楽天モバイル

iPhone 12は楽天モバイルでも使える!申し込み手順から注意点まで徹底解説

iPhone 12楽天モバイルでも使えます。

楽天モバイルは先着300万人まで、月額料金が1年間無料です。

とにかく安くiPhone 12を使いたいなら、楽天モバイルで利用するのは賢い選択と言えます。

iPhone 12はeSIMに対応しているので、楽天モバイルのeSIMプランを契約できるのもメリットです。

ただし、楽天モバイルではiPhone 12シリーズの動作が保証されていません。

楽天モバイルの一部機能は使えない、サポートは受けられないなどの注意点も多いです。

本記事では楽天モバイルでiPhone 12を利用するための手順と注意点をまとめました。

楽天モバイルにおけるiPhone 12の動作確認状況

楽天モバイルにおけるiPhone 12の動作確認状況は以下の通りです。

モデル SIMフリー版 ドコモ版 au版 ソフトバンク版
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro Max

SIMフリー版はすべてのモデルで動作確認済みです。

データ通信も通話も問題なく利用できます。

一方、大手キャリアのiPhone 12は動作確認されていないモデルも多いです。

ソフトバンク版にいたっても1機種も確認されていません。

大手キャリアのiPhone 12でも、SIMロック解除すればSIMフリー版と仕様は同じです。

動作確認されていないモデルも使える可能性は高いですが、心配な人はSIMフリー版を利用してください。

楽天モバイルでiPhone 12を利用する手順

楽天モバイルでiPhone 12を利用する手順は以下の通りです。

  1. iPhone 12を用意する
  2. MNP予約番号を取得する
  3. 楽天モバイルの申し込みに必要な物を準備する
  4. 楽天モバイルを申し込む
  5. 初期設定をする

iPhone 12を用意する

まずは楽天モバイルを利用するiPhone 12を用意してください。

楽天モバイルではiPhone 12のセット販売を取り扱っていません。

これからiPhone 12を買うなら、AppleストアでSIMフリー版を購入するのがおすすめです。

SIMロック解除不要ですし、動作確認もされています。

iPhone 12シリーズ徹底比較!買うならどのモデルがおすすめ?2020年に発売された「iPhone 12シリーズ」は全部で4つの種類があります。 スペックを見ると共通している部...

すでに大手キャリアでiPhone 12を購入しているなら、そのまま使うことも可能です。

大手キャリアのiPhone 12を使う場合は必ずSIMロックを解除してください。

SIMロックがかかったままのiPhone 12では、楽天モバイルが使えません。

分割払いの場合、契約内容によっては購入から101日経過するまでSIMロック解除ができないことがあります。

MNP予約番号を取得する

続いては「MNP予約番号」の取得です。

大手キャリアの電話番号を楽天モバイルに引き継ぐ場合はMNP予約番号を取得し、「MNP」を利用して乗り換えます。

MNP予約番号は現在利用している大手キャリアから取得可能です。

スポンサーリンク

電話かオンラインで取得してください。

電話の場合は各キャリアのサポートに問い合わせし、MNP予約番号を取得したいことを伝えましょう。

キャリア 電話番号 受付時間
ドコモ ドコモ携帯:151
一般電話:0120-800-000
午前9時~午後8時
au 0077-75470
ソフトバンク ソフトバンク携帯:*5533
一般電話:0800-100-5533

