楽天モバイル

「楽天モバイル」の格安SIM評判と口コミレポート

楽天モバイルは3大キャリアを使用するよりも、月額利用料金が安く、混雑時以外は特に不満なく利用が出来るキャリアです。

また2019年度のアンケートで、楽天モバイルはメインで利用している格安SIMでは、使用者数は一位(25.3%)の実績があります。

楽天モバイルとは

楽天モバイルとは、その名の通り、楽天が提供する格安SIMとなります。

回線はauとDoCoMoを利用しています。

2019年12月7日時点ではまだ正式提供されておりませんが、今後は楽天回線が開始される予定となります。

現段階では回線テストを実施しており、回線の品質をテストの上で、正式プランが発表されると考えています。

楽天モバイルを使用者目線で、評判と口コミをレポートさせて頂きます。

楽天モバイルの口コミ・評判からみるメリット

楽天モバイルは月額料金が安い

楽天モバイルに限らず格安SIMは月額使用料が安いです。

私は以前3大キャリアのauを使用しておりました。

私がプラン選択を適当にしていたため、auを使用していた時の月額利用料は8,800円(税込)から11,000円(税込)となります。
(条件としては、端末は初期費用として一括で購入しておりました)

しかし楽天モバイルを使用してからは、月額利用料は平均2,502円(税込)です。

1か月だけでみれば、11,000円(税込)-2,502円(税込)=8,497円(税込)の得となります。

携帯は私たちの生活になくてはならない機器です。

そのため、毎日・毎月・毎年と持ち続ける必要があるため、安価であることは選択の一つの選択になることでしょう。

  • 1か月:8,497円(税込)
  • 1年:101,970円(税込)

1年で約9万円の差となります。

あなたは9万円あれば、何をするのでしょうか?

行きたかった旅行に行ったり、欲しいものを手に入れたり、習い事をしたりと、選択肢が広がります。

私は健康のために、浮いた差額でジムに行っています。

ジムに行くことで、新しい知り合いが出来たり、体脂肪率が減ったりと、お金が増えることにより、行動の幅が広がったと言えます。

楽天モバイルは利用者登録をすれば、家族・同居人も使える

楽天モバイル:利用者登録

楽天モバイルでは、利用登録をすることにより、契約者以外の人も使えることが出来ます。

契約者と同一住所という条件がありますが、家族や同居人も使うことが出来ます。

使用者ごとに契約や支払い用のクレジットカードや銀行口座を分けるのは面倒という方に最適です。

例えば夫婦二人で、夫側が楽天モバイルに契約しており、支払いを一緒にしたいというのであれば、妻側は夫の契約に利用者登録をすることにより、楽天モバイルを使用することが出来ます。

また支払いも一緒になるので、夫婦で家計を共有している場合、とても便利な仕組みです。

楽天モバイルは実店舗で端末を試せる+スタッフに直接相談できる

「携帯を変えるのも、やっぱり実店舗で話をして決めたい。」

スポンサーリンク

そんな悩みはないでしょうか?

格安SIMの取扱業者は、ほとんどがオンラインでのやりとりとなります。

契約からSIMカードの手配まですべてオンラインで完結します。

そのため、実店舗がない業者もあります。

しかし楽天モバイルは実店舗があります。

やはり実店舗では聞かないと不安だと思う場合は、最寄りの楽天モバイルの店頭で質問する方が安心するかもしれません。

私は大阪市内に在住しているのですが、梅田・心斎橋・難波・天王寺と主要な場所には実店舗があるので、買い物や用事のついでに、楽天モバイルの実店舗によって話を聞いたりすることが出来ます。

店舗一覧については、以下のサイトで紹介されていますので、チャットや電話だけでは不安と思った場合は、実店舗に行って、話をしに行くのもいいかもしれません。

あと注意点ですが、実店舗に行く際には、事前に来店予約をしましょう。

時期によっては混雑している場合があります。

そのため、待ち時間を少しでも減らすためには、来店予約をして、待ち時間という無駄な時間を減らしましょう。

もしも待ち時間が発生したら、実店舗にある携帯端末をみて、新しい形態に触れて時間をつぶしましょう。

楽天モバイル店舗検索はこちら

楽天モバイル来店予約はこちら

楽天モバイルの料金・プランが豊富

楽天モバイル(ドコモ回線)では、色々なプランが用意されています。

その中でも1年目におススメなのは、スーパーホーダイプランでしょう。

4つのプランが選択可能です。

1年目はお得な価格で利用することが出来ます。

Sプランで、1年目であれば、1,628円(税込)で携帯を利用することが可能となります。

またダイヤモンド会員であれば、更に550円(税込)割引があります。

楽天会員の場合は、楽天モバイルがお得となります。

もしもYouTubeで動画等を見る場合は、プランM以上を選択するといったことも検討が必要です。

あなたのライフスタイルによって、プラン選択が必要です。

選べる4つのスーパーホーダイプラン(ドコモ回線)

