OCN モバイル ONE

お昼休みも快適になった!新コースの登場で通信速度が改善されたOCNモバイルONE

NTTコミュニケーションズが運営する格安SIMのOCNモバイルONEは、ユーザーから通信速度が遅いと言われることがよくありました。

確かに昼休みや夕方のラッシュ時など、混雑する時間帯は遅くなりやすいのが格安SIMのデメリットです。

ところが、最近、OCNモバイルONEでは大きなプランの変更があり、その変化に合わせて通信速度にも大きな変化が表れたと言われています。

実際のところどうなのか、OCNモバイルONEの通信速度を中心に詳しくお伝えしましょう。

OCNモバイルONEが遅いと言われる理由

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは通信速度が遅いと言われることがよくありましたが、実際にどのような状況で遅くなることがあるのでしょうか。

ネットの利用者が増える時間帯は遅くなりやすい

OCNモバイルONEに限ったことではなく、格安SIMの場合、ネットを利用する人が急増する昼間や夕方以降に通信速度が遅くなる傾向があります。

一度に多くの人がネットにつなぐため、通信回線が混雑してしまうからです。

そのため、平日なら学校や会社の昼休みに当たる12~13時ごろと、夕方の帰宅時のピークである17~18時ごろで特に遅く感じられます。

混雑する時間帯以外も常に遅いと言われていたOCNモバイルONE

昼間や夕方に通信速度が遅くなるのは、OCNモバイルONEだけでなく、キャリアも含めたすべての通信会社に当てはまることです。

しかし、キャリアは自前の強力な通信設備を持っているので、極端に遅くなるようなことはありません。

格安SIMは自前の通信設備を持たず、キャリアから回線を借りてサービスを提供しているという状況ですので、理論上はキャリアと同じ速度が出ると言いつつも、実際はキャリアと比べるとかなり速度が落ちます。

ただ、そのなかでも、OCNモバイルONEは特に速度が遅いとユーザーから言われていました。

しかも、回線が混雑する時間帯のみならず一日中平均して遅いとの悪評でした。

「もともと利用者の多いドコモ回線を使っているから」というのが一つの理由ではありますが、お昼時や夕方などでは「絶望的に遅くて全然使えない」とまで言われていたほどです。

遅い速度が改善されたOCNモバイルONEの新コースについて

OCNモバイルONE

格安SIMのなかでも特に遅いと評判が悪かったOCNモバイルONEですが、2019年11月に「新コース」として新しい料金プランが発表されました。

現在、OCNモバイルONEに契約すると自動的に新コースに案内されるようになっていますが、新コースになってから通信速度が飛躍的に改善したと評判です。

そこで、OCNモバイルONEの新コースについて、従来のコース(公式サイトでは「新コース以外」と表記、以降、それに統一)とどのような点が変わったのかを詳しく見てみましょう。

新コースで新たに登場した1GB/月コース

OCNモバイルONEの新コースで大きく変わったのは、その料金体系です。

新コースには、新設された1GB/月コースという低容量のプランと、従来からあった3GB/月コース、6GB/月コース、10GB/月コースという中容量のプラン、20GB/月コースと30GB/月コースという大容量のプランの全6種類があります。

ここでまず注目なのが、新設の1GB/月コースです。

こちらはその名の通り1か月に1GBしか使えない小容量プランなのですが、その月額料金がたったの1,298円(税込)(以降も基本的に価格は税込表記)と安く、それほど頻繁にネットを使用しないユーザーに歓迎されています。

全コースで新コースの方が安い

新しく登場した1GB/月コースだけでなく、従来からあった3~30GB/月コースの月額料金も、新コース以外と比べるとかなり割安の設定となっています。

OCNモバイルONEには、音声対応SIM、SMS対応SIM、データ通信専用SIMの3種類のSIMカードがありますが、たとえば3GB/月コースを例に取ると、新コース以外では音声対応SIMが1,980円(税込)、SMS対応SIMが1,342円(税込)、データ通信専用が1,210円(税込)なのです。

それが、新コースではそれぞれ1,628円(税込)、1,100円(税込)、968円(税込)と、300円および220円の値下げが行われました。

ほかの通信容量のコースでも、もれなく新コースの方がすべてのSIMカードで月額料金が安くなっています。

スポンサーリンク

新コースで改善された通信速度

OCNモバイルONE

新コースが登場して変わったのは料金面だけではありません。

通信速度にも新コースと新コース以外では大きな違いが生まれました。

OCNモバイルONEによると、新コースと新コース以外ではネットワークが分離されているため、新コースの通信速度や品質は新コース以外のそれと根本的に異なるとのことです。

