UQモバイル

UQモバイルでiPhoneを利用する方法を解説・キャッシュバックキャンペーンも紹介!!

iPhoneユーザーの多くは、3大キャリアのいずれかのiPhoneを利用していると思いますが、一方で月額利用料の高さで悩んでいる方も少なくないと思います。

iPhoneは3大キャリアだけではなく、格安SIMでも利用できることをご存知でしょうか。

ここではUQモバイルでiPhoneを使うための方法を紹介します。

キャッシュバックについても解説します。

目次

UQモバイルではすべてのiPhoneを利用することができる

総論としてまとめてしまえば、すべてのiPhoneがUQモバイルに対応しており、問題なく利用することが可能です。

手持ちのiPhoneにUQモバイルの格安SIMを挿入して使うことも、UQモバイルで新しいiPhone本体とセット契約で購入することもできます。

UQモバイルに乗り換えをオススメしたいiPhoneユーザー

特に、キャリア等でiPhoneをすでに購入済みで、代金の支払いを終えているiPhoneをお持ちのユーザーや、そろそろ本体代金の支払いが終わりそうなユーザーの方は、UQモバイルへの乗り換えのチャンスと言えるでしょう。

また、これから新たにiPhoneの最新機種(iPhone 11シリーズやiPhone XRなど)を購入することを予定されている方や、初めてiPhoneで契約をしようと検討している方にもおすすめできます。

iPhoneの世代と購入先で、UQモバイルへ乗り換えるための準備が違ってくる

新規にUQモバイルでiPhoneを購入し契約する場合は問題ありませんが、すでに手持ちのiPhoneがあって、それを利用して現在のキャリアからUQモバイルへ乗り換えを検討する場合は、手持ちのiPhoneの機種(世代)や購入先(契約しているキャリア)等で、UQモバイルを利用するための事前準備の方法が異なってきます。

ご自身の状況に合わせ、必要な手順を確認してください。

手持ちのiPhoneを使う方法

上述の通り、手持ちのiPhoneを利用する場合、その購入先(契約していたキャリア)によって必要な準備が違っていますので、それぞれに合わせた方法を確認してください。

UQモバイルで利用できるiPhone

UQモバイルでは、

  • SIMフリー版
  • ドコモ版
  • au版
  • ソフトバンク版
  • ワイモバイル版

すべてのiPhoneを利用可能です。

機種についても、iPhone 6以上の世代であれば、すべて対応しています。

ただし、状況次第では機能に制限されたり、独自の事前準備が必要となる場合もあります。

SIMロック解除が必要な機種と、必要のない機種

UQモバイル以外から購入したiPhoneをUQモバイルで使用する場合、「機種」や「購入先」によって、おおきく2つのグループに分けることができます。

ひとつは「UQモバイルのSIMカードを挿入すればそのまま使える機種」と「事前にシムロックの解除が必要となる機種」です。

前者にはいわゆるSIMフリー版のiPhoneが該当します。

SIMフリー版のiPhoneは、いままではApple Store限定で販売されていましたが、2019年11月以降、家電量販店などでの販売も解禁されています。

また、一部を除いたau版のiPhoneも、SIMロック解除の手続きなしで使用することが可能です。

一方、ドコモ版とソフトバンク版のiPhone全機種とY!mobile版のiPhone 6sとiPhone SEはSIMロック解除が必要です。

また、auでもiPhone 7/7 PlusとSEにも同じくSIMロック解除が必要となります。

SIMロック解除は簡単に行える

「SIMロック解除」が必要と言われると、なにか難しそうな印象があって、それだけでUQモバイルへの乗り換えをためらっている人もいらっしゃるかもしれません。

しかし、SIMロック解除には特別難しい手続きは必要ありません。

オンラインでの手続きで5分ほどで完了させることができる、簡単な手続きだけで行うことが可能です。

スポンサーリンク

また、SIMロック解除はあくまで、その端末で利用できる通信会社回線の制限を解除する(他の会社の回線も使用できるようにする)ための手続きなので、SIMロックを解除しても現在契約中の携帯会社の回線は継続して利用可能ですので、心配はありません。

iPhoneのSIMロックが解除されているか確認する方法iPhoneを携帯キャリアで購入したときに、よくつまずいてしまうのがSIMロックの解除です。 このSIMロックを解除しなければ他社の回...

