Wi-Fi

Wi-Fiを使うのは危険?気になるリスクや注意点、セキュリティ対策を徹底解説

普段何気なく使っている「Wi-Fi」。

実はハッキングされてしまう危険性や情報漏洩のリスクが潜んでいます。

知らないうちにスマホが乗っ取られたり、インターネット上に個人情報が流出してしまったりと大きな被害が出る可能性があります。

そこでこの記事では、Wi-Fiを使うときの注意点やセキュリティ対策について解説していきます。

Wi-Fiを利用する上での注意点とは

近年、日本国内では無料の公共Wi-Fiが特に都市圏で普及しており、外出先でもWi-Fiを必要とするサラリーマンや常にネットに接続しておきたい若者たちにとっては、非常にありがたい存在となっています。

これらの無料アクセスポイントは、いわゆる観光客が訪れる空港や観光スポットだけでなく、カフェや本屋、コンビニなどでも利用できるようになっているため、ますます利用しやすくなっています。

とはいえ、この自由と便利さの裏には危険やリスクも存在していることを覚えておかなければいけません。

セキュリティ上の危険

有線LANを使ったインターネット利用は、たとえば家やオフィスなどで有線LANケーブルにデバイスを接続している間だけインターネットにアクセスできるシステムですが、無線LANや公共フリーWi-Fiは、接続範囲内であればどこからでもインターネットにアクセスでき、ケーブルを抜き差しする必要がないシステムです。

この事実だけを考えると、無線LANのWi-Fiの方がよいと思われがちですが、裏を返せば誰でも簡単にアクセスできて、不正なアクセスがなされていても気づきにくい、ということです。

無線LANでの接続に全くセキュリティがないわけではありません。

一般的に、Wi-Fiにアクセスする際にはパスワードの入力が求められます。

パスワードは通常、英語と数字を組み合わせた8文字~10文字の文字列が利用されます。

セキュリティのために定期的にパスワードの変更もできます。

しかし、時間と手間がかかるため、多くのユーザーはデバイスに元々設定されているパスワードをずっと使い続けてしまいます。

別の注意点として、無線LANでは、パスワードの入力を複数回失敗するとロックがかかる、というような仕組みがありません。

そのため、悪意を持ってアクセスしようとする人が、何度でも接続を再試行することができるのです。

最近ではハッキングのために延々とパスワードの入力を自動で行うためのアプリも開発されており、ロックの仕組みがないWi-Fi環境でのアクセスは危険度を増しています。

接続が不安定

Wi-Fiを使用する際の注意点として、接続の不安定さも挙げられます。

接続の安定性という面では、有線LANでの接続に比べてWi-Fiを使用する場合の方が、よりユーザーにとって悩みの種となります。

繰り返し何度もインターネットへの接続が途切れたり、速度が遅くなったりするとストレスですし、仕事にならないのでは困ります。

Wi-Fiの接続が不安定な原因を把握して、できるだけの対策をすることが必要となります。

例えば、ルーターがパソコンやスマホから離れすぎていたり、ルーターと端末の間に通信を阻害するような障害物があったりすると、信号の送受信に支障をきたし、接続が不安定になります。

また、電子レンジなどの家電製品や電磁波を発する医療機器なども、接続不要の原因となり得ます。

別のケースとしては、職場や自宅で複数のデバイスをルーターに接続することで回線が混雑し、通信が不安定になることもあります。

パソコンや他の機器のセキュリティ設定がWi-Fi接続に影響することもありますし、インターネットを機器に中継するルーターの不具合により、ネット接続に問題が生じることもあります。

スポンサーリンク

とはいえ、どのデバイスからアクセスしても全くネット接続ができないというような状況の場合、またルーター本体に問題がないと思われる場合は、プロバイダー側のシステム障害などでネット回線が落ちていることもあります。

そのような可能性が考えられる場合には、ユーザー側で解決することはできませんので、契約をしているプロバイダーに問い合わせてみましょう。

自宅でWi-Fiを安全に使うための対策とは

Wi-Fiルーターを守るために多くの人が自宅で行っている対策は、パスワードを設定して、近所の人などに勝手にネットを使われないようにすることぐらいかもしれません。

しかし、実際のところ、それだけでは十分なセキュリティ対策とは言えません。

Wi-Fiには多くのセキュリティ問題があり、Wi-Fiに潜む危険はさまざまです。

オンライン犯罪者がWi-Fiのセキュリティ対策を悪用し、個人情報や機密情報を入手するために「盗聴」したり、データ窃盗などの悪意ある攻撃を仕掛けてくることもあります。

