楽天モバイル

楽天モバイルをおすすめしない人まとめ。後悔する前にデメリットを要チェック

楽天モバイルは格安でデータ通信も電話も使い放題になることで人気です。

しかし、デメリットや注意点も多くあります。
安さにつられて契約すると、後悔することになりかねません。

本記事ではデメリット・注意点を元に、楽天モバイルがおすすめできない人を解説します。
楽天モバイルの契約を検討している人は、目を通してみてくださいね。

楽天モバイルをおすすめしない人

次のような人には楽天モバイルをおすすめできません。

  • 楽天回線エリア外に住んでいる人
  • 毎月の通信量が3~10GB前後の人
  • 電話発信時に専用アプリを使うのが面倒な人
  • 電話の品質を重視する人
  • キャリアメール・キャリア決済を利用したい人

該当する人は楽天モバイルのデメリットや注意点をしっかり把握したうえで、契約するかどうかを考えましょう。

楽天回線エリア外に住んでいる人

楽天回線エリア外に住んでいる人には、楽天モバイルはおすすめしません。

楽天モバイルはデータ通信が使い放題な点をアピールしています。
しかし、すべてのエリアでデータ通信が使い放題になるわけではありません。

  • 楽天回線エリア:データ通信が使い放題
  • パートナー回線エリア:月5GBまで
  • 楽天回線エリアは楽天モバイルの自社回線を利用するエリアです。
    データ通信を無制限に使えます。

    それ以外のパートナー回線エリアでは月5GBまでしかデータ通信を使えません。

    楽天回線エリアは首都圏や関西圏などの都市部に集中しています。
    地方や山間部の多くはまだまだエリア外です。

    必ず通信・エリア | 楽天モバイルから対応エリアをチェックしてください。
    自宅や行動範囲が楽天回線エリア外の場合は楽天モバイルをおすすめできません。

    月間のデータ通信量が3GB未満ならパートナー回線エリアで使っても良いでしょう。

    毎月の通信量が3~10GB前後の人

    毎月の通信量が3~10GB前後の人は楽天モバイルだと割高になります。

    楽天モバイルの月額料金は変動制です。
    実際に利用したデータ通信量に応じて高くなります。

    データ通信量 月額料金
    ~1GB 0円(税込)
    1~3GB 1,078円(税込)
    3~20GB 2,178円(税込)
    20GB~ 3,278円(税込)

    注意が必要なのが3GBを超えた場合です。
    月額料金が一気に2,178円(税込)まで飛びます。

    利用するデータ通信量が5GBや10GBの人も、20GB分の料金を支払わないといけません。
    20GBプランとしては安価ですが、3~10GB前後の人にとっては割高です。

    実際に月5GB前後使う場合の月額料金を、格安SIMと比較してみました。

    データ通信量 月額料金
    楽天モバイル 3~20GB 2,178円(税込)
    BIGLOBEモバイル 6GB 1,870円(税込)
    mineo 5GB 1,518円(税込)
    NUROモバイル 5GB 990円(税込)
    OCNモバイルONE 6GB 1,320円(税込)
    イオンモバイル 5GB 1,298円(税込)

    月5GBの場合、他社ならおおむね月額1,500円(税込)以下で利用できます。
    楽天モバイルの場合、月5GBでも20GBと同じ2,178円(税込)です。

    月間のデータ通信量が3~10GB前後の人は楽天モバイル以外の格安SIMを使うほうが安くなりますよ。

    電話発信時に専用アプリを使うのが面倒な人

    電話発信時に専用アプリを使うのが面倒、という人にも楽天モバイルは向きません。

    楽天モバイルは通話料が無料なことも売りの1つとしてアピールしています。
    しかし、通話料が無料になるのは専用アプリ「Rakuten Link」経由の場合のみです。

