格安スマホ/SIM

ソフトバンクから格安SIMに乗り換える際の注意点・手順を徹底解説

携帯料金を少しでも安くしたいとなった場合におすすめの選択肢といえばやはり格安SIMです。

大手キャリアの中でもライトユーザーに優しい従量制プランを展開しているソフトバンクを利用している場合、5,000円以下でもスマホを持てるようになっていますが、格安SIMを利用すればスマホ代はもっと安く抑えることが可能です。

安さ優先で格安SIMを選択していく場合、どんなことをチェック、注意していけばいいのか、どんな手順で乗り換えていったらよいのか、ソフトバンクからの乗り換えの例を紹介していくので参考にしてください。

格安SIMに乗り換える前にチェックしておくこと

料金の安さにおいて他のどの選択肢よりも魅力的な格安SIMですが、乗り換えるとなった場合には、やはり予め確認しておかなければいけない点がいくつかあります。

ソフトバンクから乗り換えた際にどういった点にどれくらいの差が出てくるかや、ソフトバンクを解約する際に不都合が起きないかといったことも予めしっかりチェックしておきましょう。

どれくらい料金が安くなるか

格安SIMに乗り換えるにあたり、ソフトバンクの契約と比較してどれくらい安くなるかはやはりきちんとチェックしておくべきでしょう。

安さというメリットを充分得ることができなければ格安SIMに乗り換える必要は無いとも言えますから、このポイントは重要です。

ソフトバンクの場合、ミニモンスターという従量制プランがあり、場合によっては5,000円以下でスマホを利用することも可能です。

自分が月々どれくらいの通信を行うか、ソフトバンクと格安SIMで計算した場合、料金にどれくらいの差が出てくるかといったことを把握、比較して乗り換えることでより納得の契約ができるかどうかを確認しておかなければなりません。

通信速度がどれくらい変わるか

スマホをより便利にお得に利用していくためには、通信速度についてもきちんとチェックしておく必要があります。

料金が安くとも通信速度に不便が出てしまってはストレスですから、乗り換えた格安SIM先で今まで通りの快適な通信ができるかどうかは必ずチェックしておかなければなりません。

格安SIMでは大手キャリアの回線を借りて通信を行うことになりますから、おおもとの回線が混雑した場合に格安SIMユーザーの回線利用は後回しになるといったデメリットがありますので、この点については心得ておかなければなりません。

また回線を普通に利用できる場合でも、ソフトバンク回線の格安SIMを利用するか、ソフトバンク回線以外の格安SIMを利用するかで快適さには差がでてきますから、他キャリアの通信速度で満足できるかといったこともチェックが必要です。

乗り換え時期のタイミング

ソフトバンクから格安SIMに乗り換える際、タイミングを誤ると高額な違約金が発生する可能性があるので気を付けてください。

2年縛りのある契約を結んでいる場合、契約更新時期を見計らっての乗り換えでないと1万円近い違約金を取られることになるので、この点については必ず確認をしておく必要があります。

契約更新時期についてはソフトバンクのショップやカスタマーサービスで問い合わせれば教えてもらうことができます。

せっかく格安SIMに乗り換えてスマホの料金が安く抑えられても違約金で高額な費用を取られては残念ですから、上手く時期を見計らって乗り換えられるようにしていきましょう。

端末の分割料金は残っていないか

格安SIMへの乗り換えを行う際に後から気づいて後悔することが多いのが、現在使っている端末の分割料金が残っていたというものです。

端末の分割支払いが終わっていない状態で格安SIMへ乗り換えを行ってしまうと、残額については一括支払いを行わなければならないことから大きな負担を強いられることになります。

通常分割払いで端末代金を支払う場合は、端末代金の割引が行われていることが多いですが、残額が残っている状態で解約をしてしまうと、割引も適用されなくなり残りの端末代を実費で全額負担しなければならなくなるので気をつけましょう。

特に機種変更をして一年経っていないといった場合、相当な負担額になりますから、端末代金の支払いがどれくらい済んでいるかはよく確認しておかなければなりません。

家族割などの割引サービスが消えても問題が無いか

家族でソフトバンクを利用している場合、格安SIMで乗り換えることで家族割などのサービスが適用されなくなるので気をつけましょう。

特に家族割等の場合、自らの契約が親となっていると解約して抜けてしまうことで子の契約となっている側に手続きが必要になってくることがあります。

契約を抜けてしまうことで残る側の料金に割引が適用されなくなるケースもあるため、乗り換える前に問題が無いかをきちんと確認しておくようにしてください。

使えるスマホを確認

格安SIM会社でどのようなスマホを提供しているかを確認しておくことも大切です。

スポンサーリンク

手持ちのスマホに格安SIMを指して使うこともできますが、乗り換えを機に機種変更を考えているのであればどのようなスマホが提供されているかはしっかり把握しておかなければなりません。