最低利用期間なし・契約解除料なし
データ通信 プランS
データ容量2GB/月※3
プランM
データ容量6GB/月※3
プランL
データ容量14GB/月※3
プランLL
データ容量24GB/月※3
ギガ使い切っても最大1Mbpsで使い放題※1
通話 10分かけ放題※2
月額基本料※4
[2年目以降の料金]
3,278円(税込) 4,378円(税込) 6,578円(税込) 7,678円(税込)
楽天会員割※5
[1年目の料金]
1,628円(税込) 2,728円(税込) 4,928円(税込) 6,028円(税込)
ダイヤモンド会員なら
さらに550円(税込)割引※6
[1年目・対象月]
1,078円(税込) 2,178円(税込) 4,378円(税込) 5,478円(税込)

※1 通信が混み合う時間帯(12:00~13:00、18:00~19:00)は最大300kbps。通信速度はベストエフォート(規格上の最大速度)であり、実効速度は通信環境・状況により変動します。
※2 国内通話のみ。「楽天でんわアプリ」を使用、もしくは「003768」を通話番号の先頭に付けて発信した場合。10分以降は30秒11円(税込)。楽天でんわ未使用時は30秒22円(税込)。
※3 当月内で余ったデータ容量は翌月ご利用分に繰り越し可能。ただし、繰り越しができるのは翌月まで。
※4 2年目以降は通常の月額基本料。
※5 楽天会員割はスーパーホーダイお申し込み特典。楽天モバイルに楽天IDを登録された月から割引が適用。開通月をまたはプラン変更適用月を1ヶ月目とし、12ヶ月目までの月額基本料が1,650円(税込)割引。過去に「楽天会員割(月額基本料が最大12ヶ月間1,650円(税込)割引)」の適用がされている場合は特典対象外。
※6 ダイヤモンド会員割はスーパーホーダイお申し込み特典。楽天モバイルに楽天IDを登録された月から割引が適用。開通月またはプラン変更適用月を1ヶ月目とし、12ヶ月目までで楽天会員ランクがダイヤモンドの月のみ、楽天会員割に加え月額基本料からさらに550円(税込)割引。1つの楽天IDに対して、契約中回線の中で最初にお申し込みされた1回線(楽天モバイルユーザIDのraから始まる番号が最も若い1回線)のみ特典対象。過去に、2019年10月以降のスーパーホーダイで、「ダイヤモンド会員割」の適用がされている場合は特典対象外。

楽天モバイルでスーパーポイントが貯まる&ポイント支払いで月額利用料0円

楽天会員・楽天カードを使っている人ならば、楽天モバイルを持つことでスーパーポイントが貯まります。

理由としては、楽天モバイルを持つことで、楽天市場での買い物ポイント+2倍となります。

スポンサーリンク

そして更に、貯まった楽天ポイントで楽天モバイルの月額使用料を支払うことも出来ます。

そのため、ポイントが溜まっている人であれば、毎月の携帯代をポイント支払いにより、実質支払金額が0円になることも可能です。

毎月の携帯代が実質0円になる方法があるとは何ともお得な選択です。

いつもの雑貨や日用品の買い物を楽天市場で購入すれば、無駄遣いをすることなくポイントが溜まります。

楽天モバイルは使える端末が多い

楽天モバイル: 動作確認済み端末

楽天モバイルのSIMは多くの端末で使用出来ます。

私はiPhone 7 plusを使用していますが、楽天モバイルはiPhoneも使用可能となります。

メジャーな端末ではiPhone以外にも、XperiaやAQUOSといった機種も対応しています。

対応機種についてはこちらで動作確認が出来ます。

楽天モバイルを選択する時にはすでに端末が決まっている場合が多いかと思います。

その際には事前に動作済み端末にあるか確認をしましょう。

「楽天モバイルに決めて、SIMを差し込んだが、使えない!!」

そんなことにならないように、事前に確認は必須です。

もしも確認が面倒な場合は、電話や実店舗に行って確認もいいでしょう。

楽天モバイルの口コミ・評判からみるデメリット

楽天モバイルの契約開始タイミングによる最低利用期間には注意が必要

【2018年6月14日20:00〜2019年9月30日21:59】に申し込んだ場合

最低利用期間に満たない場合は、契約解除金が10,780円(税込)必要となります。

【2017年9月1日~2018年6月14日19:59】に申し込んだ場合

最低利用期間が、1年、2年、3年の場合は使用期間に応じて、契約解除金が発生します。

  • 最低利用期間が1年(12ヶ月)の契約解除料
    12ヶ月目以内:10,780円(税込)
  • 最低利用期間が2年(24ヶ月)の契約解除料
    12ヶ月目以内:21,780円(税込)
    13ヶ月目~24ヶ月目以内:10,780円(税込)
  • 最低利用期間が3年(36ヶ月)の契約解除料
    12ヶ月目以内:32,780円(税込)
    13ヶ月目~24ヶ月目以内:21,780円(税込)
    25ヶ月目~36ヶ月以内:10,780円(税込)

