格安スマホ/SIM

コスパ抜群!中古SIMフリーiPhoneと格安SIMの組み合わせが最強だった

「スマホが便利なのは知っているけれど価格が高くて手が出せない」という悩みを持つ人は少なくありません。

端末の購入費用だけでなく、月々の支払いも安く抑えたいという人におすすめしたいのが、SIMフリー版の中古iPhoneと格安SIMの組み合わせです。

では、なぜこの組み合わせが最強と言えるのか、またおすすめの購入方法や、購入するときの注意点についてもご紹介しましょう。

中古SIMフリーiPhoneを選ぶメリット

SIMフリーになっている中古iPhoneを購入するメリットは数多くあります。

主なポイントとしては以下の5つが挙げられるでしょう。

端末の価格が安い

大手キャリアで販売されているiPhoneは基本的に最新モデルであり、販売価格も非常に高額です。

いわゆる「実質無料」のプランを利用して2年ないし3年の分割払いを選択するとしても、トータルで支払う金額は7万円から10万円ほどにもなります。

中古のiPhoneは新品と比較して端末の価格が大幅に抑えられているので、予算が限られている人でも購入しやすいというメリットがあるわけです。

新しいモデルが発売されるたびに、古くなった世代のiPhoneはどんどん値下がりしていきます。

ですから、スマホをできるだけお得な料金で入手したいという人には中古のiPhoneがおすすめなのです。

型落ちでも性能は十分

「型落ちのスマホ」という表現を聞くと、性能が非常に劣った端末をイメージする人は多いでしょう。

iPhoneも毎年のように新しいモデルが発売されているため、型落ちとなった端末が大量に中古市場へ出回っています。

とはいえ、iPhoneは各モデルとも入念にデザインされたシステムが搭載されているため、1世代ないし2世代型落ちになったとしても性能そのものは非常に高いことが多いのです。

メモリを十分に搭載しているモデルであれば、たくさんのアプリを同時に開いたとしてもサクサク動作しています。

こうした理由から、中古のiPhoneを探し求める人はとても多いというわけです。

中古モデルの数量が多い

iPhoneは日本のスマホ市場において7割から8割程度という圧倒的なシェアを誇っています。

そのため、中古スマホ市場に出回る端末の数が多いというメリットがあるのです。

大手キャリアが新しいモデルの発売に合わせて高値下取りなどの買い替えキャンペーンを実施していることも、大量の中古iPhoneを生み出すことにつながっています。

そのため、モデルやカラーなど豊富な選択肢の中から気に入った端末を購入することができるわけです。

iPhoneに限らず、スマホユーザーの多くは端末を丁寧に取り扱っているため、中古ではあっても美品が占める割合が非常に多いというのも魅力でしょう。

いろいろなSIMを試してみることが可能

SIMフリーになっているiPhoneは理論上世界中のSIMに対応することができます。

日本国内で発売されている格安SIMにも当然対応可能です。

ですから、「自分に合った格安SIMがどれなのかわからない」「対応エリアや通信速度などを試してみたい」という人は、いろいろな格安SIMを契約して、iPhoneとの相性を試してみるとよいでしょう。

多くの格安SIMはユーザー自身が使用する端末を用意する場合、契約期間の縛りが適用されないようになっています。

ですから、中古のiPhoneで試してみて、相性が良くないと判断した場合には別のSIMへ切り替えていくということができるわけです。

スポンサーリンク

キャリアによる制限がない

SIMフリー版の中古iPhoneは、ほとんどが国内にあるApple Storeもしくは海外で購入されたものです。

つまり、NTTドコモなど国内の大手キャリアで発売されたものではありません。

ですから、キャリアによる制限などが課されている可能性が非常に低いというメリットがあるのです。

Apple Storeで購入されたもので比較的新しいモデルであれば、メーカーの保証期間内である可能性が高く、動作不良などが発生した時にはメンテナンスを依頼できるという利点もあります。

