楽天モバイル

楽天モバイルはおすすめ格安SIM?メリットやデメリットを口コミ・評判から検証

楽天ユーザーを中心に大人気の楽天モバイルは、楽天株式会社から提供されている格安SIMです。

格安スマホ契約数を始め、乗り換え検討先サービスや独自サービス型SIM事業者シェアにおいてもナンバーワンを誇る楽天モバイルには、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

目次

楽天モバイルは満足度が高い格安SIM

2018年にICT総研によって行われた格安SIMの市場調査によると、たくさんある格安SIMの中でも楽天モバイルは全体の25%以上のシェアを持ち、他の格安SIMよりも人気が高いキャリアサービスとなっています。

スマホ利用料金が10分の1になることも!

大手キャリアのサービスでは、充実したサービスやたっぷり使えるデータ容量が魅力な反面、毎月のプラン料金は高めの設定となっていることが多いものです。

しかし楽天モバイルでは、ユーザーにとって必要なサービスを低価格で提供してくれているため、同じスマホを他のキャリアから持ち込めば、毎月の利用料金を10分の1にする事ができます。

口コミでは、ドコモからの乗り換えで最初の料金が10分の1になったというユーザーもいます。

SIMロックの解除すら必要ない?

楽天モバイルは、NTTドコモ回線とau回線を利用している格安SIMです。

そのため、この大手キャリア2社からMNP乗り換えをするなら、手持ちのスマホのSIMロックを解除する必要がありません。

SIMロックを解除する際には手数料が発生するので、解除不要ということでユーザーにとっては大きな節約となります。

ソフトバンクからの乗り換えでもSIMロックを解除すればMNP乗り換えが可能です。

楽天モバイルのメリット

他の格安SIMや大手キャリアと比較すると、楽天モバイルにはたくさんのメリットがあります。

楽天スーパーポイントが使える

楽天市場をよく利用するユーザーにとっては、格安SIMの中でも楽天モバイルは一押しのキャリアです。

その理由は、楽天モバイルでは利用料金の支払いに楽天スーパ―ポイントを使えるから。

楽天市場でショッピングをする人なら、貯めたポイントで毎月のスマホ料金を激安に抑えることが可能です。

クレジットカードがなくてもOK

格安SIMの多くは、毎月の利用料金の支払いにはクレジットカード払いとなっています。

そのため、クレジットカードを持っていない人だと、契約したくてもできません。

しかし楽天モバイルなら口座振替にも対応しているので、クレジットカードを使いたくない人や持っていない人でも、問題なく契約が可能です。

月額料金がとにかく安い

口コミで高評価されている楽天モバイルのメリットの中でも特に評判なのは、楽天モバイルの利用料金の安さです。

中でも人気ナンバーワンのスーパーホーダイプランでは、契約ギガを使い切った後でも最大1Mbpsのデータ容量が使い放題、しかも国内通話は10分間かけ放題というサービスがセットになって、なんと利用料金はたったの1,628円(税込)です。

楽天モバイルユーザーの80%以上はこのプランを選ぶというほど、高い人気を誇る格安プランとなっています。

家族で契約すればディスカウント

楽天モバイルでは、世帯主が契約者となって子供やシニアの両親など同居家族を利用者として登録すれば、個別に契約するよりもお得な価格で契約できるというメリットがあります。

