光回線

テレワークを始める前に確認しよう!ネット環境で気をつけるべきセキュリティの重要性とは

「テレワーク」とは、労働形態の1つでありオフィスから離れた場所や自由な時間で仕事をすることを指しています。

柔軟性が高く、個人に合わせた働き方ができることから多くの企業が取り入れています。

テレワークは働き方改革の実施や新型コロナウイルスの感染拡大防止対策として、在宅ワークなどの柔軟な働き方が増えています。

テレワークを行うことで、企業のコストや業務効率性が高まり、人材獲得に繋がることもあるでしょう。

多くのメリットがありますが、一方でネット環境のセキュリティ被害が起きる可能性が考えられます。

情報のやり取りを行うために社外のネット環境を利用することで被害が起きる可能性が高まるため、セキュリティには十分に注意する必要があります。

テレワークのセキュリティ被害の危険性

テレワークは社内のネット環境を使用しないため、不用意な行動がセキュリティ被害に繋がる恐れが考えられます。

テレワークで起きる可能性があるセキュリティ被害を理解しておくことで、安全性を高めるテレワークを行うことができるでしょう。

社外のネット環境を使用し情報漏洩の可能性

テレワークは、個人が好きな場所で業務を行うことができますが、多くの場合は外出自粛のため在宅勤務の場合が多いと思います。

自宅のネット環境を利用する際、ルーターやパソコンの周辺機器のセキュリティが万全であることが重要です。

セキュリティが甘いネット環境で業務を行うと、自宅のネットワークから社内ネットワークに悪質なウイルスなどが広がり、情報漏洩に繋がる恐れがあります。

また、個人所有のパソコンにはフリーソフトがインストールされている可能性もあり、気がつかないうちに機密情報がネット上に共有されているかもしれません。

コンピューターウイルスに感染する可能性

企業貸し出しのパソコンには基本的にウイルス対策のソフトが入っているため安心ですが、個人所有のパソコンには十分なウイルス対策ができていない可能性も考えられます。

ウイルスが入っているとセキュリティの漏洩に繋がるため、個人所有のパソコンで行う場合は十分に注意しましょう。

デバイスの盗難や紛失被害の可能性

仕事でパソコンやタブレットを使用する場合、出張先のホテルなどで仕事を行うことも考えられます。

この場合に注意したいことは、盗難や紛失です。

基本的なことですが、もしものために二重認証やハードディスクの暗証化を行うべきでしょう。

ファイルを保存する場合は、企業の共有ファイルに入れることの徹底や対策をすることが大切でしょう。

企業貸し出しのパソコンを使用する場合は、勤務先が決定しているガイドラインに沿って使用するように心がけることが大切です。

デバイスや周辺機器のアップデートに注意

インターネットに接続されているパソコンなどのデバイスは、常にサイバー攻撃に備えています。

中でも、ネットワーク機器のソフトウェアであるファームウェアとは、情報がアップデートされてからすぐに公開されるため、その際に悪質なサイバー攻撃が増加する可能性があります。

不正プログラムによって乗っ取られたパソコンは、パソコンの中にある情報が筒抜けになってしまい、社内情報も抜き取られてしまう可能性が考えられます。

しかし、最新のアップデート状態であれば、サイバー攻撃から守ることができるため、常に最新の状態に保つようにしましょう。

公共Wi-Fiでの情報漏洩の可能性

社外での業務では、公共のWi-Fiを使用する機会が増えます。

しかし、公共のWi-Fiは第三者によって通信内容を受信される可能性があり、情報漏洩につながります。

スポンサーリンク

勤務先から貸し出されたWi-Fiを使用することが最善策ですが、公共Wi-Fiを使用する際には、注意が必要でしょう。

さらに、公共の場所での業務は第三者に画面を覗かれることによる情報漏洩の危険性も考えられます。

画面にフィルターをかけることや、離席する際にはロックをかけるなどの対策を行いましょう。

安全なテレワークを行うための方法とは?

テレワークに際して、企業のセキュリティを守るために安全に行うことが最も重要になります。

安全なテレワークを行うための方法を理解し、企業でのルールに従いながらテレワークを行いましょう。

勤務先ルールに従う

テレワークはオフィスで行う業務よりも情報漏洩が起こりうる可能性が高く、セキュリティを万全にする必要があります。

そこで、企業のセキュリティを守るために勤務先のテレワークのルールに従うことが最も大切です。

また、個人のパソコンで業務を行う場合は、ウイルスにかかり情報漏洩の可能性が高くなるため、社内で貸し出しされたネット環境が安定しているパソコンを使用して、業務を行うことが最善策でしょう。