ですから、SIMフリーのiPhoneを購入するときは、いつ・どこで最初に購入されたものかを確認するとよいでしょう。

中古SIMフリーiPhoneのおすすめの購入方法

SIMフリー版の中古iPhoneを入手する方法は基本的に以下の3通りです。

各購入ルートが持つ特徴やそれぞれが持つメリットなどをチェックしていきましょう。

実店舗の中古ショップ

GEOなど実店舗で運営している中古ショップは、豊富な知識を持つ専門のスタッフが買い取りを行っています。

ですから、商品棚に陳列されている中古のiPhoneはどれも初期化された状態の良いものばかりと考えて問題ないでしょう。

パーツが不足していたり、バッテリーがほとんどチャージできない状態になっていたりするというリスクはほぼ皆無です。

また、ショップオリジナルのサポートプログラムを用意していることが多いので、購入後にトラブルが発生してしまったときでも安心というのも強みでしょう。

購入する前に直接商品を見て動作確認などをできるというのも大きな魅力ということができます。

中古スマホ専門のネットショップ

イオシスやノジマオンラインなどを始めとして、中古のiPhone端末販売を手掛けているネットショップは増えてきています。

実店舗を持たないことにより人件費などさまざまなコストを削減できているため、iPhoneの販売価格は総じて実店舗よりも安いというのが大きな強みです。

ほとんどの店舗が購入した商品に故障のサポートやクーリングオフなどの保証を付けているというのも魅力でしょう。

サイトの販売ページにはそれぞれの端末に関して複数の写真と詳細な説明が記載されているので、利用するユーザーは直接手に取ることができないとしても端末の状態をかなりの程度推測することができるはずです。

フリマもしくはオークション

メルカリに代表されるフリマや、ヤフオクに代表されるオークションサイトを利用すると、中古のiPhoneを格安で入手できると評判です。

全国のユーザーから出品されているので、モデルだけでなくカラーバリエーションなどに関しても選択肢が非常に多いというメリットもあります。

「緊急にキャッシュが必要となったからフリマで早く現金化したい」という理由で、比較的新しいiPhoneが驚くような価格で出品されたというケースも珍しくありません。

ですから、「何よりも安さにこだわってSIMフリー版のiPhoneを手に入れたい」というユーザーには、フリマアプリやオークションサイトの積極的な活用をおすすめします。

中古SIMフリーiPhoneを購入するときの注意点

SIMフリー版のiPhoneを中古ショップなどで購入しようと考えている人は、以下に示す8つのポイントをしっかり熟考したうえで判断を下すことをおすすめします。

赤ロムを購入してしまうリスクあり

赤ロムとは、以前の所有者が端末の支払いを完了していなかった、もしくは端末が盗難品であるなどの理由から、使用が制限されている端末のことです。

フリマやオークションサイトを介して中古のiPhoneを購入した結果、赤ロムを買わされてしまったというケースは珍しくありません。

残債の有無に関しては、端末の番号を通して公式サイトで簡単に照会することができます。

ですから、個人売買を利用しようと考えているなら、決済を完了する前に必ずこの確認をさせてもらいましょう。

スポンサーリンク

iPhoneの端末番号を提供しようとしない出品者に関しては、交渉を見送るのが賢明と言えます。

白ロムとSIMフリーは異なる

白ロムとは、NTTドコモなど国内キャリアで販売されたスマホ端末のことで、基本的には購入したキャリアのSIMのみで利用することができます。

ですから、格安SIMを購入するときは、購入したキャリアと対応しているSIMかどうかを確認する必要があるのです。

一方、SIMフリーのiPhoneはすべてのキャリアのSIMに対応しており、白ロムとは明確な違いがあります。

iPhoneをアプリやオークションサイトで購入する場合には、「SIMフリー」として出品しているにもかかわらず、実際に購入したら白ロム端末だったというトラブルが少なからず発生していることを銘記しておきましょう。

