Y!mobile

ソフトバンクからMNP乗り換えをするメリットとは?ワイモバイルのお得なキャンペーンをチェック!

大手キャリアを使っていた人が格安スマホに換える理由のトップは、やはりスマホ代金を安くするということです。

そのため、格安スマホ各社でお得な料金プランを設けています。

それに加えて、新規申し込みに当たってよりお得になるキャンペーンを実施しています。

こうしたキャンペーン内容を比較することによって、格安スマホ会社選びをより賢くすることができます。

ソフトバンク傘下にあるワイモバイルでも、お得なキャンペーンを開催していますので、その内容をチェックしてよりお得に乗り換えができるようにしたいものです。

ワイモバイルの特徴

ワイモバイルの料金面での特徴を確認して、ソフトバンクからの乗り換えをすることのメリットを探ってみましょう。

その上で、付随するキャンペーンや割引制度を知ることで、よりお得な使い方ができます。

シンプルな3つの基本料金プランで分かりやすい

ワイモバイルの基本料金プランは3つしかなく、とても分かりやすいのが特徴です。

「Sプラン」が一番安く基本料金は2,948円(税込)です。

その次が「Mプラン」となっていて4,048円(税込)、一番大きなプランが「Rプラン」で5,148円(税込)です。

このように、それぞれのプランの料金差は1,100円(税込)となっていて、違いがとても分かりやすいのが特徴です。

それぞれのプラン内容の差はデータ通信容量だけで、通話プランなどはすべて同じです。

月にどのくらいのデータ通信容量を消費するかという、非常にシンプルな決め方ができるので、プラン選びに迷うことがありません。

ソフトバンクからの乗り換えだと相当なコストカット

大手キャリアでは全体的に、データ容量と通話かけ放題プランが付くとかなり高額な利用代金がかかります。

プランによっては、同程度の使用条件でソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えをすることによって、5,500円(税込)程度のコストダウンとなることもあります。

