UQモバイル

UQモバイルの新プラン「くりこしプラン」の特徴とメリット・デメリットまとめ

2021年2月、UQモバイルが新料金プラン「くりこしプラン」をスタートしました。

従来プランより月額料金が安くなり、データ通信量が増加しています。

もちろん、売りである通信速度の速さはそのままです。

家族割はなくなりましたが、月額料金が値下げされたことで家族でも単身でもお得に使えるようになっています。

本記事ではUQモバイルのくりこしプランの特徴やメリット、デメリットについて詳しく解説します。

UQモバイルの新料金プラン「くりこしプラン」の概要

まずはくりこしプランの概要を見てみましょう。

プランS プランM プランL
月額料金 1,628円(税込) 2,728円(税込) 3,828円(税込)
データ通信量 3GB 15GB 25GB
低速通信 最大300kbps 最大1Mbps
かけ放題 通話パック(60分/月):550円(税込)
10分かけ放題:770円(税込)
かけ放題:1,870円(税込)

くりこしプランは3GBのプランS、15GBのプランM、25GBのプランLの3つで構成されています。

従来のスマホプランよりもデータ通信量が増加し、月額料金が安くなりました。

実際にくりこしプランとスマホプランを比較してみます。

くりこしプラン スマホプラン
月額料金 プランS:1,628円(税込)
プランM:2,728円(税込)
プランL:3,828円(税込)
プランS:2,178円(税込)
プランR:3,278円(税込)
データ通信量 プランS:3GB
プランM:15GB
プランL:25GB
プランS:3GB
プランR:10GB
5G 対応予定 非対応
低速通信 プランS:最大300kbps
その他:最大1Mbps

従来のスマホプランは3GBのプランSと10GBのプランRの2つだけでした。

くりこしプランではプランRがプランMになり、容量が5GBアップしました。

さらに、25GBのプランLも追加されています。

また、2021年夏には次世代通信「5G」にも対応予定です。

スマホプランも人気でしたが、くりこしプランはより魅力的なプランに変更されています。

くりこしプランのメリット

くりこしプランのメリットは以下の通りです。

  • 他の格安SIMを寄せ付けない通信速度
  • プランM/Lは容量超過後も1Mbpsの低速通信を使える
  • 余ったデータ通信量を翌月に繰り越せる
  • 実店舗でもサポートを受けられる

他の格安SIMを寄せ付けない通信速度

UQモバイルの特徴でもある通信速度の速さはくりこしプランでも健在です。

実際にくりこしプランの通信速度を計測してみました。

計測日は2021年3月11日、計測にはGoogleスピードテストを利用しています。

時間帯 下り速度 上り速度
8時台 83.5Mbps 36.8Mbps
12時台 52.3Mbps 25.0Mbps
18時台 110.7Mbps 32.6Mbps
21時台 113.5Mbps 39.3Mbps

