Y!mobile

UQモバイルからワイモバイルに乗り換えるには?手順と注意点を紹介!

UQモバイルからワイモバイルに乗り換えたい!と考えた時、何から手続きすればいいかわかりませんよね。

SIMフリー会社の中でも安くて、回線も早いワイモバイルを使いたいと思う人は多いでしょう。

今回は、乗り換えを考えている人が迷わないために手順の説明と、注意点をご紹介します。

UQモバイルとワイモバイルを比較

UQモバイルからワイモバイルへの乗り換えを考えた時、本当にワイモバイルの方がお得になるのかどうかは確かめたいところ。

ワイモバイルに乗り換えた後、やっぱりUQモバイルの方がお得だとわかるともったいないです。

自分の使う内容によって、どちらがお得なのか改めて確認しておきましょう。

料金シミュレーション

料金プランを比較すると、基本料金はどちらも変わりません。

しかし、ワイモバイルは最初の7ヶ月に新規割引がついている状態での料金なので、7ヶ月を超えると基本料金がUQモバイルよりも上がります。

同じ料金プランで比較すると、2年間使った計算で総額8,800円(税込)の違いが出てきます。

しかし、ワイモバイルは2年間無料でデータ増量できます。

Rプランの14GBを使いたい場合は、Mプランの12GBを2年間使えば安く使えます。

UQのMプラン9GBよりも、最初の6ヶ月間は1,100円(税込)もお得に使えるので、総額の差は変わってきます。

データ容量を比較

UQモバイルは最大3GBまでなら、使わなかったデータ容量を翌月に繰越できます。

ワイモバイルには繰越ができないので、もしもデータ容量を使うのにばらつきがあるならばUQモバイルがいいでしょう。

毎月パンパンになるまでデータ容量を使っているならば、ワイモバイルがいいでしょう。

普段のデータの使い方を確認して、どちらがいいかを選んでください。

UQモバイルは節約モードが使える

UQモバイルには、データ消費をなくせる節約モードが使えます。

SNSやネット検索をしているだけであれば、データを消費する心配がありません。

通常のデータ容量よりも多く使えるようになります。

節約モードを使えば、次の月にたくさん繰越できるでしょう。

お得に使えるように使い方を変えられるのも、UQモバイルのいいところです。

通話の利用で比較

通話をたくさんする人は、通話料金で比較しましょう。

UQモバイルには、10分間の無料通話を+770円(税込)でつけられます。

月60分の無料通話なら+550円(税込)で取り付けられます。

24時間かけ放題のプランなら、+1,870円(税込)でつけられます。

スポンサーリンク

ワイモバイルになると、10分間の無料通話はプラス料金なしで使えます。

24時間のかけ放題は+1,100円(税込)でつけられます。

電話をたくさん使う人は、ワイモバイルの方がお得に使えることがわかります。

通信速度の比較

UQモバイルとワイモバイルは、どちらも格安SIMの中でトップクラスの通信速度を誇っています。

安定した速度を保っているので、どちらもとても人気です。

利用環境によって異なりますが、計測の結果ではUQモバイルよりもワイモバイルの方が通信速度が早いと出ています。

UQモバイルからワイモバイルに乗り換えるメリット

ワイモバイルには、UQモバイルにはないメリットがたくさんあります。

ワイモバイル独自のメリットを知れば、乗り換えようか検討している人も乗り換えたくなるでしょう。

4つのメリットをご紹介します。

新規割で6ヶ月間770円(税込)割引

ワイモバイルは新規契約すると、契約の翌月から半年間、基本料金が770円(税込)割引されます。

6ヶ月間も安く使えるので、乗り換えるだけでお得に使えます。

ただでさえ安い月額料金が更に安くなるので、新規契約する価値がありますね。

人気のスマホ端末が安い

ワイモバイルはキャンペーンや割引適用がたくさんあり、人気のスマホでも通常より安く購入できます。

機種代金割引の適用で、15,840円(税込)割引されます。

様々な人気の取り扱いスマホが安くなるので、機種変更する時はかなりお得になります。

スマホセット購入すれば、22,770円(税込)お得です。

スマホセット購入はお得がいっぱい

SIMだけの段階なら適応できませんが、家族一緒に新しくスマホを購入する時にお得です。

事前に特典ページにエントリーしてから購入すると、3,300円(税込)相当が返ってきます。

更にワイモバイルオンラインストアなら事務手数料3,300円(税込)が無料。

ワイモバイルを家族で使う時は、セット購入しましょう。

Yahooプレミアム会員が無料

月額508円(税込)かかるYahooプレミアム会員が無料で使えます。

Yahooプレミアム会員は様々なお得な特典がついてきます。

ヤフーショップで買い物すると、ペイペイやT-pointが5%戻ってきます。