個人のパソコンを使用する場合は、勤務先ルールに従いながら十分に注意しましょう。

セキュリティソフトを使用する

私物のパソコンを利用して業務を行う場合、必ず最新の状態のセキュリティソフトを使用し、ネット環境を整えることが大切です。

最新の状態に整えることで、不正サイトのサクセスや不正アプリのインストールを防ぐことができるでしょう。

セキュリティソフトを選ぶ際、体験版から始めることもできます。

30日間の体験から始めることができるので、さまざまなソフトを使用してみてから決めることも良いでしょう。

ネットワークに接続できる環境を整える

多くの企業はVPNと呼ばれる、社内ネットワークに接続できるネット環境を利用していることが多いです。

VPNを利用することで、従業員のみがアクセスできるページや各種ツールへの接続が可能です。

従業員のみが利用できるので、業務効率の向上も期待でき、第三者によるアクセスを防ぐことができます。

しかし、注意したい点はVPNを接続する端末がウイルスに感染していた場合、そこから社内情報へ不正アクセスに繋がる可能性も考えられます。

そこでVPNを使用する場合は、使用端末に制限をかけることや厳しい条件を加えることでセキュリティを守りましょう。

家庭のネットワークの安全性を高める

家庭内でインターネットを利用する場合、ホームルーターを使用することが一般的ですが、セキュリティが十分に設定されていないことで第三者から攻撃を受けてしまう可能性があります。

攻撃を受けてしまうと、不正サイトに誘導されることやセキュリティ被害を受けることが考えられます。

そこで、ホームルーターを使用する場合に設定するIDやパスワードは、第三者から推測されにくいものに設定しましょう。

古いルーターはパスワードの設定が「password」のままになっていることが多く、サイバー攻撃に狙われやすいとされています。

最新の更新プログラムに設定し、セキュリティレベルを見直すことが大切です。

VPNについて詳しく解説!利用して安全性を高めよう

VPNは低コストで簡単に導入しやすく、安全にテレワークを行うことが可能です。

テレワークを行う場合、VPNを利用することにより充実したネット環境でテレワークを行うことが可能になります。

スポンサーリンク

VPNを理解し、導入を検討してみても良いでしょう。

VPNとは?

VPNとは「Virtual Private Network」の略であり、インターネットなどの回線からアクセスし、専用回線のように利用することができるサービスのことを指しています。

社外からインターネットアクセスをした場合、第三者にデータを盗まれやすくなりますが、VPNを利用することでネットワークを暗号化し、セキュリティ強度を高めてくれます。

VPNのメリット

外出先や出張先で社内サーバーにアクセスする場面も増え、安全なネット環境が求められるようになりました。

VPNを利用することで、通信を暗号化し安全なネット環境でテレワークを行うことが可能です。

公共の場で、ネットを接続してしまうと個人情報漏洩になる恐れが考えられます。

また、全国各地や海外など距離が離れた場所での遠隔操作が可能なので、どんな場所にいてもテレワークを行うことができます。

離れた場所からでも通信速度に問題なく利用することができるため、さまざまな働き方で柔軟に活用することができるでしょう。

VPNのデメリット

多くのメリットがある一方で、セキュリティが万全なVPNでも情報漏洩になる恐れも考えられます。

VPNの設定を十分に行うことができていないと、安全性が確保されないため十分に注意が必要です。

また、使用する場合は公共回線を利用しているため、時間帯によっては混雑し通信速度が遅くなる可能性もあります。

速度はルーターにも影響しているため、利用しているルーターを一度確認してみてもよいでしょう。

セキュリティレベルを高める方法を解説

セキュリティを守るためには、基本的な行動を取り入れることも大切です。

個人で行えるセキュリティレベルを高める方法も身につけて置くことで、情報漏洩から守ることができるでしょう。

必要のないフリーソフトウェアは使わない

インターネット上では、便利なフリーソフトや業務効率化のソフトなどをダウンロードすることができます。

しかし、自己判断でフリーソフトをダウンロードしてしまうと、情報を盗むために作られた偽装ソフトもある可能性があります。

自己判断でダウンロードした必要のないフリーソフトはウイルス感染の可能性がゼロではないため、不用意にダウンロードをするのはやめましょう。

企業貸し出しのパソコンの場合は、会社に許可を得てからではないとダウンロードができない場合が多いです。

しかし、テレワークで私用のパソコンや企業貸し出しのパソコンを利用する場合のどちらも共通していえることなので、注意しましょう。

テレワークが普及したことによるフィッシング詐欺に注意

テレワークは以前からあった業務形態ですが、近年の新型コロナウイルス感染拡大防止のため一気に増加しました。

それに伴い、新型コロナウイルス騒動を利用したフィッシング詐欺も増加しています。

新型コロナウイルスのお知らせと偽り、添付リンクをクリックさせウイルスなど不正インストールを行なっている詐欺です。

フィッシング詐欺はクリックしてしまうとサイバー犯罪に繋がる恐れがあるので、見覚えのないメールなどは決して開かないようにしましょう。

怪しいメールが届いたら勤務先にすぐに連絡し、社内全体で注意するように呼びかけることが大切です。

不要なWebサイトを業務中に閲覧しない

企業貸し出しのパソコンや私用パソコンを利用しているに関わらず企業情報を扱っている場合は、情報漏洩になる恐れが考えられるため、テレワーク中に業務と関わりがないWebサイトの閲覧は控えましょう。

スポンサーリンク

Webサイトを閲覧するだけでは問題ないと思う人が多いですが、閲覧しただけで感染するウイルスも存在しています。

一般的に勤務中に関係ないWebサイトを閲覧することはふさわしくありませんが、テレワークの環境ではこれまで以上にWebサイトに注意する必要があるでしょう。

利用しても安全な公共フリーWi-Fiとは?

