ソフトバンク

【2021年最新版】ソフトバンクのSIMロックを解除する方法とその手順

iPhone 13をお得にゲットしよう!

iPhone 13/mini/Pro/Pro Maxをお得に手に入れるなら、「ソフトバンク」が断然おすすめ!

トクするサポート+を利用すれば、なんと約半額で購入することが可能です。

最新のiPhone 13シリーズをお得にゲットしちゃいましょう☆

ソフトバンクのSIMロック解除をするために知っておきたい情報はたくさんあります。

SIMロック解除をすることは簡単なのですが、そのためにはいくつかの条件を満たしている必要があり、解除手続きの方法も複数あるのです。

そこでソフトバンク端末のSIMロック解除をするための情報をまとめたので、これからSIMロック解除を検討している人は是非参考にしてください。

実際に知ってみれば簡単にできると納得できますが、料金に関する落とし穴もあるので一度しっかり勉強しておくと安心できます。

ソフトバンク端末でSIMロック解除をするためには

ソフトバンクから購入した端末で他社のSIMカードを使うためには、SIMロック解除が必要です。

元々ソフトバンク端末では、ソフトバンクのSIMカードのみを使えるようにロックがかけられているため、そのままだと他社のSIMカードを認識してくれないからです。

SIMロック解除自体は無条件でできるものではありませんが、その条件自体は特に厳しいものではありません。

これからソフトバンク端末でのSIMロック解除を検討しているなら、まずはその条件を知るところから始めていきましょう。

実はとても簡単なSIMロック解除の条件

ソフトバンク端末でSIMロック解除をするための条件は、いくつかあります。

しかし実際に見てみると、普通に使っている人ならクリアできる、もしくはクリアできている条件ばかりなので安心してください。

その条件は以下のようになっています。

ネットワーク利用制限が「◯」か「△」であること

まずネットワークの利用制限がかかっていないことです。

これは契約者の回線が正常に使えるという意味なので、支払が滞っているなどの理由で回線が止められている人は対象外になります。

ネットワーク利用制限がかかっていることはサービスを受けられないことになるので、SIMロック解除をしてもらえないわけです。

購入日から101日経っていること

次に購入日から101日目以降であることです。

これは一括支払いで端末を購入している人は対象外になりますが、割賦販売で端末を購入している人は購入日から101日目以降でなければSIMロック解除に応じてもらえません。

3か月ちょっとの期間になるので、購入してすぐだとSIMロック解除はしてもらえませんが、ある程度使っている人なら自然にクリアできている条件です。

中古のソフトバンク端末もSIMロック解除に応じてくれる

以前は中古端末だとSIMロック解除に応じてもらえなかったのですが、2019年8月21日から中古端末のSIMロック解除に応じてくれるようになりました。

それまでは契約中か解約をしてから90日以内であることもSIMロック解除の条件だったのですが、こちらも緩和されています。

これによって中古で購入した端末や、友人・知人から譲り受けた端末でも、SIMロック解除をしてもらえるようになったのです。

ただし中古のソフトバンク端末でSIMロック解除するためには、いくつかの条件を満たしている必要があります。

中古スマホのSIMロックを解除する条件

まず受付はソフトバンクの店頭のみです。

そしてSIMロック解除は1日2台までとなっています。

ほかに店頭での解除は手数料が3,300円(税込)発生し、本人確認書類の提示も必要です。

いくつかの条件は必要になるものの、それまでできなかったソフトバンクでの中古端末SIMロック解除ができるようになったので、端末と回線の自由度が増えました。

スポンサーリンク

スマートフォンやタブレットは頻繁に新モデルが登場することもあり、すぐに中古端末が市場に出回ります。

それらの端末もSIMロック解除してもらえるようになったのは、大きな変更点です。

ソフトバンクでSIMロック解除をお得にする方法

ソフトバンクでSIMロック解除をするためには、2つの方法があります。

店頭でのSIMロック解除はお金がかかる

まずソフトバンクショップで手続きをしてもらう方法です。

この方法は、すべての作業をショップのスタッフにお願いできるので安心感があります。

SIMロック解除をしたいけど、どんな注意点があるのか、そのほかにも気になる疑問点について気軽に相談できるため、SIMロック解除に不安を覚えている人にとって大きなメリットがあります。