ソフトバンクからの乗り換えの場合、新プランであれば違約金が発生しないので安心です。

それに加えて、ワイモバイルで行っているキャンペーンを利用することによって、さらにお得になりますので格安スマホに換える意味があると言えます。

通話かけ放題も基本料金に含まれていて便利

ワイモバイルの3つの基本料金の中には、すでに通話かけ放題サービスが含まれています。

内容としては、通話10分間以内であれば何回かけても無料というものです。

格安スマホ会社の多くは、通話かけ放題サービスを用意しているものの、基本プランに加えるオプションとしていて、料金が加算される仕組みになっています。

プラン選びが複雑になりますし、総合的に月額料金を計算してみると割高になってしまうこともあります。

その点ワイモバイルのシステムであれば、とてもシンプルでプラン選びが楽ですし、よりお得な設定となっています。

ワイモバイルの基本料金割引キャンペーン

もともとワイモバイルの基本料金プランは、ソフトバンクに比べてずっとお得ですが、割引キャンペーンを加えると、さらにお得になります。

その内容をチェックして、どのくらいまで割引されるかを確認しましょう。

ワイモバイルではキャッシュバックキャンペーンはしていない

新規申込者を対象としたキャンペーンとして一般的に多いのは、一定金額をまとめて還元するというキャッシュバックです。

スポンサーリンク

ワイモバイルでも一時こうしたキャッシュバックキャンペーンをしていたこともありました。

しかし、現在ではキャッシュバックによる割引はしておらず、月額料金からの割引のみとなっています。

キャッシュバックの方が一見するとお得感があるようにも見えますが、実際にはそうでないことも多いものです。

1年間もしくは2年間でのトータルでの割引額を見てみると、キャッシュバックよりも月額料金の割引の方がお得になるというケースは多く見られます。

また、キャッシュバックは申し込みから一定期間経たないともらえないことも多いですし、自分から申請しないと振り込んでくれないこともあります。

結果としてキャッシュバックのことを忘れてしまって、もらい損ねてしまうという事態になることもあるのです。

そのため、確実にスマホ代金をお得にできる月額料金の割引の方が有利と言えます。

申し込みから6か月間割引キャンペーン

定常的に行っているワイモバイルのキャンペーンとしては、契約から6か月間月額料金の割引をするというものがあります。

サービス利用が始まった月から6か月間、770円(税込)割引となっています。

これはプランに関わりなく、すべてのプランでの同額の割引がなされるというものです。

そのため、プランSであれば2,178円(税込)、プランMは3,278円(税込)となります。

一番データ容量が大きいプランRは4,378円(税込)です。

割引率という点で見ると、プランSが最も高いものとなり、よりお得感が出るのが特徴です。

プランによって割引額が変わってくるということもなく、割引後の料金も分かりやすいのはワイモバイルならではと言えます。

ダブルの割引を適用することもできる

上記の6か月間割引キャンペーンは、すべての申込者に適用されます。

これに加えて、一定条件を満たしたユーザーには追加の割引がなされます。

一つはかぞく割引です。

同じ家族内で二つ以上の回線を申し込むと適用されます。

もう一つは「ひかり割」、もしくは「おうち割」という割引キャンペーンです。

自宅のインターネット回線としてソフトバンクの光回線を入れていると適用されます。

どちらのケースでも、一律月額料金から550円(税込)さらに割り引かれることになります。

最終的には、プランSで1,628円(税込)、プランMで2,728円(税込)、プランRだと3,828円(税込)となります。

二つの割引キャンペーンが適用されると、毎月1,320円(税込)もの割引となりますので、ぐっとお得にスマホを利用できるようになります。

ちなみに、この「かぞく割」や「ひかり割」も契約から6か月間の割引となりますので、7か月目以降は基本の料金へ戻ります。

その他のワイモバイルのキャンペーン

上記のように、ワイモバイルでは毎月の基本料金がお得になる割引キャンペーンを定常的に行っています。

スポンサーリンク

こうしたキャンペーンに加えて、さらにスマホ利用が便利になるキャンペーンも実施しています。

料金割引と合わせて適用することで、よりお得感が高まります。

データ通信容量追加キャンペーン

新規申し込みやMNP申し込み、そして契約変更をした人を対象として、データ増量キャンペーンも行っています。

これは月々のデータ通信容量を追加するというものです。

ワイモバイルの基本料金プランでは、プランSで3GBが使えますが、これが4GBになります。

プランMの場合は基本が9GBですが、12GBに増量されます。

プランRは14GBですが、17GBとなります。

こうしたデータ増量は追加オプションとして、通常は550円(税込)かかります。

しかし、このキャンペーンが適用されると無料でオプション利用ができるようになります。

しかも、その期間も長く13か月も適用されます。

かなりお得でうれしいキャンペーンですので、基本料金割引と合わせて乗り換え後のお得感が強くなります。

ワイモバ学割も積極的に検討したい

子ども向けにスマホを与えたいと思っているのであれば、「ワイモバ学割」に注目できます。

これは5歳から18歳までの申込者を対象に割引をするというものです。

条件によって割引の内容は変わってきますが、他の「おうち割」や「かぞく割」と合算すると、最大で1,100円(税込)もの割引が適用されることになります。

親子での割引も可能となっていますので、家族全体で考えるとかなりの家計節約につながります。

そして、この「ワイモバ学割」のいいところは、適用期間が13か月と長いところです。

他の「おうち割」や「かぞく割」は最初の6か月だけですが、この「ワイモバ学割」があればその後もお得な料金でスマホを使えます。

YouTubeプレミアムが無料になる

付加的なキャンペーンとして、YouTubeプレミアムが3か月無料で使えるという制度もあります。

これは自動的に加入されるわけではなく、ワイモバイルを使っているスマホやタブレットから自分で申し込む必要があります。

YouTubeプレミアムは、動画を再生する際の広告がカットされる、オフライン再生ができるように動画のダウンロードができる、YouTube Musicが利用できるなどのメリットがあります。

よりYouTubeを楽しむのに役立つサービスですので、ぜひとも試してみたいものです。

このYouTubeプレミアム無料は、3か月有効となっています。

通常だと1,298円(税込)の月会費がかかりますので、お試しという感じでも使ってみるとそのお得さと便利さを実感できます。

PayPayのボーナスがもらえる

ソフトバンク系列のキャッシュレス決済サービスであるPayPayでも、ワイモバイルユーザー向けのキャンペーンを行っています。

PayPayアカウントを新たに作る、もしくはすでに持っている人であれば、ワイモバイルに申し込んでサービスを開始すると、PayPayボーナスがもらえます。

スポンサーリンク

キャンペーン期間によって金額は異なりますが、330円(税込)程度のことが多くなっています。

また、PayPayモールでの優待購入もできるようになり、ワイヤレスイヤホンなどが1円(税込)から買えるなど、かなりお得なセールを利用できるというメリットもあります。

PayPayはYahoo!関連サービスを利用すると、いろいろなシーンでボーナスが貯まっていきますし、ショッピングをする際にもお得な還元キャンペーンがあります。

ワイモバイルを申し込むのであれば、一緒にPayPayも始めるとよりお得に使えるようになります。

その他のYahoo!関連サービスを使って割引を適用する

ソフトバンク、もしくはYahoo!関連のサービスはかなり多岐にわたりますので、いずれかのサービスをすでに利用している場合、もしくはワイモバイルの申し込みと同時に始める場合、さらなる割引が適用されることもあります。