また通常ペイペイで40%戻ってくるところ、プレミアムに入ると50%戻ってきます。

かなりお得に使えます。

スポンサーリンク

Enjoyパックが使える

お得なEnjoyパックも利用できます。

Enjoyパックは、ヤフーショッピングで使えるクーポンを毎月550円(税込)もらえ、ヤフーショッピングとLOHACOで最大12%のポイントバックがあります。

さらにパケットが毎月550円(税込)分もらえます。

これだけお得なパックが詰まっているのに、月額たったの550円(税込)です。

クーポンやポイントのキャッシュバックがかなりお得になります。

550円(税込)支払っている分は、クーポンの料金でチャラになるので、実質無料で使えます。

UQモバイルからワイモバイルの乗り換え手順

UQモバイルからワイモバイルに乗り換えするためには、様々な手続きが必要になります。

とりあえずショップに行けばいいと考えていると、二度手間になってしまう場合もあります。

乗り換えまでの手順を順番に見ていきましょう。

手順1:SIMロック解除

乗り換えの際に最初に必要なのは、SIMロック解除です。

UQモバイルとワイモバイルは回線が違うため、SIMはそのまま使えません。

初めにSIMロックを解除しておかなければ、乗り換えはできません。

SIMロック解除方法

UQモバイルのスマホのSIMロック解除は、My UQmobileか電話で行えます。

MyUQmobileで手続きを行うと、無料でSIMロック解除できるのでおすすめです。

電話で行うと、センターの受付で全て対応してくれるので、手数料3,300円(税込)がかかります。

自分で行う手間はありませんが、3,300円(税込)かかってしまうのは痛いです。

My UQmobileはスマホとパソコンのどちらからでも行えるので、いつでもどこでも行えるのが特徴です。

My UQmobileで解除する方法

ページにログインします。

ご契約内容を選び、契約回線情報一覧をクリックします。

SIM解除したい契約中のスマホを確認し、「詳細へ」を選択します。

画面左下にある「SIMロック解除」のボタンを押します。

注意事項を確認し、「ロックを解除する」を押してください。

最後にもう一度内容を確認し、「実行する」を押せば完了です。

受付画面が表示され、受付番号が出てくるので控えておきましょう。

SIMロック解除の注意点

UQのスマホは最新のものはSIMロックが必要のないものがほとんどです。

スポンサーリンク

購入機種が2019年の10月以降のものだと、SIMロック解除が必要ありません。

予め確認しておきましょう。

長く使っているスマホはSIMロック解除が必要な場合があります。

自分のスマホを確認してください。

SIMロック解除するには、3つの条件を満たすのが条件です。

商品購入から101日を過ぎている、UQモバイルで料金の滞納履歴がないこと、SIMロック解除者とUQモバイルの契約名義人が同じであること、です。

これらの条件を満たしていれば、SIMロック解除できます。

手順2:対応バンドの確認

今使っているスマホがワイモバイルで使えるか確認する必要があります。

対応バンドをチェックし、使っているスマホがワイモバイルで対応可能か確認しましょう。

UQモバイルはauと同じなので、auのバンド対応を見ておきましょう。

ワイモバイルで使えるかは、ワイモバイル公式ページの対応端末一覧からの確認も必要です。

手順3:MNP転出予約番号取得

乗り換えできることを確認できたら、UQモバイルでMNP予約番号を取得しましょう。

MNP転出予約番号はUQお客様センターへの電話でのみ行なえます。

ネット上では行えないので注意が必要です。

電話番号は0120-929-818です。

9時~21時まで年中無休で受け付けているので、休みの日も仕事終わりも電話できます。

MNP転出予約番号取得の注意点

MNP転出予約番号取得には、手数料として3,300円(税込)かかります。

手数料の支払いは、乗り換え完了後にUQモバイルの支払いに加えられています。

MNP予約番号は発行してから15日の有効期限があります。

この期間を過ぎてしまうと、再び発行が必要なので注意してください。

UQモバイルで使っていたメールアドレスは、転出完了の時点で使えなくなります。

登録している場所があるなら、予めメールアドレスの変更を行っておきましょう。

手順4:ワイモバイルで乗り換え手続きを行う

UQモバイルで乗り換え準備が整ったら、いよいよワイモバイルでの乗り換え手続きを行います。

ワイモバイルの乗り換えは、ショップかオンラインストアで行えます。

ショップで手続きを行う

ショップに行く時間がある人は、ショップで手続きしましょう。

スポンサーリンク