このような自宅でのWi-Fiの利用に伴うさまざまな危険から身を守るためにも、Wi-Fiを安全に使うための対策を講じておかなければいけません。

ネットワーク名の設定やネーミングの変更

ホームネットワークのセキュリティを強化したい場合、最初にするべきことは、SSIDと呼ばれるWi-Fiネットワークの名前を変更することです。

Wi-Fiのデフォルト名を変更すると、ユーザーが使っているルーターの種類を知られにくくなります。

ルーターについての知識がある人は、特定のルーターのメーカー名を見れば、そのモデルのルーターにどのような脆弱性があるか、簡単に知ることができます。

そのため、もしデフォルト名をそのまま使用していると、サイバー攻撃の対象になりやすくなると言うわけです。

ただし、ホームネットワーク名を自分の名前や家族の名前など、特定されやすい名前に変更するのはやめましょう。

分かりやすい名前をつけてしまうと、近隣に3〜4台のWi-Fiがある中で、どのワイヤレスネットワークが自分のものか、一目でバレてしまう危険性があります。

ワイヤレスネットワーク名に個人情報を含まないことも大切です。

覚えやすいからといって、誕生日や銀行口座などで使用しているパスワードなどを設定してしまうと、個人情報がダダ漏れになってしまいます。

IDとパスワードの変更

すべての無線LANルーターには、デフォルトのユーザー名とパスワードがあらかじめ設定されていることをご存知でしょう。

特に、メーカーや機種ごとの特徴を知っているサイバー犯罪者にとっては、デフォルトのユーザー名とパスワードは簡単に推測できてしまします。

そのため、ルーターの管理に使用するIDとパスワードはすぐに変更するようにしましょう。

より強力なパスワードを設定したいなら、少なくとも20文字以上で、数字、文字、様々な記号を組み合わせたパスワードが有効です。

ファームウェアのアップデート

ルーターにはファームウェアと呼ばれるソフトウェアが組み込まれていて、ルーターと接続された機器への出入力をコントロールしています。

このファームウェアは一度インストールしていればいいというものではなく、アップデートしないと不具合が生じることがあります。

このようなファームウェアの不具合につけ込まれないためにも、ファームウェアを常に最新のバージョンにアップデートしておくことが大切です。

ルーターに接続されている機器の確認

管理しているWi-Fiルーターにどのデバイスがアクセスしているかを把握しておくようにしましょう。

もし知らない機器からの接続を発見した場合は、SSIDと暗号化キー、管理画面に入るためのIDとパスワードなどを変更し、外部からアクセスしているデバイスの接続を阻止します。

無線LANルーターに、現在接続中のデバイスをチェックする機能が付いていない場合は、アプリを利用して確認することも可能です。

スポンサーリンク

ホームネットワーク診断アプリでは、接続されているすべてのデバイスを一度に見ることができます。

外出先でWi-Fiを安全に使うための対策とは

外出先でWi-Fiを安全に使うべく、以下の対策でリスクを回避しましょう。

自動接続をオフにする

スマホやパソコンなどのデバイスは、以前に使用したWi-Fi接続を保存して、再度同じスポットに戻ってきたときに自動的に接続する機能を備えています。

この機能をオフにしておくことで、自動的に接続することを防ぎ、自分が安全だと確認できたWi-Fiのみに接続することができるようになります。

使用していないときはWi-Fiと共有をオフにする

インターネットを利用する予定がないときは、Wi-Fi接続をオフにしておくようにしましょう。

また、インターネット共有の許可も同様で、必要なときだけオンにする方が安全です。

たとえば、オフィスで同僚にファイルを共有するために共有機能をオンにする必要があるかもしれませんが、用事が終わった後は必ずオフに戻すようにしましょう。

共有がオンになっていると、他人にアクセスする隙を与えてしまうことになります。

外出先のWi-Fi利用時に個人情報を入力しない

インターネット上のアクティビティには、オンラインショッピングや銀行との取引など、個人情報を入力する場面は多くあります。

こうした情報の送受信を不特定多数の人がアクセスできるフリーWi-Fiで行うことには危険が伴います。

こうした作業を行うときには、信頼できるWi-Fiのみを利用するようにしましょう。

賢くインターネットを利用しよう

モバイルWi-FiやフリーWi-Fiスポットの普及に伴い、インターネットのセキュリティ問題や公共のWi-Fiのリスクは年々高まっていると考えられます。

とはいえ、インターネットを利用する上でWi-Fiを使うメリットは大きいですので、上記に挙げた方法でしっかりとリスク対策をして、安全にインターネットライフを楽しみたいものです。

関連記事
光回線

【ネット環境がない人必見】テレワークにおすすめのインターネット回線とは?失敗しないネット回線の選び方

2021年6月8日
オリラボ通信
企業のテレワーク導入が本格的になり、ポストコロナもテレワークが継続されることが予想されます。 そんな中で、自宅にネット環境がない人は、とて …