たとえば、前述している「おうち割」もその一例です。

自宅のインターネット回線として、Yahoo!の光回線やソフトバンクAirを使っていると適用されます。

もしくは、「おうちでんき」という電力サービスを利用している場合でも、同じく「おうち割」が適用されることになります。

月々の利用料金から550円(税込)が引かれますので、ぐっとお得にスマホを使えます。

Wi-Fiスポットの無料利用

ソフトバンクでは全国各地にたくさんのWi-Fiスポットを設置しています。

こうしたWi-Fiスポットでは、ユーザー向けのアカウントを持っていると、無料でWi-Fiが使えるようになります。

このサービスは、ワイモバイルの会員にも適用されますので、外出先で気軽にWi-Fiにつなげることができます。

よく行く場所にWi-Fiスポットがあれば、スマホ本体のデータ通信容量を消費せずに済みますので、より安い料金プランにすることも可能となります。

特に都市部ではこうしたスポット設置数が多く、便利な場所にありますので積極的に利用したいものです。

利便性だけでなく、スマホ代金そのものの節約にもつながるサービスです。

「Enjoyパック」を利用できる

ワイモバイルユーザーの特典としては、「Enjoyパック」というものに加入できます。

これはワイモバイルの一つのオプションサービスとして提供されているもので、通常550円(税込)のオプション料金がかかります。

しかし、新規申し込みの場合は最低でも1か月間の利用料金が無料となります。

この「Enjoyパック」はYahoo!ショッピングで使えるポイントが550円(税込)分、パケット550円(税込)分などの特典があります。

これだけでも十分に元を取ることができますので、Yahoo!ショッピングを利用する人であれば必須とも言えるオプションです。

しかも、Yahoo!ショッピングで買い物をした場合、ポイント還元が12倍にもなるという特典もあります。

お得さの面ではかなり高いオプションサービスを利用できますので、加入する価値が十分にあります。

スマホの下取りキャンペーン

ワイモバイルに乗り換えをすると同時に機種変更をするのであれば、下取りキャンペーンの恩恵に預かることができます。

今まで使っていたスマホを下取りに出すことができ、新しい機種の購入代金に充当できるのです。

この下取りは分割払いで新しいスマホを買う際にも適用することができて、毎月の支払額を下げることが可能です。

スポンサーリンク

より負担を減らして最新機種を得るチャンスとなりますので、下取りキャンペーンも利用したいものです。

古いスマホは一般のショップに買取してもらった方がお得になることもありますが、ワイモバイルの下取りキャンペーンは、下取り率が高いのでよりお得に買い替えができることもあります。