【2019年10月1日以降】※今から申し込む場合

しかし2019年10月1日以降に申し込む場合は、最低利用期間の縛りはなくなりました。

そのため、新規で申し込んだときに楽天モバイルがどうにもお気に召さない場合は解約料を考えずに、楽天モバイルを選択することが出来ます。

楽天モバイルの電話サポートはつながりにくい

楽天モバイルの電話サポートについては、時間帯により繋がりにくい時間帯があります。

そのため、電話サポートの待ち時間が耐えれないという方は、電話以外の方法で問い合わせをする方法を選択することも必要となります。

楽天モバイルでは、電話問い合わせ以外にはチャットや実店舗での問い合わせが出来ます。

そのため、もしも電話ポートがつながらない場合は、それ以外の方法での問い合わせをしましょう。

楽天モバイルのテザリングは一部の端末が未対応

楽天モバイルでは、テザリングが出来る端末と出来ない端末があります。

詳しくは以下の動作済み対応一覧を確認願います。

楽天モバイル動作済み端末

具体的には、ドコモテザリングはほとんどの機器が使用できるのですが、auテザリングについては出来ない機器が多いです。

スポンサーリンク

因みにiPhoneの対応状況ですが、iPhone 6以降であればテザリングが可能となります。

テザリングとは…

スマートフォンなどの単体で通信可能なコンピューター端末を、パソコンなどの他の機器と接続して外付けのモデム(正確にはネットワークアダプタ/ブリッジとして振る舞う)のように扱い、それを経由してWWANへ接続する。

引用:wiki テザリング

楽天モバイルはパケット使い切ると遅い

私は楽天モバイルの組み合わせプランを選択しています。

そのため、パケットを使い切った場合は、最大200kbpsでの通信となります。

200kbpsの通信は全然使い物にならなく、ツイッターやネットサーフィンをしようとするものなら、ストレスが溜まっていきます。

その際の対策としては、私は月末近くになり、パケットを使い切ってしまった場合は、ネット通信やツイッターは諦めて使用せずにいます。

よっぽど使用したい場合は、自宅やカフェ等のWi-Fiを利用しています。

以前はなかったプランとして、今はスーパーホーダイというプランがあります。

スーパーホーダイプランでは、【データを使い切っても、最大1Mbpsでデータを使い放題※12:00~13:00、18:00~19:00除く】とあります。

楽天モバイルはiPhoneを使用したい場合は、別で購入が必要

楽天モバイルでは、iPhoneの取り扱いがないため、使用した場合はApple Store等から自分で購入する必要があり、手間がある。

3大キャリアでは、端末を自分で購入しに行くという事は珍しいと思います。

楽天モバイルの対応機種は多いのですが、端末は自分で用意しないといけないことがあります。

その中の一つがiPhoneです。

私はiPhoneユーザのため、格安SIMにしても、iPhoneを使用したいと思っておりました。

そのため、楽天モバイルを契約すると決めた後は、Apple StoreでiPhoneを購入し、自分でSIMカードを差し込んだりする必要があります。

今までは携帯ショップでやっていたことを自分でするか、店舗でお願いをしなければなりません。

作業としては簡単ですので、だれにでも出来ることですが、携帯ショップ店員さんが実施したことをやっているのは感慨深いところがありました。

楽天モバイルの口コミ・評判まとめ

楽天モバイルの紹介を見て頂きありがとうございます。

楽天モバイルのメリットとしては、

  • 月額料金が安価
  • 同一住所であれば、利用者登録をすることにより、家族・同居人も使用可能
  • 実店舗で問い合わせが可能
  • 料金・プランが豊富
  • スーパーポイントが貯まる&ポイント支払いで月額利用料0円
  • 使える端末が多い

また楽天モバイルのデメリットとしては以下があります。

  • 契約開始タイミングにより、契約解除金が必要
  • 電話サポートが繋がりにくい
  • スマホのテザリング機能が一部端末は未対応
  • パケット使い切ると遅い
  • iPhoneを使用したい場合は、別で購入が必要

格安SIMを使用するか3大キャリアを選択するもあなたの自由ではありますが、スマホは社会の通信インフラとして私たちの生活になくてはならないものです。

しかし通信インフラは必要ですが、料金が高価である必要はないですし、少しでもお得にしたいと思いませんか?

楽天モバイルにすることにより、それ自体で節約は可能です。

しかし楽天カードや楽天電気といった楽天サービスを利用することにより、更なるポイントアップが可能となります。

また2019年10月以降は最低利用期間も撤廃されており、楽天が通信事業者になる可能性もあります。

スポンサーリンク

もしも楽天モバイルの興味が持たれたら、最寄りのショップで話を聞きに行ってみては如何でしょうか?

【公式】楽天モバイル

iPhone 13を買うなら「楽天モバイル」がおすすめ



楽天モバイルなら、iPhone 13を安くお得に購入できます。

「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」で購入すると、月々たったの2,058円。
最新のiPhoneが約半額で買えちゃいます!
さらに初めてのプラン申し込み&他社から乗り換え(MNP)なら最大30,000ポイント還元されます。

iPhone 13を安く買うなら今がチャンスです!

関連記事