そこで、新コースの速度が具体的にどのぐらい改善されたのかの前に、通信速度の改善と大きく関係している節約モードでの変更点をお伝えしましょう。

通信量の節約に便利な節約モード

OCNモバイルONEには、高速通信ができる通常のモードと、あえて最高速度を抑えて低速でしか通信できない「節約モード」という低速モードがあります。

なぜわざわざ低速にするのかというと、このモードで使用している間は高速通信の通信容量が消費されないからです。

つまり、サイトを閲覧するだけのように高速通信を必要としない場面で節約モードをオンにすることによって、通信容量の消費量をその名の通り節約できるようになります。

節約モード時の最高速度は200kbpsなので、動画を楽しむことは難しいですが、ちょっとネットを見たりSNSでやり取りする程度なら特に不都合はありません。

新コースの節約モードに制限が設けられた

新コースが登場する以前から、OCNモバイルONEにはこの低速通信に切り替えできる機能が備わっており、通信容量の節約になるとユーザーからも重宝されていました。

低速モードにしている限り、データ消費量がカウントされないわけですから、速度にさえ目を瞑れば無制限にネットが利用できていたからです。

ところが、新コースでは、節約モードは引き続き存在するものの、節約モードで通信できる容量にも上限が設けられてしまいました。

具体的には、節約モードで使用した通信量が、契約中のコースの通信容量の半分を超えた時点で速度制限を受けるという仕様への変更です。

たとえば、6GB/月コースを利用している方なら、節約モードでは3GBまで使えます。

それ以上使った場合、節約モードでの200kbpsという最高速度がさらに遅くなってしまいます。

具体的にどのぐらい遅くなるかは明記されていませんが、ろくにネットが使えないほどの速度しか出ないことは間違いないでしょう。

高速通信を快適にするための制限

新コースで月額料金が安くなってメリットしかないと思っていたのが、節約モードでの使用量に制限があると知ったらがっかりした方もいるのではないでしょうか。

しかし、この変更はユーザーに不都合を強いるだけの改悪ではありません。

低速通信に制限を設けたのも、高速通信の速度を安定させる目的があったからです。

OCNモバイルONEによると、従来は低速通信が無制限に利用できていたために、低速でネットを使いまくって通信量を節約しようとしたユーザーがかなりいたおかげで、ネットワークに大きな負荷がかかっていました。

そこで、ネットワークの負荷を減らすために、新コースでは低速通信での使用量に制限を設けたのです。

その結果、より快適な高速通信を提供できるようになったと言います。

要は、低速通信を制限したことによって、高速通信が以前よりも大幅にスピードアップしたということです。

なお、新コース以外では従来通り低速通信に容量制限はありません。

新コースのユーザーの通信速度に対する実感

OCNモバイルONE自身は、新コースは通信速度が速くなったと言っていますが、本当に速くなったのでしょうか。

実際に新旧のコースを使ったことのあるユーザーを調べたところ、ほとんどすべての人が速度の改善を実感しています。

スポンサーリンク

ただし、時間帯や場所、周囲の状況、時期によって通信速度は大きな影響を受けるため、人によって記録する速度は違うものです。

ですので、最高速度が平均どのぐらいになるかということは言いにくいのですが、回線が混雑しない時間帯なら40~50Mbpsは余裕で出て、これまで非常に遅くなると評判が悪かった昼休みや夕方でも5~10Mbps、なかには20Mbps以上出るというユーザーの報告が多数見られます。

新コースが速いのは今だけか?

OCNモバイルONEの新コースは、通信速度が以前よりも大幅に改善されたと言えそうです。

ただし、ここまで早いスピードが出るのは今だけで、もう少し時間が経てばもっと遅くなるだろうとの見方もあります。

というのも、新コースは、新コース以外とは独立して提供されているからです。

新コースは2019年11月がサービス開始ですから、開始当初は当然新コース以外と比べるとユーザーがあまりいません。

ユーザー数が少なければ回線も混雑しないため、いつでも快適な速度で利用できるというわけです。

今後、新コースのユーザー数が増えてくると、もっと速度は落ちてくるだろうと予想されています。

ユーザー数が少ないうちは速いのが当然

実際、OCNモバイルONEに限ったことではなく、どの格安SIMも登場当初はかなりのスピードが出るものです。

ユーザー数が少ないうちは回線も空いているので速くても不思議はありません。

ところが、そこで速いと話題になってユーザー数が増えた場合、当然ながら回線が混雑してしまうので、「言うほど速くないじゃん」と期待外れになってしまうことが多いというわけです。

遅いと言われる新コース以外と同程度になるかも

実際、OCNモバイルONEの新コースも、サービス開始当初の2019年12月ごろでは、混雑する昼間でも20Mbps以上を記録するなどして、「爆速」とまで大きな評判を呼んでいました。

