Wi-Fi

Wi-Fiの履歴は削除できる?自宅や会社など、使用する場所ごとに解説!

自宅でもオフィスでも気軽に使えるWi-Fiは、私たちの生活において切っても切れない存在となってきました。

スマホの電波と違ってWi-Fiは使い放題の場合が多いので、速度制限を気にすることなく、思う存分インターネットを使うことができるのは大変ありがたいものです。

しかし、興味のあることや仕事で必要なことを検索していると、履歴を削除できるのかどうか、不安にならないでしょうか。

そこで、今回はWi-Fiの履歴について、そして、その削除方法についてご紹介します。

履歴情報は基本的に削除できない

Wi-Fiの接続や閲覧履歴は、管理者でない限り「基本的には」削除することができません。

自宅やオフィス、オープンスポットそれぞれでWi-Fiを使った場合の、接続履歴や閲覧履歴の記録状況や履歴を残す理由を見ていきましょう。

自宅のWi-Fiの履歴は残るのか

自宅でWi-Fiを使っている場合、個人用のWi-Fiルーターには接続履歴や閲覧履歴を記録する機能が備わっていないので、基本的に履歴を確認することはできません。

ただし、NECのAtermなど一部の機器において、履歴の記録機能があるものがあるので、それらをお使いの場合は記録を見ることができます。

とはいえ、記録されているのは接続の履歴であって、閲覧していたページの記録ではありません。

つまり、誰がどの端末でルーターに接続していたかは分かりますが、どのページを見ていたかまでは確認することはできないのです。

オフィスの場合は履歴が残っていると思え

オフィスのWi-Fiの場合、接続履歴と閲覧履歴は残っていると考えておきましょう。

なぜ履歴を記録しておくかというと理由は2つあり、セキュリティ面と業務管理の面で必要だからです。

例えば、オフィスの中でWi-Fiを利用していたパソコンがウイルスの攻撃を受けたとします。

ルーターに接続履歴が残っていれば、どのパソコンが発端になってウイルスの攻撃にあっているかを把握することができるので、セキュリティの面で履歴を残す必要があるのです。

また、社員の中にはどうしても、仕事中にネットサーフィンをしてしまう輩がいます。

就業時間中に社員がサボることがないようにするためにも、業務管理の面で閲覧履歴を把握しておく必要があります。

オフィスでは管理の面から、基本的に接続でも閲覧でも履歴を残しています。

会社から貸与されたポケットWi-Fiでも履歴は確認されているはずですから、私用で使うのは止めておきましょう。

オープンスポットは要注意!

カフェやコンビニなどでも、気軽にWi-Fiを使うことができます。

オープンスポットでは、何か事件などあった時などのためにWi-Fiの接続や閲覧履歴が残されています。

あるいは、お店の人がマーケティング目的で利用者の閲覧履歴をチェックしていることがありますので、個人情報を入力したり、仕事の重要事項などアップロードしたりするのは止めておきましょう。

注意すべきは、Wi-Fiは不特定多数の人がアクセスできるという点です。

特に、カフェやコンビニでは多くの人が利用しますから、中にはハッキングができる人やルーターにウイルスを仕込ませることができる人がいるかもしれません。

個人情報が抜き取られてしまってネット上に流されているということもあり得ますから、カフェやコンビニなどのオープンスペースではWi-Fiを使って大切な情報を入力しないようにしましょう。

Wi-Fiの接続履歴や閲覧履歴を確認・削除する方法

基本的に、管理者以外の人がWi-Fiの接続履歴や閲覧履歴を確認・削除するのは、かなり難しいと考えておくことです。

スポンサーリンク

それでもあえて履歴を確認・削除したい方のために、その方法をご紹介します。

自宅のWi-Fi履歴の確認方法

個人で使用しているWi-Fiのルーターでは閲覧履歴を確認することはできませんが、一部の製品であれば、接続履歴を確認することができます。

これは、不正アクセスが発生した場合に、それがどこからアクセスされたのかをチェックするためです。

接続した履歴は、お使いのルーターの会社のホームページにアクセスして、所定の方法で進んでいけば、確認することができます。

ただし、確認できるのはMACアドレスという、数字が羅列したものです。

MACアドレスは世界で一つしかないので、どの端末がアクセスしたかが分かるようになっています(ただし、MACアドレスを変更できるソフトウェアを使った場合は、世界で一つのアドレスとは言い切れません)。