こうした家族ディスカウントは、血縁関係にあることが条件となっているキャリアが多いのですが、楽天モバイルでは同居している友人や恋人など血縁関係になくてもOKです。

使わなかったデータはシェアか繰り越し

契約したデータ容量を使い切らずに余った時には、翌月に繰り越すことができる点もまた、楽天モバイルのメリットとして評判です。

契約したデータ容量を無駄にすることなく使えますし、家族契約をしているユーザーなら、家族とシェアしてもOKです。

アプリを使えば通話料が安い

楽天モバイルの楽天でんわアプリを使うと、通話料が通常の半額となり、とってもお得です。

スポンサーリンク

しかも、このアプリでは、毎月かかる利用料などはなく0円で、使った分だけを後払いで支払うという従量制になっているのが特徴です。

また、最低利用期間などは一切ないので、ニーズがある時にいつでも使えて便利ですし、必要なければアプリを削除してもOKです。

格安SIMなのに通信速度が速い

格安SIMというと、どうしても大手キャリアと比較すると通信速度は遅くなってしまうものです。

楽天モバイルでも、ネットワークが混雑する時間帯だと最大で300Kbpsまで下がる可能性があります。

しかし、口コミや評判をチェックすると、多くのユーザーは、確かに通信速度は遅いのかもしれないけれど体感しないレベルだから気にならない、という声が圧倒的に多くなっています。

店舗があるから安心

格安SIMの多くは、店舗を持たずにWebのみで手続きを行うスタイルです。

しかし楽天モバイルではショッピングモールの中に実店舗を持っているので、分からなければ店舗に足を運んでスタッフに質問することができます。

また、スマホ端末を購入の際には、店舗に行って実際に端末に触れながら使用感やサイズ、重さなどをチェックできるという魅力もあります。

購入できる端末がバラエティ豊か

楽天モバイルでは、多種多様な端末に対応していて、多くの種類の端末を販売しています。

格安SIMでは意外と少ないiPhoneも取り扱っていますし、Android端末なら20種類以上という充実したラインナップとなっているのが評判です。

楽天モバイルのデメリットとは?

メリットが多くて評判が良い楽天モバイルですが、デメリットもいくつかあります。

デメリットを知っておくと、格安SIMを使う上でどんな点に注意したら良いのかという点が分かります。

最低利用期間がついている

楽天モバイルでは、最低利用期間は1年間と設定しています。

1年以上使えば、その後はいつ解約しても違約金などが発生することはありません。

しかし、1年未満の使用期間で解約すると、違約金が発生する場合があるので注意しましょう。

気になる解約料は、2019年9月30日までに契約した人のみが対象となり、10,780円(税込)がかかります。

2019年10月1日以降に契約した人は、最低利用期間はあっても解約料は発生しないので安心です。

契約期間が複数ある

大手キャリアの場合、どのプランを選んでも基本的に契約期間は2年と決まっています。

しかし楽天モバイルの場合には、契約期間はユーザーが1年、2年、3年の中から選ぶことができます。

2年以上の契約をすると、長期割引や楽天会員割引などのディスカウントを受けることができるのでお得ですが、利用期間が長くなるとこうした割引が適用外となるため、何年契約にするのがお得なのかをよく計算した上で、契約期間を選びましょう。

電話サポートはつながりにくい

電話サポートにつながりにくいというのは、口コミでも多く聞かれるデメリットですが、これは楽天モバイルに限ったことではなく全ての格安SIMに共通するデメリットです。

電話サポートにつながりにくくても、楽天モバイルではチャットサポートやAIチャット、SNSなどによるサポートを受けることもできるので、時間に余裕がある人は電話以外の方法でカスタマーサポートへ連絡するのがおすすめです。

デザリングできるかどうかは端末次第

楽天モバイルのサービスは、デザリングに対応しています。

そのため、他のキャリアで購入したスマホ端末を楽天モバイル経持ち込む場合には、デザリングに関して不便を感じることはありません。

しかし楽天モバイルで販売している端末の一部では、デザリング機能が使えないものがあります。

スポンサーリンク

もしもデザリングを希望するユーザーは、端末購入の際にはデザリング対応かどうかを確認してください。

古い端末とは相性がイマイチ

古い年式のスマホ端末を大切に使い続けているユーザーにとっては、古い端末と楽天モバイルの相性がイマイチという点は、大きなデメリットとなってしまいます。

楽天モバイルではスマホ端末の持ち込みにも対応していますが、SIMカードは3Gのみの端末には対応していません。

もしも現在、3G端末を使っていて楽天モバイルへの乗り換えを検討しているユーザーなら、乗り換えのタイミングで楽天モバイルが販売している格安スマホを購入するという方法がおすすめです。