オンラインの場合は各キャリアのマイページから取得してください。

電話のような待ち時間がないので楽ですよ。

MNP予約番号には15日間の有効期限があります。

有効期限が切れると失効し、再取得が必要です。

また、楽天モバイルに乗り換えるには有効期限が「7日以上」ないといけません。

MNP予約番号を取得したら、すぐに楽天モバイルを申し込んでください。

楽天モバイルの申し込みに必要な物を準備する

楽天モバイルの申し込みに必要な物は以下の通りです。

  • 本人確認書類
  • クレジットカード、デビットカード、銀行口座のいずれか
  • MNP予約番号
  • 楽天会員IDとパスワード

スムーズに申し込めるように、事前に用意しておきましょう。

楽天モバイルで利用できる本人確認書類

楽天モバイルを申し込む際は本人確認書類の提出が必要です。

以下の本人確認書類の中から1つを用意してください。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 精神障がい者保健福祉手帳
  • 療育手帳
  • 身体障がい者手帳※補助書類必要
  • 健康保険証※補助書類必要
  • 日本国パスポート※補助書類必要
  • 住民基本台帳カード※補助書類必要
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

一部の書類は補助書類も合わせて提出する必要があります。

発効から3ヶ月以内かつ氏名・住所が申し込み内容と一致している「公共料金の請求書・領収書」「住民票」「届出避難場所証明書」のいずれを用意してください。

運転免許証はスマホアプリで即本人確認ができる「eKYC」にも対応しています。eKYCを利用して申し込む場合は専用アプリ「my 楽天モバイル」から申し込んでください。

運転免許証、マイナンバーカード、パスポート、在留カード、特別永住者証明書ならSIMカード受け取り時の本人確認も可能です。

SIMカードを受け取る際、選択した本人確認書類を配達員に提示してください。

オンラインから本人確認書類を提出する場合は、あらかじめスマホで撮影するかスキャナでスキャンしておきましょう。

楽天モバイルの支払い方法は3種類

楽天モバイルはクレジットカード・デビットカード・口座振替の3つの支払い方法に対応しています。

利用したい支払い方法に合わせて、必要な物を用意してください。

デビットカードは「楽天銀行デビットカード」と「スルガ銀行デビットカード」のみ利用可能です。

他のデビットカードは利用できません。

口座振替は毎月の引き落とし時に110円(税込)の手数料がかかります。
できる限りクレジットカードかデビットカードで支払うのがおすすめです。

楽天モバイルを申し込む

必要な物が準備できたら、楽天モバイルを申し込みましょう。

楽天モバイルの申し込み方法は店舗またはオンライン(公式サイト)の2つです。

どちらで申し込んでも良いですが、待ち時間がなくいつでも申し込めるオンラインをおすすめします。

オンラインから楽天モバイルを申し込む手順は以下の通りです。

  • STEP1
    楽天モバイル公式サイトにアクセスし、右上の「お申し込み」をタップします。
  • STEP2
    「プランを選択する」をタップしてください。
  • STEP3
    オプションとSIMタイプ(nanoSIMかeSIM)を選び、「この内容で申し込む」をタップしてください。
  • STEP4
    楽天会員にログインします。アカウントを持っていない場合はこの画面で新規登録も可能です。
  • STEP5
    契約者情報を入力してください。
  • STEP6
    本人確認書類の提出方法を選択します。アップロードする場合は、本人確認書類の画像をアップロードしてください。
  • STEP7
    電話番号を選択します。MNPを利用する場合は必ず「他社から乗り換え(MNP)」を選択し、MNP予約番号を入力してください。
  • STEP8
    本人確認書類の提出方法を選択します。アップロードする場合は、本人確認書類の画像をアップロードしてください。
  • STEP9
    受け取り方法を選択&支払い方法を入力したら「申し込み」をタップして完了です。

スマホで本人確認ができる「eKYC」で申し込む場合は「my 楽天モバイル」アプリから申し込んでください。

スポンサーリンク

申し込み手順はオンラインから申し込む場合とほぼ同じです。

MNPを利用する場合、STEP7の電話番号選択で必ず「他社から乗り換え(MNP)」を選択してください。

それ以外を選択すると新規番号になります。

iPhone 12では通常のnano SIMカードだけでなく、物理SIM不要で契約できる「eSIM」も利用可能です。

eSIMを利用する際はSTEP 3のSIMカード選択でeSIMを選んでください。

契約後に手数料無料でeSIMに切り替えることもできます。

初期設定をする

楽天モバイルの申し込みが完了し、SIMカード(eSIMの場合はスタートガイドのみ)が届いたら初期設定をしましょう。

初期設定で行うのは以下の3つです。

  • MNP開通手続き
  • APN設定(物理SIMのみ)
  • 楽天回線の開通手続き(eSIMのみ)