せっかくルーターのホームページで接続した端末を特定できるMACアドレスをゲットしたとしても、それは長い数字の羅列なので、特定するのに大変な労力を要します。

一種の執念を持って作業に当たることをおすすめします。

自宅のWi-Fiの接続履歴を削除する方法

どうしても接続履歴まで削除してしまいたい場合は、Wi-Fiのルーターを再起動してしまいましょう。

そうすれば、接続していた履歴を消すことができます。

閲覧していた履歴は消せませんが、自宅で使っていたWi-Fiですので、何か事件が発生したとかでない限りはそれほど気にすることはないでしょう。

オフィスのWi-Fi履歴の確認・削除方法

前述しましたが、オフィスはセキュリティと業務管理の面から、管理者以外の人がWi-Fiの接続や閲覧履歴を消すことができません。

履歴を消すことができたら、管理している意味がないからです。

社内の管理者に取り入って削除してもらうことができるかもしれませんが、それは会社に対する背信行為になりますからおすすめしません。

まずはどんな理由があろうとも、そもそもオフィスのWi-Fiを私用で使うことのないようにしましょう。

そして万が一、仕事のためにネットで検索していて危なそうなサイトに入ってしまったら、きちんと理由を述べて、会社に不信感を抱かれることのないように注意するべきでしょう。

オープンスポットのWi-Fi履歴の確認・削除方法

会社と同じく、管理者以外は履歴を確認・削除することはできません。

履歴を他人に見られたくないのであれば、オープンスポットのような不特定多数の人が利用する場所でWi-Fiを使わないのが鉄則です。

どうしても見たい時は、スマホか自宅のWi-Fiを使いましょう。

アクセスポイントの削除について

Wi-Fiの接続や閲覧履歴を削除することはほぼ不可能ですが、アクセスポイントを削除することは個人でも十分できます。

アクセスポイントを削除すれば、街中に漂っている無数のWi-Fiを掴むことがなくなりますし、自宅などで使っているWi-Fiが繋がりやすくなります。

パソコンに残っているアクセスポイントを削除する方法は、MacやWindowsのパソコンで方法が違いますし、また使用しているOSによっても変わってきます。

スマホの場合も、iPhoneとAndroidで削除方法が違ってきますのでご注意ください。

Mac(パソコン)の場合

  • STEP1
    画面左上にあるりんごのマークをクリックすると、「システム環境設定」が出てくるのでクリックします。
  • STEP2
    インターネットとワイヤレスの中の「ネットワーク」をクリックすると、左側に「Air-mac」や「Wi-Fi」が出てくるので、該当するものを選びます。
  • STEP3
    「詳細」をクリックすると、ネットワークの一覧が出てくるので、その中から削除したいネットワークを選び、その下にある「+−」ボタンの「−」を選べば、アクセスポイントを削除できます。

Windows(パソコン)の場合

  • STEP1
    画面左下の旗のマークをクリックすると、「設定」が出てくるのでクリックします。
  • STEP2
    「ネットワークとインターネット」をクリックし、「既知のネットワークの管理」をクリックします。
  • STEP3
    今まで接続したことがあるネットワークが一覧で出てきますから、削除したいネットワークを選んで「削除」ボタンをクリックすれば、アクセスポイントを削除できます。

iPhone(スマホ)の場合

  • STEP1
    画面上にある「設定」ボタンをクリックし、「Wi-Fi」をタップして、Wi-Fi機能をオンにします。
  • STEP2
    接続できるネットワークが一覧で出てくるので、削除したいネットワークを選んで、右側にある「i」をタップします。ここで、「自動接続」が表示されたら、「OFF」にすることで、アクセスポイントを削除できます。もし、自動接続で出てこなければ「このネットワーク設定を解除」をタップし、確認画面で「削除」をタップすれば、アクセスポイントを削除できます。

Android(スマホ)の場合

  • STEP1
    画面上の「設定」に関するアイコンをクリックし、「無線」や「ネットワーク」という言葉があるところをタップします。
  • STEP2
    「Wi-Fi」をタップして「設定」が出てきたら「保存済みネットワーク」が出てくるので、それをタップすると、今までアクセスしたWi-Fiのネットワーク一覧が出てきます。
  • STEP3
    削除したいネットワークを選んで「削除」または「切断」をタップすれば、アクセスポイントを削除できます。

Wi-Fiの接続や閲覧履歴を制限する必要性

Wi-Fiは便利な無線電波ですから誰でも自由に使えるメリットはありますが、その反面、常に悪意のある第三者によるハッキングなどの脅威に晒されています。

特に、オフィスのような個人情報や重要事項を取り扱う場所では、セキュリティの面から考えて、どうしても社員に私用で会社のWi-Fiを使わせたくないのです。

スポンサーリンク

万が一、社員が悪意のあるサイトにアクセスしてしまって、ウイルスに感染し、それが会社中のパソコンに感染していったら、会社の信用は失墜し、大損害を被ってしまいます。

ウイルスの感染を防ぐためには社員がWi-Fiの利用に関してケジメを持っていなければならず、それを管理するために、Wi-Fiの履歴を一社員が確認・削除できないシステムになっているのです。

関連記事