に申し込めるのも、OCNモバイルONEの容量シェアのメリットです。

容量シェアしているSIMカードはOCN光モバイル割の対象外です。
OCN光とセットで使う時は、シェアではなく個別に契約しましょう。

OCNモバイルONEのデメリット

続いて、OCNモバイルONEのデメリットを見ていきます。

  1. 旧コースは混雑時の速度が遅い
  2. 新コースで低速通信を使いすぎるとさらに制限される
  3. キャリアメールが使えない
  4. LINEのID検索ができない
  5. 専門ショップがない
  6. 端末セール以外のキャンペーンは少なめ

旧コースは混雑時の速度が遅い

OCNモバイルONEの旧コースを使う場合は回線混雑時の速度が遅いことに注意してください。

新コースは通信速度が速く、1日を通して安定しています。

一方、旧コースは混雑時の通信速度が遅いです。

とくに昼休みの学生やサラリーマンが一斉にスマホを使う平日お昼は極端に遅くなります。

上記の時間にスマホをよく使う人は、旧コースではなく新コースを契約してください。

OCNモバイルONEの通信速度に関してはこちらの記事も参考にしてください。

OCNモバイルONEの通信速度は遅い?実際に計測してみたOCNモバイルONEを使う際に気になるのが通信速度ですよね。 OCNモバイルONEは2019年11月から新コースをスタートしていま...