スーパーホーダイはドコモ回線のみ

楽天モバイルからラインナップされている料金プランの中でも人気ナンバーワンのスーパーホーダイプランは、ドコモ回線のみに対応しています。

ドコモからの乗り換えユーザーにとっては便利ですが、auやソフトバンクユーザーにとっては、スーパーホーダイプランを利用するならSIMロックを解除する必要があります。

この点は、口コミでも少し面倒という声が多くなっています。

楽天モバイルの料金プラン

楽天モバイルでは、ユーザーのニーズに合わせて複数のプランがラインナップされています。

契約ギガを使い切っても最大1Mbps、「スーパーホーダイ」

楽天モバイルユーザーの80%が選ぶと口コミで評判のスーパーホーダイは、NTTドコモ回線を利用するプランです。

データ容量に応じて2GB、6GB、14GB、24GBと4プランがラインナップされていて、毎月かかる利用料金は1年目なら1,628円(税込)~6,028円(税込)、2年目からは3,278円(税込)~7,678円(税込)となります。

しかも、スーパーホーダイプランでは、ダイヤモンド会員は1年目だけですが毎月550円(税込)さらにディスカウントとなるので、とてもお得です。

必要なサービスを選んでカスタマイズ「組み合わせプラン」

楽天モバイルの組み合わせプランは、ドコモ回線とau回線のどちらにも対応しています。

プランは通話サービスがついている通話SIMプラン、そして通話をしない人に便利なデータ通信のみのデータSIMプランとがあり、データSIMプランの中でもSMS機能を使うかどうかで2プランに分類されています。

それぞれのプランが、毎月必要なデータ容量によって6つに分類されていて、毎月の利用料金は577円(税込)~6,765円(税込)となります。

ユーザーが必要なプランやサービスを選べるという点が、口コミで好評です。

楽天モバイルの契約データ容量は使い切るとどうなる?

楽天モバイルでは、プランを契約する際には毎月使えるデータ容量を選ぶことができます。

もしも契約したギガを使い切ってしまったら、その後はどんな対応になるのでしょうか?

スーパーホーダイでは最大1Mbpsで使い放題

スーパーホーダイプランでは、契約したギガを使い切ってしまった場合でも、最大1Mbpsでデータ通信をすることができます。

ただし、使い放題と言っても使い切った後には高速データ通信機能はオフとなってしまうため、通信速度の遅さを全く感じることなく使えるというわけではありません。

ただし、自宅や職場のWi-Fiに接続するなら楽天モバイルの通信データ容量を消費しないので、サクサクと軽快な通信環境でスマホを楽しめます。

余ったデータは翌月へ持ち越し

楽天モバイルでは、スーパーホーダイプランでも組み合わせプランでも、その月に使わなかったデータ容量については、翌月に繰り越すことができます。

例えば6GBプランを契約しているユーザーがその月に3GB余ったなら、翌月には新規でゲットできる6GBに加えて繰り越し分の3GBが上乗せされ、最大で9GBを消費できることになります。

ただし、データ容量の繰り越しができるのは翌月までです。

何ヶ月も持ち越せるわけではないので注意してください。

ギガの無駄が続くならプラン見直しを

楽天モバイルでは、使わなかったデータ容量は翌月に繰り越すことができますが、2ヶ月先まで繰り越すことはできません。

スポンサーリンク

そのため、必要なデータ容量よりも大きめのギガで契約すると、毎月データ容量が余ってしまう事態となり、もったいないでしょう。

もしもデータ容量を無駄にしてしまうことが多いなら、プラン見直しをする事をおすすめします。

楽天モバイルでは、プラン料金は必要なデータ容量によって細かく複数に分類されているので、無駄を省いたプラン選びができます。

楽天モバイルにはたくさんの割引がある

楽天モバイルでは、複数の割引や特典が提供されています。

契約期間中はずっと利用出来る割引もあれば、期間限定のものもあります。

こうした割引を組み合わせれば、毎月の利用料金を最小限に抑えることにもつながります。

楽天会員割

楽天モバイルを提供している楽天では、大手ネットショップ量販店である楽天市場の会員を対象として、1年間毎月1,650円(税込)の割引をしてくれるディスカウント制度があります。