全てショップの人の指示に従って進めていくだけなので、簡単に行えます。

本人確認できるものと、印鑑を持っていきましょう。

オンラインストアで手続きを行う

ショップに行く時間がない人は、オンラインストアでも手続きできます。

ワイモバイルオンラインストアから手続きが行えます。

スマホでもパソコンでもできるので、使いやすい方で手続きを進めましょう。

24時間いつでも手続きできるので、夜中でも休みの日でもいつでも、待ち時間なしで進められます。

SIMサイズを選ぶ

ワイモバイルには「microSIM」、「nanoSIM」の2種類あります。

基本的にはnanoSIMを選んでおけば問題ありません。

nanoSIMよりも一回り大きいサイズのものでも、SIMサイズ変換アダプタを使えます。

SIMサイズを間違えてしまうと、手続きを一から行わなくてはならないので、自分のスマホのSIMサイズを確認しておきましょう。

契約方法を選ぶ

SIMサイズを選んだら、契約方法を選ぶ場面に進みます。

新規契約、機種変更、乗り換えがあるので、乗り換えを選びましょう。

現在お使いの端末・プランを選ぶ

現在自分が使っている端末を選択します。

UQモバイルはau扱いになります。

UQモバイルを探さずに、auを選ぶようにしましょう。

料金プランを選ぶ

自分が使いたい料金プランを選びましょう。

料金プランはベーシックプランS・M・Rの中から選べます。

基本料金がSMRの順番に、2,948円(税込)、4,048円(税込)、5,148円(税込)の順番です。

データ容量は、4GB、12GB、17GBの順番です。

割引キャンペーンが使える

ワイモバイルには、最大24ヶ月間データ容量増量無料キャンペーンが適用されます。

新規割引で毎月770円(税込)基本料金が割引されます。

家族で使う人には、家族割が適用されるので、全ての割引を適用すれば、月額1,628円(税込)から利用できます。

割引を適用した場合は、SMRの順番に新規割2,178円(税込)、3,278円(税込)、4,378円(税込)です。

全部割で1,628円(税込)、2,728円(税込)、3,828円(税込)の順番で使えます。

機種代金の支払い方法を選ぶ

料金の支払い方法を選びましょう。

スポンサーリンク

現在使っている機種をそのまま使い、SIMカードのみの契約の場合は機種代金の支払いは発生しません。

「一括払い」を選びましょう。

乗り換えではなく、スマホも同時に新規で契約する時には「分割払い」も選べます。

機種変更をする時などは、分割でも払えるので安心してください。

オプションを選ぶ

必要なオプションを選べます。

データ容量2倍オプションは最初からチェックが入っています。

データ容量が無料で2倍使えるので、お得なオプションサービスです。

間違って外さないようにしましょう。

通話をたくさんする人は、スーパーだれとでも定額を選びましょう。

通話時間、回数が無制限で国内通話かけ放題のオプションプランです。

通話料金がかなりお得になります。

他にも気になるオプションがあれば、この段階で選択しましょう。

適用可能割引サービスの表示

適用可能な割引サービスが表示されます。

例えば、子供の分のスマホや、夫婦のスマホを同じワイモバイルにするなど、家族で行う場合は「家族割」が使えます。

別々の回線ではなく、親回線がある上で子回線を契約する必要があるので、気をつけて選びましょう。

明細の確認

料金やオプションプラン、割引サービスを選んだら、実際の明細が表示されます。

月々の基本的なお支払い額が表示されるので、確認しておきましょう。

明細で確認して変えたい場合は、再び料金プランの選択から戻ることもできます。

ショップで店員さんと確認するよりも、自分でじっくりと検討できるのがオンラインの嬉しいところです。

購入内容の確認

明細を確認して間違いがなければ、ページ最下部にある「購入手続きへ」をクリックしましょう。

ボタンを押すと、手続きに必要なものが画面に表示されます。

「クレジットカード」、「本人確認書類」、「MNP予約番号」の3点です。

ここからの手続きに必要になるものなので、必ず用意できる状態で手続きを進めましょう。

オンラインストアで契約を行う

必要なものが準備できたら、契約まで進めます。

本人確認書類は、

スポンサーリンク
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • 公共料金領収証
  • 住民票
  • 日本国パスポート
  • 身体障害者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳
  • マイナンバーカード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 外国パスポート