    通常の電話アプリから発信すると通話料がかかります。

    専用アプリを使わずかけ放題を利用したい場合は大手キャリアやサブブランドを検討してください。

    OCNモバイルONEや日本通信SIMなど、一部の格安SIMでも専用アプリなしでのかけ放題が提供されています。

    電話の品質を重視する人

    電話の品質を気にする人にも楽天モバイルは向きません。

    Rakuten Linkアプリを経由した電話は、通常の電話回線を利用する通話よりも品質が少し悪くなります。

    筆者も楽天モバイルをメインで利用中です。
    Rakuten Linkアプリを使うと、確かに相手の話が聞き取りにくい時があります。

    スポンサーリンク

    ビジネスなどで大事な電話をする場合はおすすめしません。
    専用アプリなしでかけ放題を利用できるキャリア・格安SIMを検討してください。

    キャリアメール・キャリア決済を利用したい人

    キャリアメール・キャリア決済を使いたい人にも楽天モバイルは向きません。

    楽天モバイルに乗り換えると大手キャリアのキャリアメールは使えなくなります。
    メールを利用する場合はGmailなどのフリーメールを代わりに利用してください。

    楽天モバイルでも2021年内にキャリアメールを提供する計画がありましたが、現在は未定になっています。

    なお、大手キャリアでは2021年12月よりキャリアメールを他社でも使えるサービスを開始しました。

    月額料金さえ払えば、楽天モバイルに乗り換えてからもキャリアメールの継続が可能です。

    キャリア決済は楽天モバイルにも用意されています。
    しかし、利用できるサービスはGoogle Playのみです。

    ネットショッピングなどには使えないため、大手キャリアのキャリア決済の代わりにはなりません。

    クレジットカードやコンビニ払いなど、別の支払い方法で代用してください。

    楽天モバイルはメリットも多い!

    注意点が多い楽天モバイルですが、メリットもたくさんあります。

    • 楽天回線エリアでは月額3,278円でデータ通信が使い放題
    • 月1GB以下なら月額料金が0円
    • かけ放題も無料
    • 海外でもデータ通信を使える
    • 楽天市場のポイント還元率がアップ
    • 最新のiPhoneをお得に購入できる
    • 店舗で対面によるサポートを受けられる

    デメリットが気にならないのであれば、楽天モバイルは十分おすすめです。

    楽天回線エリアでは月額3,278円でデータ通信が使い放題

    楽天モバイルを楽天回線エリアで使う場合、月額3,278円(税込)でデータ通信が使い放題です。

    大手キャリアの使い放題プランの半額以下で利用できます。

    キャリア 使い放題プランの月額料金
    楽天モバイル 3,278円(税込)
    ドコモ 7,315円(税込)
    au 7,238円(税込)
    ソフトバンク 7,238円(税込)

    1日10GBほどデータ通信を使うと一時的に制限がかかるため、完全な無制限ではありません。

    それでも、よほどヘビーユーザーでなければ制限にかかることはないでしょう。

    対応エリアが限られるのはデメリットですが、逆に言えば対応回線エリア内ならお得にデータ通信を使えます。

    月1GB以下なら月額料金が0円

    楽天モバイルでは月間のデータ通信量が1GB未満の場合、月額料金は0円です。
    電話がメインでデータ通信をあまり使わない人なら0円で維持できます。

    月額料金の安さが売りの格安SIMでも、0円で使えるものはほとんどありません。
    データ通信をあまり使わないなら、楽天回線エリア外に住んでいてもおすすめです。

    180日間データ通信を使わないと利用を停止される可能性がある点には注意が必要です。

    かけ放題も無料

    楽天モバイルは専用アプリ「Rakuten Link」から発信すると通話料がかかりません。
    Rakuten Linkアプリの利用料も無料です。

    他社の場合、無制限かけ放題を利用すると1,500円前後のオプション料がかかります。
    専用アプリを使うのはやや面倒ですが、かけ放題を無料で使えるのは魅力ですね。