楽天モバイルを契約する時にすでに楽天会員のユーザーは、最初の1年目にこの割引を使うことができます。

楽天会員割引は、1年間しか有効ではありません。

そのため、2年目からは毎月の利用料金が1,650円(税込)上がって通常料金になることは理解しておきましょう。

ダイヤモンド会員はさらにお得

楽天会員でも入ステータスなダイヤモンド会員は、楽天会員割引が受けられる毎月1,650円(税込)のディスカウントに加え、さらに550円(税込)のディスカウントを1年間受けることができます。

つまり、ダイヤモンド会員は楽天モバイルを契約した1年目は2,200円(税込)の割引をゲットできるというわけです。

スーパーホーダイ初月は全プランが激安

スーパーホーダイプランには、毎月どのぐらいのデータ容量が必要かに応じで、2GB、6GB、14GB、24GBプランがラインナップされています。

もちろん契約するデータ容量が異なるので毎月の利用料金も変わりますが楽天モバイルのスーパーホーダイプランでは、申し込み特典として初月はすべてのプランが1,628円(税込)で利用出来るディスカウント制度があります。

初月のみなので2か月目からは契約した料金が適用されますが、使わなかったデータ容量の繰り越しはもちろん可能です。

複数回線ならプラス割がお得

家族で楽天モバイルを契約すると、1世帯当たり2回線とか3回線、同居する家族の数によってはもっと多くの回線を契約することになります。

楽天モバイルでは、複数回線を契約するユーザーに対して、プラス割というディスカウントを提供しています。

これは毎月受けられる特典ではなく、2回線目を契約する時にキャッシュバックや割引という形で受けるディスカウントで、スマホ端末持ち込みなら5,500円(税込)のキャッシュバック、スマホ端末を購入するなら5,500円(税込)を割引き、といった仕組みになっています。

楽天モバイルはオプションも充実

楽天モバイルには、たくさんのオプションがあり、ユーザーがニーズに合わせて追加できるシステムになっています。

通話10分かけ放題の「楽天でんわ」は月額基本料0円

楽天モバイルの通話サービスを利用する時には、アプリの一つである楽天でんわを使うのが便利です。

このアプリは基本料0円で、10分以内の国内通話ならいつでもどこでもかけ放題というプランです。

楽天でんわだけでも利用することは可能ですが、楽天モバイルのオプションとしてつけると、毎月935円(税込)で10分以内の国内通話なら一切料金がかからずかけ放題となります。