どの時間帯も非常に速いですね。

とくに速度が低下しやすい12時台でも50Mbps前後をキープしています。

これだけの速度が出るなら、スマホを使っていて困ることはありません。

夏からは5Gにも対応予定ですが、5Gでどれだけ速くなるのかも注目です。

プランM/Lは容量超過後も1Mbpsの低速通信を使える

くりこしプランのうちプランM/Lは容量超過後も1Mbpsの低速通信を使えます。

1Mbpsの速度が出ればLINEやSNS、標準画質の動画視聴、ブラウジング、地図アプリなどは快適に利用可能です。

データ通信量を使い切っても、最低限の使い勝手は維持できます。

スポンサーリンク

なお、UQモバイルでは高速通信と低速通信を切り替える「節約モード」も利用可能です。

プランM/Lなら節約モード時の速度も1Mbpsです。

プランSの場合は300kbpsに制限されます。
プランM/Lよりは遅いですが、LINEやちょっとした調べものならこなせます。

余ったデータ通信量を翌月に繰り越せる

くりこしプランでは名前の通り余ったデータ通信量を翌月に繰り越せます。

例えばプランSを契約していて2GBしか使わなかった場合、翌月は3GB+繰り越した1GBの合計4GBを利用可能です。

余ったデータ通信量が無駄にならないのはうれしいですね。

節約モードを活用してデータ通信量を節約し、翌月のデータ通信量を増やすこともできます。

とくにプランM/Lは節約モードでも1Mbpsの通信を使えるので、データ通信量を繰り越しやすいです。

実店舗でもサポートを受けられる

UQモバイルは格安SIMながら実店舗が多い用意されているのが特徴です。

取り扱い店舗は全国に約2,900店舗あり、直営の「UQスポット」も約210店舗展開しています。

UQスポットでは新規申し込みだけでなく修理受付や契約情報変更といったアフターサポートも受けられます。

対面によるサポートが必要な人でも安心ですね。

くりこしプランの注意点

くりこしプランの注意点は以下の通りです。

  • くりこしプランはUQ家族割とギガMAX月割の対象外
  • 4月利用分まではプランM/Lで手動チャージが必要

くりこしプランはUQ家族割とギガMAX月割の対象外

くりこしプランでは従来のプランで利用できた以下の割引の対象外です。

  • UQ家族割:家族で契約すると2回線目以降の料金が550円(税込)割引
  • ギガMAX月割:対象のWiMAX・光回線とセットで550円(税込)の割引

とは言え、くりこしプランはスマホプランより月額料金が550円(税込)安くなります。

家族全員でくりこしプランへ乗り換えれば、UQ家族割・ギガMAX月割が適用されなくても問題ありません。

4月利用分まではプランM/Lで手動チャージが必要

くりこしプランM・Lでは4月利用分までは容量チャージが必要です。

2021年4月利用分まで、プランMは10GB、プランLは20GBしか利用できません。

残りの5GBは自分でチャージする必要があります。

チャージ料金から5GB分だけ割引されるため追加料金はかかりませんが、手動でのチャージが必要なので注意してください。

データチャージはUQモバイルデータチャージサイトもしくはUQ mobileポータルアプリから手続き可能です。

UQ mobileポータルアプリを入れておくとスマホからワンタッチでチャージできるのでおすすめです。

スマホプランからくりこしプランへ変更する方法

現在スマホプランを利用している人は、会員向けマイページ「my UQ mobile」からくりこしプランへ変更できます。

くりこしプランへの変更手順は以下の通りです。

  • STEP1
    my UQ mobileへログインしてください。
  • STEP2
    「料金プラン変更」をタップします。
  • STEP3
    変更したい料金プラン種別と料金プランを選択し「次へ」をタップしてください。
  • STEP4
    約款・利用規約と重要事項説明を確認し「約款・利用規約を確認した」「重要事項説明を確認した」を選択します。
  • STEP5
    「同意する」にチェックを入れ「次へ」をタップしてください。
  • STEP6
    変更内容に問題がなければ「変更する」をタップして変更完了です。

プラン変更は手続きした翌月から適用されます。

月末日に変更手続きすると、適用されるのが翌々月からになることがあります。

プラン変更する場合は早めに手続きしてください。

スポンサーリンク

povoとスマホプランならどちらがおすすめ?

UQモバイルの親ブランドであるauでも、新料金プラン「povo」がスタートします。

くりこしプランとpovoなら、どちらがおすすめなのでしょうか。

両者の違いをまとめてみました。

くりこしプラン povo
月額料金 プランS:1,628円(税込)
プランM:2,728円(税込)
プランL:3,828円(税込)
2,728円(税込)
データ通信量 プランS:3GB
プランM:15GB
プランL:25GB
20GB
5G 対応予定
低速通信 プランS:最大300kbps
その他:最大1Mbps
最大1Mbps
データ繰り越し ×
データ追加 100MB/220円(税込)
500MB/550円(税込)
1GB/550円(税込)
24時間使い放題:220円(税込)
節約モード ×
かけ放題 10分かけ放題:770円(税込)
60分/月無料:550円(税込)
かけ放題:1,870円(税込)
5分かけ放題:550円(税込)
かけ放題:1,650円(税込)
店舗での申し込み・サポート ×
メール
(@uqmobilejp、有料)
×

20GBのデータ通信を安く使いたい人にはpovoがおすすめです。

povoは2,728円(税込)で20GBのデータ通信を使えます。

UQモバイルは2,728円(税込)で15GBなので、料金的にはpovoがお得です。

一方、データ通信量をあまり使わない人やサポートを重視する人にはUQモバイルが向いています。

povoは20GBしか選べません。

毎月のデータ通信量が3GB以下なら、UQモバイルのくりこしプランSがお得です。

また、povoはオンラインでのみ取り扱われます。

申し込みはもちろん、サポートもオンラインのみです。

UQモバイルは店舗での取り扱いがあります。

対面によるサポートが必要なら、UQモバイルを選びましょう。

「UQモバイル」「povo」間の移行では手数料がかかりません。
両方とも試してみるのもいいでしょう。

まとめ

以上、UQモバイルのくりこしプランについて解説しました。

従来のスマホプランより月額料金が550円(税込)安くなり、データ通信量が増加しているのが特徴です。

これまでUQ家族割やギガMAX月割などの割引を受けられなかった人でも、お得にUQモバイルを利用できます。

通信速度の速さや低速通信の使いやすさ、店舗でのサポートなどはそのままです。

auのpovoをはじめ大手キャリアも格安プランをスタートさせます。

月額料金が安く使い勝手もいいUQモバイルのくりこしプランは、それらにも負けないほど魅力的なプランと言えます。

【公式】UQモバイル

関連記事