    月間のデータ通信量が1GB未満なら完全無料でかけ放題を実現できます。
    通話専用回線としてもおすすめです。

    海外でもデータ通信を使える

    楽天モバイルは海外でもデータ通信を使えます。

    格安SIMの場合、海外で利用できるのは音声通話とSMSのみです。
    データ通信は原則使えません。

    大手キャリアは海外でもデータ通信を使えますが、利用料金は割高です。

    楽天モバイルは月2GBまでなら海外でも無料でデータ通信を使えます。
    Rakuten Linkアプリ同士なら国際電話の通話料も無料です。

    980円(税込)の国際電話かけ放題を利用すればRakuten Linkアプリ以外のユーザーとも無料で通話できます。

    楽天市場のポイント還元率がアップ

    楽天モバイルは楽天市場のポイント還元率がアップする「SPU」の条件の1つです。

    スポンサーリンク

    契約中は楽天市場のポイント還元率が1.0%アップします。
    楽天市場を頻繫に使うならこのためだけに保有するのもアリですね。

    楽天モバイルキャリア決済を月2,000円以上利用すると、その月の還元率がさらに0.5%アップします。

    定期的にGoogle Playで課金する人ならよりお得です。

    最新のiPhoneをお得に購入できる

    楽天モバイルでは最新のiPhoneをお得に購入できます。

    格安SIMでは型落ちモデルや中古品が中心です。
    最新のiPhoneは購入できません。

    楽天モバイルでは最新モデルであるiPhone 13シリーズも取り扱っています。

    iPhone 13シリーズは大手キャリアでも購入可能です。
    しかし、割引利用が前提のため販売価格が高めに設定されています。

    楽天モバイルのiPhone 13シリーズはAppleストアとほぼ同額です。
    加えて楽天ポイントの還元も受けられます。

    iPhoneが最大半額になるアップグレードプログラムも利用できます。

    店舗で対面によるサポートを受けられる

    楽天モバイルは全国各地に店舗を設けています。

    格安SIMはコスト削減のため基本的に店舗がありません。
    サポートはWEBや電話がメインなので、初心者やシニア層だと困ることもあるでしょう。

    楽天モバイルは店舗で対面によるサポートを受けられます。
    大手キャリア以外で実店舗があるのは貴重です。

    サポート内容は店舗によって異なります。事前にショップ(店舗) | 楽天モバイルページで店舗の情報を調べておきましょう。

    楽天モバイルがおすすめの人

    次のような人には楽天モバイルがおすすめです。

    • 楽天回線エリア内に住んでいる人
    • データ通信をほとんど使わない人
    • 多少手間をかけても通話料を節約したい人
    • 楽天市場のヘビーユーザー
    • 海外へ行くことが多い人

