Wi-Fi

外出時や工事が終了するまで使いたい。短期利用可能なWi-Fiルーターレンタルはある?

出先や回線工事が終わるまでなど、短期間だけWi-Fiルーターをレンタルしたい人は多くいます。

レンタルプランを見ると2~3年ほどの長期契約が多く、途中解約すると違約金までかかるものも多いため悩んでいるという方もいるでしょう。

本記事では短期間だけレンタル可能なWi-Fiルーターの情報をお伝えします。

最短1日から可能

Wi-Fiルーターの中でも手のひらサイズのモバイルルーターであれば、最短1日からレンタルできるサービスがあります。

このタイプのWi-Fiルーターレンタルサービスであれば違約金は発生せず、必要な期間だけレンタルできます。

回線工事も不要なので、端末が届いたら電源を入れるだけですぐに使えるのも嬉しいポイントです。

国内用と海外用がある

短期間のWi-Fiルーターレンタルサービスは、国内用と海外用のものがあります。

海外で使用したい場合には必ず海外用のWi-Fiルーターを選びましょう。

海外用では渡航先によってもプランに違いがあるため、使いたい場所で使えるのかをよくチェックしなければなりません。

Wi-Fiルーターレンタルの選び方

短期間だけWi-Fiルーターをレンタルできる会社は複数ありますが、その中から最適なWi-Fiルーターを選ぶポイントを解説します。

利用期間

短期間といっても1日だけ借りたい、1ヶ月借りたいなど利用期間には幅があります。

例えば「WiFiレンタルどっとこむ」の場合、1日のみレンタルだと440円からですが、30泊31日だと6,600円で1日当たりに換算すると212円と同じ会社でも利用期間によって1日当たりの料金に違いがあります。

この会社の場合なら15日以上レンタル予定なら30泊31日料金の方がお得になります。

通信量

どのくらいの通信量を予定しているのかを考えることも大切です。

レンタル料金が安いプランの場合、通信制限がかかっている可能性があります。

例えば1日1GBまでの制限があり、超過後は低速通信の利用となってしまうプランもあります。

Wi-Fiを使い動画を見たいといった場合には通信無制限などのプラン選びが必要です。

利用エリア

モバイルWi-Fiルーターは大きく分けるとWiMAXとLTE回線の二つに分けられます。

一般的に都市部ではWiMAXの方が利便性はあり、山岳部や地下ではLTE回線でなければつながりにくいとされます。

せっかくWi-Fiルーターをレンタルしてもつながらないのでは意味がありません。

そのため、使用するエリアによって選ぶとよいでしょう。

回線

モバイルWi-Fiルーターは、携帯電話会社の回線を使用しています。

そのため、どこの回線を使っているのかによってもつながり具合に違いが出てきます。

Wi-Fiルーターを使用する場所ではどの回線がつながりやすいのかを把握しておきましょう。

機種

スマホ同様、Wi-Fiルーターも次々に新機種が開発されています。

スポンサーリンク

新規購入時は新機種を選ぶ人が多くなりますが、レンタルでは旧機種が依然として使われるケースが目立ちます。

機種が古いとどうしても通信速度が劣る傾向があるため、できるだけ新しい機種を借りられるレンタル会社を選ぶようにしましょう。

利用料以外の費用

会社によってはレンタル品の送料が別途かかることがあります。

このため一見レンタル料金は安いのに、トータルで見たときに割高になることがあります。

コストが気になる方は特に送料や事務手数料などが必要かもチェックしておきましょう。

短期間レンタルの注意点

Wi-Fiルーターを短期間レンタルする場合の注意点がいくつかあります。

端末の破損や紛失には注意が必要

短期間レンタルの場合、多くのケースでWi-Fiルーター端末もレンタルすることになります。

万が一端末を破損してしまったり紛失してしまったりすると弁償しなければなりません。

この場合、40,000円~50,000円など高額な弁償が必要となってきます。

端末保証プランがあるようなら加入しておくと弁償金額が減額・免除になります。

リスクが高いと感じる人は保証プランに加入しておくと安心です。

配送期間を考慮する

レンタル端末は自宅や指定のコンビニなどに配送されることが多くなります。

当然、申し込んだ当日に利用を開始するということが難しいケースがあります。

そのため、配送期間を考慮して事前に申し込んでおくと安心です。

緊急的にレンタルが必要な場合には、リアル店舗や空港などの窓口でレンタルできる会社を選ぶとよいでしょう。

繰り返しレンタルするなら端末のみ購入も

短期間レンタルを何回も繰り返すという場合には、端末を購入し使用するときにSIMのみレンタルする方法もおすすめです。

端末込みでレンタルするより低コストでレンタルが可能です。

使い慣れている端末が利用できるため、レンタルするたびに使い方をチェックする手間もいりません。

利用状況に応じたプラン選びを

短期間でもWi-Fiルーターのレンタルは可能ですが、利用状況に応じてプラン選びをする必要があります。

期間、使用する場所、利用目的を明確にして選ぶようにしましょう。

関連記事
光回線

【ネット環境がない人必見】テレワークにおすすめのインターネット回線とは?失敗しないネット回線の選び方

2021年6月8日
オリラボ通信
企業のテレワーク導入が本格的になり、ポストコロナもテレワークが継続されることが予想されます。 そんな中で、自宅にネット環境がない人は、とて …