UQモバイルではすべてのiPhoneでテザリング機能が使える

iPhoneでのUQモバイルへの乗り換えをためらう理由のひとつに、「テザリング」の問題があります。

テザリングとはスマートフォンなどの携帯通信機器をアクセスポイントとして、パソコンなどの外部機器をインターネットに接続する機能です。

ネットを見ると「UQモバイルではテザリングが出来ないiPhoneの機種がある」といった情報を見かけることがあります。

しかし実際には2018年10月31日よりすべてのiPhoneの機種でテザリングができるようになっています。

ネットにはまだ古い情報が残っていますが、現状はUQモバイルのiPhoneでのテザリングに制約はありません。

手持ちのiPhoneをUQモバイルで使用する場合、制約のかかる機能もある

すべてのiPhoneの機種で一切機能的な制約が発生しない、というわけではありません。

UQモバイルが有料で提供しているメールサービス(キャリアメールのようなもので、「○○@uqmobile.jp」というアドレスになります)は、一部のiPhoneでは利用することが現状できません。

GmailやYahooMailは問題なく利用できるので、致命的な問題点とまではいきませんが、手持ちのiPhoneでUQモバイルでもキャリアメールを使いたいというユーザーの方は注意が必要でしょう。

お手持ちのiPhoneがキャリアメールに対応しているかどうかは、UQモバイルの公式サイトの「動作確認済み端末」一覧で確認することができます。

手持ちのiPhoneを使えば、月額料金以外かからない

すでに手持ちのiPhoneをUQモバイルで使用するなら、本体の購入料金は当然発生しませんので、UQモバイルへの毎月の支払いはプラン料金のみとなります。

2年縛りもなく、1年目と2年目での料金変動もありませんので、非常に利用しやすくなっています。

UQモバイルで本体を購入する場合

手持ちのiPhoneがなくても、UQモバイルで本体をセット購入することで、iPhoneを使用することは可能です。

また、乗り換えで本体価格が大幅値下げになるキャンペーンもあります。

UQモバイルで購入できるiPhoneの機種

2020年1月現在、UQモバイルではiPhone 6sとiPhone 7が販売されており、契約時にセット購入することが可能です。

現状、格安SIMでiPhoneの取り扱いのある会社はまだ多くはない状況ですので、格安SIMでiPhoneを使用したいと思っているユーザーにとってUQモバイルはオススメです。

乗り換えでiPhone本体とセット契約すれば大幅値下げもある

UQモバイルでは乗り換えでiPhone本体とセット契約することで、本体価格が大幅に値下げされるキャンペーンを展開しています。

例えば、新規契約の場合iPhone 7(32GB)が一括で60,258円(税込)のところ、乗り換えでは38,390円(税込)となります。

乗り換えでiPhoneのセット契約を考えているユーザーには今がオススメのタイミングと言えます。

SIMカードのみの契約でもオンラインショップでのキャッシュバックが受けられる

すでに手持ちの本体があるユーザーでも、SIMカードのみの契約時にオンラインショップのキャッシュバックページから申し込みを行うことで、最大6,600円(税込)のキャッシュバックを得ることができます。

6,600円(税込)のキャッシュバックがあれば、乗り換え時の初期費用3,300円(税込)分が実質無料となるので、SIMカードのみの契約を検討されている場合は、ぜひご利用されることをオススメします。

iPhoneの最新機種をUQモバイルで利用したい場合

上述の通り、2020年1月現在、UQモバイルで取り扱いのあるiPhoneは6sもしくは7ですが、最新のiPhoneを使いたい、とお考えの方もいらっしゃることでしょう。

その場合は最新機種のiPhoneのSIMフリー版を用意する必要があります。

2019年11月にSIMフリー版iPhoneの販売が解禁

これまで、SIMフリー版のiPhoneを入手したい場合はApple Storeの実店舗で購入する必要がありましたが、2019年11月、Apple社はiPhoneのSIMフリー版の販売を家電量販店などにも解禁しました。

いままで以上に、SIMフリー版iPhoneが入手しやすい状況になったことで、最新機種のiPhoneでUQモバイルの利用がしやすくなったと言えるでしょう。

スポンサーリンク

SIMフリー版iPhoneをApple Storeで購入するメリット

販売が解禁されたとは言え、iPhoneをApple Storeで購入するメリットがあることも確かです。

Apple オンラインストアで購入すれば、24回分割支払いの金利が0円となって、大変のお得です。

送料無料というのも魅力的なポイントです。

SIMフリーですので、SIMロック解除の手間も要らず、SIMカードを挿入するだけで使える手軽さもポイントですね。

現在使用中のiPhoneを下取りに出すこともできる

現在手持ちのiPhoneがあるけど、UQモバイルに乗り換える機会に新しい端末が欲しい、という場合は古い機種をApple Storeで下取りに出すことができます。

下取り額はそのまま新しいiPhoneの代金に上乗せになりますので、実質購入代金が割引になります。

下取りできない機種の場合も、無料でリサイクルに出すことができます。

オンラインでの下取りの場合はApple Storeのギフトカードと交換になります。

UQモバイルでiPhoneを使うメリット

UQモバイルでiPhoneを使うと、いくつかのメリットを得ることができます。

手持ちのスマートフォンがiPhoneだから、というばかりでなく、乗り換え契約でiPhoneを選択するきっかけにもなるでしょう。

UQモバイルでiPhoneを使えば、毎月の料金を大幅に下げることができる

2020年1月現在、UQモバイルにはデータ容量別に3つのスマホプランがありますが、月額基本料金は最大でも4,378円(税込)(スマホプランL 14GBの場合)となっており、3大キャリアと比較してかなり割安になっています。