10分を超えた場合には、30秒11円(税込)で料金が発生します。

スマホ交換保証

スマホをうっかり壊してしまったという時に安心なのが、このスマホ交換保証です。

スマホ端末は、購入すると金額的に負担が大きいため、万が一のトラブルの際には本当に精神的にも経済的にも大きな負担となってしまいます。

スポンサーリンク

しかし楽天モバイルのスマホ交換保証に入っていれば、毎月550円(税込)で大きな安心感を手に入れることができます。

スマホ遠隔サポート

ドコモ回線とau回線どちらにも対応したスマホ操作遠隔サポートは、スマホの操作や使い方、設定が分からないユーザーに便利なサポートサービスです。

テクニカルな分野に精通したプロのスタッフが、ユーザーと電話で話しながら、スマホやタブレットなど楽天モバイルの端末を遠隔操作によってサポートしてくれます。

かかる費用は毎月550円(税込)なので、スマホの使い方がよく分からず不安という人にとっては、大きな安心感となるのではないでしょうか。

つながる端末保証

楽天モバイルの端末が故障した場合に、無料で修理対応、もしくは有料で交換してくれるというサービスです。

自然故障、破損や全損、水没とカバーする範囲が広いため、子供に持たせるスマホなら、この保証に入っていれば安心です。

つながる端末保証の料金は、毎月550円(税込)です。

楽天モバイルWi-Fiは全国に15万カ所以上

楽天モバイルユーザーが楽天モバイルWi-Fiのオプションを追加すると、全国で15万カ所にあるアクセスポイントでネット接続ができるようになります。

スマホだけではなくてパソコンも接続できるので、外出先でネットを使いたいユーザーなら、ぜひつけておくと便利なオプションではないでしょうか。

ちなみに、楽天モバイルWi-Fiオプションにかかる費用は、毎月398円(税込)となります。

こんなサービスも安心感を高めてくれる

楽天モバイルでは、ユーザーのニーズに合わせて大きな安心感を与えてくれるサービスが充実しています。

データ復旧サービス

スマホのデータは、定期的にバックアップを取る必要があります。

しかし万が一にもデータが破損してなくなってしまった場合には、データ復旧作業には軽度の内部障害だけでも3万円以上の修理費用が掛かりますし、物理的な障害が原因だと修理費用は10万円超となってしまうことが少なくありません。

楽天モバイルでは、このデータ復旧サービスをどんな状態でも無料で対応しています。

毎月550円(税込)のサービス料がかかりますが、大切なデータを復旧できるため、口コミでも高評価されているサービスです。

マカフィーモバイルも格安

Android版スマホのみが対象となりますが、ウィルスなどのセキュリティから大切なスマホを守るためのモバイルセキュリティソフト「マカフィー」を、毎月330円(税込)で利用することができます。

スマホ以外のサービスを受けられるのも楽天ならでは

楽天モバイルでは、スマホサービス以外にも楽天が提供するサービスを格安で利用出来るサービスが充実していて、スマホのオプションとして加入できます。

楽天モバイルお得生活

毎月550円(税込)(利用料)はかかりますが、楽天モバイルおとく生活のサービスに加入すると、毎月1回抽選でプレゼントをゲットできるチャンスがあったり、役立つクーポンを毎月送ってもらえるなど、毎日の生活で節約できるサービスを受けることができます。

しかも、最大2か月間は無料で利用できるので、まずは加入してみてはいかがでしょうか?

楽天ミュージック

楽天ミュージックの定期購入をしているユーザーにとっては、個別で契約するよりも、楽天ミュージックを楽天モバイルのオプショナルサービスとして追加したほうがお得です。

楽天ミュージックでは5,700万曲以上が聞き放題で、しかも楽天モバイルユーザーなら最初の90日間は無料で利用できます。

しかも、継続利用すれば980ポイントをゲットできる他、毎月1,078円(税込)で音楽を無限に楽しめます。

RakutenパリーグSpecial

パ・リーグの楽天チームが大好きというユーザーなら、毎月693円(税込)で楽天チームを含むパリーグの全試合をライブ配信で楽しめます。

ライブで見逃した人でも録画再生機能がついているので見放題なので、いつでもどこでも大好きなパリーグを応援できます。

しかも、楽天モバイルユーザーなら最大1ヶ月間は無料で利用が可能です。

スポンサーリンク

スマホをもっと便利に使いたいという人に楽天モバイルのおすすめサービス

口コミで高評価のサービスには、スマホ生活をより一層便利にしたい人向けのサービスがたくさんあります。

出張サービス

楽天モバイルでは、専門知識を持ったスタッフが自宅まで出張して、必要なスマホの設定やデータ移行、アドレス帳の移行などを行ってくれるサービスを提供しています。

端末の買い替えの際に便利なサービスで、スマホの使い方がいまいちよくわからない人にとっては、ぜひ検討したいサービスではないでしょうか。

出張サービスの利用は、毎月の利用料金がかかるシステムではなく、ニーズに応じてサービスごとに11,100円(税込)かかります。

スマート留守電アプリ

留守電に入ったメッセージを聞くのがなんとなく面倒だなと感じる人におすすめなのが、スマート留守電アプリサービスです。

毎月319円(税込)がかかりますが、留守電に入った音声を文字に変換して、サッと目で読めるサービスです。

ドコモ回線にもau回線にも対応しています。

留守電やキャッチホン、割り込み通話のサービスも

スマホでも、自宅の電話と同じうように留守番電話のサービスがあったり、キャッチホンのサービスがあったり、割り込み通話のサービスがあると便利なものです。

楽天モバイルでは、留守番電話サービスは毎月330円(税込)、キャッチホンサービスは毎月220円(税込)、割り込み通話サービスも毎月220円(税込)でラインナップしています。