のいずれかです。

公共料金領収書や住民票などは、健康保険証など補足の確認物が必要な場合に用意するものです。

顔写真つきのものを用意すると、手続きがすぐにできます。

ログインする

契約手続きを行うには、Yahooへのログインが必要です。

ログインせずに申し込みもできますが、ワイモバイルの特典で「Yahooプレミアム会員の月額費無料」のものがあります。

この段階でYahooIDを作った方がお得です。

YahooIDをすでに持っている方は、Yahooでログインすれば住所や名前など契約で必要なものを連携してくれます。

入力が楽に行えるので便利です。

本人確認書類の提出

自分が提出する本人確認書類を選びましょう。

提出する書類を選ぶと、必要な書類が出てきます。

健康保険証には公共料金の支払い領収書も同時に要求されます。

必要な書類を確認したら、ファイル選択と「証明書類に記載の住所の確認」の項目が出てきます。

ファイルは複数アップロードできるので、免許証のように裏面に住所が乗っている場合は、裏面の写真も載せましょう。

補助書類が求められるものは、補助書類の写真も添付しましょう。

写真は鮮明に大きく撮るのがポイントです。

不鮮明だと、再度提出を求められる場合もあります。

乗り換え情報の入力

乗換情報の入力で、UQモバイルで取得したMNP予約番号を入力します。

転出予定の電話番号も一緒に入力しましょう。

オンラインで手続きを行う場合は、10日以上MNP予約番号の有効期限が残っている必要があります。

MNP予約番号を取得してから5日以内に乗り換えしなければならないので、注意が必要です。

ショップでは有効期限以内だといつでも乗り換えできます。

契約情報の入力

契約情報を入力します。

氏名や住所などを入力します。

YahooIDでログインしている場合は、Yahooで入力している内容が反映されます。

間違いがないか確認した後、入力を完了させましょう。

ネットワーク暗証番号の設定

ネットワーク暗証番号は、マイページや各種手続きを行う際に必要になる番号です。

自分が覚えやすい番号を設定しておきましょう。

ネットワーク暗証番号は4桁の数字で設定できます。

支払情報の入力

支払情報の入力をします。

オンラインで申し込みをする場合、決済は全てクレジットカードになります。

毎月の支払いがクレジットカードのみになるので、注意が必要です。

デビットカードや法人名義のクレジットカードは使えないので、注意しましょう。

支払いを口座振替にする場合はショップで手続きするか、郵送の手続きが別で必要になります。

契約完了

入力内容の確認が全て終わったら、いよいよ契約完了となります。

最終的に入力内容に間違いがないかを確認し、重要説明事項に同意すれば、申込みが完了されます。

契約完了し、SIMカードが届いたら、APN設定を行います。

設定方法はワイモバイル公式ページで確認しましょう。

UQモバイルからワイモバイル乗り換えの注意点

UQモバイルからワイモバイルに乗り換える時には、様々な点を確認しておきましょう。

予め注意しておくと、乗り換えがスムーズに行えるので安心してください。

家族割を使う場合は「家族確認書類」の準備

ワイモバイルで家族割を使いたい場合は、家族確認書類が必要になります。

同じ住所に住んでいることが確認できれば、確認書類はなんでも構いません。

免許証や保険証など、住所が確認できるものならなんでも大丈夫です。