しかし店頭でのSIMロック解除には、ひとつ問題点があります。

それはお金がかかることです。

SIMロック解除手数料が3,300円(税込)かかるので要注意

中古のソフトバンク端末のSIMロック解除について紹介した際にも書きましたが、店頭でのSIMロック解除では手数料が3,300円(税込)になります。

これは中古端末であるかどうかは関係なく、ショップでお願いする場合は一律で発生するものです。

しかしこの手数料を払わなくても、SIMロック解除をできる方法があります。

My SoftBankでお金をかけずにSIMロック解除

ソフトバンクが契約者向けに提供しているWebサービスの「My SoftBank」では、オンライン上で様々な手続きができるようになっています。

その中のひとつにSIMロック解除があり、Webからの手続きなら手数料3,300円(税込)が発生しないのです。

Web上でSIMロック解除をする場合の操作はとても簡単です。

ある程度スマホの操作やWebサイトの利用に慣れている人なら困ることもないので、これで3,300円(税込)を節約できるのは大きなメリットになります。

特に理由がなければ、お金をかけずにSIMロック解除できる方法を選びたいところです。

WebからSIMロック解除をするためには

My SoftBankからSIMロック解除をする場合には、事前に調べておかなければならない情報があります。

それはIMEIという製造番号です。スマホやタブレットにはこのIMEIが必ず設定されており、その番号からSIMロック解除が可能かどうかを判断しています。

IMEIの確認は、iOSとAndroidで操作方法が異なるものの、設定から端末情報を確認できる場所を開けばすぐ確認できます。

そしてそれとは別に、電話アプリで「*#06#」の順にタップするだけでもIMEIを表示できるのです。

この方法なら端末のOSを問わずIMEIを簡単に表示できます。

後はメモに残すか、スクリーンショットを保存しておけば大丈夫です。

My SoftBankでのSIMロック解除操作

SIMロック解除の手順は下記のとおりです。

  • STEP1
    My SoftBankを開いたら、右上にある3本線のボタン(ハンバーガーアイコン)を選択します。
  • STEP2
    そしてその中にある「契約・オプション管理」を選択し、一番下にある「SIMロック解除の手続き」を開きます。
  • STEP3
    そうするとIMEIを入力する場所があり、そこから「次へ」で進んで「解除手続きする」を選べば手続きは完了します。

ここで対象外のIMEIだと進めなくなりますが、2015年5月1日以降に販売されている端末ならSIMロック解除対象になっているので、よほど古い端末でない限りはそのまま進めます。

端末によっては2015年4月までに発売されたものでもSIMロック解除対象になるので、事前にチェックをしておくと良いです。

スポンサーリンク

ソフトバンク端末のSIMロック解除をして選択の幅を広げよう

SIMロック解除をすること自体に、大きなメリットやデメリットはありません。

あくまでも端末をSIMフリー化できるだけなので、それ以外に端末が影響を受けることもなく、契約状況によって利用できるサービスの有無が変わるだけです。

ソフトバンク端末をSIMフリー化し、解約をして他社のSIMを使うようにしたら、ソフトバンクが提供するサービスは利用できなくなります。

端末の保証サービスも利用できなくなりますが、契約を維持している人なら影響はありません。

SIMロック解除をする理由は人それぞれです。

格安SIMを使う人もいれば、海外で現地の通信事業者と契約をして使うためにSIMロック解除をする人もいます。

前者ならソフトバンクとの契約を解約することになりますが、後者なら契約を維持したままでのSIMロック解除になります。

細かい部分まで確認をしたいなら、ソフトバンクショップで事前に確認をしておくと安心です。

iPhone 13を買うなら「ソフトバンク」がおすすめ



ソフトバンクオンラインショップなら、iPhone 13を安くお得に購入できます。

トクするサポート+を適用すると、月々たったの2,415円。
最新のiPhoneを約半額で手に入れましょう!
さらに今ならiPhone 12を安く買えるチャンスです!

関連記事
ソフトバンク

待ち時間も頭金も不要!ソフトバンクオンラインショップで機種変更をするメリット・デメリット

2020年1月16日
オリラボ通信
ソフトバンクのスマートフォンや携帯電話を機種変更するときには、主にソフトバンクショップや家電量販店などの実店舗に行く方法と、ソフトバンクの公 …