大手キャリアの旧モデルのスマホを安く提供してもらえることがほとんどですが、もし今使っているスマホの方が性能が良いというのであれば、無理に新しいものを購入する必要もありませんので、端末をどうするかという問題についてはきちんと確認しておきましょう。

今使っている端末をそのまま引き継ぎたい場合には、格安SIMを利用できるものかどうかを確認、または使えるように設定する必要も出てくるため気を付けてください。

格安SIMに乗り換える際の注意点

大手キャリアに比べてスマホの利用料金を大幅に安く抑えられる格安SIMですが、サービスの点については当然大手キャリアと大きく違ってくる部分が多数出てきます。

特にアフターサポートの点に関して格安SIMの特徴をきちんと理解しておかないと後悔や苦労をすることが多いですから気を付けなければなりません。

必要な設定を自分で行えるか

格安SIMは契約手続きを行った後にSIMカードが配達され、それを自分で端末にセットし設定を行っていきます。

大手キャリアの場合は、店頭で代わりに設定などを行ってもらうことができますが、格安SIMの場合は全てを自分で行わなければならないので、この点についてはよく心得ておかなければなりません。

特に機械に疎い人の場合は、何をどうしたらいいのか全く分からず途方に暮れてしまうといったことにもなりかねません。

自分で勉強をするか詳しい人に設定を行ってもらうといったことが必要になるので気を付けてください。

大手キャリアのような店頭窓口が無いので注意

格安SIMは大手キャリアのように店舗を構えていません。

直接足を運んで相談できる窓口が無いことから、大手キャリアを利用していた際によく店舗に相談に行っていたというような人は大変な不便を感じるでしょう。

カスタマーサービスに電話をしてオペレーターに相談をすることはできますが、面と向かってスマホに関する相談をすることはできないので心得ておかなければなりません。

格安SIMの知識はネットでカバー

店舗が無く直接相談できる窓口が無いと設定などがきちんと行えるか不安という人もいるでしょうが、格安SIMに関する知識についてはネットを利用すればいくらでも得ることができます。

ブログやnoteなどで設定に関する詳しい記事は多数公開されていますから、参考にすることで必要な知識を得ることは充分可能です。

ゼロからの勉強でも充分格安SIMを扱いこなせるようになりますので、積極的に勉強していってください。

格安SIM会社についてもきちんと調べておこう

格安SIMに乗り換える際は、どのような会社があるのかについてもきちんと調べておくことが必要です。

一言に格安SIMといっても選択肢となる会社は大手キャリアよりも圧倒的に多く、どこを選んだら良いのか悩んでしまうのが当然です。

ソフトバンクを解約する前に必要なことをきちんと調べておかないと乗り換えに時間がかかり不便をすることになるので気をつけましょう。

どんな会社があるかをチェック

格安SIMは、ワイモバイル、楽天モバイル、LINEモバイル、mineoなど様々な会社からサービスが提供されています。

いずれの会社も大手キャリアの回線を借りる形で通信を行うため基本的に全国で利用することが可能でエリアによる制限を受けることはほとんどありません。

信頼できる会社を選びたいというのであればワイモバイルや楽天モバイルなどの大手企業が提供する格安SIMを選択するのが最も安心でしょう。

大手の会社の方が何かと細かいサービスを手厚く受けることができます。

BIGOLOBEモバイルなどのインターネット系の会社の場合は、通信プランが充実していることが多いため、提供されるサービスのプランについてもチェックしておくようにしていきましょう。

どこのキャリアの回線を使用しているか

格安SIM会社を選ぶ際には、その会社がどこの大手キャリアの通信回線を利用しているかを調べておくことも大切です。

エリアによってはキャリアの電波が届きにくいということもありますから、問題無く利用できるキャリアの回線を使用している会社を選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

格安SIM会社によっては大手三キャリアから好きなところの回線を選べるようなところもあります。

サービスの内容をしっかりチェックしておかないと通信に不便をすることもあるので気を付けてください。

ニーズに合ったプランがあるか

いくら安く利用できたとしても、自分のスマホのニーズに合ったプランで利用できなければ格安SIMに乗り換える意味がありません。

格安SIMは各社ごとに様々なプランを展開していますから、自分のニーズに合った利用ができるプランを提供してくれている会社はどこかを良く調べておくようにしましょう。

動画見放題、SNSの通信料無料など大手キャリアには無いユニークなプランを設定しているところも多いため、自分がスマホを何に使用するかをよく考えてより適切なプランを選択していってください。