    楽天回線エリア内に住んでいる人

    楽天回線エリアに住んでいる人には楽天モバイルがおすすめです。

    月額3,278円(税込)でデータ通信を無制限に使えます。
    データ通信使い放題でこれだけ安いのは他のキャリアにはない魅力です。

    モバイルルーターに入れてポケットWi-Fiとしても使えます。
    契約期間の縛りがないため、引っ越しなどで短期間だけ使いたいときにもピッタリです。

    データ通信をほとんど使わない人

    楽天モバイルはヘビーユーザーだけでなく、データ通信をあまり使わない人にもおすすめです。

    1GB未満なら月額料金は一切かかりません。
    1~3GB未満も月額1,078円(税込)と比較的安価です。

    デメリットでも解説した通り、3~10GB前後の人は割高になります。楽天モバイルを安く使うなら3GB未満に抑えましょう。

    多少手間をかけても通話料を節約したい人

    楽天モバイルはとにかく通話料を節約したい人にもおすすめです。

    かけ放題を適用するにはRakuten Linkアプリから発信しないといけません。
    標準の電話アプリでは適用されないため、手間がかかります。

    とは言え、追加料なしでかけ放題を利用できるのはやはりお得です。
    音質も日常会話ならさほど気になりません。

    楽天市場のヘビーユーザー

    楽天モバイルを契約すると楽天市場における還元率が最大1.5%アップします。
    楽天市場のヘビーユーザーなら楽天モバイルはマストですね。

    データ通信量が1GB未満なら月額料金無料で維持できます。
    楽天市場のためだけに契約してもOKです。

    海外へ行くことが多い人

    楽天モバイルは海外でもデータ通信を無料で使えます。
    Rakuten Linkアプリ同士、または国際電話かけ放題の適用で通話料も無料です。

    海外へ行くことが多い人は楽天モバイルを契約しておきましょう。

    データ通信を使わなければ国内にいる間も0円で維持できます。
    海外専用SIMとしてもピッタリです。

    スポンサーリンク

    海外でデータ通信をたくさん使う人は月20GBまで使えるahamoも検討してください。

    楽天モバイルは3ヶ月無料!とりあえず試すのもアリ

    本記事を読んでも楽天モバイルを契約するか迷っている人は、とりあえず契約するのをおすすめします。

    楽天モバイルでは月額料金が3ヶ月無料になるキャンペーンが実施中です。
    データ通信をどれだけ使っても月額料金は一切かかりません。

    楽天モバイルは契約期間が定められていないので、いつでも違約金なしで解約可能です。
    MNPで他社に乗り換える際のMNP転出手数料もかかりません。

    合わなければ無料期間のうちに解約すれば良いだけです。
    3ヶ月間はほぼノーリスクで楽天モバイルを試せますよ。

    3ヶ月無料キャンペーンは1人1回線、1度のみ適用されます。複数回の利用はできません。

    試す際は現在のキャリアと併用するのがおすすめ

    楽天モバイルを試す際は、現在のキャリアは解約せず併用するのがおすすめです。

    2枚のSIMカードを同時に待受けできる「DSDV」対応スマホなら、楽天モバイルと他のキャリアを1台で併用できます。

    万が一、楽天モバイルが合わなければ解約して元のキャリアに戻ればOKです。
    3ヶ月以内なら月額料金はかかりません。

    実際に使ってみて、楽天モバイルが良さそうだと感じてから乗り換えても良いでしょう。

    まとめ

    最後に、楽天モバイルをおすすめしない人をもう一度おさらいしておきましょう。

    • 楽天回線エリア外に住んでいる人
    • 毎月の通信量が3~10GB前後の人
    • 電話発信時に専用アプリを使うのが面倒な人
    • 電話の品質を重視する人
    • キャリアメール・キャリア決済を利用したい人

    上記のような人は楽天モバイルを使わないほうが良いでしょう。

    とくに注意が必要なのが対応エリアです。
    楽天回線エリアかどうかで、利用できるデータ通信量に大きな差が出ます。

    必ず、契約前に対応エリアをチェックしてくださいね。

    逆に、次のような人には楽天モバイルがおすすめです。

    • 楽天回線エリア内に住んでいる人
    • データ通信をほとんど使わない人
    • 多少手間をかけても通話料を節約したい人
    • 楽天市場のヘビーユーザー
    • 海外へ行くことが多い人

    楽天モバイルの注意点は多いですが、それを上回るほど多くのメリットがあります。
    デメリットが気にならない人には楽天モバイルがおすすめです。

    【公式】楽天モバイル

    ABOUT ME
    吾妻 和希
    格安SIM・スマホが好きなライター。学生時代に節約のため格安SIMを使い始めました。格安SIM歴は6年を越え、その経験を生かしてスマホライターとして活動中。
    iPhone 13を買うなら「楽天モバイル」がおすすめ



    楽天モバイルなら、iPhone 13を安くお得に購入できます。

    「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」で購入すると、月々たったの2,058円。
    最新のiPhoneが約半額で買えちゃいます!
    さらに初めてのプラン申し込み&他社から乗り換え(MNP)なら最大30,000ポイント還元されます。

    iPhone 13を安く買うなら今がチャンスです!

    関連記事