それぞれのスマホ機種や下取りに出す端末によって、下取り価格や分割払いへの適用が変わりますので、利用する前にその詳細を確認するようにしましょう。

ワイモバイルの乗り換えで注意したいこと

今まで見てきたように、ソフトバンクからのワイモバイルへの乗り換えは、いろいろなキャンペーンが適用されるなど、メリットがいっぱいです。

しかし、いくつかの注意点もありますので、事前に確認してスムーズに乗り換えができるようにしましょう。

キャンペーン内容は時期によって変わる

ワイモバイルではお得なキャンペーンをたくさん開催しています。

その内容も盛りだくさんですし、利用できる範囲も広いのがメリットです。

こうしたキャンペーンはほぼ定常的に行っているものもあれば、期間限定となるものもあります。

そのため、申し込みをしたいと考えているタイミングで、現在どんなキャンペーンが実施されているのかを確認するようにしましょう。

もし、よりお得なキャンペーンが少し先に開催されるようであれば、そのタイミングを待って乗り換えをするというのも賢い方法です。

適用されると思っていたキャンペーンが終わっていたということになると、お得感が薄れてしまうことにもなります。

逆に、新しいキャンペーンが始まって、使い方によってさらにお得になることもあります。

上手に割引制度を活用するためには、最新の情報収集が肝心ですので、事前にホームページなどをじっくりとチェックしてチェックおきましょう。

乗り換えで変更しないといけないものもある

お得さが際立つワイモバイルですが、そのサービスや通信環境の品質も高いのが特徴です。

しかし、格安スマホに乗り換える際には、大手キャリアで使っていたサービスが使えなくなることもありますので注意が必要です。

その一つが、キャリアメールです。

ソフトバンクユーザーには「○○@softbank.ne.jp」というメールアドレスが割り当てられています。

しかし、ワイモバイルに乗り換えると、このメールアドレスは使えなくなってしまいます。

新たに「○○@yahoo.ne.jp」というワイモバイルからのメールアドレスが提供されることになります。

ソフトバンクのキャリアメールで登録して使っていたサービスでは、メールアドレスの変更をしないといけません。

また、パソコンやスマホのメールアプリの設定も変えるようになります。

SIMカードの対応状況

ワイモバイルではソフトバンクの回線を使っています。

しかし、ワイモバイルは元々イーモバイルなどの別会社を買収してできた会社でもあります。

そのため、ワイモバイルの回線設備はソフトバンクの回線だけではないのです。

こうした事情があり、ソフトバンクで使っていたスマホはそのまま使えないことがあります。

スポンサーリンク

SIMロックがかかっている状態では、乗り換えの前に解除をする必要があります。

また、SIMカードには異なるサイズがあり、スマホ端末によって対応しているサイズが異なります。

ワイモバイルで申し込みをしてSIMカードが送られてくる時、自分のスマホに対応していないことがあります。

事前に自分のスマホのSIMサイズをチェックして、それに合ったものを依頼するようにしましょう。

同じ携帯番号を使い続けたい場合

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える際、同じ携帯番号を使い続けたいのであれば、MNPという携帯番号を継続する手続きをしないといけません。

この手続きは、ワイモバイルでの申し込みをする前に、ソフトバンク側に申請をすることによってできます。

ソフトバンクの専用センターに電話をかける、もしくはソフトバンクショップに行って、13桁のMNP番号というものをもらうことになります。

このMNP番号を乗り換え先のワイモバイルに伝えることで、同じ番号を引き継げます。

このMNPの手続き手数料は無料ですし、電話が混みあっていなければ数分でできるものですので、あらかじめ行っておきましょう。

MNP番号には有効期限がある

ソフトバンクで使っていた電話番号をMNPによって引き継ぐ場合、MNP番号の取得手続きとワイモバイルでの申し込み手続きは連続して行うようにしましょう。

というのも、MNP番号には有効期限があるからです。

発行してから15日間しか利用できないことになっていて、有効期限が過ぎると同じ番号では引き継ぎができません。

手数料はかかりませんが、また同じ手続きをするのも無駄なことですので、ワイモバイルでの申し込みのタイミングでMNP番号取得も済ませておくようにしましょう。

割引期間終了後の基本料金を覚えておく

ワイモバイルでは、新たに申し込みをしたユーザーにお得な割引キャンペーンを実施しています。

いくつかの割引を組み合わせれば、月額料金が1,320円(税込)程度は安くなります。

これに無料になるオプションサービスを加えれば、かなりの割引がなされることになります。

しかし、こうした割引は3か月や6か月、長くて13か月の期間限定です。

そのため、割引期間が終了すると、元のオリジナルの料金に戻ります。

すると、急に1,100円(税込)超毎月の支払いが高くなることになります。

割引適用の料金に慣れていると、どうして一気に請求金額が大きくなったのか、とびっくりしてしまうこともあります。

そのため、それぞれの割引キャンペーンがいつまで続くのか、期間が終了したらいくらに戻るのか、というのをチェックしておきましょう。

そうすることで、毎月の支払いを心配なく行えます。

SNSなどのアプリの引継ぎ設定をする

機種変更によってスマホを替える時に特に言えることですが、新旧スマホでデータ移行やアプリの引継ぎ作業をしなくてはなりません。

スマホを替えないとしても、携帯番号が替わる場合などは、一部のアプリで設定が必要になることがあります。

特に番号認証を必要とするSNSアプリで、こうした設定が求められます。

スポンサーリンク

ワイモバイルに替えて、すぐにすべてのアプリを使えるように、引継ぎ作業はすぐに行うようにしましょう。

しっかりと情報収集をしてお得にワイモバイルに乗り換えよう!

違約金なしでできるソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えの場合、たくさんのキャンペーンが適用されます。

基本料金プランが1,100円(税込)以上割引されるキャンペーンもありますし、Yahoo!関連のサービスをお得に使えるようにもなります。

キャンペーンの内容や時期は変わることがありますので、しっかりと情報を集めてから申し込みをすることが大事です。

また、それほど目立たないキャンペーンでも使い方によってはかなりお得になることもあります。

自分のスマホ利用状況と比較して、適用できるキャンペーンにはどんなものがあるかを調べて、適用したらどのくらいお得になるかをシミュレーションしてみましょう。

こうした事前準備をすることで、一層格安スマホをお得に、便利に使えるようになります。

【公式】Y!mobileオンラインストア

iPhone 13を買うなら「楽天モバイル」がおすすめ



楽天モバイルなら、iPhone 13を安くお得に購入できます。

「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」で購入すると、月々たったの2,058円。
最新のiPhoneが約半額で買えちゃいます!
さらに初めてのプラン申し込み&他社から乗り換え(MNP)なら最大30,000ポイント還元されます。

iPhone 13を安く買うなら今がチャンスです!

関連記事
Y!mobile

Y!mobile(ワイモバイル)のオペレーターと話したいのに繋がらない!直通電話はないの?なかなか出ないオペレーターと話す方法

2020年1月8日
オリラボ通信
Y!mobile(ワイモバイル)のサービスや料金、端末の使い方について分からないことがある時には、電話やチャットで質問をすることができます。 …