口コミなど評判も確認

各社の格安SIMについては口コミなどで評判をチェックしておくこともおすすめします。

安さに関しては満足であっても通信速度やプランの内容については不便さが出てくることは当然あるため、乗り換える前にどんな問題があるかについては必ずチェックしておく必要があります。

格安SIMは選択できる会社の数が多いこともあり実生活では実際に使っている人の感想や情報をなかなか得にくいです。

ネットを利用しSNSやブログなどで口コミや評判の情報収集を行って期待通りの利用ができるかどうかをリサーチしておきましょう。

解約の際の契約がどうなっているか

格安SIMは契約から解約まで手続きはすべてネットで行います。

契約については申し込み後に格安SIMが送られてくるのを待てば良いですが、解約については手続き後に格安SIMをこちらから送り返す必要があるので覚えておきましょう。

格安SIMの返却については各社ごとに規約があり、一定期間内に返却をしないと違約金を求められることになります。

違約金の金額や返却の期間についてはそれぞれの会社で異なりますので、解約の詳細がどのようになっているかは予め確認しておきましょう。

格安SIMについては必要な情報を自ら収集することがとても大切ですから、申し込みから格安SIMの返却まで一通りの内容をしっかりチェックしておかなければなりません。

ソフトバンクから格安SIMに乗り換える際の手順

格安SIMに乗り換える際には、ソフトバンクを解約し格安SIMを契約するといった段取りで手続きを行っていきます。

MNPを利用しない場合は、単に解約→契約を行えば良いですが、MNPを利用して電話番号を引き継ぐ場合には、転出の手続きを行わなければならないので気をつけましょう。

転出手続きを行わず解約してしまうと今までの番号は二度と使えなくなってしまうので気を付けてください。

ソフトバンクからMNP転出する

MNPを利用して格安SIMに乗り換える場合、ソフトバンクを解約する前にMNP転出の手続きを行います。

電話番号を引き継ぐための予約番号を発行してもらう必要があるので、忘れずに行いましょう。

解約をしてから予約番号を発行するということはできないので必ず解約手続き前に行うようにしてください。

大手キャリアに乗り換える場合には、新しく乗り換えるキャリア先から予約番号を発行、自動的に元のキャリアの契約を解約することが可能です。

しかし、格安SIMの場合には全ての手続きを自分で行う必要があります。

格安SIMにMNP転入する

MNPの予約番号を発行、ソフトバンクを解約したら格安SIMの契約を行います。

予約番号を伝えた上で申し込みの手続きを行い格安SIMが届くのを待つことになります。

MNPの予約番号の有効期限は15日しかありませんので、ソフトバンクを解約したらすみやかに格安SIMの手続きを行うようにしてください。

スポンサーリンク

また期日ギリギリでの申し込みは手続きの関係でMNPの予約番号が無効になってしまう可能性もあります。

有効期限内だから大丈夫と余裕を持ちすぎると、電話番号が引き継げなかったというような失敗もおこしかねませんから気を付けなければなりません。

格安SIMが届くまでにも時間がかかりますから、解約をした後は速やかに新規契約の申し込みを行うようにしましょう。

APN設定を行う

格安SIMが届いたらスマホに差し込んでAPN設定を行います。

APN設定については格安SIMと共に届く説明書もしくは格安SIMの会社のホームページなどを参考に行っていけば良いので専門的な知識が無くても行えます。

設定が問題無く済めばあとは回線がきちんと使えるか確認をして終了です。

乗り換えてから失敗したと後悔をしないように気を付けて

格安SIMは大手キャリアとは異なり自分で行わなければいけない部分やサービスの違いについてきちんと理解しておかなければいけない部分が多いので、必ず乗り換える前に確認、理解をしておくことが必要です。

特に設定や回線の利用条件などについて理解をしておかないと不便を強いられることがあるので気をつけましょう。

大手キャリアと比較してどのような部分にデメリットを感じるかといった点だけしっかり把握しておけば、乗り換えを行ったとしても後悔をすることはありません。

安くスマホを利用できるようになるぶんどのような点が引き換えとなるかをきちんと心得て気持ち良く利用していけるようにしましょう。

人によってはスマホ代が半額近くまで安くなるので賢く乗り換えを行っていってください。

関連記事