また、手持ちのiPhoneを使用する場合、本体価格分の上乗せもありませんので、更にお得です。

3大キャリアでは、本体価格分の支払いが終わっても、あまり料金が下がらない傾向があるため、本体価格の支払い完了後も契約を続けるメリットは薄いとも言えます。

コスト重視でiPhoneを使いたいと考える場合は、UQモバイルへの乗り換えは大きなメリットがあると言えるでしょう。

格安SIMとしては通信速度が十分速い

大手キャリアから格安SIMへの乗り換えに際し、最もネックとなるのは通信速度の問題でしょう。

MVNOである以上、回線の状態によっては通信速度の低下は避けられず、結局、通信速度が確保されている大手キャリアから乗り換えることを躊躇させる大きな要因ともなっています。

UQモバイルは格安SIMアワードで3年連続通信速度部門1を獲得するなど、通信速度の速さと安定性では定評があり、回線混雑のピークとなる昼休みや夕方の時間帯でも快適に通信が可能です。

低速時でも300kbpsが確保され、常時快適にスマートフォンを利用することが可能です。

3大キャリアと比較すれば確かに通信速度が低いことは否めませんが、格安SIMとしては非常に高い快適度を維持しています。

他の格安SIMと比較して料金は高めの設定になっていますが、十分使用に耐えうるレベルです。

UQモバイルはサポート・サービス面も充実している

通信速度面のみならず、サポートやサービス面でも充実していることが、UQモバイルのセールスポイントです。

格安SIMアワードの2017年下半期の評価で、通信速度部門だけではなく、サポート部門でも最優秀賞を受賞、総合順位でも1を獲得。

2019年には、株式会社J.D. パワー ジャパンが主催する「格安スマートフォンサービス顧客満足度調査」で、mineoやIIJmioなどを抑えて2年連続1位を獲得するなど、顧客からも絶大な支持を集めていることがわかります。

乗り換えは手間もかからず即日切り替えOK

UQモバイルに料金や通信速度の面でメリットがあるとわかっていても、やはり乗り換えは面倒だ、と思われる方も少なくないと思いますが、実のところ、UQモバイルへの乗り換えはほとんど面倒な手間が要らず、簡単に行うことができます。

MNPでの乗り換え手続きも簡単で、乗り換え作業も即日完了するので、スマートフォンを使用できない期間が発生しません。

スポンサーリンク

乗り換え手続きは、手持ちのiPhoneを使う場合も、セット購入を申し込む場合もUQモバイルの公式サイトで簡単に申し込み可能です。

キャッシュバック希望の場合は、オンラインショップのキャッシュバックページからの申込みとなります。

申し込み後の設定作業もほとんどなく、簡単に完了することができます。

UQモバイルに乗り換える場合の疑問点を解消

UQモバイルへの乗り換えで必要となる初期費用

UQモバイルに乗り換える場合発生する初期費用は、転出元となる携帯会社から請求される金額と、UQモバイルで発生する費用の合計額になります。

転出元となる携帯会社から請求されるのは、MNP転出手数料3,300円(税込)と、更新期間以外に解約する場合の契約解除料(2019年10月以前契約の場合最大10,450円(税込)、10月以降契約の場合は1,100円(税込))となります。

UQモバイルからは、「SIMパッケージ料金」として3,300円(税込)が請求されます。

つまり、合計で6,600円(税込)+0円(契約解除料なしの場合)~10,450円(税込)の金額がかかることになります。

オンラインのキャッシュバックを利用することで初期費用をカバーすることもできます。

乗り換え時にiPhoneが使えなくなる空白時間はほとんど発生しない

UQモバイルが回線の切り替え手続きを行うまでは、転出元の携帯外車の回線が使用可能です。

実質的に、スマートフォンが使用できなくなるのは、回線の切り替え申請から実際に切り替わるまでの、せいぜい数分から数十分程度となります。

この空白時間は実店舗で乗り換え契約を行った場合も同様です。

転出元となる携帯会社とは、回線が切り替わった時点で自動解約扱いになります。

UQモバイルでiPhoneをお得に使おう!

iPhoneは3大キャリでしか使えないものではなくUQモバイルでも使用することが可能です。

手持ちのiPhoneを使うこともできますし、本体セットの契約やSIMフリーのiPhoneを購入してUQモバイルと契約することも可能です。

月額利用料が大幅に下がるほか、いくつものメリットもあり、通信速度も普通にスマートフォンを使用する限りは、十分な速度が確保されています。

一般的な使用であれば、UQモバイルでiPhoneを使う大きなメリットがあると言えるでしょう。

毎月のスマートフォンの料金が高くて悩んでいる方は、これを機会に乗り換えを検討してはいかがでしょうか?

【公式】UQモバイル オンラインショップ

関連記事