ところが、2020年2月現在、すでにそのころほどの速度は出なくなっています。

昼間の時間帯で5~7Mbps程度という報告も見られます。

これがやがて、新コース以外がそうであるように、1Mbps以下になってしまうのではないかとの予想です。

実際はどうなるかまだわかりません。

発表によると、OCNモバイルONEとしても新コースの方を新コース以外より速度が出るように調整していくつもりらしく、そのために節約モードの通信容量にわざわざを制限を設けたわけです。

実際どうなるかはもう数か月様子を見てから判断すべきでしょう。

あと数か月も経てば、新コースのユーザー数も落ち着きを見せ、混雑時の時間帯の通信速度の真価もわかってくるはずです。

ただ、OCNモバイルONEでは、今後の新規契約者には新コースを選んでほしいようです。

新コース以外も新規に契約できますが、公式サイトでは新コース以外の申し込みページがややわかりにくくなっていますし、格安スマホセットで端末を購入できるのは新コースだけとなっています。

第一、新コースの方が新コース以外よりも月額料金がかなりお得ですので、通信速度がどうなるかはともかく、これから契約する方はやはり新コースを選ぶのが妥当でしょう。

新コース以外から新コースへの切り替えには注意が必要

OCNモバイルONE

新コースの方が月額料金が安いうえに通信速度も速いとなると、OCNモバイルONEの既存ユーザーの方のなかにもコースを変更したいという方がいるはずです。

もちろん新コース以外から新コースへの変更は可能ですが、少々注意しなければならないことがあるので、その点を詳しくお伝えします。

新コースへの変更は自分で申し込まなければならない

OCNモバイルONEでは新コースを猛烈にプッシュしている印象がありますが、新コース以外のユーザーは自ら変更を申し出ない限り、ずっと現在のコースのままです。

スポンサーリンク

自動的にお得な新コースに切り替えてくれるということはありません。

なお、一度新コースに変更すると、もう二度と新コース以外の元のコースには戻れないので注意してください。

新コースでは日次コースが選べない

OCNモバイルONEの新コース以外には、「110MB/日コース」と「170MB/日コース」という1日単位の通信容量が設定されている2つのコースがあります。

1日に利用できる量は多くありませんが、毎日一定量を平均的に使うという方にとっては便利なコースです。

この日次コースが新コースでは廃止されています。

代わりに新設されたのが、先にも触れた1GB/月コースです。

ただ、こちらは1か月で1GBの通信容量なので比較対象にはならないでしょう。

これまで日次コースを利用していて新コースに切り替えたいという方は、3GB/月コースか6GB/月コースを選ぶしかなさそうです。

適用中のキャンペーンが消える

新コース以外のユーザーのなかには、「新生活応援割」などのキャンペーンの適用を受けている方もいるはずです。

新生活応援割の対象は2019年2~3月に申し込んだ人が対象なので、今からこのキャンペーンを利用することはできませんが、このキャンペーンは2年間にわたって月額料金が割引されるという特典なので、現在もその恩恵を受けているユーザーは少なくないでしょう。

しかし、新コースに切り替えた途端にキャンペーンの適用は取り消されてしまいます。

新コース以外には解約違約金がある

新コースには最低利用期間がないため、これから契約する方にとってはいつ解約しても違約金が発生する心配がありません。

一方、新コース以外のユーザーのなかには、契約時期によっては、新コースの変更に伴い違約金が発生することがあります。

新コース以外の音声対応SIMのユーザーには、6か月の最低利用期間があり、利用開始が2019年10月1日以降なら1,100円(税込)、利用開始が2019年9月30日以前でまだ6か月経過していないなら8,800円(税込)の違約金がかかる決まりです。

料金がお得になると思って慌ててコースを変更して損をしないように注意してください。

もう遅いとは言わせないOCNモバイルONEの通信速度

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、以前まで格安SIMのなかでも特に通信速度が悪いとユーザーから悪評を受けていました。

ところが、2019年11月にスタートした新コースでは、サービス開始からそれほど時間が経っていないせいもありますが、以前よりかなり速い通信速度を記録しており、昼間や夕方など混雑時にも快適なネット利用が可能です。

ただし、ユーザー数が今より増えてくると、混雑時の速度が今より下がってくることは十分考えられます。

とはいえ、新コースは、新コース以外と比べて月額料金はお得ですし、最低利用期間もないためいつ解約しても違約金が発生しません。

どうしても速度に納得できない時は、違約金がないのですからいつでも他社に乗り換えられます。

というわけで、今からOCNモバイルONEに乗り換えるなら、やはり新コースがおすすめです。

【公式】OCN モバイル ONE

関連記事