新コースで低速通信を使いすぎるとさらに制限される

OCNモバイルONEの新コースでは低速通信を使いすぎるとさらに制限がかかります。

低速通信が制限される条件は「1ヶ月で契約コースのデータ通信量の半分以上の低速通信を使うこと」です。

例えば3GBコースを利用している場合は1ヶ月に1.5GB以上の低速通信を使うと速度制限がかかります。

実際に筆者が低速通信をたくさん使って低速制限にかかってみたところ、速度が50kbps前後しかでませんでした。

通常の低速通信の最大速度は200kbpsなので、4分の1くらいまで下がることになります。

スポンサーリンク

低速制限にかかるとブラウジングやSNSも読み込みが長くて満足に使えませんでした。

OCNモバイルONEの低速通信は快適ですが、使いすぎには注意してください。

低速制限にかかっているかどうかはOCNモバイルONEアプリで確認できます。
低速があまりにも遅い時は、低速制限にかかっていないかチェックしてください。

ちなみに、低速制限にかかっても容量追加をすれば解除可能です。

また、高速通信は制限されないため、高速通信に切り替えれば通常通りスマホを使えます。

キャリアメールが使えない

OCNモバイルONEではキャリアメールが使えません。

キャリアメールは大手キャリアが提供しているメールサービスです。

例えばドコモなら「@docomo.ne.jp」というメールアドレスが使えます。

大手キャリアを解約するとキャリアメールは使えなくなります。

GmailやYahoo!メールといったフリーメールアドレスで代用してください。

OCNモバイルONE契約者(OCN会員)はOCNメールというメールアドレスが使えます。

ただ、扱い的にはフリーメールとほぼ同じなので、キャリアメールの代わりにはなりません。

OCNモバイルONEを解約すると使えなくなるのもデメリットです。

メインで使うなら回線契約に紐づけられていないフリーメールにしましょう。

OCNメールにはOCNからのお知らせや契約変更時の確認メールが届きます。
メインのアドレスとして使わない場合もこまめにチェックしてください。

LINEのID検索ができない

OCNモバイルONEではLINEのID検索ができません。

LINEのID検索をするにはLINEの年齢確認をしないといけません。

しかし、LINEの年齢確認は大手キャリアのシステムを経由して行います。

例えばドコモユーザーは「My docomo」を経由することで年齢確認が可能です。

OCNモバイルONEではそのようなシステムは使えず、年齢確認ができません。

LINEの友だち追加はID検索以外にQRコードやふるふるなどがあるので、そちらで代用してください。

どうしてもID検索を使いたい場合は独自の確認方法がある「LINEモバイル」か、My SoftBank経由で年齢確認できる「Y!mobile」を契約しましょう。

すでに年齢確認を済ました端末でOCNモバイルONEのSIMを使う場合は引き続きID検索が使えます。

専門ショップがない

OCNモバイルONEには大手キャリアのような専門ショップがありません。

大手家電量販店には即日受渡カウンターがあり、新規契約やMNP転入、容量シェアの申し込みが可能です。

しかし、修理受付など契約後のアフターサポートは受けられません。

OCNモバイルONEのサポートは電話とメールが中心です。

対面によるサポートを重視する場合はUQモバイルや楽天モバイルなど、専門ショップがある格安SIMを選びましょう。

スポンサーリンク

有料オプションの「あんしんモバイルパック」を契約すると遠隔操作によるサポートを受けられます。
スマホの設定に自信がない人は、契約しておくといいでしょう。

端末セール以外のキャンペーンは少なめ

OCNモバイルONEでは端末セールは頻繁に実施されますが、それ以外のキャンペーンは少ないです。

他社だと月額料金割引やポイントのプレゼントなど、SIMのみで契約してもお得になるキャンペーンを展開しているところもあります。

OCNモバイルONEはそういったキャンペーンが少ないため、SIMのみ契約する人だとお得感は薄いです。

とは言え、元々の月額料金は安いので損をするわけではありません。

OCNモバイルONEのメリット・デメリットまとめ

以上、OCNモバイルONEのメリット・デメリットをまとめました。

改めて、OCNモバイルONEのメリットを振り返ってみましょう。

  • 新コースは通信速度が速く安定している
  • 新コースの料金が安い
  • 端末セットが安い
  • 旧コースは高品質な低速通信が使い放題
  • 公式アプリが便利
  • 新コースは最低利用期間・違約金ともになし
  • 3つのかけ放題オプションから選べる
  • OCN光とのセット割で1回線につき200円の割引
  • MUSICカウントフリーが無料で使える
  • Wi-Fiスポットが無料で使える
  • 最大5枚のSIMカードで容量シェアできる

2019年11月にスタートした新コースは通信速度が安定しており、月額料金も安いです。

端末セットも安く、セールも頻繁に行っています。

乗り換えを機にスマホも新しくしたい人にピッタリです。

この他にも使い勝手の良い公式アプリや無料のカウントフリーサービスとWi-Fiスポット、容量シェアなど、サービスの充実具合はトップクラス。

新コースなら最低利用期間も違約金もないため、格安SIMを試しに使ってみたい人にもおすすめです。

一方で、OCNモバイルONEには以下のようなデメリットもありました。

  1. 旧コースは混雑時の速度が遅い
  2. 新コースで低速通信を使いすぎるとさらに制限される
  3. キャリアメールが使えない
  4. LINEのID検索ができない
  5. 専門ショップがない
  6. 端末セール以外のキャンペーンは少なめ

旧コースは混雑時になると通信速度が遅くなります。

通信速度を重視する場合は新コースを選んでください。

一方、新コースは低速通信を使いすぎるとさらに制限がかかるというデメリットがあります。

低速通信を活用したい人は、新コースではなく旧コースを検討してください。

この他のデメリットは他の格安SIMにも共通しているものばかりで、大きなデメリットはあまりないと言えます。

【公式】OCN モバイル ONE

ABOUT ME
吾妻 和希
格安SIM・スマホが好きなライター。学生時代に節約のため格安SIMを使い始めました。格安SIM歴は6年を越え、その経験を生かしてスマホライターとして活動中。
iPhone 13を買うなら「楽天モバイル」がおすすめ



楽天モバイルなら、iPhone 13を安くお得に購入できます。

「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」で購入すると、月々たったの2,058円。
最新のiPhoneが約半額で買えちゃいます!
さらに初めてのプラン申し込み&他社から乗り換え(MNP)なら最大30,000ポイント還元されます。

iPhone 13を安く買うなら今がチャンスです!

関連記事