必要なサービスに必要な料金を払えばよいので、料金に無駄がなくお得です。

迷惑電話撃退サービスもアリ

楽天モバイルには、迷惑電話やいたずら電話を拒否できるサービスがオプションとしてついています。

かかるコストはドコモ回線なら無料、au回線だと毎月110円(税込)がかかります。

楽天モバイルで使える端末を口コミからチェック

楽天モバイルでは、スマホで人気のiPhoneを始め、Android端末も多数対応しています。

具体的にどの端末が対応しているかについては、楽天モバイルの公式ホームページで紹介されていますが、口コミではどんな風に評価されているのでしょうか。

海外端末がメイン

楽天モバイルで販売されている端末を購入して契約する際には、楽天モバイルが取り扱う端末の中から選ぶことができます。

国内メーカーや人気のiPhoneなども取り扱っているものの、メインなのはHuaweiやASUS、そしてHTCなどの海外メーカーです。

口コミでは、

使い勝手は他のスマホと変わらないけれど、iPhoneが欲しい人にとっては無理
SharpとかFujitsuなど国内メーカーのスマホもたくさん取り扱ってほしい

という声が見られます。

ただし、リーズナブルな価格で購入できるという点では評判が良いため、低コストでスマホを購入して格安SIMを契約したいという人にはおすすめです。

iPhoneの取り扱いは?

楽天モバイルでも、iPhoneを取り扱っています。

ただし、最新機種というわけではなく、楽天モバイルが取り扱っているのはiPhone 6シリーズのiPhone 6sとiPhone 6s Plus、そしてiPhone SEは正規品と整備済品です。

これらは日本国内で販売されているモデルではなくて海外モデルなので、国内で販売されているモデルとは若干スペック面で異なるかもしれません。

ちなみに、スマホ端末の中でも高額機種となるiPhoneを少しでも安く購入するなら、メーカー認定整備済のiPhone SEがおすすめです。

iPhoneを楽天モバイルに持ち込みたい時にはどうする?

格安SIMの中でも口コミで人気が高い楽天モバイルへの乗り換えを検討しているユーザーにとっては、使っていてカッコいいiPhoneを格安SIMの楽天モバイルで使いたいな、なんて考えるかもしれません。

そんな時には、どんな選択肢があるのでしょうか?

スポンサーリンク

楽天モバイルでiPhoneを購入する

楽天モバイルでは、海外モデルのiPhone SEシリーズとiPhone 6シリーズを販売しています。

分割払いにも対応しているので、最初にまとまった費用がなくても安心です。

SIMフリーのiPhoneを持ち込む

口コミで人気が高いのは、自分でiPhoneを購入して楽天モバイルへ持ち込むという方法です。

楽天モバイルではiPhoneの新機種の動作確認はしているので、持ち込んでも問題なく使うことができます。

なお、家電量販店やApple StoreなどでiPhoneを購入する際には、SIMフリーのものを選んでください。

大手キャリアで購入したiPhoneは使える?

楽天モバイルはドコモ回線とau回線を利用しているため、これらのキャリアでiPhoneを使っていたユーザーなら、SIMロック解除をすることなく、そのまま手持ちのiPhoneを楽天モバイル経持ち込めます。

iPhoneのどのモデルが楽天モバイルで使えるかという点については、楽天モバイルの公式ホームページで紹介されていますが、あまり古い機種でなければ問題なく使うことができます。

この機種ならSIMロック解除不要

ドコモユーザーとauユーザーがiPhoneを楽天モバイルへ持ち込む場合、iPhone 8移行の機種なら、SIMロックの解除は必要ありません。

ただし、ドコモユーザーが楽天モバイルのau回線プランを利用したい時には、SIMロック解除が必要ですし、auユーザーが楽天モバイルのドコモ回線プランを利用する場合にも同様に、SIMロック解除が必要です。

ユーザーの口コミでは、「SIMロック解除して乗り換えたけど、使い勝手は大手キャリアとほぼ同じ。

」という声が多いようです。

ソフトバンクユーザーはどうする?