出張先や外出中にWi-Fiが必要な場合、公共のフリーWi-Fiを利用する人も少なくないでしょう。

誰でも接続でき、どこでも利用できることなどがメリットにありますが、ウイルスの感染や情報漏洩になる恐れもあります。

安全な公共フリーWi-Fiを見極めることで、セキュリティレベルを高めることが大切でしょう。

Wi-Fiの提供元を確認する

公共で使用することができるWi-Fiには「提供元がわかるWi-Fi」と「提供元がわからないWi-Fi」の2種類があります。

提供元がわかるWi-Fiは、サテライトオフィスやカフェなどで提供されているWi-Fiを指しています。

このようなWi-Fiは提供元が公表されており、利用許可されている人だけが使用することが許されているため安全なWi-Fiと言えます。

しかし、提供元がわからないWi-Fiは公共Wi-Fiになりすまして通信内容を盗むことを目的としている場合があります。

提供元がわからないWi-Fiは、むやみに接続することをしないように注意しましょう。

セキュリティレベルを確認する

Wi-Fiの中にはセキュリティレベルが設定されており、安全性が高いものから低いものまでさまざまなレベルのWi-Fiがあります。

特に安全性があるWi-Fiは「WPA-PSK(AES)」「WPA2-PSK(AES)」などと言われており、解読が不可能なほどの安全性が高いレベルです。

一方、安全性に問題があるものは「WEP」という規格で暗号化システムの初期に開発されたものですが、現在ではセキュリティ性はほぼないと言われています。

Wi-Fiのセキュリティの種類は、Wi-Fiに接続中にパソコンから確認することができます。

接続先のWi-Fiに不安がある場合など試してみると良いでしょう。

リモートワークでのセキュリティソフトの選び方

セキュリティソフトを選ぶ場合、まずはどのような機器に対応しているか確認することが必要です。

また、購入後はパソコンだけでなく、他のデバイスにも入れられるか対応状況も確認しましょう。

自分の使い方に応じてセキュリティソフトを選ぶことが大切です。

また、近年ではWindowsに搭載されているセキュリティ性能が上がっていますが、有料でのセキュリティソフトと比較すると有料ソフトの方が性能は高いと言えます。

そのため、パソコンをウイルスなどから守るためには、できるだけ有料ソフトを購入することがおすすめでしょう。

セキュリティ対策で選ぶ

マルウェア対策として有料ソフトを選ぶのであれば、ウイルスやワーム、トロイの木馬など、さまざまなマルウェアから守ることができるかで判断しましょう。

第三者機関からの評価の検出率などが公開されていることが多く、参考に選ぶと良いでしょう。

フィッシングは有名企業などと偽りクリックさせる詐欺で、セキュリティソフトを選ぶことでフィッシング対策を行うことができます。

セキュリティ性能が高いなら迷惑メールやネットバンクの保護など、さまざまな効果が期待できるため、選ぶ際には重要なポイントになるでしょう。

容量の大きさで選ぶ

一般的なセキュリティソフトは、デバイスの電源を立ち上げている際に稼働しています。

スポンサーリンク

そのため、パソコンのスペックによっては重たくなってしまい、動きが遅くなるなどのデメリットも挙げられます。

そこで、セキュリティソフトの容量の大きさで選ぶとパソコンの負担が軽くなり、ストレスがかからずにインターネット通信を行うことができるでしょう。

セキュリティソフトの中には、クラウド上で行いパソコンの負担を最小限に抑えてくれるものもあります。

大きな容量を使うソフトを使用する場合など、セキュリティソフトは軽いものにしておくと良いでしょう。

評価の高さで選ぶ

セキュリティソフトはソフトの製品ごとに強みがあり、第三者機関が行う評価によってランクが決められています。

購入者が中立的に選定するためには、第三者機関の評価を意識すると良いでしょう。

評価内容では、マルウェアの検出だけでなく迷惑メールのブロック率なども公表されているので、確認してみることがおすすめです。

また、セキュリティソフトの使用経験がない方でもサポート体制が整っているソフトもあるため、選択する際に確認してみても良いでしょう。

セキュリティが高い安全なネット環境でテレワークをしよう

これまでオフィスで勤務していた人にとっては、テレワークに戸惑うことも少なくありません。

しかし、勤務先が定めるルールや個人のセキュリティリスクを高めることで、安全で快適なテレワークを行うことができます。

安全なテレワークを行うために、従業員一人ひとりが緊張感を持ち、ネット環境を整えることが必要でしょう。

今後も柔軟な働き方が求められることが考えられ、さまざまな働き方が多様化していくので、テレワークに慣れておくことも大切です。

関連記事