付属品が欠けている可能性あり

iPhoneに限らず、中古のスマホはケーブルや箱などの付属品がそろっていないというケースが珍しくありません。

実店舗やネットの中古ショップでは、端末の状態に加えて付属品がすべて揃っているかに関してもユーザーがはっきりとわかるように通知してくれます。

ですから、購入後のトラブルが起こりにくいのです。

一方、フリマやオークションサイトへ出品されているiPhoneの中には、端末の情報だけが記載されていて付属品に関しては一切言及がないということがよくあります。

購入を希望するユーザーは、不要なトラブルを避けるためにも事前に出品者に問い合わせておきましょう。

バッテリーの大幅な劣化リスクあり

iPhoneはバッテリーが劣化しにくい端末として重宝されているとはいえ、使用頻度や年数によっては大幅にバッテリーが劣化している可能性があります。

中古品の場合、購入する時点でどの程度までバッテリーが劣化しているのか見分けるのは容易ではありません。

実店舗やネットショップで販売されているiPhoneであっても、バッテリーの状態に関して詳しい解説があるケースはまだまだ少ないのが現状です。

ですから、中古のiPhoneを探すときには、購入した後にすぐバッテリー交換が必要となって余分の出費となる可能性もあるということを念頭に置いておきましょう。

メーカー保証がない

iPhoneを新品で購入すると、キャリアおよびAppleからのメーカー保証が付帯しています。

オプションを設定することで保証期間を延長することも可能です。

ただし、中古品を購入する場合には、これらの保証が切れている可能性が高くなります。

特に、2世代ないし3世代前のモデルになると、メーカー保証はほぼないと考えて間違いないでしょう。

ですから、購入後に突如動作不良を起こしてしまった場合、修理費用は実費で支払うことになります。

実店舗で販売をしている中古ショップの中には3か月から半年前後のオリジナル保証を提供しているケースもあるので、不安な人はぜひ活用しましょう。

美品の評価にムラがある

実店舗で中古のiPhoneを購入するメリットは、端末を直接手に取って状態を確認できることです。

ネットショップやオークションサイトを活用する場合、掲載されている写真を確認することまでしかできません。

評価の欄に「美品」「傷ほとんどなし」と書かれていたとしても、遠目からはわからない細かな傷が無数にあったり、筐体に1つ大きな傷があったりして、「想像していたものと違う」というクレームに至ることが少なからずあるのです。

ですから、できるだけきれいな端末を手に入れたいという人は、「傷がない」という評価のものを選ぶか、実店舗で直接チェックして購入することをおすすめします。

アクティベーションロックが解除できない

iPhoneには盗難に遭ったときに端末を初期化されないようアクティベーションロックという機能が搭載されています。

スポンサーリンク

実店舗やネットの中古スマホショップでは、これらのロックが完全に解除された端末だけを販売しているので心配はありません。

一方、フリマやオークションサイトで取引されたiPhoneの中には、アクティベーションロックがかかったまま郵送されてしまったというケースが見られています。

ロックの解除には旧ユーザーのメールアドレスが必要となるため、非常に面倒な状況が生まれてしまうわけです。

こうしたリスクを回避したい人は、担当者のいるショップで購入するとよいでしょう。

悪質な出品者も存在する

iPhoneはフリマアプリやオークションサイトでも特に人気および注目度の高いアイテムで、出品数も非常に多くなっています。

ただし、出品者の中には、iPhoneが故障していて電源が入らないのを分かっているにもかかわらず「美品」などの評価を付けて売りさばこうとする人がおり、残念ながらその被害に遭ってしまう人もいるのです。

ですから、こうした個人売買を利用する際には、出品者の評価やこれまでの取引履歴などを十分に確認しておくことが重要となります。

購入にかかるコストよりもリスク回避を優先したいという人には、中古スマホショップで購入するのが無難でしょう。

iPhoneにおすすめの格安SIM

格安SIMにはそれぞれユニークな特徴があります。

iPhoneとの組み合わせを考えているなら、以下の3つがおすすめです。

LINEモバイル

LINEMO

SNSを頻繁に利用するユーザーにはLINEモバイルが断然おすすめです。

TwitterやLINEなどのSNSに関しては、データ通信のカウント外となっているため、どれだけ利用しても通信速度が低下してしまうという心配がありません。

LINE MUSICを利用すれば無制限で好きな曲を聴くことも可能です。

新規登録者にはLINEポイントのボーナスなども用意されています。

iPhone端末との組み合わせ販売も行っており、お得な料金で購入することが可能です。

APNの設定も非常にシンプルで分かりやすいので、スマホ初心者でも安心して利用することができるはずです。

【公式】LINEモバイル

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

「月額料金400円から」という圧倒的なコスパの良さで注目を浴びているのがBIGLOBEモバイルです。

ポイントのキャッシュバックや、購入費用が実質無料になるキャンペーンなど、ユーザーにお得なキャンペーンを定期的に実施しているのも魅力でしょう。

加えて、ムービーや音楽を無制限で視聴できるプランが用意されているのも強みです。

【公式】BIGLOBEモバイル

U-mobile

25GBという大容量のデータ通信を月額3,000円以下で利用できるのが大きな強みです。

このプランを選ぶことで、動画やネットゲームなどを思う存分楽しむことができるでしょう。

3分間の通話であれば何度でも無料になるプランを提供している点や、各プランの契約期間に関して縛りがない点もU-mobileの魅力です。

【公式】U-mobile

スポンサーリンク

中古iPhoneと格安SIMの組み合わせは魅力十分

SIMフリー版のiPhoneはリーズナブルと高い実用性で年代を問わず人気があります。

中古市場では数多くの端末が取引されているので、購入が困難になることもほぼありません。

格安SIMを活用することで、コストパフォーマンスの観点からは理想的な組み合わせとなることでしょう。

ただし、中古であることには相応のリスクも伴うことを銘記しておくなら、後悔しない決定を下すことができるはずです。

iPhone 13を買うなら「楽天モバイル」がおすすめ



楽天モバイルなら、iPhone 13を安くお得に購入できます。

「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」で購入すると、月々たったの2,058円。
最新のiPhoneが約半額で買えちゃいます!
さらに初めてのプラン申し込み&他社から乗り換え(MNP)なら最大30,000ポイント還元されます。

iPhone 13を安く買うなら今がチャンスです!

関連記事