楽天モバイルでは、ドコモ回線とau回線を利用していて、ソフトバンク回線は利用していません。

しかし、ソフトバンクユーザーでも手持ちのiPhoneを楽天モバイルへ持ち込むことは可能です。

ソフトバンクのiPhoneはiPhone 6以降のモデルに対応していますが、楽天モバイルへ持ち込む際にはSIMロック解除が必要です。

口コミを見ると、「ソフトバンクから楽天モバイルへ移籍したけれど、使い勝手がよくて毎月の利用料金を節約できるようになった。」と好評です。

楽天モバイルへの乗り換え方法

楽天モバイルへの乗り換えは、他の格安SIMへの乗り換えと比べて、必要な書類や手続きの方法はほとんど同じです。

乗り換えに必要な書類

楽天モバイルへ乗り換える際には、本人確認ができる身分証明書に加え、支払いに使うクレジットカードか銀行口座の情報、そして電話番号を前のキャリアから引き継ぎたい人はMNP予約番号が必要です。

申し込みはWebが便利

楽天モバイルへの申し込みは、Webを使うのが便利です。

ショッピングモールの中に入っている楽天ショップの中には、楽天モバイルへの申し込みの手続きに対応してくれるショップがありますが、Webなら待ち時間はありませんし、ショップが営業していない時間帯でも申し込めるというメリットがあります。

Webで端末も購入できる

楽天モバイルとの契約に際して、スマホ端末も購入しようと考えているユーザーは、Webで申し込みをする際に端末も購入できます。

Webだからと言って選択肢が少ないとか値段が高いということは一切なく、むしろ店舗よりもバラエティ豊かな機種やカラー選択ができると口コミでは好評です。

審査を受ける

楽天モバイルに限らず、すべての携帯キャリアは大手キャリアでも格安SIMでも、申込みをしたら審査を受けることになります。

審査基準はキャリアごとに異なりますが、楽天系サービスに対する料金不払いがなく、他の携帯やスマホサービスへの料金不払いがなければ、審査に通る可能性は高くなります。

もしも料金不払いがある人は、楽天モバイルへ申し込む前に不払い分を完済しておきましょう。

そうすれば、せっかく申し込んだのに審査落ちするというリスクを未然に回避できます。

端末とSIMが自宅に送られてくる

審査に通れば、楽天モバイルのSIMカードと購入した端末が自宅まで届きます。

審査に問題がなければ、申し込みから最短で2日後に発送されるので、待ち時間はそれほど長くありません。

もしも審査落ちの場合には、自動的に注文はキャンセル扱いとなるので、料金がチャージされることはありません。

自分で回線の切り替え

自宅に届いたSIMカードや端末には、説明書が同封されています。

説明書をよく読んだ上で、最終的なスマホ端末の回線切り替え作業を行いましょう。

イメージとしては、送られてきたSIMカードを端末に差し替えたうえで、指示された作業を一連の流れで行えばOKです。

この最終的な回線の切り替え作業にかかる時間は、約15分程度です。

わからなければいつでもサポートセンターへ相談しよう

楽天モバイルでは、電話サポート以外にも、チャットサポートやAIチャットサポートなど、多種多様なサポート制度が整備されています。

もしも手続きの途中で分からなくなった時には、電話サポートセンターに連絡をして、適切な指示を仰ぐと良いでしょう。

楽天モバイルでは、専門スタッフが自宅に出張して、スマホの設定などをしてくれるサービスも行っています。

料金は1万円超と高めですが、スマホの設定以外にルーターの設定なども合わせてサポートが必要な人は、ぜひ利用しましょう。

楽天モバイルは口コミで大人気の格安SIM

楽天から提供されている楽天モバイルは、ネットショップの楽天市場や他の楽天系サービスとの連携によって、毎日の生活でお得度がさらにアップするのが魅力の、便利な格安SIMとして人気があります。

口コミでも評判がよく、通信速度もそれほど遅さを感じないというユーザーが大半です。

【公式】楽天モバイル

関連記事