別々に住んでいる家族と家族割する場合は、家族の証明ができる書類があれば大丈夫です。

「戸籍謄本」、「住民票記載事項証明書」、「同性のパートナーシップを証明する書類」があれば証明できます。

住所が別の家族は、証明書を取りに行く手間があるので少し大変です。

メールアドレスは引き継げない

MNP転出予約番号を取得した時点で、UQモバイルのメールアドレスは使えません。

ワイモバイルが使っているメールアドレスになるので、メールアドレスが変わることを覚えておきましょう。

UQモバイルの時に使っていたものはバックアップを取っておきましょう。

アドレスなども消えてしまうので、乗り換え前に行っておきましょう。

MNP予約後8日以降はキャンセルできない

MNP転出の手続きを行ってから、8日を過ぎると自分都合ではキャンセルできません。

7日以内であればキャンセルできるので、キャンセルしたい場合は早めに行いましょう。

転出手続きをする前に、本当に手続きをしていいかどうか検討しましょう。

ワイモバイル側に不備があった場合は、8日以降でもキャンセルを認めてくれます。

自分都合だといかなる理由でも認めてもらえません。

契約名義人が同じであること

乗り換えする際は、UQモバイルの契約者と、ワイモバイルの名義人が同じでなければなりません。

パートナーが使っていたものを違う名義で乗り換えできないので気をつけてください。

契約した後に名義変更はできるので、名義を変えたい時は後から行いましょう。

原則本人以外はできないので、注意しましょう。

契約解除料金がかかる場合もある

MNP転出は期間を過ぎずに行ってしまうと、解除料金がかかる時もあります。

音声プランを使っている場合、12ヶ月未満に解除する場合10,450円(税込)の解除手数料が発生します。

おしゃべり・ぴったりプランの場合は、25ヶ月目の更新月以外に解約をすると、10,450円(税込)の解除手数料がかかります。

おしゃべり・ぴったりプランのみ、24ヶ月を過ぎると自動更新してしまうので、25ヶ月目の更新月を逃すと、もう一度待たなければなりません。

タイミングを逃してしまうと、1年間待たなければならないので大変です。

おしゃべり・ぴったりプランを使っている場合は、タイミングを把握しておきましょう。

UQモバイルからワイモバイルにお得に乗り換えよう!

UQモバイルからワイモバイルに乗り換える際の手続き方法と、注意点について見てきました。

乗り換えをする時は、様々な手続きが必要になるので予め確認しておくのが大切です。

ショップで手続きを行えば、ややこしいことをする必要がありません。

しかし、オンラインで行えば24時間いつでもできるので楽ちんです。

待ち時間も手数料もかからずにできるので、オンラインがおすすめです。

ワイモバイルに乗り換える時は、手続き方法を確認して、スマートに乗り換えましょう!

【公式】Y!mobileオンラインストア

iPhone 13を買うなら「楽天モバイル」がおすすめ



楽天モバイルなら、iPhone 13を安くお得に購入できます。

「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」で購入すると、月々たったの2,058円。
最新のiPhoneが約半額で買えちゃいます!
さらに初めてのプラン申し込み&他社から乗り換え(MNP)なら最大30,000ポイント還元されます。

iPhone 13を安く買うなら今がチャンスです!

関連記事