APN設定は物理SIMのみ、楽天回線の開通手続きはeSIMのみ実施します。

MNP開通手続き

MNPを利用した場合は最初にMNP開通手続きをしてください。

MNPではなく新規契約の場合は不要です。

  • STEP1
    スマホまたはパソコンからmy 楽天モバイルにアクセスしてください。
  • STEP2
    右上のメニューをタップし「お申込履歴」を選択します。
  • STEP3
    開通したい電話番号を選択し「MNP転入する」をタップしてください。

実際にMNPが完了する時間は受付タイミングによって異なります。

受付時間 MNP完了時間
9:00~21:00 当月中
21:01~翌8:59 翌9:00以降

MNP開通手続きが完了したら、元のキャリアは自動的に解約されます。

別途、解約手続きをする必要はありません。

APN設定をする(物理SIMの場合)

物理SIMの場合はAPN設定をしてください。

eSIMの場合は不要です。

  • STEP1
    iPhoneに楽天モバイルのSIMカードを挿してください。
  • STEP2
    「設定」アプリを起動し「モバイル通信」→「通信のオプション」の順にタップします。
  • STEP3
    「音声通話とデータ」→「VoLTE」の順にタップし、VoLTEをオンにしてください。
  • STEP4
    1つ前の画面に戻り「モバイルデータ通信ネットワーク」をタップします。
  • STEP5
    「モバイルデータ通信」と「インターネット共有」の「APN」エリアに「rakuten.jp」と入力してください。

これで楽天モバイル(物理SIM)をiPhone 12で使う準備は完了です。

楽天回線の開通手続き(eSIMの場合)

eSIMで契約した場合は楽天回線の開通手続きをしてください。

開通手続きをするにはeSIMを利用するiPhone以外のスマホかパソコンが必要です。

持っていない場合は家族や友人のスマホを借りましょう。

  • STEP1
    eSIMを利用するiPhone以外のスマホまたはパソコンからmy 楽天モバイルにアクセスします。
  • STEP2
    開通する申込番号をタップしてください。
  • STEP3
    「楽天回線の開通手続きを行う」をタップし、QRコードを表示します。
  • STEP4
    楽天モバイルを利用するiPhoneで「設定」を起動してください。
  • STEP5
    「モバイル通信」→「モバイル通信プランを追加」の順にタップします。
  • STEP6
    カメラが起動するので、さきほどのQRコードを読み取ってください。
  • STEP7
    「モバイル通信プランを追加」をタップします。
  • STEP8
    「通信のオプション」をタップしてください。
  • STEP9
    「音声通話とデータ」→「VoLTE」の順にタップし、VoLTEをオンにしてください。
  • STEP10
    1つ前の画面に戻り「モバイルデータ通信ネットワーク」をタップします。
  • STEP10
    「モバイルデータ通信」と「インターネット共有」の「APN」エリアに「rakuten.jp」と入力してください。

これで、楽天モバイル(eSIM)をiPhone 12で使う準備は完了です。

楽天モバイルでiPhone 12を利用する際の注意点

楽天モバイルでiPhone 12を利用する際の注意点は以下の通りです。

  • 楽天モバイルではiPhone 12は動作保証外
  • iPhone 12では楽天モバイルの一部機能が使えない
  • デュアルSIMだと5G通信が利用できない
  • 大手キャリアを解約する際に費用がかかる

楽天モバイルではiPhone 12は動作保証外

楽天モバイルでは、iPhone 12シリーズはすべて動作保証外です。

操作方法や設定で分からないことがあっても、一切サポートは受けられません。

また、今後のiOSアップデートで楽天モバイルが使えなくなる可能性もあります。

あくまでも自己責任となることを理解した上で楽天モバイルを契約してください。

スポンサーリンク

iPhone 12では楽天モバイルの一部機能が使えない

iPhone 12では楽天モバイルの一部機能が使えません。

  • 海外ローミング
  • パートナー回線エリアでのSMS
  • 接続回線の自動切替(楽天回線とパートナー回線の自動切替)
  • 緊急地震速報の受信
  • 110/119通話などでの高精度な位置情報測位

楽天モバイルは海外でも無料で使えることを売りの1つにしています。

しかし、iPhone 12では楽天モバイルの海外ローミングが使えません。

海外旅行や海外出張が多い人は要注意です。

緊急地震速報が使えないのも、いざという時に困ります。

Yahoo!防災速報」など、緊急地震速報を受信できるアプリで代用してください。

デュアルSIMだと5G通信が利用できない

これは楽天モバイルというよりiPhone 12の仕様ですが、デュアルSIM利用中は5G通信ができません。

iPhone 12はnanoSIMとeSIMによるデュアルSIMに対応しています。

大手キャリアの物理SIMと楽天モバイルのeSIMを併用する、といったことが可能です。

しかし、デュアルSIM利用中は5G通信が利用できなくなります。

大手キャリアや楽天モバイルの5G通信を使いたい場合はデュアルSIMをオフにしてください。

大手キャリアを解約する際に費用がかかる

大手キャリアから楽天モバイルに乗り換える場合、以下の費用がかかります。

項目 金額
MNP転出手数料 3,300円(税込)
(一部のドコモユーザーは2,200円(税込))
違約金 1,100円(税込)~10,450円(税込)
分割払いの端末代 端末による

MNPを利用する場合はMNP転出手数料の負担が必要です。

2019年9月30日までに提供しているプランを契約していたドコモユーザーは2,200円(税込)、その他の場合は3,300円(税込)かかります。

また、大手キャリアを2019年9月30日までに契約していた人は、解約の際に10,450円(税込)の違約金がかかるかもしれません。

解約前に、もう一度契約内容をチェックしてください。

大手キャリアで端末を分割購入した場合は、解約後も支払いが続きます。

楽天モバイルは初期費用がかかりません。
端末をセット購入しない限り、楽天モバイル契約時にかかる費用は0です。

まとめ

以上、楽天モバイルでiPhone 12を利用する手順について解説しました。

楽天モバイルでも、iPhone 12は利用できます。

物理SIMだけでなくeSIMにも対応しているので、大手キャリアや他の格安スマホと併用することも可能です。

楽天モバイルは期間限定キャンペーンを実施しており、先着300万人まで1年間無料で利用できます。

iPhone 12を安く運用したいなら、今がチャンスですよ。

【公式】楽天モバイル

iPhone 12 特集

ABOUT ME
吾妻 和希
格安SIM・スマホが好きなライター。学生時代に節約のため格安SIMを使い始めました。格安SIM歴は6年を越え、その経験を生かしてスマホライターとして活動中。
関連記事
楽天モバイル

楽天モバイルの口コミ・評判は?LINEモバイルから乗り換えをするべきか、メリットとデメリット、料金プランを徹底比較解説!

2021年2月28日
オリラボ通信
auから格安SIMのLINEモバイルに乗り換えて1年と3か月。 とくに不自由もなく過ごしていたのですが、なんとスマホが月額0円で使えるとい …
楽天モバイル

楽天モバイルのオペレーターと話せない…。カスタマーセンターに繋がらない時の原因や対処法を解説!

2021年8月27日
オリラボ通信
安くでお得なサービスが充実している楽天モバイル。 スマホの料金を安くしたいという人が非常に多く、サービスが始まって1年経過しましたが、今で …